羊飼いの戯言

作品の感想や雑感をつらつらと述べたblog

【link、referenceはご自由に】
【田村ゆかりイベントレポート】 2006-2011の過去イベントこちらの一覧 から


【参加予定イベント】
・コミックマーケット92 2017.08.11-13@東京ビッグサイト
・田村ゆかりLove Live(仮) 2017.09.26-27@横浜アリーナ


テーマ:

 冒頭は「やばい」の死語化。最近の若者は「やばい」を使わなくて死語化しているという話がありますが、そもそも「やばい」が江戸時代(東海道中膝栗毛)から使われているくらいの古語であったという説すらあるそう。でも「若者聞いているのかな、おじさんばっかり聴いているような気がするんだけど」というの分析は結構鋭いかもしれません。

 今週のサッカー話。『ジャイアントキリング』というコミックは好きだけど、天皇杯予選でアビスパ福岡が筑波大学にジャイキリを食らった(上位カテゴリーに対する下克上)ので嫌いになりそう、とのこと。まぁ筑波大学自体が大学チームにしては強豪ですからねぇ。ちなみに管理人も『ジャイキリ』は好きで原作は全部読んでいますが、そろそろアニメ化の続きがなされないかなぁ。

 また福岡でアビスパの試合を見て東京に帰る際に、福岡空港からの便で対戦チームと同じ便になったとか。でも「対戦チームの選手が横に座っているのに誰かわからない」ので悶々としたのと、「徒党を組んで座らないんだ」という驚きがあったとか。そういえば管理人もかつて柏レイソル対徳島ヴォルティスを徳島に見に行った帰りにレイソルの選手と同じ便になりましたが、待ち合い室でもバラけて座っていて(数名で固まっている選手もいれば、GK菅野のように単独行をしている選手もいた)意外に感じました。チームスポーツだと四六時中群れているようなイメージをつい持ってしまうのですよね。

 ラジオが1y3mぶりなのでこの間に溜めてあったネタを少しずつ吐き出していますが、その一つが料理ネタ。小さなミルクパンの中にグレープシードオイルを引いて揚げつつ焼くという料理にはまっていたそうですが、確かに「味のしないカレー」で盛り上がっていた頃よりは料理の話題らしくなりました。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

 銀座にあるステーキの『かわむら』。最近ではステーキというより肉メインで豪華な食事ができる隠れ家レストランという位置づけになりつつあります。

 前回が家内の誕生日でお邪魔したのですが、平日の二回転目でも5ヶ月に一回くらいしか予約が取れなくなってきました。やはり景気が良くなっているんですかね。

 今回も締めは海老カレー。次回は久しぶりに牛丼にしましょうか。チャーハンやしょうが焼き丼、オムライスも未トライなのでいずれ是非。

 エビカレー.jpg

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 文化放送の収録スタジオが前回と変わって小綺麗なスタジオになったものの、実は収録の曜日や時間などもまだ定まっていないよう。それを拾って「流浪の番組じゃん、タムラ倶楽部だよ」と『タモリ倶楽部』の有名なオープニングの台詞「毎度おなじみ、流浪の番組、タモリ倶楽部」を引いて混ぜっ返すのは流石です。
 冒頭からサッカーネタで、「第5回アビスパ福岡選抜総選挙」で「城後寿選手に皆さん投票していただけませんかねぇ~」とゲスい声で組織票ねだり。まぁ地方公演の時に、が食べた物や訪れたお店に王国民が大挙して押し寄せるという『ユカリノミクス』は有名ですが、サッカーに関しても同様の影響力があるのかどうか。ちなみに城後選手自身は国見高校卒業後に地元のアビスパ福岡一筋でプレイしており、2016年の「第4回アビスパ福岡選抜総選挙」でも1位を取っている中心選手なので、組織票がなくても上位に入りそうなものですが。

 スタッフと撮影などで車を出す時にも運転交代要員に数えて欲しいと思っているけど、頭数に入れてもらえないという話。まぁ本人が運転していて事故など起こしたら洒落にならないのでハンドルを握らせないのは当然ですが、それはさておき車の運転の話題を明確に出すのは初めてかも。もう何年も前に渋谷辺りの教習所で見かけたというカキコがありましたが、「ゴールドだよ、優良だよ、ゆかり」という台詞はその信憑性を高めてくれるかもしれません。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 7月はくろぎの女将さんの誕生月なのですが、仲間内でも7月生まれがいるため、行くと必ずお祝いになります。そこでは最近はくろぎ特製の和風ケーキが振舞われるのですが、管理人の娘も同月生まれのため無心したところあっさりOKが出ました。

