全国ご当地エネルギーリポート!

-エネ経会議・特派員:ノンフィクションライター高橋真樹が行くー

当サイト「全国ご当地エネルギーリポート!」は、「エネルギーから経済を考える経営者ネットワーク会議(エネ経会議)が主催するものです。著書『ご当地電力はじめました!』『自然エネルギー革命をはじめよう』で、全国で動きはじめた再生可能エネルギー(自然エネルギー)をめぐる面白い取り組みを伝えた、ノンフィクションライターの高橋真樹さんを特派員として派遣。各地でリアルタイムに起きているワクワクするような活動をつぎつぎと紹介していきます!エネ経会議についてはコチラ! 

ノンフィクションライター高橋真樹の自然エネルギーの書籍

最新刊2016年7月20日出版
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書




 『ご当地電力はじめました!』(岩波ジュニア新書)

 ワクワクする地域や市民のエネルギーの取り組みを紹介!
 エネルギーを、ひとり一人の手にとりもどそう!
$全国ご当地エネルギーリポート!
    『自然エネルギー革命をはじめよう
           ~地域でつくるみんなの電力』


    紹介動画はこちら
 身近な素材で風車や水車をつくろう!夏休みの工作にピッタリ!
 『親子でつくる自然エネルギー工作①風力発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作②太陽光発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作③小水力発電』
 『親子でつくる自然エネルギー工作④太陽熱&バイオ発電』
※テーマは各地域とあつかっているエネルギーの種類別に分類しています
※リンクバナーはこちら ご自由にお使いください

テーマ:
以前、ご当地エネルギーリポートでも紹介した福島県富岡町の「富岡復興ソーラー」プロジェクトについてWEBメディアのグリーンズに、第二弾を書きました。

今回の記事は、地元出身でプロジェクトの発起人である遠藤陽子さんのお話を中心にまとめています。原発事故で全町避難が続く富岡町。地域の将来のために、避難所から立ち上がったすごいプロジェクトです!

記事はこちらから→原発事故からの復興を自分たちの手で! 福島県富岡町で住民が立ち上げたメガソーラープロジェクト「富岡復興ソーラー」が市民ファンドの募集をスタート!


事業の立ち上げに奔走した遠藤陽子さんと道仁さんご夫妻


除染土が積み上がる太陽光発電所の建設予定地

福島第一原発からおよそ7キロのところに住民主導で立ち上がった自然エネルギープロジェクト、市民ファンドはまだまだ募集中です。また、8月末には現地視察ツアーも予定しているので、詳しくは市民ファンド募集窓口となっている自然エネルギー市民ファンドのサイト(以下)をご覧ください。ぜひ応援してくださいね。

◆関連リンク
・富岡復興ソーラーについての記事(ご当地エネルギーリポート)
・自然エネルギー市民ファンド


◆好評発売中!
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
猛暑が続きますね!いろいろなところで注意喚起がされていますが、くれぐれも熱中症には気をつけてください。今回のご当地エネルギーリポートでは、エネルギーと健康に焦点を当てていきます。

驚くことに、熱中症になって倒れる人の割合は、屋外と屋内が同じくらいになっています。さらに東京23区でこの5年間に熱中症で死亡した人のうち、なんと9割が、屋内で発見されていたことが判明しました(東京都監察医務院の調べ)。



外ではなく、屋内で熱中症にかかる人が多い背景には、ご当地エネルギーリポートでも紹介してきた日本の家屋そのものの致命的な欠陥がありました。これまでは、冬の寒さについての話題が多かったのですが夏の暑さについて考えてきましょう。また今すぐできる熱中症対策も合わせて紹介します。

◆今回のトピックス
・本当に昔と比べて夏は暑くなっているのか?
・熱中症対策の最大のポイントはココ!
・家のエネルギー効率を上げて健康に暮らす

◆本当に昔と比べて夏は暑くなっているのか?

