たかちほのブログ

読者申請はお気楽に( ^ω^)_凵どうぞ。表示でお願いします。
アメンバー仲良くなった方のみにさせて頂いて居ます。

白蛇様は居るよ。居るけど見えないだけさ・・・




東の国に・・・・

現れ出る・・・・

箱・・・・


ファルコンは実在した




NEW !
テーマ:

 

 

農家の台所さんで実際に作り、お湯で戻す際は以下のようにしているそうです。

食べるときは、器に干し飯を入れて、熱湯を注いでアルミホイルなどでフタをします。

Farmer's KEIKO 農家の台所  Farmer's KEIKO 農家の台所

30分程度そのままにしておくと、固いカラカラの干し飯が、食べられる程度に柔らかくなります。

Farmer's KEIKO 農家の台所

自分で干し飯を作り、お湯をかけて食べたけど固くて駄目だったというコメントを頂きましたが、多分上のアルミホイル等で蓋をしたかどうか?あとはお湯を入れてからの放置時間が何れ位だったかにもよる気がしますがどうでしょうか?

案外長いですね30分置かないと柔くならないそうです。

 

で、食べた方の御意見は、決して美味しいものではないですが、ご飯として食べられます。

水で戻す場合は1時間程度かかりますし、熱湯でもどすよりもさらに固いです。

因みに、この方はガラス瓶に入れて保存。二年前に作られらた物を調理したようです。

~以上~

 

だそうです(^_^;)皆様は美味しいものが好きですか?たかちほは大好きですヽ(・∀・)ノ

余程の時なら我慢しますが、美味しくないって何だか・・・・と、たかちほは思うタイプなので、以下にこれなら!と思ったものを掲載します。

 

まず、雑炊やリゾットにする事でかなり美味しく頂けるそうです。

お好きな具なら食も進みそうです。是非試したいですね。

 

あと、これなら確実にお菓子なので、硬さとか関係ないので、美味しいだろうレシピです。

作った事はありませんが、大体味とか想像が付くので・・・・

やはり味付けして柔らかくしたり、クリスプ状態にする方が美味しく頂けそうです。

Hoshiitt1

この糒をお菓子のように調理します。

まずは180℃の油で揚げます。

Hoshiitt2

ふわっと広がり泡が出なくなったら網ですくい上げ

Hoshiitt3

キッチンペーパーをしいた皿に取ります。

Hoshiitt4

フライパンに砂糖と醤油を各大さじ2ぐらい入れて

Hoshiitt5

熱を加え、泡立ったら

Hoshiitt6

糒を入れて、手早くフライパンを返して混ぜます。

Hoshiitt7

くっついていますので冷えたら袋に入れて軽く揉んでバラバラにして完成です。

Hoshiitt8

これは美味しそう(@ ̄ρ ̄@)絶対香ばしいと思うんですが、どうだろう?
 
次回は、ちょっと話はそれますが、実はこんなところに使用されている干し飯について書いていきたいと思います。
知っている人は、ああそれねヽ(・∀・)ノと思う筈、知らない人はその意外性にへぇと感心するかもしれません(*´ω`*)
 
それでは次回をお楽しみに( ´・ω・`)ノ~バイバイ
 
つづく
 
 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

前回は→その9

 

 たかちほはまだ実際に試してませんが、戦国武士御用達の「ほしい」は思ったより簡単にできるようでした。

これはクックパッドのレシピですが、干す季節にこだわったりする説がありますが、

以下のように「炊いた米を洗って干す」というセオリーを守れば大抵なんとかなる感じでした。

 

( 'ω'o[ ご質問の保存期間について ]o

なお、保存期間について質問がありましたが、保存期間は当時20年とも言われては居たのですが、際の保存期間は、完全干せたかとか、保管場所、環境によって変わってきてしまうそうです。

 

干し飯の現代版のアルファー米(袋にお湯を入れて食べる非常食と言えばわかりやすいかも)と、類似していはしますが、現代のアルファー米はアルミで空気が入らない状態なのと、あとは急激に水分を奪っているという違いがあるので、同じようには考えられないでしょう。

 

因みにアルファー米の保存期間は三年から七年までとメーカーさんによりますが、おしなべてそんな感じでした。

なんだかんだで自作の干し飯は常温保存で1年は持つ保存食と書かれていますので、密閉して冷暗所に置いておくとベストでは?と思いました。

ほかに何か詳しい方が居たら、教えてくださいね(*´ω`*)

