「核なき世界」のオバマ節

テーマ:
「幻想を持たない理想主義者」と,かつてのケネディ大統領は評された。

合衆国大統領が,軍産複合体とマフィアによるシンジケートに下から飼われるパペットだということは,

ケネディ大統領をCIAやペンタゴンと共に抹殺した当事者のマフィアであるサム・ジアンカーナの生々しい証言を綴った「アメリカを葬った男」に明らかだ。

ここへ来て,オバマをやたらと持ち上げる報道が目立つけど,極楽島のアルバトロス達の良好な調教ぶりに,大統領を「使いこなす」連中は目を細めているに違いない。

「幻想しか持てない理想主義者達」の張り上げる声ばかりが報道される植民地は,支配者達にとっては実に都合のいい属国でしかない。

アサヒグラフがかつて,原爆で虐殺された人々のむごたらしい写真を特集した号を出版し,思わず嘔吐する読者が大勢いたと伝わるが,

全身をケロイドだらけにされ,こと切れる前に小さな声を絞り出して「アメリカのバカ野郎・・・」と言い残した小学生の無念を全アメリカ人に伝えるためにも, 

害務省を督励してアメリカ全土で巡回展示する試みが必要だと深く思う。

あんな鬼畜のふるまいをやられて報復を考えない国民がいるものか。

報復を考えなければ,かえって軽侮を招くだろう。

いや,現に招いているからこその植民地化進行なのだから。

「絆抱くペリリュー・日本を愛する島」

 










AD
東電,JAL,電通とパナマ文書に揃って登場。

電通は「オリンピック招致不正疑惑」にも当然ながら登場している。

小保方さんをトイレにまで追いつめて鬼気迫る「取材攻撃」をするマスコミが,なぜか電通様への攻撃は手控えていて,朝日新聞などは「擁護」までしている。

そ~っとしたまま騒がずに,このまま国民がめでたく忘れるのを待つ作戦だろう。

「電通が仕切る
巨大な広告宣伝費」という言葉が嫌でも浮かぶ。

要は,自分達の金にさえなるのなら,吹っ飛んでしまった国民の血税なんて「どーだっていい」

「しゃーないやないすか!そんなもん」なのだ。

やっぱりスゴイ!

わがマスコミは只者ではない。

まっとうな人間なら内心忸怩たる思いが突き上げて,いくらなんでも人様の非なんて金輪際あばけないと恥じ入るのが普通なのに,

電通さまさまと崇める男女は,今日もまた,不都合な事実から国民の関心をそらす「材料」として血祭りに上げるターゲットを虎視眈々と探している。

そんなのが振り回す「言論の自由」と「国民の知る権利」,真実を「伝える」務めが全く信用ならないのは言うまでもない。

せめて身勝手な隠蔽と捏造に対して,含羞を帯びた表情をたまには浮かべてくれたなら,まあねえ・・・食べていかなきゃならないってこともあるしと,僅かな同情くらいは湧くが,

まるでナチスの突撃隊さながらに,見えない鉤十字の腕章を巻いて,自分達の利益に逆らう人々を追いかけ回しては,失職させたり名誉を失墜させたり死に追い込んでバンザイするのだから,

最低の人間獣達なのだと思うほかない。

「絆抱くペリリュー・日本を愛する島」

 





















AD
米カリフォルニア州の公立高校で2017年から導入される歴史・社会科学のカリキュラムに旧日本軍の軍慰安婦が「性奴隷」と表記される可能性が強まった。

州レベルでは初で他州でも韓国系団体などがカリキュラム改正などを働きかけていて,カリフォルニア州での決定が全米に影響を及ぼすのは必至の情勢だという。

 「性奴隷の、いわゆる慰安婦は戦前、戦中に領土を占領した日本軍に連れて行かれた」「慰安婦は制度化された性奴隷制や、20世紀最大の人身売買の例として教えることができる」などとカリキュラム改正案には記述され,

 こうした記述に反対する同州在住の日本人や日系人らが教育局に対し,メールなどで内容の再考を求めたが「制度化された性奴隷制の例として教えることができる」との記述は依然として残っている。

現首相も以前,あちらのチビブッシュに対してセックススレイブの言質を与える大失態を犯しているが,

こういった事態を,元朝日記者の(開き直り)植村や,共同通信にNHK他の「反省のない反日捏造本舗達」はどう収拾しようとしているのだろう?

国家の名誉を賭けた徹底的な反論を続けるべき害務省は日々いったい何をしているのだろう?

また,こういった捏造に起因する在留邦人への嫌がらせの様子をなぜ記者達は国民に伝えようとしないのだろうか?

アメリカに関して言えば,軍が管理する慰安婦制度を持たず,ドイツでも日本でも「自由恋愛」の名でごまかして,強姦と輪姦の限りを尽くした恥知らずのくせして何を言う!なのだが,

そこは,わが国が決然として思想戦・心理戦・宣伝戦にカウンターを打つべきなのであって,中国共産党や韓国なども含め,とりあえず謝って穏便に済ませておこう式の「その場しのぎ」を重ねてきた挙句に招いたピンチだといえる。

朝日だけ叩かせて口を拭って知らん顔を決め込むマスコミは,日本人を背後から刺して敵対国に売り渡す公衆の敵だと言うほかない。

今からでも国民に対して真摯に謝り,国家の反撃に全面的に協力すべきである。

スパイ防止法等に気が狂ったように反対する時の「燃え上がる情熱」を,日本の名誉を守る際にも示してみたらどうか。

背後から国民を刺す売国奴でないと言い張るのなら・・・

「絆抱くペリリュー・日本を愛する島」

 
















AD