全国ご当地エネルギーリポート!

-エネ経会議・特派員:ノンフィクションライター高橋真樹が行くー

当サイト「全国ご当地エネルギーリポート!」は、「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経会議)が主催するものです。著書『ご当地電力はじめました!』『自然エネルギー革命をはじめよう』で、全国で動きはじめた再生可能エネルギー(自然エネルギー)をめぐる面白い取り組みを伝えた、ノンフィクションライターの高橋真樹さんを特派員として派遣。各地でリアルタイムに起きているワクワクするような活動をつぎつぎと紹介していきます!エネ経会議についてはコチラ! 

ノンフィクションライター高橋真樹の自然エネルギーの書籍

最新刊2016年7月20日出版
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書




 『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)

 ワクワクする地域や市民のエネルギーの取り組みを紹介!
 エネルギーを、ひとり一人の手にとりもどそう!
$全国ご当地エネルギーリポート!
    『自然エネルギー革命をはじめよう
           ~地域でつくるみんなの電力』


    紹介動画はこちら
 身近な素材で風車や水車をつくろう!夏休みの工作にピッタリ!
 『親子でつくる自然エネルギー工作①風力発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作②太陽光発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作③小水力発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作④太陽熱&バイオ発電』
※テーマは各地域とあつかっているエネルギーの種類別に分類しています
※リンクバナーはこちら ご自由にお使いください

テーマ:
今回のレポートは、前回に続き「窓」について考えます。特に窓の断熱と健康の関係にスポットを当てています。夏の熱中症や冬のヒートショックなど、家の中の温熱環境が原因で倒れたり亡くなったとされている人は、交通事故の死者数をはるかに上回り、4倍近くとも言われています(※)。

ヒートショックが起きる主な理由は、熱中症対策の話でも触れたように日本の家の断熱性能の低さにあるのですが、断熱性能の決め手が熱の出入り口となる窓であることは意外と知られていません。

窓専門メーカーのYKK APは、今年の6月に窓の違いによる快適性の違いを実感できる「体感ショールーム」をに品川にオープンしました。メディアもなかなか取材できないそのショールームを訪れると、想像した以上に衝撃的でした!

width=
YKK APの横浜ショールーム。窓に手を当てて断熱の違いを体感できるコーナー

◆今回のトピックス
・エアコンで室内を暖めても寒い?
・アルミと樹脂とでこんなに違う!
・欧州基準の最強断熱ルーム
・日本人の75%が暮らす部屋は?

◆エアコンで暖めても寒い?

体感ショールームのさまざまな施設の中で最大の目玉となっているのは、冬の断熱性の違いを体感できる5つの部屋です。ここでは真冬の外気温を想定して、−5℃〜0℃に冷やされた巨大冷凍庫の中に、窓と断熱材の異なるAからEまで5つの部屋が設置されています。さらに、それぞれの部屋の中は2つに別れ、エアコンで20℃以上に暖めた部屋と、エアコンのない部屋とがあります。

width=
A〜Eまで断熱仕様を分けた5つの部屋の平面図


部屋の平面図。エアコンのある部屋とない部屋の2つに分かれている。

Aは20年以上前の一般的な断熱仕様(壁・床・窓)の部屋で、B、C、Dと進むに連れて断熱性能が上がっていきます。そして最後のEは欧州レベルの高断熱仕様の部屋となっています。このレベルの部屋は日本でもまだほとんどありませんが、レポートで何度かお伝えしている「低燃費住宅」の部屋はこのレベルに当たります。

まず最初に、Bの部屋(2番目に寒い)に入室します。ここは、「平成25年基準」という、日本では比較的新しい基準の断熱仕様です。比較的新しい家はこのレベルとのこと。窓はペアガラスで、サッシ(窓枠)はお馴染みのアルミでできています。


最初に入ったBの部屋(エアコン有り)。サイズはどの部屋も同じ

室温そのものはエアコンがかかっているので20℃〜23℃程度になっているため寒くはありません。しかし、足元からは冷たい空気があがってきます。部屋に設けられたサーモグラフィの温度を見ると、やはる床の温度が16.5℃と、低くなっています。また、熱の出入り口である窓際は、7℃から13℃程度と特に低くなっています。