 

【何とこの干し飯の保存期が式年遷宮のタイミングを決定した根拠とする説も!】

 保存性においては、倉庫令(前回にお話しました最古の日本の法律である養老令の中に編纂された項目の一つ)には稲・穀・粟の保存期間を9年、その他雑穀を2年と規定しているのに対して糒は20年の保存期間が設定されている。

 

何と!この干し飯の20年間という保存期間が伊勢神宮の式年遷宮の根拠になったという説も有るんです!コメ作が神社の由来になっている以上。これは考えられる事だと思います。

この他にも『延喜式』載っている事実として、あの有名な新嘗祭の供御料などの供養料として大膳職で作られた糯糒・粟糒が支出される規定がある

※延喜式(えんぎしき)とは、平安時代中期に編纂された格式(律令の施行細則

※【大膳職(だいぜんしき)は、日本の律令制において宮内省に属する官司】

※糯糒・粟糒 こちらは稲米の方ではなく、もち米・粟の干したのという事でしょう。現代でもお菓子の原料になったりします。

 

( 'ω'o[ それでは、実際に干し飯を作ってみましょう!  ]o

 

①まず米を炊きます

Hoshiit1

②調理

糒は冷蔵庫や釜の保存機能がない時代に夏などに余りご飯が傷んで酸味のある臭いが出たものを、表面を洗って臭いを消して天日で干したものです。

電気釜では電気を切って一晩ほど放っておき冷えた、ご飯を水で数回洗って粘りを取ります。

ちゃんと洗わないと臭の原因になる可能性も有るらしいです。

Hoshiit2

③パラパラになったら網に取って水切りをして、ザルに広げ天日に干します。

Hoshiit3

④時々かき混ぜて天地返しをしてカラカラになったら完成です。

強い日差しであれば2~3日でパラパラになったという風に体験談を書いている方もおられました。

~以上~

 

 このパラパラになった状態を携帯して、そのまま口に入れて昔の武士は食べていたんですね。味は・・・・そうですね・・・・色々な食べた方の体験談を聞くと、味わいがなくて正直美味しと感じないそうです。食べられない程ではないそうですが・・・・。

 

特に色々なものを食べ慣れた現代人には、ちょっとキツいかもです。そこで、これは水でも良いそうですが、お湯で戻すのが一番ベストかもしれません。すると炊いたコメに一番近くなるそうです。

 

因みにこの製法は・・・・現在で言うアルファー米の事ですから、非常食の袋入りご飯の事です。しかしあれは高いですよね?

だったら自分で上のように作製して工夫して食べたほうが良いのでは?とたかちほから提案します。ただし、現代のアルファー米は乾燥が急速なので、あれだけモチモチした感じがでるそうなので、購入したものと手作り品は味が違うとの事です。

 

そうはいうものの、この「ほしい」備蓄の長さを考えてみて欲しいのですが、凄いですよね・・・・

せっかくのこの素晴らしい保存食。美味しい食べ方をいろいろ探したのでご紹介していきたいと思います(^ω^)ニコニコ

 

つづく

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(9)  |  リブログ(0)

テーマ:

と書くと・・・・間違えてどこのお姉さんが登場したかと思って開く男性陣が何割位いらっしゃるか(笑)?

 

はいヽ(・∀・)ノ今回のモデルは当家の犬ですW

この浴衣布がクール素材で25℃位に保ているというものらしいですが・・・・でもなんか暑いと・・・・ねぇ・・・・

なので涼しめの時に着せたいと思います。

しかし、一応メス犬なので浴衣美人というカテゴライズなのかもW和犬に着物系やハッピはハマる感じですよね

 

いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は→その8 

 さて、栄養豊富で大量に収穫を期待できる米が主食になっている国や地域は実際に人口が多いという事実があるというお話をしました。この、生産効率と豊かな栄養の有る米に古代の日本人は神聖さを感じてきたのでしょう。

ですので神様扱いな訳です(^ω^)ニコニコ


 米は人々の命の源である以上に、乾燥させて保存できるので食物としての機能が非常にすぐれているんです。長持ちする。この特性はお金の代用品としてまったく好都合でした。
時間の経過とともに価値が減少するのではお金にはなりえないからです。たとえばイモを主食としている民族も地球上にはいるものの、イモの腐敗は早いから財産にはなりません。このような地域ではブタやヤギが財産になっています。