室内の熱中症対策といえば、誰もが思い浮かぶのがエアコンの使用です。しかし「昔はエアコンなんて無かった」と我慢する人も結構いるようです。他にも「電気代がきになる」とか「エアコンの風が苦手」なので使用を控えるという方もいるでしょう。とはいえ、数十年前と比べて気温は確実に上昇しています。
 一方で、ブログやサイトによっては「実は50年前から平均気温はほとんど変化していない」という情報を流している方もいます。例えばこういうものですね。

「50年前の気温を調べたところまさかの結果が・・・」

これを見ると、「なんだ、メディアが騒いでいるけど、実は変わっていないのか?」と思ってしまう方もいるでしょう。でも本当なんでしょうか?データの見せ方が雑で、誤解を招いてしまうものです。この大雑把な数値にしたグラフで明らかに変化があるほど大幅に上昇しているとなると、日本は今よりはるかに大変な状況を迎えていることでしょう。

もっと細かく調査されたこちらの気象庁のデータだと、50年間で0.7度程度の上昇が見られています。その前の50年でもやはり0.6度程度上がっています。100年間で平均気温が1.3度というのは、地球規模で見ると大変な環境の変化になります。


    1890年から2010年までの平均気温の変化(気象庁)

さらに、平均気温というのは寒い日も一緒になってならされてしまうので、極端に気温が低い日があると混ざってしまうのです。それよりも、1日の最高気温が35度を越す「猛暑日」や、1日の最低気温が25度を下回らない「熱帯夜」が増加していることに注目してください。


    最高気温35度を越す猛暑日の数(気象庁)


    最低気温が25度以上となる熱帯夜の数(気象庁)

データを見る限り、夏場の暑さによる健康へのダメージリスクは、50年前と比べて確実に高まっています。くれぐれも「実はそんなに変わっていないのだから、人間が弱くなっただけ」「エアコンなんていらない」と考えずに、適切な冷房を使ってください。

◆室内の熱中症対策の一番のポイントはココ!

では次に、お金をかけない熱中症対策を考えます。アドバイスいただいたのは、以前のリポートにも登場した省エネのエキスパートである野池政宏さんです。

野池さんがもっとも重視するのは、強い日差しが入る窓まわりの対策。「よしず」や「すだれ」、「ブラインド」などを活用するのですが、注意したいのは、室内側ではなく必ず窓の外側につけることです。内側につけると、部屋に入ってくる熱自体はカットできません。外側につければ日除け効果は2−3倍になるのでオススメです。


すだれは必ず窓の外に

また、外出する際や使っていない部屋があれば雨戸やシャッターを閉めておきましょう。日差しをシャットアウトすることで、部屋の温度が上がりにくくなり、夜に帰宅した際に涼しく過ごすことができます。生活に支障がない程度に暗い部屋を作るというのがポイントとなります。とにかく「日除けは窓の外側で」を徹底したいところです。

その上で、窓の内側には「厚手のカーテン」や「遮熱効果のあるカーテン」などで2重に対策をすると効果が上がります。こうしたカーテンは冬の断熱性を高めることにもつながるので、一石二鳥です。

窓については開閉も大切です。暑いと窓を開けて風を通した方が良いと思いがちですが、多くのケースでは逆効果になっています。むしろ外の暑い空気を室内にため込み、夕方以降も室内の温度が下がらない原因を作ってしまうからです。窓は外の方が暑い時には開けず、夕方に気温が下がってから開けるようにしましょう。窓を開けて風を通した方が良いのは、家の中より外の方が涼しい場合のみになります。

窓を閉めたらエアコンの出番になります。エアコンは電気代がきになるところですが、電力消費量が多いのは起動する最初だけで、運転が安定すれば扇風機とそれほど変わらなくなります。大きな特徴として、室温だけでなく湿度を下げる効果もあるので、28度など高めの設定にしても十分に涼しくなります。

ちなみにエアコンについてはこまめに付けたり消したりすると、かえって電力消費量がかかることは知っておきましょう。よく知られているように、扇風機やサーキュレーターを併用すると冷たい空気が循環するので、より効果的です。

width=
15年以上前のエアコンを使っているなら思い切って買い替えよう。効率が飛躍的にアップする

いずれにせよ、わずかな電気代を我慢して、体調を崩して医者にかかるようでは本末転倒です。エアコンの風が苦手という方は、最近は風が直接当たらないようにする機器なども販売されているので、活用してみましょう。

