軽キャン♪銀色テントむし660

今週は「長野」!デカ盛り・SL・道の駅!このキャンピングカー「テントウムシ」ですか?いいえ、「テントむし(テントムシ)」、「eK-Camp(ekキャンプ)」です。
家族4人、軽キャンカーで日本全国行脚します♪たまに、車中泊しながらお城と新撰組も巡ります。


はじめまして。軽キャンピングカー「eK-Campテントむしオレンジ」銀色テントむしテントむし正面に乗っているnorizoです。
ここでは2008年5月2日に購入した軽自動車のキャンピングカー「eK-Camp(テントむし) 」での旅について記載しています。フツーはキャンプに使う「テントむし 」を家族のコミュニケーションツールとして、移動手段と仮眠のみに特化して利用しています。メインの記事は「駅舎・SL巡りSL」、「デカ盛り ナイフとフォーク」、そしてキャンカーテントむしなのに「激安ホテル宿泊レビュー ビル」となっています。写真で綴る旅ブログがメインですが、不具合解消のためデカ盛り以外の写真はFC2版「銀色テントむし660」 にリンクしています。
最新記事は周知媒体としてツイッターフェイスブック からもご確認いただけます。
※ツイッターやフェイスブックへのコメントへの返答は行っておりません。

1回読み捨ての記事ばかりですので、気が向いたら「旅する気分」でお楽しみください♪

デカ盛りブログ「銀色テントむし660」がオススメする名店がぎっしり!!

マガジンハウスから「メガ盛り 首都圏版 200軒 」が発売になりました。

事前アンケートに参加させてもらったのでちょっぴりご紹介しちゃいます。

デカ盛り巡りのバイブルに1冊いかがですか?

でも、デカ盛りサイズ比較のモカとズキマルの表情が見られるのは…

「銀色テントむし660」だけなのです♪



↓人気ブログランキングに参加してみました。
気が向いたらポチっとお願いします。↓

   


メガ盛り 首都圏版

メガ盛り 首都圏版
著者:マガジンハウス
価格:700円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る


NEW !
テーマ:

高額取引されることで有名な切手「見返り美人」の原画の作者の資料館を併設する道の駅は、潮騒の音をのんびりと楽しみながら過ごせます。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問163箇所目は、千葉県にある道の駅「きょなん」です。
房総南部の富津館山(ふっつたてやま)有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線長狭街道を西に進み海沿いの国道127号線内房なぎさラインを1キロ弱南に進むと見えてきます。
敷地内に「菱川師宣記念館」や「鋸南町中央公民館」を併設し、隣にはスーパー、その北には港や入浴施設、飲食店と観光アクセスに適したスポットです。
DSCF1241_2017012307482791e.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
売店の入口付近に小さな木製のデザインパネルを見つけました。
「サカナ柄のパネル(税込500円)」とでも言うこの商品、「鍋敷きかな?」と小声でささやくと、店の方から「壁なんかに吊るしてね。」と言われたので、鍋敷きとしての利用は本意ではないようです。
DSCF1242_20170123074826610.jpg
そう言われると、優し気なキャラクターは、確かに鍋の下に敷くのはかわいそうな気もします。

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
訪問するのは「勝山(かつやま)城址(大黒山展望台/安房郡鋸南町勝山412)」です。
DSCF1243.jpg

実際の城址は湾の南の勝山港の裏山の八幡神社( 千葉県安房郡鋸南町勝山78の路地から登城?)あたりなのですが今回も登城道が見つけられなかったため、法福寺から続く山頂に模擬天守のような展望台があるので、そちらを歩きます。
DSCF1250_201701230803518d2.jpg

勝山(かつやま)城の歴史は古く、治承4年(1180年)の「治承の乱」にて石橋山合戦で敗れた源頼朝(みなもとのよりとも)が、安房に逃れたて頼った安西景益(あんざいかげます)の所領と伝わります。
※安西氏の居城は平松城とされています。
DSCF1244.jpg