Bの部屋のサーモグラフィ

窓のガラス面はかなり結露しています。結露は皆さんご存知のように、水分を含んだ室内の暖かい空気が、窓際の冷たい空気に触れて、水滴になることで起こります。窓が冷たければ冷たいほど、結露は起こりやすくなるんですね。


Bの部屋の窓

つまり、この部屋は冷たい外気から実を守るためにエアコンで暖めているのですが、足元の冷気や窓の冷たさ、結露などいろいろ課題が出てきてしまっています。エアコンは頑張って暖かい空気を送り続けなければ室温が維持できないので、消費電力も比較的高めになります。

では、エアコンのない部屋ではどうでしょうか?エアコンだけが頼みの綱だったので、こちらの部屋の中はヒヤッとします。室温は13.5℃。スリッパを脱ぐと足元は10℃程度なので冷たく感じました。ここには長くはいられません。


ヒヤッとするBの部屋(エアコンなし)

◆アルミと樹脂とでこんなに違う

そして、Bの部屋でもうひとつ気になったのが、前回のリポートのエコハウスづくりでも登場したアルミサッシです。日本で一般的なアルミサッシでしが、先進国ではほとんど使われていません。

欧米に限らず、韓国などアジアの国々でも窓のサッシは、熱を伝えにくい樹脂製(プラスチックの一種)が主流になってきているのです。日本ではペアガラスでさえ一般的ではありませんが、このBの部屋を経験して、たとえペアにした所で快適な暮らしとは言えないのかなと感じました。やはりサッシは大切ですね。

次に入ったのは、YKK APが推奨する断熱レベルというDの部屋です。ここの窓は、ガラスはBと同じペアガラスですが、サッシは樹脂になっています。エアコンはかけているのですが、もともとの部屋の温度が暖かいので、天井と足元の温度が21℃〜23℃とあまり変わりません。


Dの部屋の窓

特に足元が21℃を越えているので快適です。さすがに窓の周辺は多少温度が下がりますが、それでも13℃〜18℃程度。結露はよく見ると多少しているのですが、Bの部屋と比べるとほとんどないといってもいいレベルでした。エアコンだけに頼っていないことがわかります。

エアコンのない部屋に入ると、やはり室温は下がります。それでも17℃程度(足元は15℃程度)を維持していて、多少寒さは感じるものの、しばらく立ち話をするくらいなら問題ありませんでした。


Dの部屋の温度

◆欧州基準の最強断熱ルーム

驚かされたのは、欧州レベルの断熱仕様がほどこされたEの部屋(パッシブハウス)です。こちらの窓ももちろん樹脂製、ガラスはトリプル(3枚)仕様になっています。さらに、壁の断熱材も分厚くなっています。

まずエアコンをかけている部屋ですが、室温は22度から24度程度、足元はまったく寒くありません。窓下の一番冷たいところでも18℃程度。結露はまったくしていませんでした。エアコンの能力に頼らないので、少しのエネルギーで暖かくなるようです。実際、各部屋のエアコンの消費電力は大幅に差が出ていました。


Eの部屋の窓

さらに驚いたのは、エアコンのない部屋です。さすがに寒いだろうと思ったら、十分過ごせるだけの暖かさ(20℃)が保たれていました。足元も20℃!というのは本当にびっくりです。寒さも窓の結露もまったくありません。窓だけのチカラではないとはいえ、エアコン無しで、外がマイナスの気温でも20度を保てるのはすごいですね。


Eの部屋の温度

この最強断熱のEの部屋で暮らすのと、最初に入ったBの部屋で暮らすのとでは、何年かするうちに健康状態に大きな差が出てくるようにも思います。ヒートショックは、暖かい部屋から冷たい部屋に行ったときに血圧がいっきに変化して起こりやすくなります。

