軽キャン♪銀色テントむし660

今週は「長野」!デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントむし(テントムシ)」、「eK-Camp(ekキャンプ)」です。
家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します♪たまに、車中泊しながらお城と新撰組も巡ります。


テーマ:
長野から高崎方面へ向かう際に利用する国道沿いで、休憩に使う道の駅が城跡の城下町であることを今回初めて知りました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2015」(開催期間平成27年7月1日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

毎年恒例となりましたのでスタンプラリーを楽しむコツとして、何か決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
昨年実施してみた「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」と「ご当地観光情報をチェックしよう!」は、地域の食文化や歴史に触れることが出来て楽しめたので、引き続き今年もそのパターンでチェックしていきたいと思います。
ただ、訪問予定数が161箇所と大ボリュームのため、期間内に毎日1箇所ずつ記事を書いても年内に終了できなくなってしまうため、今年は6月から訪問を開始し、スタンプだけあとから埋めておきたいと思います。
※記事の最後のマップの上に、道の駅の近くにあるデカ盛り店情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2015」の訪問158箇所目は、群馬県にある道の駅「しもにた」です。
上信越自動車道の下仁田(しもにた)インターを降りて国道254号線西上州やまびこ街道を2キロほど南下したところにあります。
DSCF6925_201601040814075e7.jpg

一つ目のポイント「やっぱお土産は地産地消でしょ♪」から調査してみましょう。
期間限定にはなりますが「下仁田ねぎ(税込620円など)」は、このエリアを代表するブランド農産物です。
いつ頃から下仁田で生産されていたのかは記録はありませんが、文化2年(1805年)に江戸にいた大名からと思われる下仁田産ネギの発注書が残っているため、この頃にはすでに生産されていた事がわかっています。
また、この故事から、特に生産地では下仁田ネギを殿様ネギ(とのさまネギ)と呼ぶこともあるそうです。
DSCF6926_20160104081406f17.jpg

他の品種のネギに比べて太く、また、いくつかの成分が他の品種に比べて多く含まれています。
生のままでは非常に辛いのですが、加熱すると甘みが強くなり、非常に柔らかい滑らかな食感となる特徴があります。
このため、基本的に薬味としてでなく加熱調理に用いられ、すき焼きを始めそのまま天麩羅にするなど、様々な料理で楽しまれます。
DSCF6927.jpg
名産品として有名になったのは明治以降で、特に昭和に入ってから有名になったそうです。

二つ目のチェック項目の「ご当地観光情報をチェックしよう!」はどうでしょう?
道の駅の裏の斜面にある花壇の山の頂上にあるのが「馬山東(うまやまひがし?)城址(米山寺/群馬県甘楽郡下仁田町馬山甲3739)」だそうです。
歩いても10分とかからないので、休憩ついでに歩いてみるのも楽しいと思います。
この城の起源や廃城時期については調べることが出来なかったので、江戸時代初期に文化と産業の礎を作った藩主・織田信雄(おだのぶかつ)について少し調べてみました。
DSCF6919_20160104081405029.jpg

天正10年(1582年)の本能寺の変で織田信長(おだのぶなが)が明智光秀(あけちみつひで)に殺されると、織田家は安土を追われることになります。
織田信長の子の中でも稀代の「大うつけ」と称されながら、織田家唯一大名として名を残した次男の織田信雄(おだのぶかつ)が、戦国を生き抜いて勝ち取った地の一つがこの下仁田近辺まで伸びています。
江戸時代に入り、元和元年(1615年)に徳川家康(とくがわいえやす)から大和国宇陀郡とともに、この上野国甘楽郡などで5万石を与えられて過ごしました。
領地に風雅な庭園楽山園を造る一方、養蚕など産業育成にも力を注いだことが後の明治維新における世界の養蚕業の中枢を担ったことを考えると、その先見の明は信長に匹敵するものがあったのかもしれません。
信雄は後に京都に隠居して茶や鷹狩りなど悠々自適の日々を送りました。
DSCF6922_201601040814047b7.jpg

とかく敗軍の将は、その後の歴史について正しい情報が多く伝えられることはなく、織田氏についてもそれは同様のように考えられます。
いつか、何かの古文書や歴史研究家の方々によって、沢山の史実が明確になればうれしいと思いつつ、この城から見たであろう風景に時の流れを感じました。
DSCF6923_20160104081403409.jpg


施設はそれほど大きくありませんが、長距離ドライブの際に居心地の良いスポットです。
近隣の観光を合わせて、もっとこの地域の歴史を強いたくなりました。

□道の駅しもにた
 住所:群馬県甘楽郡下仁田町大字馬山字長割3766-11
 TEL:0274-82-5858
 開設時間 午前10時~午後6時
 休館日:第2、第4火曜
 標高:241m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:うどん茶屋なおい(約0.3km)・上原屋(約10.2km)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・73箇所目「しもにた」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・しもにた(063/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・しもにた(112/154・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、山梨県および長野県の一部をエリアとした道の駅で300円(税込)で購入したスタンプ帳を片手にスタンプを押して回ります。
キャンペーン期間内に10箇所以上スタンプを押して応募ハガキを事務局に送ると抽選で200名に3000円分(前年より50名増)、450名に1,000円相当の特産品引換券(前年より150名増)が当たります。
あわせて今年も、期間内の応募者全員の中から300名にオリジナルトートバッグが当たります。
また、キャンペーン期間内に159箇所(161箇所から季楽里あさひ(千葉/平成27年10月オープン予定)、保田小学校(千葉/平成27年10月オープン予定)を除くすべて)の道の駅のスタンプを押して応募すると抽選で100名に3,000円分の特産品引換券が当たります。
※キャンペーン期間が終わってもスタンプ帳を161箇所コンプリートして応募ハガキを送ると「完全制覇認定証」とゴールドステッカーがもらえます。

開催17年目、参加8年目の「関東『道の駅』スタンプラリー」ですが、今回も急がず期間内に「短期集中・完全制覇コース」達成を目指して旅します。
kanto_stamp2015.jpg
道の駅で購入したスタンプ帳とデジカメを片手に、早速調査開始です♪

□関東「道の駅」スタンプラリー2015
 主催:関東「道の駅」連絡会(監修/発行)
 制作:株式会社プランニングA
 TEL:03-3254-3193
 問合せ:平日 9:30-17:00

※この記事は主催者に了解を得ているものではありませんので、記事に関するお問い合わせはブログにコメントください♪

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン


2015/11/23 09:00 天候:曇り
測定値:0.05μSv(測定器具:エアカウンターS)
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
※放射線量はエステー化学エアカウンターSにて測定
Y!モバイルの電波状態は楽天WifiGP04Pにて確認


AD
いいね!(102)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。