戦国期に入ると安西氏は里見氏に組し、大永6年(1526年)末の大永鎌倉合戦においては勝山城を拠点とした安西水軍の活躍が見られたそうです。
DSCF1246_201701230748242b3.jpg

天文22年(1553年)、北条氏の手引により安房・西上総に内乱を起こった房州逆乱の際には、北条綱成が妙本寺(安房郡鋸南町吉浜453)付近に上陸し近隣を制圧しました。
DSCF1248.jpg

その後の「天正年間には里見氏重臣のの正木輝綱(まさきてるつな)が城代を務めていました。
DSCF1254_20170123075005b62.jpg

北条氏が討伐され、徳川家康(とくがわいえやす)が関東に封入になると、慶長19年(1614年)に里見氏が改易され、元和元年(1616年)には内藤清政(ないとうきよまさ)が入封となり大名として勝山藩を興して勝山城直下の北側の山麓に陣屋を築いきました。
その後は一時廃藩となりますが酒井忠国(さかいただくに)が入封されると、明治維新まで酒井氏領となり、幕政の終わりとともに廃城となりました。
DSCF1255.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
→築城時期
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
→廃城時期
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

徒歩圏に新しい道の駅「保田小学校」が出来てしまったことで、やや活気が失われつつありますが、観光案内所のスタッフさんの対応はピカイチです。
のんびりとした漁村の売店を思わせる静かな道の駅で、ちょっとした休憩をするもよし、小さなレストランで食事をとるも良しのコンパクトながらくつろげるスペースです。


□道の駅きょなん
 住所:千葉県安房郡鋸南町吉浜516-1
 TEL:0470-55-4518
 開設時間 午前9時~午後5時
 休館日:月曜
 標高:5m
 ウォシュレット:×
 イーモバイル(3G):◎
 公園:×
 試食:少
 入浴施設:近(ばんやの湯/24h)
 無料WIFI:○
 近隣デカ盛り:ばんや(約0.5km)・住吉飯店(約2km)
 近隣の史跡:勝山城(本編)、造海城


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2012・111箇所目「きょなん」
関東「道の駅」スタンプラリー2013・きょなん(145/147・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2014・きょなん(091/154・千葉)
関東「道の駅」スタンプラリー2015・きょなん(002/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/23 11:00 天候:雨

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝から南房総をウロウロしていて、遅い朝食時に、朝から営業している海鮮の人気店を思い出して再訪してみました。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

房総を縦断する富津館山有料道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道34号線を西へ進み、内房線の線路を過ぎたら国道127号線内房なぎさラインを南へ進むことインターからおよそ1.6キロ、西側の漁港の駐車場を囲むように軒を構えるのが「ばんや」です。
観光漁船や宿泊施設、入浴施設などもある大型店で、テレビの旅番組やグルメ番組でも紹介されることの多い人気店です。
DSCF1240_20170120081841f21.jpg

尋常でない待ち時間と行列が印象的なので、開店前から並ぶのがnorizo一家の流儀なので、開店30分以上前に訪問したのですがそれでも50人以上が開店を待っています。
この店では開店前に並ぶ際に1つ目のルールがあります。
それは、入口の用紙に名前と人数を記載することです。
この状態ではまだ入店することは出来ません。
DSCF1235.jpg

入店の時間帯にもよりますが、注文票が待合記名ボードの横にありますので待ち時間に何を注文するか選んでおきます。
注文票とボールペンが用意されており、その注文票が後で注文控えになります。
席を案内されたら、案内された順に注文を取りに来てくれます。
開店すぐでも売り切れてしまう商品もあるため、目当てのレアアイテムをゲットするために並ぶ人も多いようです。
メニューは基本的に一品料理ですが「定食セット」にすることもできます。
ボリュームに定評がありますが、残ってしまっても持ち帰りパックを購入することでテイクアウトすることも可能です。
DSCF1236_20170120081840bd2.jpg

