• 10 Dec
    • 第1716回~光来@西新宿

        木枯らし吹きすさぶ新宿西口の柏木公園 熱いラーメンを求めて久々の新宿へ      光来 昭和28年創業とのことですが中野光来軒がルーツ 現在のお店は中華麺や中華点心を手掛けるフジキン光来が母体のようです 同じ昭和28年組ではインディアン@蓮沼があります ※久しく食べてない・・・・・         中華そば 400円( ̄0 ̄;ノ まさに庶民の味方プライスに思わず感涙(iДi)​     予算がまだあるので(笑) 茶碗豚カレー230円も注文 このカレーも昔お袋が作ってくれたような小麦感あふれる懐かしいカレーでした     そして中華そばが着丼 まさに正統派東京ラーメンの丼顔にノスラーの顔はゆるみっぱなしww ハーフカットの茹で卵と青菜の配置も絶妙     スープは鶏ガラベースですのスッキリ清湯スープですが 物足りなさは感じない 甘さと塩分のバランスも飽きのこない塩梅 400円とは思えぬコスパに感動     もっちりした麺は硬すぎず柔らかすぎずで違和感なく喉を通りぬける    味玉も良いけど このラーメンには『THE茹で卵』がしっくりくるなぁ    新宿では名店・迷店がひっきりなしには出てきては消えていく  ♪~なんでもないようなことが幸せだったと思う ~♪ そんなラーメンも悪くないです ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      NEW!

      18
      1
      テーマ:
  • 07 Dec
    • 第1715回~麺処 花田@上野

        寒暖差が激しい東京の天気。。。 それでも寒い日には味噌ラーメンが恋しくなる今日この頃 上野の花田の前にはササッと行列が出来る     入口には三河屋製麺の麺箱が山積み 麺が入ったままだし(^_^;)    ライスとニンニクは必須     ニンニクは別皿で提供されますが個人的にはドバッと先に入れて欲しい。。。 ニンニクは適度に温まっているほうが香りが穏やかな気がします     味噌ラーメン 830円 大判のバラチャーシューがインパクトありますねぇ~     大鍋で炒められた野菜たっぷりのスープはトロトロ系 豚骨・背脂など動物系と野菜を長時間煮込んだタイプのスープ 濃厚味噌のお店は多々ありますがクドさやしつこさが無い半面 味噌のコクと旨みがやや弱い     麺はストレートの太麺 三河屋さんの太麺を食べるのはめったに無いこと 不思議なくらい熱を吸収していて驚く位に熱い スープ絡みは当然良いので猫舌の方は苦労しそう     バラチャーシューはとっても柔らかくホロホロしています 大判で冷めやすいので適度にスープに浸しておく方が美味いです     花道と比べるとややインパクトが弱く万人受けする印象でした 上野はこれから年末に向けて大繁忙期に突入する 今年もアッと言う間に終わりそうな気配・・・ ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★☆☆☆ 

      35
      テーマ:
  • 02 Dec
    • 第1714回~珉珉(みんみん)@鐘ヶ淵

        墨田区鐘ヶ淵のソウルフードと言えばここ珉珉です 2008年頃までは現在の場所の向かい側にある通称防災団地の1Fにあった 現在のお店も駐車場を手直しして建てたようなプレハブチックなお店です 平日でも昼時となればどこからともなく客が集まりすぐに行列ができる人気店      ラーメン(醤油) 塩ラーメンをベースにそこそこのメニューがあります でもやはりお目当てはパーコーメン!     カウンターのニンニク壺と豆板醤壺をながめながら待つこと10分    パーコーメン970円 ごらんのとおり豚肉の唐揚げが丼狭しとばかり豪快に入っている 黒々とした味玉も加わり男らしさ満点の丼顔   ラードが表面をしっかり覆ったスープは以外とあっさりしているから不思議だ この味をどう表現しようか悩むのですが良く言われるジャンクなイメージはない カエシもそれほど強めではないのですが豚骨ベースのスープは旨み十分で中毒性が高い     このスープに三河屋製麺チックな低加水の細麺を合わせるアンバランスさがまた楽しい ラーメンのバランス論なんぞは一部の評論家に任せておけばいい ラーメンは楽しくなくちゃ!     食べても食べてもなくならないパーコーは肉厚で食べ手を選ぶ これを食べると鶏の唐揚げでは物足りなくなるから人間ってのは強欲にできている(笑 汗をフキフキ完食しましたがお腹の満たされ方は半端ないww     防災団地を右手に見ながらマイチャリで明治通りを三ノ輪方面に北上 思わず「また食べに行こう~♪」とつぶやく私がいる ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★☆

