愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。


今日は、子供たちとカレーライスを作っていますラブ

{2129A951-2BE7-4A38-AF44-1E1C66522395:01}

大喜びの息子くん、小学三年生!

{1C174343-8FB0-4E1F-9C1C-8D8744ADED1B:01}

真剣な娘ちゃん、5歳!

{1612723B-E782-4C73-BC3F-763D4B25129E:01}

グツグツと煮込んでおります!

{7C4604A4-82FA-4A30-BB4C-29FBF2A8D990:01}


私が子供の頃には、極端に言えば、勉強だけしていれば良かった。

お手伝いもほとんどせず、学校、部活、習い事。。。

残念ながら、大人になってもお味噌さえ作ることができませんでした。

ある程度は勉強ができて、良い高校や大学に行ったのに、過食症、引きこもり、そして社会の落第者、死にたいほど辛い人生、、


そんなふうになってしまったのは、「生きる」という実感のない暮らしをして来たせいもあると感じています。

母や祖父母は、私に何不自由のない暮らしをさせてくれました。

それは、まだ貧しい時代を生きてきた彼らの愛情だったことは間違いありません。

それはとてもありがたいことです。

ただ、私は、生まれたときからすべてがある中で勉強だけをして生きてきて、

生命力を失ってしまっていたようです。


子供たちには、勉強以前に、生きる力、自分で生きていく力をつけてほしい。

勉強も大切だけど、特別頑張らなくてと自然でいいと思っています。

それよりも、毎日の生活の中で、生きている実感のある暮らしをさせていきたい。

と、思っています😙


お客様は半数にわかれますけどね。

お手伝いをたくさんして来た方もいます。

むしろ、働かざるもの食うべからず、という感覚の方もいますので、そういう場合は、楽をすることを学んで行くことが大切になります。

必要な癒しは人それぞれですねドキドキ




愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。

 

 

こんにちは(^^)/今日は報告があります。

 

現在、過食症専門カウンセリングのお客様が定員に達しました!

 

(母入院中につき若干少な目の定員でやっていきたいと思います)

 

次の募集は、現在のお客様の中から卒業生が出てからで、早くてもGW以降になると思います。

 

また、今後、より良いサポートができるようにコースの内容や料金を改定していく予定です。

 

お客様との関わりの中で経験を積んで来た分だけ、価値がるものになると思います。

 

それではまたご報告しますね!

 

鈴木

 

 

娘のマジカルチャイルド

テーマ:
愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。
 
 
5歳の娘が絵をプレゼントしてくれましたドキドキ
{2AE1B99A-FB55-4DB8-A9BC-FCBAEE4E17B2:01}

 

これは娘自身だそうです。

 

 
なんだか、魔法を使って何でも楽々に叶えられそうラブラブ
 
きっと娘の中のマジカルチャイルドだと思います。
 
傷ついてインナーチャイルドになる前の段階の、純真で天真爛漫な子どもですね。
 
可能性に満ちている様子が伺えます。
 
 
娘が傷ついていないと言うつもりはありません。
 
私もとても素晴らしい母とは言えませんし、いろんな事情で傷ついている部分もあるでしょう。
 
逆に、傷つかずに大人になることは不可能でもあります。
 
とは言え、娘の中のマジカルチャイルドが元気なようで、嬉しいですニコニコ
 
 

娘のじんましん

テーマ:

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。

 
 
新学期が始まり年長さんになった娘ですが、お顔と身体のじんましんが続いています。。
 
そういえば昨年も同じことがありました。
 
娘は幼稚園はとても好きなのですが、新しい環境による緊張やストレスが、身体に出ているようです。
 
今朝はなかなか起きられなかったので、「今は眠ることが必要なんだな」と思って好きなだけ寝かせておきました。
 
そして、いつもより2時間長く寝て、自然に起きて来てからゆっくり準備をして、今幼稚園に送って来ました。
 
私としては休んでも良いと思いますが、娘が行きたいと言うので。
 
 
母親として娘が可哀想だし心配な反面、正直なところ、娘が病気になるとお仕事が遅れたり予定が狂ったりして、自分自身のバランスを崩しがちになります。
 
それはこれまでに何度も経験しており、私も追い詰められて困ってしまって腹立たしく思ってしまうところもありました。
 
息子もいるので、2人の病気に付き合っていたら大切なお仕事ができないのです。
 
でも、何度もの経験を通してわかったのです。
 
娘のじんましんは、私自身もペースダウンしたほうがよいという天からのメッセージなのです。
 
そして、そんなに頑張らなくてもリラックスしてゆったりやっていったらいい、それで大丈夫だしその方がうまくいく、という意味なのだと思います。
 
起きていることに逆らわずに受け入れていくこともまた、大切なようです。
 
 
 
 
 
 
 
 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。

 

 

今日は、カウンセラーとして恥ずかし~話を、正直にお話ししたいと思います。

 

 

今から約1ヶ月前に、私の母が「心肺停止状態」で救急病院に搬送されました。

 

突然、救急隊員から電話があり、「娘さんですか?お母さんが心肺停止で意識不明です!今処置しながら病院に向かっています!」と言われました。

 

心臓が止まる?倒れたというならともかく、心臓が止まるって???

