平野博文官房長官は17日の記者会見で、15日夜に日程を公表せず、地元大阪に戻っていたことについて「出張する場合には必ず緊急の帰京態勢を作り、ルールに沿って行動している。危機管理の懸念は無用だ」と述べ、問題はないとの認識を示した。その上で「何をしに行くかは申し上げないが、(東京を)離れることは申し上げてもいいかもしれない」と述べ、今後は日程に限り、事前公表する考えを示した。

 平野氏は会見で、官房長官が東京を離れる際、内規で(1)首相が在京(2)官房副長官の1人が在京--との条件があると指摘。震災発生など緊急時には首相官邸に戻るため、事前に長官の「緊急輸送計画」の策定が義務づけられており、平野氏は「緊急時にどういう状態で戻れるか、きちっと準備して、公務をすることは認められている」と強調した。【横田愛】

【関連ニュース】
平野官房長官:こっそり東京離れる…危機管理担当で異例
テニアン移設案:官房長官は慎重、防衛相も 普天間飛行場
平野官房長官:外交機密費上納 官邸の調査不能
平野官房長官:外交機密費上納、官邸の調査不能
平野官房長官:小沢氏不起訴「良かった」

アカハラ“加害者”を支援 処分基準なく複雑化…再発防止へ(産経新聞)
<インサイダー取引容疑>ヤマノHD会長らに課徴金(毎日新聞)
舛添氏らが勉強会発足(産経新聞)
<ハイチ大地震>NGO代表の医師、メールで「感染症心配」(毎日新聞)
<名古屋ひき逃げ>赤信号無視し進入…運転の容疑者が供述(毎日新聞)
AD