英国アンティークスオフィシャルブログ2

英国のアンティークとコッツウォルズ地方を中心にした情報を美しい写真を添えてお届けしています。


テーマ:


こちら英国では毎年9月になるのを待って、クリスマス商戦が皮切られます。クリツリ


今年も始まりました。百貨店のディスプレイがひっそりとクリスマス用に変えられています。




   英国・コッツウォルズより愛をこめて


スーパーマーケットのカードやラッピング用品のコーナーもクリスマスのコーナーが徐々に多くなってきていますね。



    英国・コッツウォルズより愛をこめて



英国では12月にはいると友人・親戚・学校の先生・ご近所・配達にくる郵便屋さんにいたるまでだれかれなく、クリスマスカードを配りますので、購入しなければならないクリスマスカードの数は半端ではありません。




デザインも趣向をこらしたものが多く、そんなカードに限ってもちろんお高くなりますので出費もばかになりません。



       英国・コッツウォルズより愛をこめて



文字が小さくてちょっと読みにくいかもしれませんが、上のカードは


「サンタさんへ。もしよろしければ今年はサンタさんのクレジットカードを貸していただけませんか。その方があなた様にとって簡単だと思いますので」


と書いてあります。



いま売られているカードやラッピング用品はおそらく昨年までの売れ残りかと思います。毎年9月のシーズンはじめにはこのような商品が20-30%引きでディスプレイされています。



     英国・コッツウォルズより愛をこめて



またカード類と並んでぜったいに買わなければならないものが、ラッピング用の包装紙です。



こちら英国では商品を買っても通常は百貨店やお店では包んでくれません。ですので、自分で包装紙やリボンを買ってラッピングしなければならないのです。



そんな事情からほとんどのお家にはラッピング製品専用ケースのようなものが置いてあります。我が家もそれにもれていません。



またそれらのラッピング・ケースのほかに、さまざまなカード類(お誕生日、ありがとう、出産祝い、お見舞い用)などもいつもそろえています。こちらでは何かにつけカードをおくる習慣がありますので、突然のニュースに即座に対応しなければならないからです。




    英国・コッツウォルズより愛をこめて



上の包装紙は「3 for 2」、つまり3つ買って2つ分のお値段で売られています。



この「3 for 2」や「Buy One Get One Free」、つまり「ひとつ買うともうひとつがタダになります」というセールスの方法を英国ではよく見ることができます。




英国・コッツウォルズより愛をこめて



クリスマス商戦は百貨店やスーパーマーケットだけではありません。以外かもしれませんが英国ではガーデン・センターでも派手なクリスマスのディスプレイが行われます。



      英国・コッツウォルズより愛をこめて



いまはまだ、カード類やパーティに使うナフキン、そしてプレゼントに使えそうな来年用のカレンダーやノートなどがあっただけですが、10月11月頃になるとフロアの大部分をクリスマス用品が占めることになります。 



先日私がガーデンセンターに出かけたときには、クリスマスに向けた大掛かりな模様替えが行われている最中でした。




ガーデンセンターのクリスマスのディスプレイは百貨店を上回るほどのできばえでとてもきれいですので、ディスプレイが完了したのち、撮影してまいりたいと思っていますのでご期待下さいね。




その頃にはいろんなクリスマスツリーや照明、飾りがあって本当にきれいで、まるでファンタジー・ワールドに迷い込んだかと錯覚するくらいの美しさです。



    英国・コッツウォルズより愛をこめて


英国では、上のようなナフキン類も欠かせませんので我が家にも何種類のものを用意して、オケージョンに合わせて(ガーデンパーティ、ティーパーティ、カクテルパーティ、バーベキュー、和風パーティなど)使えるようにしています。


英国・コッツウォルズより愛をこめて



上の写真はなにかおわかりになりますでしょうか?