 後日、芝の大門のお店ではなく廚くろぎに引き取りに伺いましたが、「女将からのプレゼントです」と御代を払うことなく戴けてしまって有難い限り。これはもう少し大きくなったら本人を連れてお礼に伺わないといけませんね。

 ケーキ.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 くろぎにお邪魔した時に、厄災除けのために茅の輪と共に供された八寸。その起源となった逸話が以下。

 武塔神(正体は速須佐雄能神)が旅の途中で宿を乞うた際に、裕福な弟の巨旦将来はそれを断り、貧しい兄の蘇民将来は粗末なもてなしではあるが宿泊させた。後に再訪した武塔神は、巨旦将来の一族は皆殺しにし、蘇民の娘には茅の輪を与えて命を助けた。これ以降、茅の輪を付けていれば疫病を避けることができるという民間信仰が広まり、「蘇民将来子孫也」という札を掲示する風習ができた。

 食事もさることながら、こういう和の文化を色々と教えていただけるのも勉強になります。

 蘇民将来子孫也.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 文化放送で1年3ヶ月ぶりにのラジオが始まりました。

 「1回目は1回目しかできないからソワソワする」と述べていましたが、心なしかの語り口にも緊張感が溢れます。とはいえ矢野さんや親方との組み合わせはこれまで通りですので、その内慣れてくるのでしょう。と思いきや初っ端から収録に使っている部屋のディスリから入っており、この雰囲気は懐かしいものです。

 『田村ゆかりの乙女心♡症候群』に新番組名が決まった件について述べていましたが、番組表に間に合わせるために急遽決まったものだとか。通称:乙女モードになった経緯や、挨拶そしてペンネームの呼び方と合わせて、初期ならではのお題ですね。

 さて、OPは『Hello Again』でしたがEDもの新曲、これはミニアルバムに収録されるでしょうが詳細もその内明かされるでしょうね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 日本ハムファイターズは北海道に移転する前は東京ドームを本拠地としていたのですが、その名残なのか東京ドームでの主催試合がたまにあります。(ソフトバンクホークスが主催試合をすることもありますね。)その相手が西武ライオンズだったので、仕事を早めに切り上げて当日券狙いで行ってみました。いわゆるバックネット裏のロイヤルシートが余っていたので購入しましたが、やはり3時間超の長時間を座るのでクッション性が高い椅子の方が良いです。

 東京ドーム.jpg

 5連敗中のライオンズ、しかし森慎二投手コーチの告別式に供えるウイニングボールを得るためにも是が非でも勝たなければいけないという必死さが伝わってきた試合でした。最後は二線級の投手に集中打を浴びせて点差を広げましたが、途中までは勝ちパターンに持ち込みつつ何とか逃げ切ろうという緊張感のある試合展開で見ごたえがありました。

 それにしても、西武ドームの緑に囲まれた環境もよいのですが、やはり家から歩いていける近さは楽ですね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 仕事で名古屋に行った時に食事をしたのが、千種にある『つる軒』という味噌煮込みおでんのお店。名古屋名物のどろりとした八丁味噌でおでんを煮込んだ料理です。

 基本的には醤油ベースのつゆで煮込んだものしか食べたことがなかったので、最初に味噌煮込みおでんに出会った時は衝撃でしたが、最近は家内がそればかり作るので、むしろ味噌味の方がスタンダードになってしまいました。

 つる軒1.jpg つる軒2.jpg

 

 そして今回は時間を作って『山本屋本店』で味噌煮込みうどんも食べてきました。やや硬めの麺は独特の食感かも。うどんの分新幹線ホームの『住吉』のきしめんが押し出されましたが、別の機会に。あ、うなぎや櫃まぶしも全然かすらなかったですね。

 山本屋本店1.jpg 山本屋本店2.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 職場の居室は色々な部署の人がごちゃまぜで配置されているのですが、せっかくなので交流会をしようという話になり、焼肉へ。場所は何度も使って安定感のある『房家』へ。

 初めてコースを頼みましたが、色々な部位が順番よく出てきて美味しく頂けました。あまりコース料理は頼まずアラカルトばかりなのですが、割とcost performanceが良い気はしますね。

 焼肉2.jpg 焼肉1.jpg

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨年の名古屋・東京に引き続いて行われたMellow Pretty主催ののファンクラブイベント2017。昨年は二会場でしたが、今年は東京オンリー、しかもキャパは小さめ(といっても5000人収容の国際フォーラムホールA)。物販を済ませた後はのお出迎えを経て客席へ移動しました。

