軽キャン♪銀色テントむし660

今週は「長野」!デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントむし(テントムシ)」、「eK-Camp(ekキャンプ)」です。
家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します♪たまに、車中泊しながらお城と新撰組も巡ります。


はじめまして。軽キャンピングカー「eK-Campテントむしオレンジ」銀色テントむしテントむし正面に乗っているnorizoです。
ここでは2008年5月2日に購入した軽自動車のキャンピングカー「eK-Camp(テントむし) 」での旅について記載しています。フツーはキャンプに使う「テントむし 」を家族のコミュニケーションツールとして、移動手段と仮眠のみに特化して利用しています。メインの記事は「駅舎・SL巡りSL」、「デカ盛り ナイフとフォーク」、そしてキャンカーテントむしなのに「激安ホテル宿泊レビュー ビル」となっています。写真で綴る旅ブログがメインですが、不具合解消のためデカ盛り以外の写真はFC2版「銀色テントむし660」 にリンクしています。
最新記事は周知媒体としてツイッターフェイスブック からもご確認いただけます。
※ツイッターやフェイスブックへのコメントへの返答は行っておりません。

1回読み捨ての記事ばかりですので、気が向いたら「旅する気分」でお楽しみください♪

デカ盛りブログ「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスから「メガ盛り 首都圏版 200軒 」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?

でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



↓人気ブログランキングに参加してみました。
気が向いたらポチっとお願いします。↓

   


メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


NEW !
テーマ:

群馬県でディナータイムを迎え、無性にピザが食べたくなったところに食べ放題を見つけて入ってみることにしました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

JR八高線の群馬藤岡(ぐんまふじおか)駅から西口ロータリーを線路沿いに南へ進み350mで寺の南側を西へ入って道なりに1.6キロほどで上大塚北交差点から県道13号線を北に700m進むと西側に見えてくるのが「ローマの家」です。
駅からは少々距離がありますが、上信越自動車道の藤岡インターに近いこともあり、クルマでの利用に便利な場所にあります。
DSCF0605.jpg

ディナータイムにちょうど良さそうな日曜日の夕方6時半ころ、注文の仕方がわからないまま、とりあえず扉を開けると、
正面のレジの左右にボックスタイプのテーブル席が数多く用意されています。
右手のバイキングカウンターの奥で数段上がったエリアに広がるボックス席をお借りしてメニューを眺めます。
セットメニューは、パスタ一品とサイドメニュー食べ放題の「パスタセット」、ピザとサイドメニューともに食べ放題の「ローマ」、「ローマ」にパスタ一品を追加した「ナポリ」から選択することになります。
このほかに単品メニューもあるようなのですが、焼き立てを運んでくれるピザ食べ放題がこの店の「売り」なので、ベースは「ローマ」か「ナポリ」を選ぶことになるでしょう。
DSCF0607.jpg

ズキマル君親子が選んだのは、オーソドックスに「ローマ(税込・大人1,200円・小学生900円)」です。
注文したら、焼き立てのピザを店員さんが運んで回っている間にフリードリンクにサラダやスープ、ポテトフライなどのサイドメニューを選んで待ちます。
DSCF0608_20161204091445679.jpg

テーブルに戻ると、焼き立てのピザを持った店員さんが各テーブルを回ってきます。
ピザは20種類ほどあるようですが、店側が種類を決めて焼きあがったものを、1人1切れずつ配って回ります。
たまに前のテーブルで品切れになってしまい悲しそうな顔をしていると、「もう一枚焼いてきますね。」と店員さんが笑顔で新しいピザを焼きに戻っていきます。
テーブルには裏表に「まだまだいけます」「ちょっと休憩」と記載されたカードがあり、満腹になるまで店員さんがピザの要不要を聞いてくれます。
ピザもおいしいのですが、ばぜか和食や中華の雰囲気まで醸し出す充実したサイドメニューにも惹かれ、気が付けば普段以上に食べてしまっていることに、後で立ち上がった時のお腹の重さに驚くことでしょう。
DSCF0609.jpg

