神様への質問を公開でお答えする、ドキドキ神様ほっとらいん ドキドキ

今回のご質問は、「まりまっくす」
さんからです。(質問受信日:09年4月4日)

-----

龍さん、アニキさん、カミサマ。いつもありがとうございます。

龍さんとアニキさんのやりとりがおもしろく(私と同世代?)て暖かく、ほっとします。それに、お二人は本当に仲がいいんですね!

私の相談は、赤ちゃんが授からないことです。
結婚して6年になります。

一度流産しているため、主治医は不妊症ではないと言います。
医学的原因がないため不妊治療はなく、人工授精や体外受精も積極的に勧められていません。

私達夫婦もできれば自然妊娠をと、ふだんの運動や食事、
鍼や漢方で体調を整えるようにしています。

ストレスが原因とよく言われますが、
主人とラブラブの幸せな日々ですし、仕事もやりがいと喜びがある仕事で、心から楽しんでいます♪ 休みの日にはできるだけ自然の中に行って山登りやアウトドアを楽しんでいます。

妊娠できないのは何が原因でしょうか。
自分で子どものいない人生を決めてきてしまったのでしょうか?

少しでもヒントになることがあれば、教えてください。
よろしくお願いします。

p.s.最近は赤ちゃんが欲しすぎてか、
主人が赤ちゃんに見える錯覚が起きるようになりました(ビール腹とスキンヘッドのせいですね、きっと・・笑)。


------近況報告をいただきました-----


今年の4月4日に子供を授からないことで相談したまりまっくすで
す。

数多くの相談の整理だけでも大変でしょうに、
さらにお手数を増やして申し訳なく思います。お二人のご尽力を心から尊敬します。近況をご報告します。

近況報告:

39歳の今も子供が授かっていません。
10月から不妊治療専門クリニックに通い始めました。(遅っ)

2月には体外受精に挑戦します。
取り組むことができるチャンスに恵まれただけでもありがたいと感謝しています。

今のところ検査所見では何も異常はない、
いわゆる原因不明の不妊症です。片方の卵巣に癒着があるかもしれないが、大きな支障はないだろうと。

質問当時は、前向きに努力していたつもりでも、
不妊治療に対して先入観がありやれることをやっていなかったな、もっと早く勉強し治療を始めていればよかった、と反省しきりです。

結婚も貯金も、もっと早く決心していれば・・と思うことが多い、
認識が幼く、腰の重い私です。大人の視点を持ち、守りに入らず殻を破って挑戦することが私の課題かなと思います。

ただ、主人と結婚し今がとても幸せなので、きっと結果オーライ。
たとえスローでも、夢を持って明るく取り組んでいきたいです。(とはいえ、妊娠しなかったことが判明した日は「だめだこりゃ~~」と落ち込むのですが)質問は、当時と同じで、授かるためのヒントを教えて下さい。です。

どうすればわが子と会えますか?

よろしくお願いします。

-----

龍:「ふむう~~~、待ち遠しいお子さんですが、どうなんでしょうかねえ~?」

神:「あなたに問題はありません。旦那様にも問題はありません。
小さな工夫で大丈夫だと思います。」

龍:「おおおっ!!!」

神:「
不妊治療もあまり大袈裟に考えることなく、夫婦の営みも自然な形で行うことをお薦めします。焦りすぎると細胞は萎縮して、開くところも開かず、出るところも出なくなるので、いつもどおり、これまでどおりが一番です。」

龍:「焦り排除でいきましょーーー!!!」

神:「さて、しかし小さな工夫と申し上げた手前、
ひとつだけ工夫の一助をしたいと思いますが、よろしいでしょうか。」

龍:「もっちろん!お願いします!」

神:「あなたも旦那様も、禁欲期間をもうけてみるといいです。」

龍:「性欲も排除ーーーっ!?」

神:「それはあっていいのです。ただ、あえて禁欲期間を作りますと、燃える度合いが違うのと、合体する日まで、
しっかり溜めておくことで、いいことがあります。目が血走るくらいに我慢しましょう。」

龍:「あはっ!ギランギランとっ!二人して~!」

神:「特に旦那さまです。
なぜならば、出る時の勢いが違うからです。

龍:「龍子ハズカシーーーっ!!!いや、それは確かにそうでしょうねっ!!!」

神:「子宮の入り口にしっかり頭をくっつけて放出するのは基本中の基本
で、とても大事なのは出る瞬間のスピードです。禁欲しておくことによって、勢いも量も申し分ない状態になります。」

龍:「もう、なるほど!としか言えません!!!」

神:「さらに、結合時の最終型の工夫です。
これはお二人で試行錯誤してください。そして、出た後、すぐに休憩に入らず、少々そのまま二人の体温を確かめ合っていてください。」

龍:「あ、それ、なんか素敵だわあ。。。」

神:「それと、お二人の健康は当然のことながら、
心の置き所が大切です。お二人の場合、とてもうまくつながっているので、お互いにお互いの心の置き所を持っていますね。素晴らしいことです。」

龍:「1122!!!」

神:「その置き所にひとつだけ、小さくでもいいので、『
たとえ子どもが出来なくてもいい』という、開き直りの種を置いておくのです。」

龍:「ほ、ほう???」

神:「もちろんそんなことは思いたくもないかもしれません。しかし、
あえて置いておくのです。」

龍:「そ、それは、なぜですか?」

神:「置いておくことによって、
ハンドルでいうところの遊びの部分ができます。これが出来ることによって、一種の覚悟も生まれます。それは、強さです。それがやさしさです。自分への、相手への思いやりです。それが『余裕』を生みます。その余裕が心と体のバランスを整えます。」

龍:「うわああ。。。なんかでも、わかる気がするなあ。。。」

神:「絶対産まなきゃいけないんだ!
と思い続けているとバランスが崩れていくことを知ってください。産まなくてもいい。という気持ちをちょっぴり持つことによって、バランスが取れ、あなたのまわりの宇宙が正常になります。」

龍:「まあ、難しいかもしれませんが、そのバランス、大切そうですね。。。」

神:「難しいたとえかもしれませんが、大事なことです。
今理解できなくとも、いずれわかる日も来るでしょう。」

龍:「選択は、ご夫婦で!」

神:「諦めず、自然に、あなたたちのお子様をお待ちください。焦らず、
工夫し続ける。その行動が、将来の二人にとっての青春の思い出ともなることでしょう。」


以上です。

-----

いやあ、何かを望む気持ちが、焦りとなり、その焦りが余裕をなくし、体の状態を正常ではなくしてしまう。。。そういう場合って多々あるような気がします。。。

特にお子様の場合、ご夫婦でないとできないことですから、お互いの心理状態を穏やかにして、身体もパワー満タンにしていただければと思います。(目標はご主人の赤目!!!)

いまのご苦労が、お二人にとってのいい(青春の!)思い出となること、そして、かわいい赤ちゃんが授かること、僕も祈っております!!!


一種の覚悟が、強さと、優しさを生み・・・ニコニコ
それが思いやりと余裕を生み、お子様をも・・・!?ラブラブ!



-----


さて、次回の神様ほっとらいんは、


「ユリウス」さんからいただいた、「私が厳しい両親のもとに産まれてきた理由は?」という内容です。


どうぞ次回をお待ちくださいね!

AD