松竹
ショーシャンクの空に

この映画の、key wordである"hope"に関するセリフを取り上げます。


Andy Dufresne:There are places in this world that aren't made out of stone, and that there's something inside that they can't get to ,and that they can't touch. It's yours.
Red: What're you talking about?
Andy Dufresne: Hope.



(アンディ:世界には石でできていない場所もある。そしてそのなかに誰もたどり着けない、誰も触れない何かがある。

レッド:何のことを言ってるんだ?

アンディ:希望だよ。)






このように希望を美徳として語るアンディに、レッドは言う


Red: Let me tell you something my friend. Hope is a dangerous thing. Hope can drive a man insane.


(レッド:ひとつ言わせてくれ。希望は危険だ。希望は人を狂わせる。)






そしてアンディは牢獄を出た後、手紙でレッドにこう語りかける。





Andy:Remember, Red, hope is a good thing, maybe the best of things. And no good thing ever dies.


(レッド、希望は素晴らしいものだ。おそらくもっとも素晴らしいなものだ。

そして素晴らしいものは死なない。)




そして最後のレッドのナレーションでのセリフ


Red:I hope I can make it across the border. I hope to see my friend, and shake his hand. I hope the Pacific is as blue as it has been in my dreams. I hope.



最後のセリフはネタバレを防ぐ意味で訳はやめておきます。


★★★★☆



AD

コメント(6)