      42
      テーマ:
  • 30 Nov
    • 第1713回~ウメノキスズメ@北参道

        冷たい雨が降る北参道 お店の看板をうっかり見逃してしまう ちょっと迷ってしまいました^_^; 地下鉄副都心線の北参道を降りて明治通り沿いの地下1階にお店があります     地下に続く階段の正面にはお店の看板はありません。。。。 ちょっと不安になったりする。。。。。     地下の一番奥に暖簾が見えてホッとする(^_^)v ウメノキスズメ 今年の9月にオープンしたお店です     メニューはわかめそば・海老わんたんそば・黒豚肉わんたんそばの3種類     本日のお魚ごはんは「ねぎとろと山芋ご飯 300円」 先に感想を書いちゃいますがメチャ美味かったですねぇ ねぎとろは脂がのっていてとっても新鮮 下手な海鮮どんぶり店より美味い ご飯も甘味があって美味い 品書きには新潟県産コシヒカリの土鍋焚きと書いてありました     わかめそば650円 ほとんどかけそばに近いビジュアルですが予想通りでした     ご覧になっておわかりのとおり油分は皆無 香味油も使っていません 正直、これをラーメンと呼ぶのか微妙な世界動物系は完全不使用だし香味油もないので表面は限りなく澄んだスープ とにかく昆布に煮干しや貝柱 干しエビや鰹節などを使った完全魚介系スープです これで鰹節が強いと完全に日本蕎麦になるのだろうけどそれはそれでお店の狙いなのかも知れない 煮干しの上品な香りと旨味は五臓六腑に沁み渡ります     麺は京都棣鄂のエッジの効いた中細麺 小麦の香りも豊かです 喉越しよりも噛み心地を重視した麺と思います スープとの相性も実に計算されている    ちょっと感想を書くのが難しいお店ですがラーメンには違いない 動物系がどうしても!と思う方は黒豚わんたんを注文してください(笑) ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      35
      2
      テーマ:
  • 27 Nov
    • 第1712回~江戸麺 熊八@森下

        江東区森下交差点にほど近い場所でオープンした「江戸麺 熊八」 高度成長期には山谷とならぶドヤ街でしたが今はオシャレなお店も多数出来たエリア     スープの啜り方から感じ方楽しみ方まで書かれた説明書き? 別に皮肉ではありません! それはそれでお店の演出なのでとやかく言う筋合いではない    醤油支那そば 750円 なかなか個性的な丼顔です 麺量に対してのスープ量の少なさがやや気になる。。。。     スープは最初酸味を感じましたが それはすぐに去り 煮干の香りと鶏の旨みが広がる 無化調との事ですが本醸造醤油の主張が小気味いい 自家製麺はエッジの効いたムチムチの中細麺で噛みごたえも良いです     鶏チャーシュを包みこんでいるのは山東菜ですかね?大きさからすると江戸菜かも知れません 柔らかな鶏チャーとシャキ感が面白い  個人的には鶏の旨みよりも独特のクセが気になってやや苦な味でした(^_^;)    店内のBGM落語です それも下町情緒を醸し出すような落語が流れています 「おい!熊さん!なんだい八さん?」 熊八の店名はここからかな? ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★☆☆☆ 