さて、弥生時代の遺跡に残る高床式の建物は米の保管庫だったといいます。

これは実際の弥生時代後期の遺跡の高床式倉庫です。

吉野ヶ里遺跡(よしのがりいせき)は、佐賀県神埼郡吉野ヶ里町と神埼市にまたがる吉野ヶ里丘陵にある遺跡。国の特別史跡に指定されている。

実りに対する神への感謝の気持ちとして、米は貢物としてこの建物に保管されまし。この貯蔵庫の名残が現代に続く神社の社殿になったのです。

 

では、どれくらい名残りを残してるのか事実検証してみましょう。

写真は、島根県松江市に鎮座する『神魂神社』

かもす神社と読みます

本殿は、出雲大社に代表される大社造(たいしゃづくり)という
もっとも古い神社建築様式であり、最も古い大社造ということで、国宝に指定されています。

※つまり、日本で最初に出来た神社はこの建築様式だという事なので。上の高床式倉庫に酷似しているので、この話は真実だと言うことでしょう。

 

集落が国家という体制をとり始めた時に米は国が管理するという決め事が出来た様子です。

実は、この頃から法律が有ったのです。
国家の体裁を整える過程で政府の米保管庫と変わっていったのです。米の保管庫は正倉というが、ここに保管された米の貯蔵年限は法律によって定められました。

 

【養老律令の倉庫令】

養老律令(ようろうりつりょう)は、古代日本で757年(天平宝字元年)

↑わかりにくいので調べたんですが、簡単に言うと奈良時代の一つの元号だと思ってもらえればわかりやすいかと

に施行された基本法令。構成は、律10巻12編、令10巻30編。大宝律令に続く律令として施行され、古代日本の政治体制を規定する根本法令として機能したが、平安時代に入ると現実の社会・経済状況と齟齬をきたし始め、平安時代には格式の制定などによってこれを補ってきたが、遅くとも平安中期までにほとんど形骸化した。廃止法令は特に出されず、形式的には明治維新期まで存続した。制定内容の資料が未発見である大宝律令は、この養老律令から学者らが内容を推測して概要を捉えている。

~以上~

    

( 'ω'o[  米は国管理になったという事です ]o

【米の保存性の高さを他の穀物と比べてみて下さい】

倉に穀物を貯蔵するにあたっては

稲・穀・粟は貯蔵年数9年までとすること

雑穀は2年まで

糒(ほしい)は20年貯蔵

する事として、貯蔵期間に応じた目減りを認めました。
糒というのは蒸した米を乾燥させたもの。保存食として備蓄するだけではなく、旅行などにも欠かせないものでした。生きるためのエネルギーを20年も貯蔵できるのです。

米の事は

●実って「稲」

●脱穀すると「穀」

●正倉に収納された新米を「租」

●保管して一年を過ぎると「税」

と呼ばれましたが、まさに米は税として扱われ、それがお金の機能を持ち出したのです

~以上~

 

糒(ほしい)て、実は何気なく耳にしている言葉だと思います。

皆様は、糒(ほしい)って何で聞いた事ありますか?たかちほは、時代劇で武士が持っているのを見た事が有ります。そうなんです(^ω^)ニコニコ古代から携帯食として馴染みの深いものでした。

今時で言うとアルファー米がこの原理を使用していますね。しかし糒(ほしい)ってどこに行けば試せるのか?何か試してみたくなってきた人居ませんか?

そんなあなたに次回は楽しい情報をお伝えしたいと思います(^ω^)ニコニコ

 

続きは→その10

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:

前回は→その7

 

 さて、今年初めて出来た米を初穂と言い、来年にそれを貸し出します。この初穂は神の米であるから、当然のことながら絶対に返さなければならないものでした。前回のお話の中で、そんなの万が一少ししか作れなくて返せなかったらどうするのよ( ̄□ ̄;)困るじゃない!と堅実な方は思ったかもしれません。

しかし、米の凄さはそんな心配が、ほぼ皆無なんです!