ズキマル君が選んだのはコスト重視系・定番メニューの「朝獲れ寿司(税別800円)」を注文します。
DSCF1239.jpg
白身魚を中心に7貫の握りとだし巻き卵が桶に入っています。
この日の素材は特段珍しいものはなく、わざわざ並んでまで注文する商品がコレだったか?と自分に問い正します。
味噌汁とセットの価格ですが、最近はチェーン展開している廻るお寿司屋さんで、もう少しリーズナブルにいただけるので、感動は得られません。

norizoはいつも注文する「イカかき揚げ丼(税別750円)」から少しだけグレードアップして「イカかき揚げ定食(税別850円)」にしてみました。
DSCF1238_20170120081837c3d.jpg
大皿に積み上げられた4枚のイカのかき揚げにどんぶり飯、味噌汁に沢庵。
そうそう、このダイナミックなボリュームこそが「ばんや」に並んでしまう要因です。
ドンプリの際にはタレに通されたかき揚げが、ドンブリの倍ほどのボリュームで載っているのですが、こちらのカラっと揚がった食感も良いものです。
支払い単価としてはドンブリの方が税別で100円安いのですが、見た目のインパクトは定食の方が強いかもしれません。

席数が多いので開店時間以外は行列になることも少なくなってきましたが、それでもエリア一の人気店と言っても過言ではないと思います。
まるで市場の中のような落ち着きのない雰囲気での食事になりますが、それもまた店の醍醐味と言えるのでしょう。
しかし、ゆっくりと食事を楽しむのならば、別の選択肢を用意するのもいいかもしれません。
通り沿いに類似サービスが横行する中で、老舗としての風格が問われるようになりつつある、観光地の食堂です。

□ばんや
 TEL:0470-55-4844
 千葉県安房郡鋸南町吉浜99-5
 営業時間 9:30-18:00(土日祝延長)
 定休日:無休
 駐車場あり


より大きな地図で 銀色テントむしでデカ盛り301軒目から を表示

食べログでの評価の主観基準 
デカくて取り分け可能、安くて満腹になれるお店をご紹介しています。
店の広さやキレイさなどは評価の対象外です。

■評価のポイント
1.サイズ(1品1,500円以内で一人ではキツいサイズ)
2.取り分け可能
3.家族連れ対応
4.駐車場
5.料理のサイズ
6.料理の味
7.提供時間・店員さんの対応
※各項目で0.5点の減点方式。印象値で加点減点もあります。

★5.0 ・・・100点/100点 毎週でも通いたい♪でもメタボ要注意
★4.5 ・・・90点/100点  隔週も通いたい♪愛して止まないお店です。
★4.0 ・・・80点/100点  毎月でも通いたい♪もちろん近ければ・・・ですが。
★3.5 ・・・70点/100点  ちょっと遠くてもまた行きたい・・・、ウマくて安いです。
★3.0 ・・・60点/100点  店の前を通ったら立ち寄りたいです。
★2.5 ・・・50点/100点  我が家をターゲットにはしていないお店です。
それ以下・・・相当納得できない限りは掲載しません。

私的見解ですので、参考程度にご覧ください♪
また、最近のズキマル君の写真は「イエス!フォーリンデブ★」のはっしーさんに感化されています。

■あなたの街の「デカ盛り店」を教えてください♪
 「銀色テントむし660」では1品1,500円以内で家族で取り分けできるデカ盛り店を求めて日本中を旅しています。
 「この店行ってみたら!」と言うお店がありましたら、店名と場所、お勧めメニューを教えてくださいね。
 

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ



2016/11/23 9:00 天候:雨
測定値:未測定(測定器具:エアカウンターS
測定場所:店舗前GL約1000mm(腰高)
 

タイトル用

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

2015年末にオープンして昨年のスタンプラリーには間に合わなかった小学校の校舎を利用した新しい道の駅は、ひっそりとnorizoが何度か訪問している車中泊スポットです。
当ブログではライフワークとなりました夏から年末までの一大イベント「関東『道の駅』スタンプラリー2016」(開催期間平成28年4月25日~11月30日)を、今回も独自の視点で楽しんでみようと思います。
蒸気機関車デカ盛り道の駅を求めて毎週末、家族旅行しているのにキャンプ歴のない軽自動車キャンピングカーeK-Campテントむし屋根開き(ROTUS(ロータス)RV販売 )」銀色テントむしテントむしオレンジ乗りのnorizoです。

