無料・英語学習
ニュースレター

☆ご登録お待ちしてます。不要な際はすぐ解除できます。
姓:
名:
E-Mail ※


2010-09-19 12:07:03

肩書の英語表記:ビジネス英語と肩書き

テーマ:世界につながる英語への変換思考

やる気をもう1度出す道具こそ、あなたに必要ではありませんか?
ここ→★をクリックして下さい。
英語を無料で学べます。



そして、英語学習ブログのランキングはこちら。
にほんブログ村 英語ブログ 英語学習者へ
1回クリックするだけで、英語上達のキーが見つかりますので、こちらもポチッと押して ください。




肩書き、役職に関する4回目です。
今日は取締役(director)についてです。

日本の企業構成において、
代表権を持つ取締役はexecutive director、
実務の運営役である専務取締役はmanaging director、
代表取締役はrepresentative directorと表現できます。
取締役会はboard of directorsです。

気をつけたいのは、アメリカ型企業統治において取締役会と経営陣は
基本的に別の人物で構成するという点です。
board of directorsは株主の代表であり、社外の人間も多く含みます。
このboardが執行役であるofficerを任命し、経営陣を組織する仕組みです。
ですから上記のような「~取締役」はアメリカ型の企業にはなく、
取締役会の構成員はみな一様にboard memberとなり、
議長だけがchairman of the board of directorsとなります。
→ http://bizeigo.seesaa.net/article/161311762.html


順番が前後しますが、以前にも紹介した英語での会社の肩書きの話。
これも必読です。
相手の会社で、誰をきっちりターゲットにしないといけないか、
くれぐれも間違うことのないように。


◆英語のご相談がある方は、このページの左の私の写真の下にある【メッセージを送る】の欄より送ってください。
Eメールの場合、info@catiks.comまで。件名を「英語相談です」でお願いします。
但し、全てのご相談にお答えできるとは限りませんのであらかじめご了承下さい。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

コメント

[コメントをする]

コメント投稿