超カンタン英語でキャリアアップ!

字幕研究家。元大手英会話学校講師/英会話本を2冊出版した英会話ライター/ノンフィクションライター。


テーマ:
トムハンクスとメグライアンが実際にデートをしたらこんな感じかなあ、とダイアログを作ってみました。

Tom What kind of movie do you want to see?
Meg Let's see. I'm a sucker for romance, you know that.
Tom I’m not in the mood for a romance movie.
Meg Come on. "Sleepless in Seattle"is showing again at the theater.

Tom No way! Why do women like that sappy story?
Meg Because it's a good romance movie! It makes you feel romantic.
Tom What about "Godfather". It's showing too
Meg I saw "Godfather Part 2". Why do men like "Godfather" so much?
Tom It has advice for all occasions. When it comes to business, you have to "go to the mattresses".
Meg What? What does that mean?
Tom It means you have to fight to death!
Meg. Seriously.
Tom Okay, okay...Let's take the middle and catch a Japanese anime. It's nice and simple.

Meg No, no, no! You guys are so insensitive. Japanese anime can't make me laught. Japanese people are too serious. I'll tell you what. Why don't we go see a romantic comedy. I could use a good laugh.
Tom That's not such a bad idea. I want to laugh too. A day without laughter is a day waisted. Charles Chaplin said that.

Meg "You've Got Mail", what do you say?
Tom It's a winner! What are we waiting for?

sappy story お涙ちょうだい物語

映画関連用語

comedy
trailers
romantic comedies
sub titles
blockbuster
Horror movies
Action movies
Romance movies
Drama: .
Fantasy movies
flop
turkey

● 映画、何やってるの?
"What's showing?"
"What are they showing?"

● バタフライ・エフェクトが公開された
"The Butterfly Effect came out last month."
"The Butterfly Effect has been released over a month now."
AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
Planning is for the poor.

パラマウントの副社長だったロバート・エバンスの「くたばれ!ハリウッド」でのセリフ。

「ある愛の詩」出演前のアリ・マックグローが色々自分のプランを話した際に彼が彼女に言ったのがコレ。

「プランするなんて貧乏人のする事だ」

うーん、よくプランする私には厳しい言葉。やっぱり大金持ちって貧乏人を見下しているんですな。

この2人、後に電撃結婚するも、離婚。アリが「ゲッタウェイ」で共演したスティーブ・マックイーンと恋愛関係に
なったため。

ある愛の詩 スペシャル・エディション (ハッピー・ザ・ベスト)
¥1,286
 


AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

またまた「Xファイル」ネタです。


「ファイトクラブ」編で精子バンクの話が出て来た。精子バンクはアメリカではそう驚くほどのものではない。同じ精子を使って生まれた子供がどこかでバッタリ会ってもおかしくはない訳だ。少子化の解決法のひとつのオプションだが、どうも日本では不人気。


不妊のカップルを、スカリーはfertility challenged couple と表現していた。ナンとかチャレンジド、は差別的な意味を排除するためによく使われる。


年齢・原因別の「戦略」がわかる不妊治療ワークブック
¥2,520
Amazon.co.jp

AD
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

"You've made me wanna be a better man.(君のおかげでマシな男になりたいと思うようになったんだ)"


これ、「恋愛小説家」の強迫神経症のジャック・ニコルソンがキツーイ女性である(NYでは珍しくない)ヘレンハントに言った言葉。これが彼には精一杯の誉め言葉。ヘレンは感動します。このセリフを(え?これが誉め言葉?)と思うようではまだまだ人生初心者。私などもヘレンと同じで、大変嬉しい言葉です。つまり、「あなたはとてもステキだ」「あなたを守りたい」「あなたが好きだ」、これらをすべて含んだ言葉だから。


恋愛小説家
¥1,330
Amazon.co.jp


半額半蔵 大人の恋 (『恋愛小説家』 『メイド・イン・マンハッタン』 『心のままに』)/ジャック・ニコルソン
¥7,990
Amazon.co.jp


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
相変わらずFOXTVで再放送されているXファイルにハマッております(笑い)。DVD全巻揃えたいのですが...高い!中古にしようかとも思いますが、それにしても...高い!

それはさておき、

「ファイトクラブ」という先日のエピソードはシリアス路線でなく、時々あるコメディー路線の1本。

中年のプロレスラーがバーで訳ありの女性に飲み物をおごるシーン。

"Seven and Seven, Make it stiff."


と注文します。

セブンセブンとは、シーグラムズセブンにセブンアップを加えた、アメリカではポピュラーなドリンクだとかつてNYでバーメイドを
やった私でなくともご存知の方は多いことでしょう。

このmake it stiff、(シーグラムズセブンを多めにして)強くしてくれ、という意味なんですが、初めて聞きましたねー。私はNYではよくマンハッタンを頼みますが、make it dry、とはよく言いますが...

