今日は私のベスト5 記事に入れております、バーンズリー・ハウスの秋の様子をお伝えしたいと思います。



我が家には世界各国からお客さまがしょっちゅういらっしゃいます。それで、そんな方々をお連れするコースの中にいつも「バ-ンズリー・ハウス」でランチというのがお決まりのパターンになっています。



バーンズリー・ハウスというのは、国際的に有名なガーデナー、故ローズマリー・ヴェレーー夫人の自邸であり「華麗なスモール・ガーデン」として世界中のガーデナーの憧れの的のお庭があります。現在はバーンズリー・ハウス・ホテル 」としてオープンしていて、宿泊やお食事、そしてアフタヌーン・ティだけでもお楽しみいただけます。



先日も中国と日本のお客さまをお連れして行ってまいりました。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



夏のお庭はラバーナム・ツリー(金鎖)のイエローとアリウムのパープルのコンビネーションが華やかでしたが、さて今はどうなっているのでしょう。


英国・コッツウォルズより愛をこめて



華やかさはないものの緑のトンネルが心を落ち着かせてくれます。そして地面にもご注目ください。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こんな遊び心のある石の並べ方をしてあります。


英国・コッツウォルズより愛をこめて



この緑のトンネル(ラバーナム・ウォークと呼ばれています)のすぐ横には柘植の木が丸く刈り込んであります。こここにもひとつひとつの大きさを揃えていないところに遊び心がありますね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



そしてそのラバーナム・ウォークの続きにはこんなコーナーも。夏は読書をするのにぴったりの日陰ですが、今はちょっと寒いですね。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらもラバーナム・ウォークのならびにあります。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



またお屋敷のすぐ前の柘植のコーナーはこんなに楽しい刈り込みをしてあります。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらが、バーンズリー・ハウスのお屋敷です。シェフがポタジェ(家庭菜園)からハーブを摘んできています。ここのレストランで使われる多くのお野菜は自家栽培されています。ですのでいつもフレッシュでとってもおいしいのです。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



レストランのテーブルに挿されている花(息子撮影)。息子?接待じゃなかったの?と思われた方もいらっしゃったかもしれませんが、英国ではホーム・パーティを含み、家族ぐるみで接待をすることはよくあります。



そんな事情ですので、花好きの息子が一枚くらい上の写真を撮ることは許されたのですが、私がブログの為にパシャパシャとお料理の写真を撮ることは残念ながらできませんでした(涙)。



お料理はどれもこれも美味しくて、特にデザートの「ストロベリーのスープ、パッションフルーツのソルベ添え」は絶品でぜひ皆さまにお見せしたかったのですが、泣く泣く一人で味わってしまいました(すみませんあせる)。



さて、それではちょっとお庭の植物をご紹介いたしましょう。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらは「赤紫蘇」です。この国では我が家意外では初めて見ました。さすが、研究熱心なシェフで世界のおいしいものをよくご存知です。


さぁ、こちらからはガーデンのお花をどんどんご覧いただきましょう。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


英国の秋の花の代表ですね。ダリア。




英国・コッツウォルズより愛をこめて




違う種類のポンポンとしたダリア。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



お花とお野菜が一緒に植えられているのがこちらのお庭の特徴ですね。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらのお野菜は、スイスチャード(不断草、恭菜)ですね。サラダや炒め物に使うと美味しくいただけます。



英国・コッツウォルズより愛をこめて




ガーデンには控えめな噴水もあります。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



そしてこんなコーナーも。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



銅像の周りの木もいつもきれいに刈り込まれています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて


秋とはいえ、まだまだ花は咲いています。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



こちらは花の終わった後の、オネスティですね。種の形がおもしろいので、ドライフラワーやフラワーアレンジメントなどにも使われます。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



さて、また出てまいりました、問題のこのお花。私のブログを最初からお読みいただいている方はおぼえていらっしゃるかもしれませんね。



7月10日 の私のブログ「この花の名は?」 で登場いたしましたが、いまだに名前がわかっておりません。今回はお客様が一緒だったので、ガーデナーを探し回ってこの花の名前を聞くということはできませんでしたが、次回は聞いてまいります。でももしご存知の方がいらっしゃったら名前をおおしえくださいませ。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



あずまやはいつも静かです。池には魚も住んでいますよ。


英国・コッツウォルズより愛をこめて

秋を代表する花コスモスが、風にゆられていました。


英国・コッツウォルズより愛をこめて


以前の「バーンズリー・ハウスを征く」は全7回シリーズになっております。よろしければ下記のリンクから夏のバーンズリー・ハウスをご覧になってくださいね。


クローバー バーンズリー・ハウスを征く(1) クリック

ベルブログランキングに参加しております。よろしければ下の3つのバナーをクリックしていただけますと、とてもうれしいです。お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。

    英国・コッツウォルズより愛をこめて          英国・コッツウォルズより愛をこめて         英国・コッツウォルズより愛をこめて
にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン


英国・コッツウォルズより愛をこめて

大人気!キャス・キッドソンのダイアリー特別入荷いたしました。
販売開始・再販のたびに30分以内に完売という驚異的な人気のキャス・キッドソンのダイアリーです。2010年1月始まりですので今すぐチェックしてくださいね。

AD

コメント(20)