◆家のエネルギー効率を上げて健康に暮らす

ここまでは、現状でそれほどお金をかけずにできる対策でしたが、ご当地エネルギーリポートでは、あえて大胆にお金をかけて、一歩上の快適性をめざす方法をオススメしています。それが、家のエネルギー性能の見直しです。

この方法は初期投資はかかるのですが、長い目で見れば光熱費が下がり、そして何より快適性が向上して、健康につながります。長期的に見れば投資した費用の元を取ることは十分に可能です。
 
もっとも力を入れたいのは、やはり熱の出入り口である窓まわりです。特に内窓をつけることで、窓から入る熱や冷気が大幅に遮られ、夏も冬も快適に過ごすことができるようになります。この内窓は、賃貸住宅でも設置することは可能です。最近では、ホームセンターやインターネットなどで簡易版の内窓を作れるキットが販売されているので、手作りすれば費用を大幅に削減できます。


内窓にはいろいろなタイプがある。最近では数千円台でDIYできるものも

もっと大掛かりなリフォームでは、断熱性を上げる工夫をしてみましょう。日本では、「断熱を厚くすれば冬は暖かくても夏はかえって暑くなる」と思われる方も多いようです。しかしドイツの家づくりに学んで、レベルの高い高断熱を提供している低燃費住宅代表の早田宏徳さんはこのように言います。

「しっかりと機密、断熱を高めることは、魔法瓶のような環境を作るようなものです。魔法瓶は温かさも維持するし、冷たさも維持しますよね?それと同じことだと考えてください。家全体でやる方法もあるし、一番時間を過ごす部屋だけ部分的に工事する方法もあります。ある程度費用はかかるのですが、それでも建て替えるよりは大幅に安いし、何より快適に過ごせるようになります」。
(※)


「低燃費住宅」の窓はしっかりと断熱してくれる樹脂製トリプルサッシの窓

早田さんは、ドイツの家づくりの研究を通して、日頃から日本の住宅のレベルが世界の先進国に比べて大きく劣っていると感じています。早田さんの広める「低燃費住宅」は、湿度を調節する断熱材や壁材を使っているので、驚くことに、冬だけでなく夏も温度と湿度が一定に保たれています。

あのジメジメした暑さに苦しむことがないというだけでも、単なる省エネの話を越えた魅力がありませんか?近いうちに低燃費住宅の宿泊体験のリポートも紹介したいと思います。

熱中症対策として、ひとまずはお金のかからない対策をしつつ、長期的に家そのものの性能を見直してみるのがいいかもしれませんね。

※魔法瓶の例はドイツ並みの住宅の高いレベルの断熱性を前提に語られているものです。断熱性にもさまざまなレベルがあるので、単に断熱性をあげるだけで夏を快適にすごせるようになるというわけではありません。

◆関連リンク
・1985年レベルの省エネを(野池政宏さん)
・ドイツに学ぶ循環型の街づくり(早田宏徳さん前編)
・日本は世界一という幻想を捨てよう(早田宏徳さん後編)


◆好評発売中!
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
電力自由化がはじまってまもなく4ヶ月。全国ご当地エネルギーリポートがオススメする自然エネルギーの普及を目指す新電力会社もだいぶ増えてきました。注目の新電力会社特集企画の第3弾となる今回は、生協の一つであるパルシステム電力を紹介します。パルシステム電力はパルシステムの組合員を対象に、今年の10月から供給を開始する予定になっています。

◆トピックス
 生産者のエネルギー事業を手助けする
 電力の8割が自然エネルギーに由来


配送センターの屋根に設置したパネル。写真はパルシステム八王子センター太陽光発電所(提供:パルシステム)

◆生産者のエネルギー事業を手助けする

首都圏を中心に展開する生協の一つ、パルシステムは、組合員数が約120万世帯の規模の大きな存在です。パルシステムが電力供給を本格的な事業として取り組むようになったのは、福島第一原発事故がきっかけです。2012年1月に、パルシステムエネルギー政策として、「エネルギー使用を減らす、原発を止める、再エネに切り替える」という3つの柱を打ち出しました。電力小売事業に参加したのも、その政策に基づいたものです。