半年以上も一緒にお付き合い頂くスタンプラリーを楽しむコツとして、スタンプ以外に楽しむために決まりごとを作っています。
たとえば、試食や公園、資料館の有無などちょっとポイントを絞って目を凝らすとも魅力満載であることに気が付きます。
今回は「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」と「近隣の歴史に触れてみよう」の2点をチェックポイントに楽しんでみたいと思います。
ただ、訪問予定数が165箇所と大ボリュームのため、ひょっとしたら期間内に訪問履歴のご報告が間に合わないかもしれませんが、旅の記録として思い出を共有いただけると嬉しいです。。
※記事の最後に、道の駅の近くにあるデカ盛り店や史跡の情報をリンクしましたので、時間があればクリックしてみてください。

関東『道の駅』スタンプラリー2016」の訪問162箇所目は、千葉県にある道の駅「保田小学校(ほたしょうがっこう)」です。
富津館山道路の鋸南保田(きょなんほた)インターから県道39号線を西に出てすぐのところにあります。
新築の建物に見えますが、その名の通り廃校になった小学校をリユースしており、正面のガラス張りの部分の後方には校舎が残っています。
DSCF1232.jpg

まずは物産コーナーで目を惹く男気アイテムの「地域の魅力が凝縮?特産民芸品コーナー」を見てみましょう。
元小学校をモチーフにしていることから「保田小学校グッズ(トートバッグ/税込1,500円)」が各種取り揃えられています。
DSCF1233_20170120080353815.jpg

おそらく小学校として利用されていた時代のものとは全くの別物だと思いますが、ズキマル君が身に着けると、この学校に通っているかのようでした(笑)
DSCF1234.jpg

その土地だからこそ、より詳しく歴史をすることができる「近隣の歴史に触れてみよう」と言うことで、近場の城址や館跡を散策してみましょう。
目指すのは「造海(つくろうみ)城址(延命寺/富津市竹岡4452)」なのですが、前の晩から降った雨の影響で登城道に不安があったため、城のふもとの寺から近道を確認するだけにしておきます。
DSCF1218.jpg

本来の登城口は延命寺から国道127号線なぎさラインを350mほど西へ進んだトンネルの手前の脇道を南に入った灯篭坂大師トンネル近くにあるそうです。
DSCF1220.jpg

造海(つくろうみ)城は、上総武田氏・武田信長(たけだのぶなが)の孫・武田信興(たけだのぶおき)が、真里谷(まりやつ)を領して真里谷氏を名乗り、里見氏の北上を防ぐ目的で長禄4年(享徳10年/1461年)頃に築城したとされます。
DSCF1230.jpg

天文2年(1533年)に里見氏の内紛「天文の内乱」で、当主・里見義豊(さとみよしとよ)が稲村城で里見実堯(さとみさねたか)を討つと、子の義堯(よしたか)と遺臣らが造海城の真里谷信隆(まりやつのぶたか)を頼って籠城し、北条氏の庇護を求めました。
天文6年(1537年)には真里谷恕鑑(まりやつじょかん)の跡目を廻り、真里谷武田氏に内乱が発生すると嫡子・信応(のぶまさ)は小弓公方・足利義明(あしかがよしあき)を頼り、対する庶子の長男・信隆(のぶたか)は天文7年(1538年)の第一次国府台合戦で北条氏が占拠した造海城に、北条氏を後ろ盾として立て籠もりました。
このときには真里谷信応に組して城を包囲した里見義堯らに対し、「この場の風景を百首、和歌に読んだら開城する」という条件を出したところ、里見義堯はあっという間に百首読んだので、諦めた信隆らは開城して北条氏の本領・三浦半島へと落ち延びたとされ、このことから「百首城(ひゃくしゅじょう/ももくびじょう)」とも呼ばれています。
DSCF1222_2017012008061543a.jpg