もう食べられない!と思ってからがバイキングの醍醐味で、ここからさらに軽いサイドメニューや炭酸系ドリンク、ソフトクリームなどスイーツに目がくらみ、限界のさらに先を目指してしまうのがバイキングの良い所でもあり、悪い所でもあります。
DSCF0611_20161204091443400.jpg

norizoたちの順番の前に店員さんが回る数人組の女子小中生が、まぁ食べる食べる。
残り1ピース、あぁ、取られた!!
などと見ていたためか、普段より食べる量も進み、気が付けば20カットほど、ズキマル君でも10カットほどのピザを頂き、待ち時間の間のサイドメニューも5・6回はお替りしてしまったのではないでしょうか。
群馬県や栃木県など北関東はバイキングや大盛りの店が多いと聞きますが、まだまだ知らないデカ盛りやバイキングが多くあることを知り、再訪を誓って店を後にしました。


□ローマの家・藤岡店
 TEL:0274-22-7766
 群馬県藤岡市中大塚264-1
 営業時間 11:00~15:00,17:30~21:30
 定休日:年中無休
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

■食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪


■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。
 

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



2016/10/16 18:30 天候:晴れ
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 

タイトル用

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

先に山城を歩いてから道の駅にたどり着いてみると、すでに閉店時間近くなってしまっていました。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問133箇所目は、群馬県にある道の駅「万葉の里(まんばのさと)」です。
長野県佐久から本庄児玉を結ぶ国道462号線十石峠街道(じゅっこくとうげかいどう)沿いから神流川(かんながわ)を望む自然豊かな場所です。
DSCF0602.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
民芸品なのか古物商なのかすらよくわからない商品展示に目を奪われる中、謎の香炉に呼ばれているような気がします。
DSCF0603.jpg

商品名は「からき香炉(税別18,000円)」です。
なんだか東洋の精霊が姿を現しそうで、さすってみたくなる逸品でした(笑)
DSCF0604.jpg


その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
今回歩いてみたのは「国峯(くにみね)城址(群馬県甘楽郡甘楽町国峰字城山付近)」です。
川沿いの細い道の向かいの集落の集会所の脇道が登城道になっているので、そこからは徒歩で進むことになります。
DSCF0589_201612030324418ee.jpg

国峯(くにみね)城の築城年代は定かではないが室町時代後期頃に小幡(おばた)氏によって築かれました。
小幡氏は関東管領・山内上杉(やまのうちうえすぎ)氏に属しており、小幡憲重(おばたのりしげ)は箕輪城主・長野業政(ながのなりまさ)の娘(または妹)を妻に迎えていました。
DSCF0590.jpg

北条氏の台頭で天文20年(1551年)に関東管領・上杉憲政(うえすぎのりまさ)が長尾景虎(ながおかげとら/上杉謙信)を頼って越後へ落ちると、小幡憲重・重定(しげさだ)父子は天文22年(1533年)甲斐・武田氏に属しました。
これに対して、長尾氏に属した長野業政は留守中の国峯城を奪って一族から小幡景定(おばたかげさだ)を城主としました。
DSCF0593_20161203032440b8c.jpg

永禄3年(1560年)に武田信玄(たけだしんげん)は小幡氏に信濃国大日向を与え、市川氏などの南牧地衆を配下に付けました。
翌永禄4年(1561年)に信玄は西上野に侵攻して国峯城を奪い返し、小幡憲重を城主に復帰させました。
DSCF0595_20161203032759e17.jpg

その後の武田軍での小幡氏の活躍は目覚ましく、小幡氏の赤備えの騎馬武者は武田軍のトレードマークとなっていきます。
天正3年(1575年)の長篠の合戦では小幡重定あらため信真(のぶまさ)は赤備えの騎馬武者五百騎を率いて従軍しました。
DSCF0596_20161203032758c9d.jpg

天正10年(1582年)、織田信長(おだのぶなが)による武田家滅亡に伴い、小幡信貞(おばたのぶさだ)は織田配下の森長可(もりながよし)に降状しましたが、本能寺の変で信長が横死すると、北条氏に属すこととなりました。
DSCF0597.jpg

天正18年(1590年)に豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原征伐の際に上杉景勝(うえすぎかげかつ)によって国峰城が落城すると、小田原に篭城していた信貞は旧友の真田昌幸(さなだまさゆき)を頼り信濃に亡命しました。
DSCF0599_20161203032756b94.jpg

徳川家康(とくがわいえやす)が関東に入部すると、徳川氏配下・奥平信昌(おくだいらのぶまさ)が小幡を領すし、上州・小幡氏は本領を失い、国峰城も廃城となりました。
DSCF0600_2016120303275603a.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期?
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期?
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