      33
      2
      テーマ:
  • 26 Nov
    • 第1711回~丸長中華そば店@荻窪

        年に数度は食べないと落ち着かないラーメンの筆頭株の丸長 丸長系の総本山にしていまだ驕ることなく王道中華そばを提供している      荻窪駅南口から徒歩3分程の場所ですが 北口と違い静かなエリア 回転はお世辞にも早くないので5人待ちでもタイミングによっては30~40分待ちは覚悟 一時は店主の体調不良で長期休業がありましたが 何とか復活してくれて歓喜したものです     個性的なつけ麺も有名ではあるけど己のラーメン道にゆるぎなし^_^;     大盛ラーメン780円 相席の方はつけ麺を食べてましたが「お~ラーメンもうまそうだなぁ・・」とつぶやく(笑)    魚介系を使わない豚骨ベースのラーメンは実に力強く 昨今のラーメンとは一線を画す 醤油の美味さが舌から喉へ流れ落ちる瞬間は感無量     三代目店主が毎朝仕込む自家製麺のモチモチ感と艶やかな喉越しは文句なく美味い     肉厚のチャーシューの美味さはひねくれた私の胃袋にでさえ素直に直撃 昭和の男の99%は美味い!と唸るであろう安心感     営業時間は昼4時間と短いですが終日満席が続く名店 いつも満足感はハンパないです ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★★ 

      33
      テーマ:
  • 24 Nov
    • 第1710回~二代目にゃがにゃが亭@三河島

        朝からラーメンが食べられる二代目にゃがにゃが亭(9:30~15:00) 自宅からチャリで約10分の恵まれた環境に感謝するのみ      【限定】しいたけそば900円 丼ぶりが提供された時から椎茸の香りがたまりません!     アッツアツのスープは椎茸と野菜の甘みと香りが濃縮されていて旨味爆発です とにかく全ての具がアッツアツなのが感動的 ナルトも湯通ししてから提供する拘り     手もみの縮れ麺が優しくスープに馴染み その一体感が素晴らしい      豚バラ肉と油揚げを食べているとラーメン食べているのを忘れます(笑) それにしても椎茸が本当に美味い 香り松茸 味しめじと言う諺がありますが 香りシイタケ 味シイタケと叫びたい 一足先にお正月が来てしまったような気分になりました       電車で向かう方はJR常磐線の三河島駅が最寄駅です ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★★ 

      37
      4
      テーマ:
  • 23 Nov
    • 第1709回~ソラノイロ トンコツ&キノコ@京橋

        11月25日にオープンする京橋エドグラン(KYOBASHI EDOGRAND) オフィスと商業施設などが入る大型ランドマークです 歴史的建造物である明治屋ビルのすぐ左隣のビルで銀座線京橋駅と直結しています      B1には飲食店が多数入っていますが 興味はソラノイロしかない(笑)     どんなお店なのかとB1に降りてみると各店開店準備とレセプションで活気に満ちていました ソラノイロの4号店とな「ソラノイロ トンコツ&キノコ」の前では宮崎さん発見 ちょっと挨拶して場を離れようと考えていたのですが宮崎さんから「食べてって下さいよ」・・・・ 断る理由はゼロ(笑)   メニューは ・スパイストンコツソバ ・トンコツソバ ・キノコのベジ白湯ソバがベース ここはソラノイロ初のトンコツソバをいただくことにしました    トンコツソバ サラリとした豚骨スープは一瞬・・・そうほんの一瞬ですが一風堂の味を思い出しました そしてその印象はアッと言う間に消え去り 贅肉をそぎおとした切れ味のある豚骨スープに変化 サラリとしていても旨みを犠牲にしないのがソラノイロの本領      麺は博多麺よりやや太めです 中から押し返してくるような力強い麺 これにはちょっと驚き 所謂豚骨ラーメンとは一線を画しオリジナリティに溢れています     そしてこのモチ豚が滅法美味い! 特に脂身の部分に甘みがありメチャ美味いです     ブタさんのデザインが施されたドンブリもユニークでラー好き女子に受けそうです ただこの丼の型は直接口をつけてスープを飲むことは出来ない。。。これだけが不満(^_^;)     25日オープン日は相当な人出が予想されます 興味のある方はお早目にお出かけください ご馳走様でした<(_ _)> ※今回は試食の範囲と考えていますので敢えて評価はつけません。。でも美味いです! 