Bの部屋ではエアコンありの部屋から無しの部屋にいどうしたときに、実際そのような変化が起きています。一方、DやEの部屋ではそういう変化がほとんどないので、室内を移動するときに身体への負担がかからないのです。その違いを実感することができました。

width=
断熱の弱いAと高断熱仕様のDの2つの部屋を比較したサーモグラフィ


なお2020年には、日本でも新築住宅が建設される際には、断熱基準が義務付けされることになりました。しかし適用される基準は、ぼくが最初に入ったBの部屋のレベルです。もちろん、現在の日本のほとんどの既存住宅の断熱レベルはもっと低いので、やらないよりは良いのですが、国際的な流れからするとまだまだ低いと言わざるをえません。

できることなら、国の基準を待たずに率先して高断熱の窓や家を選んだ方が、省エネはもちろん、健康な生活が送れると思います。とはいえ、家を買う、とかリフォームするのは簡単じゃないですよね?どのような方法があるのかについては、今後のリポートで紹介していきます。

◆日本人の75%が暮らす部屋は?

さて、ここまで昭和55年の断熱基準であるAの部屋については触れていませんでした。Aの部屋の窓は、アルミサッシのシングルガラス(1枚)となっています。実は日本の住宅の75%程度がまだこのAのレベルなのです。もちろんぼく自身も賃貸暮らしなので、このような部屋に暮らしてきました。

恐る恐る部屋に入ると…、室温はエアコンをガンガンかけているおかげでそれほど寒くはありません。でも室温21.5℃なのに、床が15℃と冷え込みます。窓のあたりは5度から13℃で、ガラスには大量の結露でびちょびちょに…。そして、エアコンのかからない部屋に入ると、ほとんど冷蔵庫か、という感じに。床が7℃で室温は10℃程度、窓のあたりは0.3℃から2℃。ちょっと入ってもういいやとたまらず逃げ出しました!


熱い照明を当てて、窓ごとの夏の暑さへの対応力を比較する、「遮熱比較コーナー」

いつもこういう部屋に暮らしていると当たり前になってしまうのですが、他の部屋と比較するとたまらない感じですね。日本の住宅の現状を憂慮しつつ、このような施設がきっかけでこれから性能があがっていく可能性を感じる体験になりました。

ちなみにこのショールームには、他にも遮熱性能(熱)、通風性(風)、遮音性(音)などの違いがわかるさまざまな仕掛けがあります。「知る」だけでなく実体験を通して学ぶことができるようになっているわけです。

品川の「体感ショールーム」は、工務店など建築のプロを対象とした施設なので一般公開されているわけではありません。しかし、一般の人でもこれに近い体感ができる体感機は、YKK APの新宿、名古屋など全国10ヶ所のショールームにあるので、違いを体感してみることをお薦めします。



※2011年1年間に温度の急激な変化で亡くなった「ヒートショック」による死亡者年間約17000人に対して、交通事故死亡者数は4611人で、およそ3.7倍。(東京都健康長寿医療センター研究所・2011年1年間の数値)。

◆関連リンク
・YKK APのショールーム紹介ページ


◆高橋真樹のエネルギーイベント情報

あのHMVにデビューです(笑)!ぜひ!
CHECK THE ENERGY! エネルギーで笑顔になるトークショー東京編 09.30 @ HMV&BOOKS TOKYO


◆好評発売中!

『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今回は、夏休みに実施された親子工作教室「窓から考えるエコハウスづくり」のレポートです。といっても、単なる子ども向けの工作ではありません。快適な住まいをつくるために、いかに窓の断熱が大切かについて親子で学ぶのですが、子どもにわかりやすいというだけでなく、大人もビックリするような発見がたくさんある場になりました。



主催しているのは窓やドアなどの住宅建材を扱う企業、YKK AP です。この会社は、窓の断熱性向上をめざして日本で先駆けて実践してきた会社のひとつです。そのことを幅広い年代に考えてもらう機会として、一部のショールームなどで5年前から実施しているのがこのワークショプになります。

ぼくが取材したのは、8月20日に横浜ランドマークタワーのショールームで実施された回。ここでは翌日も実施され、2日間で46名19組の親子が参加しました。夏休みの自由研究として参加した子どもたちの中心は、小学校3、4年生です。

ワークショップでは、前半に暑さ寒さをしのぐ家づくりのための窓の断熱の話しを中心としたレクチャーを行い、後半にエコハウスづくりを楽しみます。エコハウスづくりは、100円ショップなど身近に手に入れられる材料だけで結構本格的な模型がつくれるユニークなものです。ぼくは、工夫をこらしたレクチャーの部分に特に感心しました。

◆本日のトピックス
・理想の窓枠の素材は?
・1枚と2枚でこんなに違う?
・窓の性能で快適性はとても変わる

◆理想の窓枠の素材は?

