ダイナミックオーディオ 大好きな音楽のブログ

オーディオ専門店 ダイナミックオーディオ5555 のブログです


テーマ:



レコードが手元に届くまでなるべく聴かないようにようにするとか、たまに意味のない事をしてしまいます。ネットでの買い物は人並みにしていて翌日到着なんて当たり前、夜中に注文した商品が翌日の仕事が終わって帰るとポツンと置いてあったりする便利な時代。レコードの新譜はできるだけ店頭に求めに行くようにしているのですが、発売日が変更されたり最近の物忘れの度合いも含めてネットで予約も並行しています。レコードの新譜予約なんてものは大体忘れた頃に届くものですが、他の届きものと違って箱の中から「新作できたよ!!」感が出すぎてて嬉しくて困ります。ただそれだけの事なんですが、近頃では待望の2作目となる Michael Kiwanuka の新譜、届きました。

LOVE & HATE / MICHAEL KIWANUKA


3F 柴田

AD
 |  リブログ(0)
同じテーマ 「3F 柴田」 の記事

テーマ:


とある映像作品に使われていた曲が「カッコイイ!!」と思って四方探して結局amazon経由の海外から手に入れたLP。嬉しくて毎日聴いていた頃、映画のディストリビューションを始めた友人が「今度、こんなバンドのドキュメンタリー映画扱おうと思ってね~。」と言って差し出したパンフレッドがまさにこのバンド、その時はかなり運命を感じましたよ。時は1970年代モータウン・ソウル全盛のデトロイト、その時代に黒人3兄弟が始めたバンドは珍しくメジャー契約までこぎつけるもそのバンド名の変更が条件となり契約を断る。その際録音されていたアルバムも同時にお蔵入りとなったが40年以上経った今再び.......、という感じで映画はスタートしていくのですが直前に音源を手にしていた私は興奮の度合いが他の人より高かった記憶があります。確かに、一度聞けば忘れないバンド名ではありますけどネ。

3F 柴田

DEATH / ... For The Whole World To See
AD
 |  リブログ(0)

テーマ:



ふとした閃きは一人ポツンとした時にピカッと光るように現れるものもあれば、自分には無い感性やリズムをもった誰かと同じ時間を共有することでフワフワと見えてくるものがある。「フフフ」と怪しくニヤケながら喜ぶ前者もいいけれど、今まで触られてないところをくすぐられたような気持になる後者が僕は好き。音楽にはその「くすぐり合い」が顕著でこの曲でも至るところでお互いやりあっていて見てるだけでも面白い、特に対峙する二人の場合は丁々発止と言えばズバリその構図、分かりやすく映像でもその様子を見て楽しむことができる。そして目を閉じれば彼等2人の特別な時間にお邪魔することもできますよ。

3F 柴田

Hungry Ghost (Live) / Brad Mehldau & Mark Guilia

AD
 |  リブログ(0)

テーマ:

ブルーノートライブラリーの中には「手抜き?」と思わせなくもないジャケットが幾つか点在している、Louis Smith 近くでは BLP1582 Clifford Jordanとか(手抜きじゃないと思うんですけどね)。他レーベルからの持ち込み音源っていうのもあったのかもしれないけど、でもこれがまた1500番台に並ぶとなんていうか様になるからニクイ。それより"backshot la funke" ってカッコイイ名前誰なんだ!!、、、ちゃっかり Cannonball Adderley だったりして。そんなこんなも含めて、ブルーノートには ルディ・ヴァン・ゲルダー や アルフレッド・ライオンが立ち会っていない音源がいくつかあるのですが、なぜだかそちらの方がより愛おしく思えたりするのですよ。

柴田

BLP1584 Here Comes Louis Smith

 |  リブログ(0)

テーマ:



知らないうちに発売されていた3枚目のフルアルバム。ネットを眺めて知ったりして、もう最近は音楽を探すのに便利なんだか忙しんだか。毎月新譜情報のお知らせが封書で届くとそれを片手にお店に行って「これ、まだ残ってますか?」とか言いながら店員さんと仲良くなって結局たくさん買わされてたのが懐かしいなぁ。オートチューンやDUB手法をかなり使い込んでてもそこはかとなくブルーズっぽい音楽味が残る彼のアルバムはいわば今の音楽の先っぽあたりにいるのかも知れませんが、その時代感があやふやに見えるのもまた不思議な感覚。

柴田

The Colour in Anything / James Blake

 |  リブログ(0)

テーマ:



モンスターアルバムのLPが再発された。さらに次の Thriller はこれを超えて世界を変えたのだけど、その変化のスピードにはかなりの人がついていけてなかったと思う、たぶん。それくらい桁外れの事だったのだから。それが今なら少しだけ落ち着いて感じられるはずだとして今一度、LPを買って針を落としてみる良い機会だと思います。

柴田

Off The Wall / Michael Jackson

 |  リブログ(0)

テーマ:



68才、今が一番輝いてるよ!!

3枚目のフルアルバムも期待通りの大傑作。
歌うことが人生、LPの到着を待ちながらまずはタイトル曲Changesでも聴きますかね。

柴田

Changes / Charles Bradley

 |  リブログ(0)

テーマ:




昨年ベルリン・フィル・レコーディングスからCD BOXで発売されたNikolaus Harnoncourt / Schubert Symphonies。ようやく今年3月にLP BOXでの発売となりました、最新録音ならではのライブ、空気感と空間表現はドイツプレスにて一聴の価値ありです。24/48 のハイレゾデータダウンロード付なので聴き比べもできますが、レコードにて上げれる限りの音量をお楽しみ頂きたいと思います。

柴田

Nikolaus Harnoncourt conducts Schubert (Berliner Philharmoniker)

 |  リブログ(0)

テーマ:

タイミングを逃すとどんどん足が遠のいてしまう映画館。
何とかせねばと久しぶりに「ブラックスキャンダル(Black Mass)」を観に行きました。前評判通り最近のオチャラケ役ではないジョニーデップがじわじわくる役どころでしたが、個人的にはジェシー・プレモンスの何とも言えない潰れた顔と表情、演技に終始魅せられてしまいました。話の真ん中くらいだった記憶ですがFania勢からWillie Colon の一曲がかかった時はノリノリでしたね、まさにピッタリ。夏前くらいになると一気に聴きたくなるFania、せっかくなのでこの一枚はちょっと早めに聴いておこうと思います。

柴田

Cosa Nuestra / Willie Colon

 |  リブログ(0)

テーマ:



お互いのDJセットから本人同士「僕たち好みが合い過ぎ!!。」だったのだと思います。そんな二人から2013年にお遊び程度のEPが無料公開されて、それでも皆んなは驚いたんですが、アルバム進めてたみたいでしっかり傑作が仕上がったのが昨年、いやホント良く聴きました。Mayer Hawthorne は先日「Cosmic Love」なるシングルもUPしていて春先にはアルバム、この人たち楽しんでますね!!

柴田

TUXEDO

 |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。