映画を観よう

古くても、新しくても、映画はイイよね!

素敵な映画に出会えた時の気持ちを、誰かと共有したいな♪


テーマ:


映画を観よう-サブウェイ123

アメリカ 2008年

デンゼル・ワシントン、、ジョン・トラヴォルタ、ジョン・タートゥーロ、ルイス・ガスマン、マイケル・リスポリ、ジェームズ・ガンドルフィーニ、ベンガ・アキナベ、ジョン・ベンジャミン・ヒッキー、ヴィクター・ゴイチャイ

監督:トニー・スコット 『トップ・ガン』

脚本:ブライアン・ヘルゲランド 『ミスティック・リバー』


【ストーリー】

ニューヨーク、午後2時。白昼同道と地下鉄がジャックされた。運行指令室で勤務中のガーバー(デンゼル・ワシントン)は、いつもどおりに仕事をしていたが、ペラム駅1時23分発の列車が緊急停車していることに気づき応答を促す。その列車は、ライダー(ジョン・トラヴォルタ)と名乗る男と数名にジャックされ、19名の乗客を乗せた1両目だけを切り離して停車している状態だった。ライダーは“1時間で市長に19名分の身代金一千万ドルを用意させ届けろ”と要求してきた。さらに時間に遅れた場合は1分ごとに人質をひとりずつ殺していく”というのだ。市長と警察に連絡し様子をみるガーバーだったが、警察が来たところで上司に帰宅していいと言われる。だが、それを知ったライダーが激怒して運転士を射殺する。こうして強制的にガーバーは交渉役にさせられ、緊張の一時間が始まるのだった・・・・。


観てきました~~~~♪

今日は仕事が休み!

主人もお休みだったので

「映画観にいこうか?」というお誘いに即OK♪


何を観ようか~~と悩んだけれど

時間的にもこれが一番Goodだったので観てきました!

やっぱり、あの匂い、音に包まれる感覚

いいですねぇ~~~♪


この監督作品の特徴らしいのですが

平衡感覚を失いそうな映像は

途中から気にならなくなりましたが

すごいスピード感でした


不思議な感覚だったのは

二人のやりとりのシーンでは時間がすごくゆっくり流れていて

身代金を運ぶパトカーのシーンはすごくスピードアップ!

そのギャップがすごく面白かったですね!



主演がジョン・トラヴォルタ&デンゼル・ワシントン

二人に文句があるわけない!!


脇役にジョン・タトゥーロ、ルイス・ガスマン

ジェームズ・ガンドルフィーニと

いい役者さんも揃っていました!


でもやっぱり・・

二人にはかないません(汗)


サスペンスなので

いろいろな謎があるわけですが

それ以上にツッコミどころも満載です(汗)

でも、そこはあえて突っ込まずにいましょう(笑)


デンゼル・ワシントンが刑事じゃなくて

ただの地下鉄会社の職員という役柄で

押さえ気味な感じでしたが

存在感は抜群ですね!!


でも、やっぱり見事なキレ方で

頭いいのか悪いのか?

本当に、こういう役がピッタリくるのが悲しいくらいの

ジョン・トラヴォルタ!すごいです


彼の目的と達成した後・・・

実は全て計画通りだったのかもしれないなぁ~と思いました

ちょっと残酷すぎましたけどねぇ・・・

R-12は納得です!

あまりにも簡単に殺しちゃいますもの(涙)


この作品

リメイクなんですね~~

オリジナルがすっご~く観たくなりました!

探してみよう!!


サブウェイ・パニック [DVD]

¥1,976
Amazon.co.jp


にほんブログ村 映画ブログへ

AD
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

Dさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

同じテーマ 「サスペンス(クライム/サイコ)」 の記事

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。