      28
      2
      テーマ:
  • 22 Nov
    • 第1708回~東京希望軒@人形町

        人形町の甘酒横丁に出来た新店 姫路に本店のある「希望軒」のFC店の位置付け したがって新宿三丁目希望軒とはやや異なる位置付けのようです    背脂豚骨の他に旨辛味噌や黒醤油に塩のバリエーションがある ランチタイムはセット物がビシッと準備されていてメニューは資本系独特のもの^_^;     背脂とんこつらーめん780円 ランチタイム同料金の「ライスセット」はコールしないとライスは出てこないので注意(笑) 背脂豚骨スープの上にはネギ・キクラゲ・バラチャーシューと私の苦手な白ごま・・・ 苦手な理由その一:歯に挟まるから 苦手な理由その二:香りがスープを汚染するから      スープはかなりオイリーですねぇ 背脂が入っていても程良いコクでアッサリしたスープもあるのでちょっと重く感じる でも豚骨臭などは皆無でマイルドな仕上がりと思います     麺は博多麺よろしく低加水のカタメくらいの茹で加減 これはスープとの相性もかなり良い感じですね     豚バラチャーシューも脂身が多くパンチが効いている このスープだともう少し脂身少なめの方が食べやすいように思います     替玉100円は近隣相場に照らしてもリーズナブル 量もしっかり1人前でお腹は十分満たされます     甘酒横丁へ来る人々の年齢層はやや高いので どちらかと言えば近隣のリーマン狙いなのかな? ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★☆☆☆ 

      32
      テーマ:
  • 20 Nov
    • 第1707回~いつものねかせ屋@五反田

        五反田を流れる目黒川 むか~しむかしそのむかし 山手通りに面した会社に勤めていた ちょうど山頭火の五反田店が出来た頃なのでかれこれ20年前ww 懐かしさとある種の後悔が入り混じったあの時代。。。すみません前置きが長くなりました(^_^;)     いつものねかせ屋 お店は五反田駅からTOC方面に向かい目黒川を渡った場所にあります 母体は「つけめんTETSU」のようですが つけ麺を食べないおかげで先入観ゼロ     ねかせ屋の屋号はスープと麺(自家製麺)を1日寝かせるのが由来のよう 初訪問なので券売機左上の法則に従って「いつもの」を注文     食券を渡すとまず「リフレッシュドリンク」が提供されます(※手前のショットグラス) これは自家製の蜂蜜レモン水でした サラリとした飲み口で食前酒のような役目です     いつもの780円 醤油清湯スープにはうっすらと背脂が浮いています 具はメンマとチャーシュー 刻みネギとナルトのシンプルな構成     スープは煮干と節系が鼻を抜けていくクセのない味わい 塩気も抑え目で安定感のある味を目指しているような感じです ただ生姜と柚子の量が多いのか本来のスープの輪郭がぼやけるのが気になりました ラヲタ向けの味付けでは無いけど頻繁に利用するお客にはよい塩梅と思います     自家製麺は平打ち麺 意識してなのかかなり不揃いで食感はおもしろい スープ絡みを考えてのことなのでしょうが ここまで幅広の麺はやや食べにくい     バラチャシューはまずまずの味付けですが ちょっとパサ感が気になる    海苔は香りも厚さも良い塩梅で美味いです    近所の方々は五反田大橋の数メートルとなりにある本村橋(人専用橋)からお店に向かうようです。。。 ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★☆☆☆ 

