軽キャン♪銀色テントむし660

今週は「長野」!デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントむし(テントムシ)」、「eK-Camp(ekキャンプ)」です。
家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します♪たまに、車中泊しながらお城と新撰組も巡ります。


はじめまして。軽キャンピングカー「eK-Campテントむしオレンジ」銀色テントむしテントむし正面に乗っているnorizoです。
ここでは2008年5月2日に購入した軽自動車のキャンピングカー「eK-Camp(テントむし) 」での旅について記載しています。フツーはキャンプに使う「テントむし 」を家族のコミュニケーションツールとして、移動手段と仮眠のみに特化して利用しています。メインの記事は「駅舎・SL巡りSL」、「デカ盛り ナイフとフォーク」、そしてキャンカーテントむしなのに「激安ホテル宿泊レビュー ビル」となっています。写真で綴る旅ブログがメインですが、不具合解消のためデカ盛り以外の写真はFC2版「銀色テントむし660」 にリンクしています。
最新記事は周知媒体としてツイッターフェイスブック からもご確認いただけます。
※ツイッターやフェイスブックへのコメントへの返答は行っておりません。

1回読み捨ての記事ばかりですので、気が向いたら「旅する気分」でお楽しみください♪

デカ盛りブログ「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスから「メガ盛り 首都圏版 200軒 」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?

でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



↓人気ブログランキングに参加してみました。
気が向いたらポチっとお願いします。↓

   


メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


NEW !
テーマ:
傾斜のある小さな駐車場を持つ道の駅で、しばし休憩を挟みます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問36箇所目は、茨城県にある道の駅「さとみ」です。
水戸から下道の国道349号線で「袋田の滝」を目指すと国道461号線との分岐手前に休憩スポットとして現れます。
DSCF8483.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
なんともマニアックなアイデア商品、「多段式芋洗い棒(税込1,458円)」にちょっと見とれてしまいます。
DSCF8484.jpg

手書きの説明文に「孫子の代まで活用できます。」と記載されているのが、なんとも微笑ましく、そんなに芋をたくさん洗うはずなどない生活を送っているのに、危うく購入してしまいそうになりました(笑)
DSCF8485.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
常陸太田市の山中に「金砂(かなさ/きんさ)城址(茨城県常陸太田市上宮河内町1915/西金砂神社)」を訪ねてみることにします。
鳥居の先は細い山道のようにも見えますが、舗装されており、目的の神社までクルマで向かうことができます。
DSCF8460.jpg

神社の向かいの高台の途中には解説が掲示されており、金砂状の歴史が掲載されています。
DSCF8462_20160630224205d6a.jpg

高台の広場はおそらく居館跡で、山城であった金砂城址は神社工法の山中と思われますので、広場を歩いてリフレッシュしたら神社へ向かいます。
DSCF8464_20160630224205a2f.jpg

同市市街の約15km北の西金砂山にある西金砂神社は大同元年(806年)創建と伝えられていますが、階段を登った中腹の社殿が本殿ではありません。
DSCF8467_20160630225202555.jpg

社殿左手の階段を登ると、山道が続いており、10分ほど歩いた山頂付近が西金砂神社の本殿であり、かつ金砂城の本丸があったあたりであると伝えられています。
DSCF8468_20160630225201872.jpg

茨城県の旧金砂郷村にあった金砂城は治承4年(1180年)に佐竹秀義(さたけひでよし)によって築かれたと言われています。
DSCF8469_201606302252001ab.jpg

平安時代末期、佐竹秀義は父・隆義(たかよし)が京都に上洛していたため、打倒平家に挙兵した源頼朝(みなもとのよりとも)に従いませんでした。
治承4年(1180年)に頼朝が佐竹討伐の兵を挙げると、秀義は太田城を捨てて金砂山城に籠城しこれに対抗しました。
数千の軍勢で攻め寄せた頼朝軍でしたが、要害堅固な金砂山城は落城しませんでした。
しかし、秀吉の叔父・佐竹義季(さたけよしすえ)を内通させることに成功した頼朝軍は背後の間道から軍勢を送り込みこれを攻め落としました。
内通した佐竹義季はその後冷遇され、頼朝の勘気をうけて幽閉されましたが、没後に上洛して京都で革島(かわしま)氏を称しています。
一方で金砂山城を脱した秀義は、後に頼朝に服従し、文治5年(1189年)の奥州合戦では先陣を賜って武功を挙げ、頼朝から常陸北部の旧領の領有を認められました。
DSCF8473_20160630225200adc.jpg