永禄10年(1567年)の三船台合戦で北条氏の勢力が房総半島から撤退すると、造海城は正木時盛(まさきときもり)が城代となり里見水軍の基地となりました。
DSCF1224.jpg

天正18年(1590年)の豊臣秀吉(とよとみひでよし)の小田原の役に際して里見氏が上総を召し上げられ安房に退くと、造海城は廃城となりました。
DSCF1229.jpg

~参考~
飛鳥時代(592年~)
奈良時代(710年~)
平安時代(794年~)
★源平合戦(1180年~)
鎌倉時代(1180年代~)
南北朝時代(1330年代~)
室町時代(1392年~)
→築城時期
戦国時代(1467年~)
★本能寺の変(1582年)
★全国統一(1589年)
→廃城時期
★関ケ原の戦い(1600年)
★大坂冬の陣(1614年)
★大坂夏の陣(1615年)
江戸時代(1600年代~)
→砲台設置
★黒船来航(1853年)
★桜田門外の変(1860年)
★大政奉還(1867年)
明治時代(1868年~)
★戊辰戦争(1868年)
大正時代(1912年~)
★第一次世界大戦(1914年~1918年)
昭和時代(1926年~)
★第二次世界大戦(1939年~1945年)

宿泊施設や入浴施設も備えた道の駅で、近隣の観光とセットで考えると非常に居心地が良いのが特徴です。
レストランも充実しているのですが、近場にメジャーなデカ盛り店などもあるため目移りしてしまいます。
物産にも力を入れているので、一度訪問したら再訪必至の人気スポットになること間違いなしです。

□道の駅保田小学校
 住所:千葉県鋸南町保田724
 TEL:0470-50-1161
 開設時間 午前9時~午後6時
 休館日:なし
 標高:16m
 ウォシュレット:○
 格安SIM:LTE◎
 無料WIFI:○
 公園:なし?
 試食:×
 入浴施設:○(11:30-16:00)
 近隣のデカ盛り:ばんや栄丸住吉飯店など
 近隣の史跡:造海城(本編)


より大きな地図で 銀色テントむしの「関東『道の駅』スタンプラリー」 を表示

公園、資料館、試食などの調査データはコチラ♪
関東「道の駅」スタンプラリー2015・番外編・保田小学校(161/161・千葉)

◆ワンポイント◆
「関東「道の駅」スタンプラリー」とは、関東「道の駅」連絡会が主催する道の駅来場者向上に向けた取り組みの一環です。
税込400円のスタンプブックを購入し、関東の道の駅全165駅(短期集中は164駅)のスタンプを押して回ります。
DSCF7765_20160505225336802.jpg
スタンプ帳は1ページごとに1か所の道の駅が紹介されていて、ページによっては期間内に利用できるクーポン券がついています。
期間中にスタンプを10箇所押して応募すると、抽選で450名に特産品引換券1,000円相当が、200名に特産品引換券3000円相当が当たります。
また「164駅短期集中」完全制覇コースは、新らしく対象となる茨城の「ひたちおおた」を除く164駅のスタンプを11月30日までに押して応募はがきで応募すると100名に特産品引換券3000円相当が当たります。
両コースにはダブルチャンスとして100名に3000円相当の特産品が届く抽選権もついてきます。
応募期限は2016年12月1日までの消印のついた応募はがきが対象になります。
ほかにも完全制覇コースの参加なら、もれなく「完全制覇認定証」と「ゴールドステッカー」が貰えるのも見逃せません。

2016/11/23 09:00 天候:雨

↓■このカテゴリの人気ブログはコチラからチェック■↓
食べログ グルメブログランキング blogram投票ボタン
にほんブログ村 グルメブログ 大盛り・デカ盛りへ にほんブログ村 旅行ブログ ドライブイン・道の駅へ にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。