次回はジンフィズでも頼む時にmake it stiff と言ってみる事にしましょう。

なお、私のオススメのジンは↓の一番下にあるタンカレーです。ただ、アメリカで注文する時、発音が通じにくいのが難点(笑い)。

シーグラム ジン
¥924
酒のやまいち

ギルビー ジン 750ml 47.5度 【ジン】
¥999
お酒の大型専門店 河内屋

[ビーフィーター]40°ジン
¥1,239
リカーヤマト

[ゴードン]40°ジン
¥1,312
リカーヤマト

タンカレー ジン
¥1,428
酒のやまいち









いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

「ルテース」という高級レストランがNYにある。いや、あったと言った方がいいかもしれない。80年代には確かに味も素晴らしかった。髪がぼさぼさでメガネの何とかいう国際弁護士が、そのルテースを高級レストランだとどこかのTVで言っていたが、シェフが変わったりしてあまりいい噂は聞かなくなって久しい。「高級レストランだった」と過去形で言うべきだろう。「ル・バーナディン」とか「Per Se」などの方が上だと思う。


そのルテースに若い男友達と行って、味はどうですか、と傲慢そうなメートルディーに聞かれたので場所が場所だから言葉も気取ってやろうと思い、「Superb!(スパーブ)」と答えたら、「あなたはナイスレディだが、スパーブという言葉はちょっとね」と冷ややに言われてしまった。


あなたはそんな言葉を使うほどフランス料理に詳しいのか、とでも言いたかったのだろう。イヤミなヤツだ。以来、スパーブという

言葉にトラウマが出来て使わなくなった。


昨日スカパーでアカデミー賞の歴史のドキュメンタリーを見ていたら、「ライフ・イズ・コメディ」で賞を取ったイタリアの俳優が

「This is superb!」と満面笑みを浮かべて言っていた。


その国の人が使えば問題がなくとも、他国人が使うとぎくしゃくする言葉、案外多いのかもしれない。意味が通じても言葉の障壁は存在するのだ。






いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

先日TVのザッピングの途中、タイガーウッズが映り、ショットをミスしたか何かで


"Goddamnit!(こんちくしょう)"


とひとり言をつぶやくのがバッチリ聞こえた。


紳士のスポーツと言われるゴルフでガッデメとは...


数日前、オフレコでシュワルツェネッガーが言った言葉がテープに録音されていて、メディアにリークされていましたが、口は災いの元とはよく言ったもの。


日本でも柳沢厚労相の「女性は子供を産む機械」発言が問題になっている。


個人的な意見なのでアレだが、彼、どう見ても女性を尊敬しているタイプには見えない。大体この年代の男性には男女平等思想が浸透していない。有名な立花隆氏でさえ、日経で読めるオンライン記事に、柳沢氏の考えは多かれ少なかれこの年代の男性にあるもの、自分にも男尊女卑の片鱗はある、というような事を正直に書いておられたので、日本の「伝統」の亡霊を見る気がしてあんたんとなった。


私に出来るのは柳沢氏がTVに映った時に汚い言葉を投げ付けるのみ。これがテープに録音されてリークされたらどうしよう...

いえ、誰も録音なんてしてませんって(笑い)。








いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
1.) FINE: This is the word women use to end an argument when they are right and you need to shut up.

2.) Five Minutes: If she is getting dressed, this means a half an hour. Five Minutes is only five minutes if you have just been given five more minutes to watch the game before helping around the house.

3.) Nothing: This is the calm before the storm. This means something, and you should be on your toes. Arguments that begin with nothing usually end in fine.

4.) Go Ahead: This is a dare, not permission. Don't Do It!

5.) Loud Sigh: This is actually a word, but is a non-verbal statement often misunderstood by men. A loud sigh means she thinks you are an idiot and wonders why she is wasting her time standing here and arguing with you about nothing. (Refer back to #3 for the meaning of nothing.

6.) That's Okay: This is one of the most dangerous statements a women can make to a man. That's okay means she wants to think long and hard before deciding how and when you will pay for your mistake.

7.) Thanks: A woman is thanking you, do not question, or Faint. Just say you're welcome.

8.) Whatever: Is a women's way of saying F@!K YOU!

9.) Don't worry about it, I got it: Another dangerous statement, meaning this is something that a woman has told a man to do several times, but is now doing it herself. This will later result in a man asking "what's wrong", for the woman's response refer to # 3.

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
ジュニア/アーノルド・シュワルツェネッガー
¥951
Amazon.co.jp
A klutz.と言えば不器用な人、間抜けな人という意味。 かつて典型的なクラッツィな男がいた。

「そこ、花のタネを撒いたから踏まないで」と言ったそばから踏みつけたり、窓の鍵を力いっぱい回してねじ切ってしまったり、ステレオ台を一緒に組み立てよ うとして、ボール紙に入ったガラス戸をこれまた力を入れすぎてバリンと割ってしまったり。もう怒る気にもなれず、キライになる一因となった。私は、だから クラッツがキライである。が、アメリカ人はクラッツがけっこう透きらしい。映画に良く出てくる。「ジュニア」のエマトンプソンが演じた大学教授もそれ。ダ ンスフロアで踊るシーンでは、靴にトイレットペーパーの
ロールがくっついていた。

いいね!した人  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。