訪問時間が閉館時間5分前となってしまったため、すでに閉館準備が開始されており、スタンプを押すのが精いっぱいでした。
次回はもう少し余裕のある時間に訪問して、田舎料理などの食事も堪能してみたいものです。

□道の駅万葉の里(まんばのさと)
 住所:群馬県多野郡神流町大字黒田字坂井道下742-1
 TEL:0274-20-5555
 開設時間 午前10時~午後5時
 休館日:火曜、年末年始
 標高:357m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル:×
 無料WIFI:×
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:情報をお待ちしています。
 近隣の史跡:国峯城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・76箇所目「万葉の里」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・万葉の里(066/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・万葉の里(109/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・万葉の里(まんばのさと)(160/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/16 17:00 天候:晴れ

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

織田信長(おだのぶなが)の死後、息子・信雄(のぶかつ)が所領を得た群馬県甘楽エリアは現在も城下町の様相を残す名勝です。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問132箇所目は、群馬県にある道の駅「甘楽(かんら)」です。
上信越自動車道の富岡インターから県道46号線を南に進むと、江戸時代の城下町の雰囲気を今に残す町並みとともに雄川(おがわ)沿いに見えてきます。
DSCF0586.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
物産施設とレストランの間のロビーあたりに見つけたのは「スーパー竹とんぼ(税込250円)」です。
DSCF0587.jpg

赤い流線型の羽と細い柄が印象的で、かなりよく飛びそうで、欲しくなりました。
DSCF0588_20161202074450391.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
徒歩圏に織田信長の息子・織田信雄が残した名勝の庭園「楽山園」がありますが、もう少し離れた公園「麻場(あさば)城址(麻場城址公園/群馬県甘楽郡甘楽町白倉918付近)」を訪問します。
DSCF0576_201612020744493aa.jpg

ちょっとわかりづらい場所ですが、砂利道の先に駐車場があるためクルマでの訪問も安心です。
DSCF0578.jpg

麻場(あさば)城は文明年間(1469年~1487年)頃に、関東管領山内上杉氏の四宿老・白倉(しらくら)氏によって築かれました。
DSCF0579_2016120207444734d.jpg

白倉氏は天文15年(1546年)に笛吹峠の戦いで、武田信玄(たけだしんげん)の四天王・板垣信方(いたがきのぶただ)を射落として勇名を轟かせた武勇の将でした。
DSCF0580_201612020749353b5.jpg

度重なる覇権争いの末、永録6年(1563年)に時の城主・白倉重家(しらくらしげいえ)は武田信玄に仕えることとなりました。
DSCF0581_20161202074934216.jpg

天正10年(1582年)に織田信長(おだのぶなが)の甲州征伐により武田家が滅亡し、織田家の重臣・滝川一益(たきがわいちます)に所領を安堵され配下となります。
DSCF0583.jpg

それも束の間、同年の本能寺の変により織田信長が横死すると、機を見計らったかのように北条氏直(ほうじょううじなお)が攻め入り、神流川の戦いで敗戦して、北条氏直に降りました。
DSCF0584_2016120207493364e.jpg

天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による小田原征伐で 後北条氏が滅亡すると白倉氏も所領を失い没落、麻場城はそれを機に廃城になったと考えられています。
DSCF0585_2016120207493292f.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
→築城時期
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

ここ数年で、リニューアルを重ね、駐車場も店内も広くなり、たくさんのお客さんが訪問するようになりました。
今後、どれほどの賑わいを続けるのか、どんな進化を続けるのかが楽しみな道の駅の一つです。

□道の駅甘楽(かんら)
 住所:群馬県甘楽郡甘楽町大字小幡444-1
 TEL:0274-74-5445
 開設時間 午前9時~午後6時(冬)
 休館日:第1・第3火曜、1月1日
 標高:176m
 ウォシュレット:○
 イーモバイル(LTE):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:×
 近隣のデカ盛り:こんにゃく博物館(約1.3km)・上原屋(約3.9km)
 近隣の史跡:麻場城(本編)、小幡陣屋


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・71箇所目「甘楽」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・甘楽(061/147・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・甘楽(113/154・群馬)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・甘楽(かんら)(155/161・群馬)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/10/16 15:00 天候:晴れ

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。