 20170625~01.jpg

 8月のアニメロサマーライブへのの参戦が発表された段階で、それより前のファンクラブイベントでは王国民の前で久しぶりに歌を披露してくれるに違いないという予想が立てられておりました。その報に接しては、ジオンの残党ばりに息を潜めていた王国民が女房・子供を郷里に返してでも(管理人注:自己紹介)決起して駆けつけるのは目に見えていたので、単会場で単発のイベント設定となり落選者が多数出たようでした。幸いにも管理人は当選できたのですが、このくだりは自ら説明がありました。

 やはり、8月にアニメロ出演が3月に決まり、その前に「リハビリ」をしないといけないので、急遽会場を押さえてもらってファンクラブイベントという形で味方である国民の前で練習の機会を設定したということのよう。まぁ「リハビリ」は本当に必要な面もあるでしょうが、半分はの照れ隠しのための方便だと考えています。

 というわけで会場全体がかかり気味の中開始されたファンクラブイベント2017~リハビリ~。

 

 開演までの注意事項はいくつかバージョンがあり、がナレーションを担当していました。間を考えると客席の反応を聞きながら生でやっていた可能性が高いですが、これはBD/DVDにも収録されていたSunny Side Lilly新潟公演を思い出します。
 ステージには緞帳が下りていて開始まで中の様子が分からず。ということは単なるステージではなく生バンドまであるなと期待していたら、まさにそのとおりで嬉しかったですね。(残念ながら桃色男爵ではありませんでしたが、多分この面子でアニメロや横浜も行くのでしょう。)
 司会は最近定番の鷲崎さんではなく、やまけんさん。声優の福井裕佳梨さんの奥さんで、予習のためにの歌の動画を家で見ていて奥さんにとがめられたそうですが、鷲崎さんとは違い一歩引いた立場でを立てるスタンスなのも、違った味わいがありました。鷲崎さんだととの関係性が出来上がっているために、が頼り過ぎてしまう感じもあるからです。

 

 開演冒頭から歌スタート。王国のリスタートという意味で「国歌が一曲目に起用される可能性があるな」と予想してコールを入れる準備をしていた(警報が歌詞にかぶるので入れづらいのと、1番、2番でタイミング違うので間違えやすい)ので、きちんと引っ張れました。この辺は一応古参を自認している者の務めです。
01.めろ~んのテーマ~ゆかり王国国歌~
02.大好きと涙
03.惑星のランデブー
04.アンドロメダまで1hour
 ランデブーで飛ばせておいて、さらにアンドロメダで追撃するというたたみかけはSSLでもありました。ちなみに着ぐるみのネコはダンボールネコに取って代わられたか、と思っていましたが…。

 

 その後のMCでは、日常写真を交えながらフリートーク。靴や衣装作り、スタッフ集めもろもろがゼロからのスタートだったようですし、イヤモニまで耳穴の型取りから始めて新調する(専用のオリジナルなんですね)ことも明かされました。その後は場面転換してアコースティックコーナー。もう完全に古参殺しのセトリです。

05.半分(『かしまし~ガール・ミーツ・ガール~』来栖とまりより)
06.銀の泡沫(『D.C』芳野さくらより)
07.始まりアンダンテ(『もえたん』虹原いんくより)

 続いてはイントロクイズ。の持ち歌の中から出だしの一小節くらいを聞いて曲名を当てるコーナー。が自分の曲を大切にしているのも良く分かりましたが、次に王国民が答える番になった時も『虹の奇跡』や『baby blue sky』(キター!が正解)のような決してメジャーとはいえない曲を当てているのも素晴らしかったですね。
 しかし圧巻は、の持ち歌の中からふぁんのコールや口上が多い曲をランダムにつなげたメドレーに対して、どれだけ王国民が瞬時にコールや口上を思い出して歌えるかという試練でした。順番は正確ではないですが
『Fortune of Love』、『アイマイボーダー』、『パーティーは終わらない』、『チェルシーガール』、『fancy baby doll』、『†メタウサ姫〜黒ゆかり王国ミサ〜†』、『恋のタイムマシン』、『LOVE ME NOW!』、『Honey Moon』、『もうちょっとFall in Love』、『You & Me』、『DokiDokiπパイン』
に対して一糸乱れずに、時に隣同士リズムを合わせてコールを入れていく様には、も驚きと喜びを隠せなかったようで大変喜んで聞いておられました。神楽坂ゆかの曲も入れてきた時に青のサイリウムを点灯させる方も多かったですね。後で咎められましたけど(笑)。

