社民党の重野安正幹事長は4日午前の記者会見で、政府が米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)をキャンプ・シュワブ陸上部(同県名護市)に移設する案を検討していることについて「沖縄にまた基地を残すというのはとんでもない話だ。絶対に同意できない」と述べた。 

【関連ニュース】
社民、朝鮮学校除外に反対=重野氏、首相と拉致相を批判
予算案を酷評=「政治とカネ」参院でも追及
消費税論議の開始反対=「景気に水」
基地検討委での協議継続を=重野社民幹事長
普天間移設で足並みに乱れ=阿部氏の「国内」案に福島氏反発

参院選前の「谷垣降ろし」も=舛添氏(時事通信)
<妊婦転送死訴訟>遺族の請求棄却 裁判長、救急医療充実を(毎日新聞)
1月の自殺者、7.2%減=5カ月連続で前年下回る-警察庁(時事通信)
小林氏の議員辞職要求=「政治とカネ」を徹底追及-自民幹事長(時事通信)
老舗キャバレー「ロンドン」摘発 店内で売春容疑(産経新聞)
AD