      28
      2
      テーマ:
  • 19 Nov
    • 第1706回~御茶ノ水 大勝軒@神保町

        1980年代後半・・・・神田御茶ノ水のスキー用品街は客であふれていた 靖国通り沿いの歩道でスキー板を担ぐ若者と何度も衝突しそうになった事を思い出します いったいあのブームは何だったのでしょうね(^_^;)     御茶ノ水 大勝軒 2回目の訪問です 前回は予想を超える山岸イズムにちょっとした感動すら覚えたお店 昼時はかなり混雑しているので1時間ほど後ろにズラしての訪問 ※前回のブログ     中華そば 770円     残念ながら今回のスープはコク・旨みがあまり感じられず薄っぺらい印象でした 店主が不在のようでしたが その影響なのかは不明 これが初訪問時のスープであれば再訪はまず無かったと思う       スープが美味くないと麺や具もひきたたない それよりも「ガッカリ」という気持ちが舌を占領していまい冷静に味わえなかったのかもww     有名店でもあり 東池袋系でも人気のお店だけに味の安定化は切に期待したい ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★☆☆☆☆ 

      26
      テーマ:
  • 17 Nov
    • 第1705回~支那そば 八雲@池尻大橋

        池尻大橋駅 渋谷からでもその気になれば歩いて行ける距離です    歩道上にある「支那そば 八雲」の看板危うく見逃すところでした お店はこのビルの2階にあります     店主は浜田山たんたん亭で修業された方で2005年からこの地にある 行きたい行きたいと思っていながら現在に至る。。。 ワンタン麺は肉とえびがあるのですが甲殻類が苦手なわたしは肉ワンタンに決め     肉ワンタン麺 黒だし 900円 ビジュアルが美しいのはたんたん亭系の証    スープはキレのある醤油が印象的 最初に煮干などの介系の香りを感じその後に動物系をじんわりと味わえるタイプ ワンタンは美味いのですが それほど感動するほどの個性は感じませんでした     スルスルと素直な麺もスープ馴染みが良いです 私は1杯のラーメンを食べ終えるまでタンブラーには手をつけないのですが 今回は4回も水分補給。。。これほど喉が渇くのは私の体調が悪かったかのか?     チャーシューは肉の旨みを閉じ込めていて歯ごたえあり 全体的に少し期待が高すぎたのが良くなかったのかも(^_^;)    天気も良かったので目黒川を横目にみながら中目黒まで食後散歩 ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      37
      2
      テーマ:
  • 13 Nov
    • 第1704回~らーめん ほん田@小川町

        東十条に「ほん田」があるように小川町にも「ほん田」があるww 2回目の訪問なのですが何故かブログアップしていませんでした(^_^;)      昼時は近所のサラリーマンや学生でいつも行列が出来ています この日は午後2時を回っていて行列こそありませんが店内は8割埋まっていました     らーめん350円( ̄0 ̄;ノ 驚くべき価格です この場所でこの価格は頭が下がります。。。。 半チャーハンを付けても550円ですからねぇ      計算上は半チャーハンが200円ですが 半チャーハン単品での注文は出来ません(笑) ご飯の水分がやや多めでパラッとしていなかったのが残念ですが薄味でラーメンのお供としてはGOOD     ラーメン(大盛)&半チャー550円 ここで半チャンラーメンを注文すると必ず「大盛りでいいですか?」と聞かれる 大盛りにしますか?では無く 大盛りでいいですか?と聞かれるので小食の方は勇気を持って「普通で・・・・」とお伝えください!     スープはまさに王道東京ラーメンの典型でサラッとして醤油清湯 鶏ガラと醤油のオーソドックスな組み合わせながら飽きのこない味でもあります 表面の油分も少なめで美しいオイルリングが連なっています 大盛ですが麺量は180gくらいなので普通のお店の中盛くらいです     麺はモッチモチで喉越しの良い中華麺 この手のラーメン屋さんは柔らかめの麺が多いのですがしっかり歯ごたえあり     チャーシューはとっても薄いのですが この価格で文句は言えない。。。     スーパーシンプルなラーメンとチャーハンですがホッとするのは私だけでは無いはず 老いも若きも男も女も入り混じった店内にはそんな空気が充満していました ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      40
      テーマ:
  • 11 Nov
    • 第1703回~俺麺 山田@入谷