レクチャーでは、まず住まいの快適性と窓との関係について説明されます。室内の暑さや寒さの原因となる、熱は 窓から出入りします。標準的な日本の家では、夏は74%の熱が窓から入り、冬も52%の熱が窓から流出します。また、部屋にエアコンをかけても、せっかくつくった涼しい空気(夏)や温かい空気(冬)が、窓から逃げていってしまいます。理想的な快適な住まいをつくるには、まずは窓を改良して「スーパー窓」をつくろうという話になりました。

窓は、サッシ(枠)とガラスが組み合わさってできています。そこで、サッシの素材を何にすればよいか考えました。参考のための実験では、実際の住宅にも使われている素材である木、樹脂(プラスチック)、金属(鉄、銅、アルミ)などを並べて、暑さや寒さでどんな影響を受けるのか、子どもたちに予想を立ててもらいました。


お湯を入れ、素材ごとの熱の伝わり方を実感する

夏の暑さの影響を考えるため、60度のお湯を張った器に各素材の棒をつけておきます。しばらくすると、金属が熱くなりました。次に冬の寒さの影響を考えるため、それぞれの板に氷を置き、どの素材で氷が溶けやすいか調べました。ここでも、金属の上の氷がいち早く溶けて、板は冷たくなりました。木や樹脂はお湯や氷の影響をほとんど受けません。熱さも冷たさも、金属はすぐに伝えるという結果になりました。

子どもたちは板を触わりながら、「あっ熱い!こっちはぜんぜん熱くない!」とか「こんなにちがうんだ!」と実感します。もちろん大人なら、金属の熱伝導率が高いことはわかるのですが、身近な窓のサッシがアルミであることに疑問を持ったことのある人は少ないと思います。でもこうやって視覚化することで、窓のサッシが夏の暑さや冬の寒さにどれほど影響を与えているか実感が持てるようになるはずです。

実際のデータでも、樹脂や木に比べて、熱を伝えやすいアルミの熱伝導率は、1000倍以上になります。つまり、外の気温の影響を受けにくい樹脂や木のサッシにすれば、夏は涼しく、冬は暖かい家に一歩近づくことになるのです。今回の工作では、樹脂製のサッシを使用することになりました。

width=
手前の金属はすぐに氷が溶けて板が冷たくなるが、奥の樹脂や木は氷がなかなか溶けずに温度も変わらない。

◆1枚と2枚でこんなに違う?

もうひとつ、窓をつくっている要素にガラスがあります。このガラスの枚数によっても温度が変わる実験も行われました。工作で使うのは本物ガラスではなくアクリル板(プラスチック製)ですが、そこにドライヤーで熱をふきかけ、サーモグラフィで温度変化を調べます。アクリル板が1枚の時は、サーモグラフィの映像は高温であることを示す赤色になりました。夏の住宅の窓のように、すごく暑くなっていることがわかります。


この距離からドライヤーをあてると、サーモグラフィでは真っ赤に

次に、樹脂サッシを挟んでアクリル板を2枚にしました。すると、熱を受けている側の1枚は同じように赤く変化しますが、反対側(家の中側)のもう1枚はほとんど変化しません。これには大人もビックリ!2枚のアクリル板の間にある空気層が、バリヤの役割を果たして熱い空気を防いでくれたのです。実験の結果を受けて、工作では樹脂サッシと2枚のガラス(ペアガラス)からなるスーパー窓で家づくりを進めることになりました。


アクリル板を二重に


ドライヤーの熱をあてても、反対側の窓は熱くならない!

