小平市役所前での抗議活動で体調を崩したようです。
当日は少し冷え込んだ程度だったのですがマイクを握っている時点で違和感を覚えていたので、ひょっとしたらと思っていたら案の定翌日は喉の痛みでなかなか寝付けないほどでした。
一日経って、喉の痛みは大分引きましたがまだ鼻声で調子が戻っていません。

さて、その小平市での年金掛け金を払っていない在日韓国・朝鮮人への福祉給付金支給に関しての動きですが、すでに在特会公式サイトでも報告しておりますように、現在小平市自民党会派政和会が在特会の抗議活動を受けて決議採択の見直しの動きに入っているようです。ただ、公明党との協調なしに議会運営や次期市長選挙を戦えないという自民党側の思惑があり、状況的にはかなり厳しいとのことです。

誰がどう考えても「年金掛け金を自分の意思で払ってこなかった」不逞在日を救済するのは間違っています。こんなことをやり始めたら、一体誰が年金掛け金を真面目に払うでしょうか? モラルハザードを引き起こし年金制度は崩壊します。だからこそ、断じて在日のゴネ得は許されないという意思表示をする必要があるのです。

学生無年金障害者訴訟を見てもわかるとおり、日本の司法は日本国民に「年金加入」の自己責任を求めています。任意加入時代に年金に加入しなかったのは本人の責任であり、国に責任がないことを最高裁は認めています。これが日本国における司法の最終判断です。
日本国民は自己責任のもと80万人の無年金者が放置状態となっていますが、難民でないただの外国人である在日に対しては年金に相当する福祉給付金支給を手厚く行うなど許されるのでしょうか?

在日特権をなくすことを目的に私は「在日特権を許さない市民の会」を創設しました。そして今、その在日特権が小平市で生まれようとしている状況を鑑みるに、これは断じて看過できるものではなく歪で薄汚い在日特権を叩き潰すために全力を傾ける決意でおります。とはいえ私一人ではどうしても限界があり、できましたらブログ読者の皆さまにもぜひとも在日特権を阻止するためのご協力をお願いできればと思う次第です。

具体的には、現在この無年金在日の救済策を推し進めている小平市長小林正則と公明党への抗議メールを送っていただきたいことと、遅きに失した感がありますがともかく決議見直しに動きだした小平市自民党議員団への応援のメールを送っていただきたいのです。在特会の抗議活動でこの問題が小平市の政治の場で燃え盛り始めました。しかし、この火はまだまだ小さくあっという間に大作率いる不逞宗教団体に吹き消されてしまうかも知れません。我々にできるのは今動き始めた小平市自民党への側面からの支援くらいですが、それでもやらないよりはましであり、もしかするとここで在日特権を一つつぶすことができるかもしれないのです。

もし小平市でこの無年金在日救済という在日特権の誕生を阻止できれば、ほかの自治体への影響も計り知れないほど大きく、またすでに無年金外国人への福祉給付金支給の措置をとっている自治体へ、制度撤回を求める武器にもなります。
特に今回の決議案については市長小林正則が賛成に回っており、先述の連絡をしてくれた方の話では小林の意向如何によって決議案はどうにでもなるとのことでした。この小林は元民主党都議であり、多摩地区の共産党と選挙協力して当選した人物です。不逞の極みにある極左市長ですが、自分の政治生命を脅かすほど多くの抗議が直接送られれば少しはこの問題について考えるのではないかと思います。

テンプレートを用意しようかとも思いましたが、何よりこの問題で怒りをあらわにしている国民の皆さまの声をダイレクトに伝えるほうが効果的であると判断し、あえてテンプレートは用意しません。皆さまの思うところを抗議あるいは、現在決議案採択阻止に動き始めた自民党への応援としてお送りください。
今回の「在日特権付与」決議についてはこの数日が勝負になるとのことでしたので、何卒皆さまの迅速なご協力をよろしくお願いします。

--------------------------------------------------

1.在日無年金者への福祉給付金制度に賛成している公明党及び小平市長小林正則へ抗議のメールを送ってください。

メールアドレスが確認できなかったため、それぞれの下記のフォームから公明党、小林正則へ抗議のメールをお送りください。

公明党問い合わせフォーム
https://www.komei.or.jp/contact/index.html

小平市長小林正則へのメールフォーム
※ページ下のお問い合わせをクリックしてください
https://www.city.kodaira.tokyo.jp/kurashi/001/001841.html


2.今、小平市で決議採択阻止のため動き出した自民党(議会会派政和会、小平市議団)へ応援のメッセージを送ってください。

小平市議団のホームページがないため、下記フォームから小平市議団への応援メッセージをお願いします。
東京自民党の問い合わせフォーム
http://www.tokyo-jimin.jp/inquiry/index.html

--------------------------------------------------

<在特会名古屋支部主催講演会>


『在日問題とパチンコ利権の裏構造』


平成19年10月1日に在特会名古屋支部が設立されましたが、その設立記念講演を平成19年12月9日(日)に開催いたします。

講師:桜井誠(在特会会長)、加藤優(在特会名古屋支部会計)
平成19年11月10日~平成19年11月30日の間は優先予約をお受けいたしますので参加ご希望の方はお申し込みください。
優先予約期間終了後は、当日参加となりますがお席に空きがない場合入場をお断りすることもございます。


詳しい内容、参加申し込みはこちらからどうぞ。
※会員非会員を問わずどなたでも申込できます
http://www.zaitokukai.com/modules/news/article.php?storyid=91

募集期間:平成19年11月10日~平成19年11月30日
募集人数:35名

参加費無料


*募集期間中であっても応募人数になり次第締め切らせていただきますので予めご了承ください



<お知らせ>


在日特権を許さない市民の会 では、登録会員1万人を当面の目標としています。(11月28日現在、登録会員2302名)
強制連行、強制労働など誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いします。
公式サイト(
http://www.zaitokukai.com/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しております。また、会員登録をされますと各種フォーラムや不定期で配信されるメルマガ、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。
在日問題について知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。



人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。

AD

コメント(6)