         休日の入谷交差点 昭和通りと言問通りが交差しているので交通量は多い 従って警察の取締も多いので信号はキチッと守りましょうww       入谷交差点からほど近い場所にある「俺麺 山田」 2013年4月オープンなのでもう3年が経過しています この場所には「麺屋こうめい」と言うお店がありました メチャ好きなお店でしたねェ~      記憶にあるカウンターなので居抜きだったようです 店内かなり暗めなので撮影に苦労した記憶がよみがえってきました(^▽^;) 当時はそれなりのデジカメでしたが今はiphoneのレンズがそれを超えてしまいました     あっさり らー麺 730円 具はメンマ・チャーシュー・ナルト・刻みネギの構成 見た目から和風仕上げ スープは節系と動物系のバランス重視で良くも悪くも無難に食べられますね 近所には人気店である「晴」がありますが ベクトルが違うのであまり問題ないでしょう。。。      店主が武蔵での修業経験があるからか麺はカネジン食品の平打ち麺 スープがサラッとしているので平打ち麺との相性はとってもよい 噛んだ瞬間は柔らかく感じるのですが芯の部分は押し返してくるような弾力があります     バラチャーシューはそこそこ もう少ししっかりした味付けの方が個性が出るような・・・    安定した味が固定客をつかんでいるような印象でした 入谷からの帰り道 天気の良い日はここから(雷門前)の景色が好きです≧(´▽`)≦​ ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★☆☆☆ 

      30
      2
      テーマ:
  • 07 Nov
    • 第1702回~piacevole 澤@水天宮

        10月3日にオープンした「piacevole澤」・・・食べログでは「ピアシェヴォーレ」 ネット翻訳では「ピアチェーヴォレ」・・・ まぁイタリア語なので発音は微妙なのでしょうね(^_^;) 今年4月に閉店・移転した麺喰屋 澤の系列店のようです もともとこの場所には文具店があったと記憶してます 水回り含めて内装費用が気になったりするww     券売機は外にあります メニューは極塩と極醤油の2種 「極」の意味は不明ですが はっきりしているのは価格高めの設定だということ     店内はカウンター6席とテーブル2席のコンパクト店 厨房の位置が高いので見下ろされるような感覚のカウンター    極塩 880円 切り立型の丼ぶりは見た目は美しいのですがレンゲが届かないので苦手     琥珀色のスープの上には穂先メンマに青菜・三つ葉・チャーシュー2枚と海苔 かなり具沢山の丼顔です    動物系不使用のスープは煮干しやアゴが主役のようですが 苦味と言うかエグミが強くちょっと苦手なスープ 塩分もかなり強めでタンブラーに手をのばすこと数回 かなりオイリーな表面ですがこれも鶏油などとは違うのだろうか? 麺は恐らく桜井商店さんの麺と思いますが エッジの効いた喉ごしの良い麺でした      ズバッと書きますが穂先メンマは硬すぎて穂先の意味がない チャーシューも臭みが抜け切れていなくて残念。。。 他の方のブログを読んでみると真逆のことも書いてあるので私見とお考えください     せっかく水天宮まできたのでお参りお参り ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★☆☆☆☆ 