 その後は衣装の生着替えを挟んで
08.Hello Again(新曲)
これは06.25 24時からANiUTa(アニュータ、https://aniuta.co.jp)で配信開始とのこと。まさに再始動という感じの曲になっていました。

 続いては、レジェンドとのゲーム対決ということで、同じ事務所(オフィスアミュレート)所属の高橋名人と『1、2、switch』のミニゲームで対決するコーナー。が事務所を移籍した時に、いずれ同じ事務所の高橋名人と共演できると面白いかもという声がありましたが、早くも実現。管理人は16連射で名声を高めた高橋名人直撃世代なので単純に楽しかったですし、『MAGIC』対決の時にめろーんステッキに対抗して名人がジョイスティックを持たされているのを見て大笑いしました。今回のスタッフは小ネタをたくさん挟んでいて、遊び心がありました。
 ちなみに5ゲーム制で2-3で負けたに対して、アビスパ福岡の試合の途中経過が文字情報でばらされる(画面を見なければセーフ)という罰ゲームが待っていましたが、ガチのサッカーファンに取って、録画した試合の観戦の前に結果を知らされるのは滅茶苦茶苦行なんですよね、それだけでが本当にサッカーを趣味として楽しんでいることが伝わってきました。

 

 その後は、開場ゲートで渡されたビンゴカードを使って客席参加のビンゴ大会。が好きな「トッピング」「妖怪」「テレビ番組」についてビンゴをするとのことでしたが、ニコニコの生配信が控えていたため2ゲームで打ち切りになりました。でも客席参加を適度に織り交ぜてきてファンクラブイベントらしさを十分に演出できていました。

 

 ファンクラブ会員限定でニコニコ生放送を使った動画公開は事前に告知されていたのですが、これがなんと文化放送のラジオ復活を記念した特番でした。今回は「田村ゆかりのいけいけ熊んばち」(アビスパ福岡のアビスパがクマンバチという意味なのに由来)というタイトル名で、オープニングの挨拶も「リハビリ心ぶんぶんしてますか」でしたが、本放送は
「田村ゆかりの乙女心・症候群」(・は白抜きハートマーク)、略して「乙女モード」。07.06開始で毎週木曜日21:30-22:00に文化放送でON AIRとのことです。放送作家は黒うさぎ時代と同じ矢野さんということで、本日は矢野さんを迎えての特番でした。
 まるたまさん、ボンネビルレコードさんという職人の名前は出るわ、お便りを募集する告知で「yukarin@joqr.net」が読み上げられるわ、「今、食べたいものは? せーの!」が復活するわで、失われたと思ったものが帰ってくる嬉しさに、本日何度目か数え切れない涙があふれました。文化放送の入館パスを返さないといけないけど「絶対に戻ってきてやる」と思って持ち続けていた、というの堅い志が1y3mの雌伏の時を経て再び花開くのも嬉しい限りです。

 

 この時点で3時間超えだったのでそろそろ終了かと思いましたが、着ぐるみネコ二匹(くすんだねこ。くすんでないねこ、ではなくぶち模様)やダンサーさんらも壇上に上がってのラストの4曲。
09.秘密の扉から会いにきて
10.恋せよ女の子
11.fancy baby doll
12.パーティーは終わらない
 fancy baby dollでの餌付けタイム復活も良かったですが、最後の曲がドンパンだったのも8/9月につなぐメッセージがこめられていたように思います。
 

 最後は改めて09.26-27の横浜アリーナでのライブの告知。「平日でも取れたのが奇跡だと思っています。いつまでできるかわかりません、皆も『終わるかもしれない』という恐怖を味わったでしょ。」とのの言葉もありましたが、限りがあると分かっているからこそ輝きを増すのだと思います。
 最後の締めは、いたずら黒うさぎ最終回と同じく「またね!」 同じ言葉なのに、この先どうなるか分からない不安(2016年)と、この先がどうなるかワクワクする楽しみ(2017年)の両方を与えてくれますね。

 というわけで、今回はリハビリと題されこそしましたが、歌有り、トーク有り、ふぁんさんとの遊び有り、ラジオ復活有りと盛りだくさんで、おそらく表に出せなくて溜め込んでいたアイデアや想いをたくさん盛り込み、かつそれらがテンポよく展開されたイベントになりました。正直、歴代のファンクラブイベントの中でもかなり充実した回だったと思います。7月からのラジオも楽しみつつ、9月の横浜アリーナライブを楽しみにしたいですね。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。