これはクラッカー(とはいっても日本のものとは少し違うのですが)です。このクラッカーはクリスマスパーティの時のひとつお遊びで、2人で両端を反対の方向に引っ張ると‥‥



「パンッ!」 クラッカー



という音がして、3つに分かれている真ん中の部分からちょっとしたプレゼントが出る仕組みになっています。プレゼントは、トランプやキーホルダー、栓抜きや電卓など様々なものがあります。



また子供用、大人用、そしてお値段によって中身が変わってまいりますので、予算に合わせてまたはいらっしゃるお客様にあわせて選ぶことができます。



何かにつけ、出費の多いこのシーズンです。汗




またクリスマス前のイベントとしてハロウィーンがありますが、英国ではあまり盛んではありません。



英国・コッツウォルズより愛をこめて



私が思うところ2つの理由があります。



まず、ハロウィーンに便乗していたずらをする若い人が多くなってきたから。



これはハロウィーンの夜に若者が繰り出して人や家に向かって小麦粉や卵を投げつけるという悪戯が増えているんですね。それもどうしてもこの国に住む弱い立場、外国人(私もですが)や黒人にターゲットが向いてしまうと言うような傾向があり、悪戯を通り越してしまうことがあるからです。



ですので、近年では業者に対してハロウィーン前は若い人に対して小麦粉や卵を極力売らないようにしてください、というお達しがでる始末です。



    英国・コッツウォルズより愛をこめて


事実ご近所のお年寄り方は、ハロウィーンの夜は玄関先から見える部屋の電気を消されている方もいらっしゃいます。



ハロウィーンの夜は子供たちが、



「Trick or Treat」



悪戯かお菓子か、つまり



「悪戯をされたくなかったらお菓子を下さい」



というような意味のフレーズを言いながら家々を回るので、これが本当に小さな子供が回っているだけなのか、それに便乗した若者の悪戯なのかが家の中からはわからないのでベルがなっても呼び出しに答えない人が増えているのです。



それに対抗するかのようにその日はお菓子を配り歩くというような態度の子供も見受けられます。その子供にどうしてそんなことをするのかと聞くと



「悪戯をされたくなかったらお菓子を下さい、なんていうのは、あまりにもよくない」



という当たり前の答えが返ってきました。



こんな子供でもわかるような常識を踏まえた上で、こんなイベントも行ってほしいですね。




     英国・コッツウォルズより愛をこめて


話をもうひとつの理由



「なぜ英国ではハロウィーンが盛んではないか」



ということに戻します。




クリスマスは、上でも説明いたしましたように12月に入るとクリスマスカードの交換やらパーティやらでほぼ1ヶ月の間、人々は何らかのイベントをいたします。そしてクリスマスから一週間は休暇に入りますので、そこでもまた普段会えない知人、親戚などを招いてパーティをしたりするので消費がすごいことになります。



ということからたった一日のイベントであるハロウィーンよりも何百倍もの市場であるクリスマスの方が業者にとってはずっと美味しいということですね。





    英国・コッツウォルズより愛をこめて


        子供用のハロウィーンの衣装





お支払いはこちらで‥‥



英国・コッツウォルズより愛をこめて



英国のスーパー・マーケットでは支払いを自分でするシステムがよく取り入れられているのですが、日本ではいかがでしょうか。



英国のクリスマスにご興味のある方は、ご好評をいただきました、下記の記事も併せてお読み下さいませ。


クリツリ ゴシックなクリスマス クリック

クリツリ 英国のガーデンセンター・秋の装い クリック

クリツリ クリスマス準備が着々と クリック


    ベル ブログランキングに参加しておりますベル


1日1回下のバナーをクリックしていただけましたら、もっと楽しいブログが書けるかもしれません(笑)。お手数をおかけいたしますが、ぜひ皆さまの愛恋の矢のクリックをお願いいたします。

    英国・コッツウォルズより愛をこめて           英国・コッツウォルズより愛をこめて            英国・コッツウォルズより愛をこめて

にほんブログ村 海外生活ブログ イギリス情報へ 人気ブログランキングへ blogram投票ボタン
英国・コッツウォルズより愛をこめて

ハロウィーン色のリース
自分で作れるプリザーブド・フラワーのリースです。ニュアンスある秋色のグラデーションが素敵です。



AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

英国アンティークス・Miaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。