      25
      2
      テーマ:
  • 06 Nov
    • 第1701回~二代目めん家 味味@菊川

        都営新宿線の菊川駅から徒歩数分の場所にある二代目 味味 初代から変わったのが3年前ですが二代目になってからは初訪問です 営業時間が11:00~14:00の3時間しかないためかなりハードルが高いww ちなみに初代の時の営業時間は2時間半・・・(笑)     この日は13:00頃でしたが席は満席 近所のリーマンなどが主たる客層と思います メニューは赤坦々麺・黒坦々麺・麻婆麺・カレー麺などですがメインは坦々麺 赤坦々麺は何んとな~く想像できちゃうので黒坦々麺を注文     黒坦々麺 900円 黒い丼に黒いスープなのでビジュアル的にはうまそう!・・・とは見えない(^_^;)     丼から突き出しているのは肉味噌です その肉味噌をささせている土台は大量のモヤシ 黒一色の中で三つ葉の緑が実にあざやかに見えます     坦々麺と言っても辛さが全面にでてくるような四川風ではない ピリッとした辛さはあるもののゴマの風味と肉味噌の甘みが混然一体 初代の時と比べるとラー油の量が少なくサッパリ食べられるように思います     麺は新栄食品の太麺 軽くウェーブがかかっていて歯ごたえもあり秀逸な麺 ここの麺は両国のこむぎやや行徳のにゃがにゃが亭さんなどが使っています 最初は開化楼さんの麺かな?と思いましたが個人的にもかなり好みです     ただ大量のモヤシだけがいただけない・・ それほど濃厚なスープではないので どうしても水っぽくなる感がある それでも最後はかなり口の中がピリピリしてきて坦々麺らしい味わいでした ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      36
      テーマ:
  • 05 Nov
    • 第1700回~麺処 ほん田@東十条

        ほぼ6年ぶりの訪問。。。 皆さんも同じと思いますが私にも独特の「嗜好」があって何かひっかかるところが無いとリピートしないクセがある(^_^;)     この日も赤い稲妻君と開店20分前に到着    特製手揉み中華蕎麦 970円 めったに注文しない特製を注文するのには理由がありますがここでは伏せておきます(^_^;)     お~!やはり美味いですねぇ~ 記憶していた味よりよりも魚介と動物系のバランスが絶妙でふくよかな味わいです ただチャーシューのスモーク香がスープに溶け出しているのがいただけない 豚骨醤油なら気にならないんだけど・・・・・      麺は細麺と太麺から選べますが 今回は太麺と決めていた 店主がしっかりと揉みこんだ平打ち麺はモッチリしていてコシも弾力も申し分ない     吊るし焼豚はジューシーで脂身と赤身のバランスが良く尾を引く美味さです 私が過去食べたチャーシューに中でも5本の指に入る美味さと思います     しっかりと味の浸み込んだ味玉のトロリとした黄身の具合も絶妙ですねぇ ほん田のラーメンは新鮮さと懐かしさを覚えるラーメンのように思います ただ私が好む「中毒性」が無い これは嗜好の問題なので致し方ない     さぁ帰り道はゆっくりと走りましょ(●^o^●) ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★☆☆ 

      27
      テーマ:
  • 04 Nov
    • 第1699回~ミライゑ【2周年限定】@志茂

        三ノ輪から赤い稲妻君と出発 明治通りから北本通りを突っ走る ちょっと早く着きすぎちゃいました     ミライゑの2周年限定麺をいただいてきました おめでとうございます 開店前は数人でしたが 開店後はあっと言う間に満席で数名の待ちが出来る人気ぶり    TOKYO醤油煮干背脂ラーメン850円 ※6日(日)までの提供となっていました     スープには大量の背脂が浮いていますが クドさはまったくない それどころか背脂の上品な甘さとキレのある醤油の一体感が素晴らしい そこにプラスされた濃厚な煮干しの香りはネオ燕三条系とも言える味わい     三河屋製麺の麺はバツんとした食感だけでなく芯に粘りがあってこれまた美味し これはかなり好みの麺でしたね ただ具沢山でスープの量が少ないので麺を少し減らすかスープ量を増やしたほうがバランスが良いように思いました    豚チャーシューもしっとりしていて手間暇かけて作られた味だとわかりますね     店名のミライゑは「未来へ」の意味であることは想像に難くない いつも新しい味を提供するようなお店なのかも知れません 赤羽駅からだとそこそこの距離があるので決して恵まれた場所ではありませんが ファンがしっかり根付いている良店でした! ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★☆