パルシステム電力の特徴は、これまで食の分野で生産者と連携しながら進めてきたのと同じように、エネルギーでも生産者に協力するという立場に徹していることです。発電設備についても、自らが投資して開発するのではなく、ふだんパルシステムと取引・交流のある食品の生産者が自分の土地で発電所を作りたいと希望した際に、資金調達やノウハウの支援をしようという立場を取っています。


パルシステム電力が契約している発電所の一つ、岩手県二戸市にある鶏糞バイオマス発電所(十文字カンパニー所有・提供:パルシステム)

多くの生産者はエネルギー分野の事業が初めてなので、そうした事業に銀行が融資するのは難しいというケースもあります。しかしパルシステムが一緒に参加することで、銀行も融資がしやすくなるといった効果も出ています。現在の設備の種類は太陽光とバイオマスの発電所がほとんどです。しかし太陽光発電ばかり増えてしまうと、発電電力量が昼間の時間ばかりに偏ってしまうので、今後は夜間も発電できる小水力発電などを生産者とともに増やしていきたいとしています。

パルシステム電力の野津秀男さんは言います。「食べ物と違って電気は実感しにくいものですが、今後は契約した地域の生産者の発電所に組合員が訪れる場を作るなど、顔の見える形を作ることで、みんなで応援する形を作っていきたいですね。安売り合戦をするのではなく、パルシステムのエネルギー事業を通じてその地域が発展していくことにつながればよいと思います」。


パルシステム電力の野津秀男さん(右)と、パルシステム連合会の小沢敏昌さん


◆電力の8割が自然エネルギーに由来

電力小売事業としては、2013年4月から自社の工場など36ヶ所の事業所向けに、高圧電力の供給を開始しました。その実績を元に2016年10月から、まずは東京電力エリアのパルシステムの組合員1000世帯向けの低圧供給を始め、徐々に他のエリアにも広げていく予定にしています。そして2020年までには、採算ラインである5万世帯の契約という目標を掲げています。

電気料金は東京電力とほぼ同じ水準で、地域を応援するための費用を少しだけ上乗せする形になります。(従量電灯B料金と同額で一月プラス100円 ※税別)パルシステムが実施したアンケートでは、自然エネルギーによる電気を購入したいという組合員の声は、着実に高まってきています。

電源の内訳としては、自然エネルギーの割合が8割程度(すべてFIT電源)を予定しています。生協系の小売会社は、電力の需給調整について他の新電力会社に任せているケースが多いのですが、パルシステムは今までの経験があるのですべて自前で調整しているのが強みになっています。現在の制度や発電所の状況では、自然エネルギーの割合を高めると採算性が厳しくなるのですが、需給調整を自らコントロールすることで、なんとか割合を高めていこうとしています。

野津さんは「エネルギーを扱う目的は、地域づくり」と位置づけ、このように語ります。「ただのモノ売りだったら、私たちが電力事業をやる意味がありません。エネルギーによって都市生活者と地方をつなぎ、消費を通して地域を変えていくという方向性は、パルシステムがこれまで長年やってきたことと通じているのです。食についても昔は『無添加』や『有機』という価値が理解されませんでしたが、今では社会に受け入れられるようになってきています。電気についても自然エネルギーを消費者が選ぶことによって、社会を変えるきっかけにすることができると思っています」。

試行錯誤を繰り返しながら、長期的な視点で生産者や地域とともに発展することをめざすパルシステムの電力小売の取り組み。このような取り組みが着実に広がることで、今後は「自然エネルギーの電気を買う」ことが特別なことではなくなってくるかもしれません。


パルシステム相模センター太陽光発電所(提供:パルシステム)

◆関連記事

新電力紹介①(みんな電力、生活クラブエナジー、中之条電力)
新電力紹介②(Loop、みやまスマートエネルギー)


◆好評発売中!
『そこが知りたい電力自由化–自然エネルギーは選べるの?』
(著:高橋真樹/大月書店)




 ついに始まった電力自由化。
 私たちの暮らしはどう変わるのか?
 原発や 自然エネルギーはどうなるのか?
 「どこが安いか」の情報の中で抜け落ちる
 価格より大切なこととは?
 電力自由化とこれからの暮らしについて
 わかりやすく伝える入門書


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。