他にも、強い日差しを窓に当てないようにするシェードやすだれなどの重要性を学び、工作に活かします。家の壁や屋根はスチロールで組み立て、気に入った材料でデコレーションします。さらに家の周りの庭造りにも挑戦。そのあたりになると、子ども以上にお母さんたちが理想の家をめざして熱中していました。1時間程度で、それぞれ個性的な家が完成、子どもたちはみんなに自慢のポイントをお披露目しました。

◆窓の性能で快適性はとても変わる

ワークショップの感想では、「小学校でエコについての勉強をしているのでとても参考になりました」(子ども)というものや「家づくりに大切なことを知ることができました。窓は本当に大切です!」(親)というものなど、親子ともにわかりやすくて勉強になったと好評でした。「窓の断熱」という一見すると地味なテーマですが、このような親子工作教室にすることで楽しみながら学べる場になっているのです。


さまざまな材料から選ぶ


窓の外には日よけのシェードを設置!

ワークショップで「窓博士」として進行役を務めた山﨑亜矢子さん(YKK APショールーム横浜館長)は、自分たち自身も、ワークショップの準備する過程で、初めて実感することが多かったと言います。「例えば、それぞれの素材の重さや、熱の伝わり方の違いは、数値上は知っていても実際に試すことはあまりありません。ドライヤーをあてるサーモグラフィにしても、あんな小さなアクリル板であそこまではっきり違いが出るというのは驚きました。だから私たち自身の勉強にもすごくなっているんです。皆さんには、新築やリフォームを検討される際に、より性能の高い窓を選ぶきっかけになってくれればいいですね」。

窓の見直しは、新しく窓を替えるばかりではありません。リフォームで樹脂製の内窓を付ける、という選択肢も増えているようです。そうした対策一つで、部屋の温度や快適性はものすごく変ってくるのです。

それでも、一般の人は窓による断熱の違いなんて考えたことがない人がほとんどでしょう。ぼく自身も、エネルギーの取材を始める以前はそうでした。樹脂サッシの窓 はここ数年でやっと日本でも知られつつあるというレベルですが、アルミサッシの窓と比べるとコストがおよそ1.4倍程度高くなるので(※)、その価格にみあった価値を感じられるかどうかが大切になってきます。体感しないと価値がわからないというのが実態だと思います。

そこでYKK APは今年の6月、その窓の性能による快適性の違いを「これでもか!」とばかりに実感できる「体感ショールーム」をオープンさせています。こちらのショールームの見学は、工務店の方など建築のプロを対象にしていて、数ヶ月先まで予約がいっぱいになるほど大人気になっています。でもぼくはラッキーな事に、先日こちらも取材することができました。近いうちにその様子もお届けする予定です。お楽しみに!


庭造りには親子で夢中に

※窓の価格は、素材だけでなくサイズや仕様によっても変わってくるのであくまで参考として。

◆関連リンク
YKK APホームページ 
YKK AP親子ワークショップのページ(ページの最後には、自宅でもできるエコハウスのつくり方へのリンクも載っています)

◆好評発売中!

『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
以前、ご当地エネルギーリポートでも紹介した福島県富岡町の「富岡復興ソーラー」プロジェクトについてWEBメディアのグリーンズに、第二弾を書きました。

今回の記事は、地元出身でプロジェクトの発起人である遠藤陽子さんのお話を中心にまとめています。原発事故で全町避難が続く富岡町。地域の将来のために、避難所から立ち上がったすごいプロジェクトです!

記事はこちらから→原発事故からの復興を自分たちの手で! 福島県富岡町で住民が立ち上げたメガソーラープロジェクト「富岡復興ソーラー」が市民ファンドの募集をスタート!


事業の立ち上げに奔走した遠藤陽子さんと道仁さんご夫妻


除染土が積み上がる太陽光発電所の建設予定地

福島第一原発からおよそ7キロのところに住民主導で立ち上がった自然エネルギープロジェクト、市民ファンドはまだまだ募集中です。また、8月末には現地視察ツアーも予定しているので、詳しくは市民ファンド募集窓口となっている自然エネルギー市民ファンドのサイト(以下)をご覧ください。ぜひ応援してくださいね。

◆関連リンク
・富岡復興ソーラーについての記事(ご当地エネルギーリポート)
・自然エネルギー市民ファンド


◆好評発売中!
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。