南 北朝時代の建武3年(1336年)、佐竹貞義(さたけさだよし)は、南朝・後醍醐天皇方の陸奥鎮守府将軍・北畠顕家(きたばたけあきいえ)の多賀城(宮城 県多賀城市)からの上洛を阻止しようとして敗れ、楠木正成(くすのきまさしげ)の代官・楠木正家(くすのきまさいえ)によって攻められて金砂山城に籠城 し、南朝方の那珂通辰(なかみちとき)を討ち取ってこれを撃退しました。
DSCF8475_2016063022515917c.jpg

明応元年(1492年)に親族である山入氏義(やまいりうじよし/佐竹氏義)によって攻められ太田城を追われた佐竹義舜(さたけよしきよ)も金砂山城へ移って籠城しました。
ここでも天険の要害をもって攻め来る軍勢を討ち敗って撃退し、永正元年(1504年)には太田城の奪還に成功しています。
DSCF8481_20160630225158c42.jpg
登城道はゴツゴツとした岩肌むき出しの道もありますが、整備されていて歩きやすいのが特徴です。
山頂の本殿近くには展望台があり、そこから見下ろす絶壁の下に軍をなした頼朝軍や南朝軍の煮え湯を飲む姿が想像できます。
廃城時期までは調べきれませんでしたが、神社向かいには無人の資料館などもあり、総じて楽しめる城跡でした。

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→創建時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
→築城時期
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→廃城時期不明
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

小さな道の駅で、袋田の滝の観光の際のちょっとしたトイレ休憩に使うイメージが強かったのですが、近隣の歴史は深く、まだまだ地域の歴史について学びたくなりました。


□道の駅さとみ
 住所:茨城県常陸太田市小菅694-3
 TEL:0294-82-2100
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:1月1日
 標高:199m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:未確認
 公園:×
 試食:×
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしております。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示
公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・67箇所目「さとみ」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・さとみ(021/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・さとみ(119/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・さとみ(052/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/12 09:30 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年こそ入浴してみようと思っていたのですが、結局トイレの脇の大きな広告の入浴施設に足を伸ばしてしまい、道の駅での入浴は次回への繰り越しになりました(笑)
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問35箇所目は、茨城県にある道の駅「奥久慈(おくくじ)だいご」です。
茨城の名滝「袋田の滝(ふくろだのたき)」で有名な観光エリアで、川を挟んだ通りの先にはJR水郡線の常陸大子(ひたちだいご)駅があり、線路に並走し水戸から福島まで続く国道118号線沿いにある、列車でのアクセスも良い入浴施設併用のスポットです。
DSCF8429_20160630222853d54.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
屋外のスペースで植物とともに販売されていたのは木工細工の「お盆(税込2500円)」です。
DSCF8430.jpg
手触りも香りも良く、汚れも目立たないので家の中でも外でも重宝しそうです。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
昨年は登城口で断念してしまった「月居城(つきおれじょう)跡入口(月居山ハイキングポイント14・トイレ付近/茨城県久慈郡大子町袋田)」を目指してみます。
県道324号線から南に入る舗装道はクルマは通行禁止だったのですが徒歩では入れそうだったので20分ほどかけて歩くと登山道入口に駐車スペースとトイレがあり、そこから月居城本丸跡に向けて散策ができるルートがあります。
DSCF8433.jpg

ハイキングコースを20分ほど歩くと山頂の本丸跡に到着することができますが…出来れば獣よけの鈴とハイキング用ストックを用意することをおススメします。
DSCF8434.jpg

鎌倉時代から北関東を収めた佐竹一族の袋田(ふくろだ)氏が築城し、応永年間(1394~1428)に居城しました。
DSCF8436_2016063022325403f.jpg

しかし袋田氏が美和村(現:常陸大宮市)の小田野(おだの)氏の養子となって城を去ると一時期廃墟となりました。
DSCF8443.jpg

永正13年(1516年)、山入氏を滅ぼして国内統一を実現させた佐竹義舜(さたけよしきよ)は、白河・結城(ゆうき)氏から大子地方を奪還し、石井氏、滑川氏らを月居城に配置して大子地方支配の拠点としました。
DSCF8451_20160630223252b4d.jpg

永禄10年(1567年)には、佐竹義重(さたけよししげ)は、親族の野内隼人(読み方不明)を城代としています。
DSCF8456_201606302232519be.jpg