 

【大判小判が湧き出るかの様なイメージの米】

しかし、米が日本国民の支持をここまで得られるのは訳が有ったのです。

米の生産性は他の穀類に比べると著しく高効率という特性が有ります。「一粒万倍」という表現が使われることがありますが、それほどまでに増えれば、たとえ倍の利息を払ってもそれほど負担にはなりません。米は神秘的とも思えるような増え方をするから神聖だったのです。

ちなみに、北海道の平均的な農家に聞いたところ、一反(10アール)の土地からとれる種籾と収穫量の関係は

麦:種籾10キロに対し360キロ→6倍に増量

米:種籾4キロに対し480キロ→何と120倍!

に増量

麦は種の数の六倍の量になるのに対し米は何と種の量の120倍ですよ!全然違います

Σ( ̄。 ̄ノ)ノ凄い!

※これは農業技術が進化した現代の基準かもしれませんが、どちらにしても傾向として米が麦に勝る生産性を持っていたことは確かと言えます。

 

【使う土地も省エネの米】
麦は連作のきかない作物のため、毎年同じだけの主格量を確保しようとすると、米の3倍近い土地を必要とします。

【半端ない栄養の米】
米の穀類としての栄養価は麦とは比べ物になりません。
米には他の穀類にない良質のタンパク質が含まれています。
だからパン食の国は必然的に肉の摂取が多くなります。いずれにしても、栄養豊富で大量に収穫を期待できる米が主食になっている国や地域は人口が多いのです。
この豊かな実りを与えてくれる米に古代の日本人は神聖なものを感じたのでした

~以上~

 

しかし、とても栄養価が高くこれだけ生産性が良い米なのに、何故か日本で給食が始まった頃、パン食が植えつけられていきます。

この事は、確かに戦後で日本の食糧事情が悪く、アメリカからの食糧援助を受けていたという経緯も事実として、有りますが、巧みな経済戦略も絡んでいたと『粗食のすすめ』で有名な幕内秀夫氏も書いていましたが。

読者様からコメントもらいましたので、日本のコメ不足騒ぎについて少し・・・・・

 

学校給食の裏面史 「アメリカ小麦戦略 No.1」(後編) 鈴木猛夫氏より抜粋
アメリカは昭和29年、余剰農産物処理法(PL480)を成立させ官民挙げて早急な余剰農産物のはけ口を求めた。その最大のターゲットにされたのが日本であった。このPL480法案はアメリカ農産物を有利な条件で発展途上国に輸出するという内容であったが、同時に学校給食に対しては無償で食糧援助をすることが出来るという条項もあった。

この法案に基づいて昭和31年、財政難に苦しむ日本政府はアメリカ側提案による学校給食に関する次のような取り決めをした

(1)アメリカは給食用小麦粉を4ヵ年に四分の一ずつ漸減して日本に贈与する。(初年次10万トン、4年次2万5千トン)

(2)日本政府は4年間にわたり、年間18万5千トンレベルの小麦給食(パン給食)を維持すること。という内容であった。


つまりアメリカは初めは学校給食用の小麦を無償で与えるが、それは毎年四分の一ずつ減らし、減った分は日本側が有償でアメリカから購入しパン給食を続けなさい、というものであった。日本側はこれ以後大型製パン工場の相次ぐ建設でパンの大量供給態勢が出来ていった。アメリカはパン給食が4年で終わるものでないことを充分承知の上であった。

 

パン用小麦は日本では産出されずパン給食を続けるということはその原料を全量アメリカからの輸入に頼ることになる。そこがアメリカの狙いであり、このパン給食の裏にはアメリカの高度な政治戦略があった。アメリカは膨大な余剰農産物処理の為、日本の学校給食でパンとミルクという給食を長期的に定着させようと画策したのである。そこを理解するとパン給食固定化の真相が見えてくる。それについては次号で詳しく取り上げたい。」

~色々調べていくとわかりますが、日本の風土に合うような植物である米はやはり日本人の体にパンよりフィットしている事は事実です~

 

あと、井上 靖さんの本『米の話』はオススメです。

日本の米の自由化の背景が良くわかります。私も彼の主張するように『実は米は不足していなかった』と考えています。

美味しんぼという漫画家もそのように書いていたと思います。

たかちほは、学生の時にこの本を読み『TVを見ることが無駄だと感じました』それ以外に理由はありますが。

 

次回は米のものすごい保存性についてお知らせします。

米がいかに素晴らし食べ物か?

みんなで考えて行きましょうヽ(・∀・)ノ

 

続きは→その9

 

 

いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。