英国アンティークスオフィシャルブログ2

英国のアンティークとコッツウォルズ地方を中心にした情報を美しい写真を添えてお届けしています。


テーマ:



今日から7日間にわたり、コッツウォルズ地方のバーンズリーという街にある、「バーンズリー・ハウス・ホテル(Barnsley House Hotel )」というカントリー・ハウス・ホテルとその周辺地域について書いてみたいと思います。




英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン




この「バーンズリー・ハウス・ホテル 」には、国際的に有名なガーデナー、故ローズマリー・ヴェレーー夫人の自邸であり「華麗なスモール・ガーデン」として世界中のガーデナーの憧れの的のお庭があります。




1970年にヴェレー夫人はこのバーンズリー・ハウス のお庭を週に6日も一般公開することに決め、世界中から訪れた多くのガーデン・ファンの目を楽しませました。なんと一年に30,000人もの人が訪れたそうです!




それだけでは満足しないのがこの人のすごいところなんですが、ご主人のデイヴィッドさん亡き後、1984年からは、ヴェレー夫人は英国やアメリカのクライアントのためのガーデナーとして活躍されました。



有名なクライアントはプリンス・オブ・ウェールズ(チャールズ皇太子)、歌手のエルトン・ジョンをはじめ、アメリカのニューヨーク・ボタニカル・ガーデンなど、そうそうたるメンバーが名を連ねます。



彼女は、大きなガーデンから小さなホーム・ガーデンまで手がけることや菜園をファッショナブルな形にしたポタジェを作ることでも知られたガーデナーでもあります。



この庭を一躍有名この庭を一躍有名にしたのは「ラバーナム・ウオーク」と呼ばれるラバーナム・ツリー(和名:金鎖 = きんぐさり)とアリウムのトンネルの小道です。




英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン




このイエローとパープルのコンビネーションの美しさは特筆物で、このお庭を見るだけでもここを訪れる価値がありますが、現在はこのお庭は宿泊客および、レストランを利用する人のみに公開されています。




この写真のような景色を見られるのはだいたい毎年6月初~中旬になります。


 

      英国・コッツウォルズより愛をこめて




今のシーズン(7月)は上の写真のように緑のトンネルになり、とても爽やかな気分を味わうことができます。





      英国・コッツウォルズより愛をこめて-ブランコ




庭の古い木からはブランコがつるしてあり、子供だけでなく大人も童心に帰って楽しみたくなることうけあいです(ただ、木がかかわいそうですけど‥‥)。




英国・コッツウォルズより愛をこめて


この東屋もとても素敵で、ここから見るお庭はまた格別な雰囲気があります。



明日は、このホテルのお食事について書いてみたいと思います。


続きはこちら からどうぞ。



「バーンズリー・ハウスを征く」は全7回シリーズになっております。

続きは下記のリンクからどうぞ。


バーンズリー・ハウスを征く (2)

バーンズリー・ハウスを征く (3)

バーンズリー・ハウスを征く (4)

バーンズリー・ハウスを征く (5-番外編1)

バーンズリー・ハウスを征く (6-番外編2)

バーンズリー・ハウスを征く (7-最終日)


今日の記事を楽しんでいただけましたら、下記の応援の3つバナーをクリックしていただけると大変うれしいです。お手数をおかけいたしますがよろしくお願いいたします。


にほんブログ村 海外生活ブログへ 人気ブログランキングへ  blogram投票ボタン

AD
いいね!した人  |  コメント(24)  |  リブログ(0)

英国アンティークス・Miaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。