慶長7年(1602年)の佐竹氏の秋田への国替えの時に、野内広忠、大膳亮父子が父祖伝来の地と訣別して佐竹氏に従ったので月居城は廃城となりました。
DSCF8455_20160630223432af7.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→廃城
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

2016年のスタンプブックにはソフトクリームの割引券が付いていたので、ついつい購入してしまいました。
DSCF8432.jpg
たっぷり山盛りのソフトクリームが50円引きだったのでズキマル君も大満足です。
袋田の滝が有名ですが、近隣のハイキングコースも魅力的なので、道の駅を中心にまだまだ訪問してみたい場所がたくさんあります。

□道の駅奥久慈だいご
 住所:茨城県久慈郡大子町大字池田2830
 TEL:0295-72-6111
 開設時間 午前9時~午後5時30分
 休館日:第1・3水曜(8月除く)、1月1日
 標高:108m
 ウォシュレット:誰でもトイレのみ
 イーモバイル(3G):△
 無料WIFI:未確認
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:有(11:00-20:00)
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示
公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・68箇所目「奥久慈だいご」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・奥久慈だいご(022/147・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・奥久慈だいご(120/154・茨城)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・奥久慈だいご(051/161・茨城)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/06/11 17:00 天候:晴れ
↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
今年になって道の駅とともに城跡を巡るようになりましたが、予想以上の登城道に新たなアイテムの購入を決意しました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

道の駅巡りとともに、各地の城跡を歩くのが今年のライフワークになっていますが、いざ歩いてみると、日本の城のほとんどが険しい山の山頂にある「山城」であることがわかってきました。
現地に解説版が掲示されている城跡のほとんどには、人がすれ違えるほどの道が用意されています。
しかし、普通の道を歩くのとは違い、ごつごつした岩肌むき出しの道や、泥道もあったりします。

このところ、蜘蛛の巣も増えてきてそれを払いながら歩くのも一苦労です。
そこで、「ストック」を購入することにしました。



登山グッズを扱うショップやスポーツショップでは5000円~10,000円ほどしますが、楽天市場で半額以下で購入することができました。
DSCF8956_20160630081444b96.jpg

スキーのストックとの違いはコンパクトに縮めることができる点と、先端にゴムキャップが付いていて登城道を傷めない点です。
重さは200gほどで長さも収納時には65センチほどになります。
DSCF8957.jpg

獣よけに100円均一で鈴も購入したのですが、注意を怠ることなく旅を楽しみたいと思います。

★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆

レコーディングダイエット 26週目(6/23~6/29)


体 重: 72.8Kg → 72.9Kg
BMI: 25.79 → 25.83
胴回り: 86.0cm → 86.0cm
腿回り: 51.5cm → 51.5cm

食事記録:この1週間の暴飲暴食結果
6/25昼 長野市・寿楽(ラジオ丼)
6/26昼 小諸市・草笛総本店(中盛り)

運動記録:
木曜日:通勤コミ16.1キロ(17,500歩)
金曜日:通勤コミ4.7キロ(7,173歩)
土曜日:休日散歩15.0キロ(23,648歩)
日曜日:休日散歩8.4キロ(13,281歩)
月曜日:通勤コミ16.5キロ(19,537歩)
火曜日:通勤コミ16.8キロ(19,489歩)
水曜日:通勤コミ16.4キロ(18,975歩)

開始時からの増減(1/1~先週)
体 重: +1.0Kg(スタート:71.9Kg)
BMI: +0.36 (スタート:25.47)
胴回り: -0.0cm(スタート:86.0cm)
腿回り: -0.0cm(スタート:51.5cm)
測定:nintendo Wii Wii Fit Plus・メタボメジャー
運動距離・時間測定:RunKeeper(ランキーパー)
日間歩数・距離測定:Runtastic Me
2014年11月より「フォルスコリ」と言う激安サプリを服用してみています。
※測定は木曜日の朝食前に行っています。
 ダイエットのコンセプトは「飲食は改善せず運動量の増加で体重を落としてみよう。」としております。
★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆


※休題閑話とは…
正しくは「閑話休題(かんわきゅうだい)」で、本来のハナシから逸れる場合に使う「それはさておき」と言う場合に使う言葉だそうです。
本来は「余談をやめて、話を本題に戻すとき」に使うそうですが、長いこと間違えて使っていました。
「銀色テントむし」では記事検索の際に条件に合いやすくするため、元の言葉をひっくり返し「本題から逸れる」意味の造語として利用しています。



↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
blogram投票ボタン


2016/06/30 08:00 天候:曇り
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:駐車場GL約1000mm(腰高)
 
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。