      31
      テーマ:
  • 03 Nov
    • 第1698回~さんじ@稲荷町

        銀座線の稲荷町駅からほど近い「さんじ」 前回食べたのはオープンした年(2012年)ですから4年ぶりの訪問。。。。     メニューは鶏ベースと豚骨ベースのバリエーション お店の一押しは豚骨醤油とわかっていながら前回は醤油を食べていた。。反省。。     豚骨醤油 780円 麺量が少ないのか豚骨醤油としてはかなりシャレオツな丼顔 スープたっぷりが好きなのでやや物足りない感じもします 具は豚&鶏チャーシュー・海苔・キクラゲ・貝割れ     スープはめちゃめちゃ美味い! 正直驚きの美味さです(☆。☆) 豚骨の旨みだけを抽出して丁寧に作られたのは想像に難くない 何より甘みと塩分のバランスがとっても良いです 醤油はグッと抑え気味で計算されたバランスが見え隠れする 家系総本山の吉村さんは「九州豚骨と東京醤油の良さをミックスしたラーメンが作りたい」と吉村家を始めたと聞いたことがある さんじのスープはまさにそんなスープではないかと思う     麺は浅草開化楼の細麺 博多麺をしなやかにしたような喉越しの良い麺です     豚チャーシューを噛みしめると旨み爆発    肉厚の海苔なので麺もしっかり巻ける 『秘技海苔巻』久々(^_^;)   完食完飲(o^-')b 確かにえげつない美味さでした(笑) 私には麺量が少なすぎるので次回は大盛だなぁ ご馳走様でした<(_ _)>  チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★☆

      30
      3
      テーマ:
  • 02 Nov
    • 第1697回~饗 くろ㐂【限定】@秋葉原

        またこの方のお顔が見たくて暖簾をくぐる羽目にww     醤油なめこそば 1300円 季節の限定にふさわしく旬の食材がてんこもりヾ( ̄0 ̄;ノ 大粒のなめこ・芹の茎と葉・若鶏の幽庵焼き・鶏団子。。。 醤油ダレは度々店主も訪問しているヤマロク醤油さんの新桶初搾り醤油 まさに季節(旬)を演出するにふさわしい豪華な顔ぶれ でも芹の旬は春かな?春の七草だし。。。      平打ちの手もみ麺は小麦感満載 軽く歯を押し返してくる弾力を残す優れもの うまい ほんとにうまい(゜o゜)    大粒のなめこはキノコの香りがしっかりあってトゥルンと喉を通り抜ける感覚が最高     若鶏の幽庵焼き。。。サワラの幽庵焼きが一番好きですが鶏もうまし!     ふわっふわの鶏団子は口の中に入れた瞬間 粉雪のように溶けてなくなる 芹の根っこの部分の野趣あふれる香りと味が料理の完成度を格段に上げていますねぇ~    完食完飲(o^-')b 尖ることなく丸くなることなくひたすらお客の「うまい!」のためだけに創り上げられた一杯 毎回「今回が最高傑作」と言わざるを得ない あきれるほど美味い ご馳走様でした<(_ _)> チェの好み度( ..)φメモ ★★★★★★★★★★ 

      24
      2
      テーマ:

プロフィール

チェ

性別:
男性
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
お金には恵まれてませんが、時間にはやや恵まれていますので、都内中心にラーメン食べ歩いてます(^J^)...

続きを見る >

読者になる

AD

テーマ

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

ランキング

このブログはランキングに参加していません。

ブックマーク

ぐるなびぐるなび 公認グルメリポーター
認定カテゴリ:東京×ラーメン
AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。