 

これまでに3回ほど倒れて救急車で搬送されたことがあった母ですが、心肺停止の意識不明は初めてです。

 

私は、今回はだめかもしれないと思い、何度も悪いイメージが浮かびました。

 

その日の朝、私は母に冷たいことを言ってしまっていたので、それが最後になるのかもしれないと思うと、本当に恐ろしい気持ちでした。

 

そんなに突然、母と別れることになるなんて、、(書いていて涙ぐみます)

 

でも、人との別れはそういうものなのかもしれない、と思いました。

 

 

それから1週間ほど、私は生きた心地がしませんでした。

 

必死に祈り、良くなると信じ、ひとりでいるのが怖くて友達にメールしまくり、自分の信頼しているカウンセラーに頼り、なんとか子供たちと3人で暮らしました。

 

私は離婚しており、子供たちとともに実家で暮らしておりますが、母のいないリビングはとても寒くて寂しかったです。

 

母がいてくれたことがどれだけありがたいことだったのか、母がどれだけ私を守ってくれいていたのか、初めて本当にわかりました。

 

私は、母がいたから強くあれたのです。いつもどんなときも、母が私を理解し応援してくれていたから、私は突き進んで来られたのです。

 

もし母がいなくなってしまったら、私は後ろ盾をなくして子供二人を抱えて生きなければならない、、、私を守ってくれる人は誰もいない。。。(父もきょうだいもいませんので)

 

まだ小さい子供二人とこの世に3人ぼっちのような心細い気持ちでした。

 

 

母は幸い、命を取り留め、回復に向かっています。

 

でも、実はこの1ヶ月の間にさらに2度も、母に命の危機が起きたのです。

 

恥ずかしい話しですが、それは私のせいです。

 

母が死に瀕していたときには、ただただ母の命が助かる事を願い、そのためなら何でもする、私の寿命を分けると神(大いなる存在)に誓いました。

 

でも、いざ母が回復してくると、毎日の病院通い(往復90分)の大変さや、めちゃくちゃになった生活の疲れ、春からやろうと思っていた仕事を諦めることになった怒りなどが出て来てしまい、

 

母に優しい気持ちではいられなくなってきたのです。

 

すると、ようやく意識を取り戻し少しだけ話せるようになっていた母に異変が起きてみるみる生気を失い、緊急手術することになりました。。。

 

本当にショックでした。絶対に私のせいでした。

 

私の様子を見て、母が「自分が生きていたら娘に迷惑だ」と感じたせいで生きる強さがなくなってしまったのです。

 

医者に聞けばそれは関係ないと言うでしょうけど、私にはわかっています。

 

私はまた必死に祈り、幸いに手術が成功して回復に向かいました。

 

本当に奇跡です。私はもう十分に奇跡を体験しており、神(大いなる存在)に感謝せねばなりません。

 

しかし、しばらくして私はまた、心身ともに疲れ果てて自分の大変さが勝ってしまい、母に文句を言ってしまったのです。。。(カウンセラーとしての信頼をなくしそうですが)

 

すると、かなり元気になっていたはずの母が、また別のことで手術をすることになってしまいました。絶対に私のせいだ~!!!!!

 

私は、神が私に罰を与えようと思っているとは思っていません。

 

神(大いなる存在)は、私にもう前に進むように言っているのです。

 

いまだに過去のことで母に文句を言い、何かうまくいかいことがあると母のせいにし、母に頼って生きている私に、そのままでは前に進めないこと、進化する時が来ていることを教えてくれたのだと思います。

 

私が「母のせい」にするたびに、母が死に直面する、、、

 

私が学ぶために、神(大いなる存在)が与えてくれた試練のように感じています。

 

私にとって必要なのは、

 

・過去のことで母に文句を言わないこと(もう散々言いましたので)

・うまくいかないことを母のせいにしないこと(甘えと八つ当たりです)

・母に頼る割合を減らし自分で生活すること

 

この3つを実行することで、私は自由になれるのです。母に文句をいい、母のせいにし、母に頼っていては、私は本当に自由に幸せになることはできません。

 

(ですが、言い訳をしておきますと、人生で14年も過食症だったうえに、4年前から別居、2年前に離婚してとても辛い時期を過ごし、その中で仕事と学びに突き進んできましたので私もいっぱいいっぱいだったのです)

 

実際のところ、母親が入院していてそばにいないので文句をいったり母のせいにすることも(できないため)減りましたし、会った時でさえつい言ってしまうと母が死に直面するため、本当に言わなくなりました。

 

というか、さすがにもうわかったのです。母のせいではないと。私の人生に起きた事はすべて私が学ぶ必要のあったことで、母親が悪かったせいではない、むしろ母親は人生をかけて私を守ってくれて、それはとても有難い幸せなことだということが。

 

だから、母親のせいにするという気が本当に少なくなりました。

 

その結果、どうなったかというと、よく文句をいっていたときよりはるかに私の気分はいいです。

 

そして、母に頼れなくなったので、家事も子供の世話も、子供の学校関係のことも(立哨当番とか書類とか)、買い物も、灯油の管理も、お金の管理も、すべて自分でやらねばならなくなり、逆に生きている実感が沸いてきました。。。

 

それまでの私は、母にほとんど任せて自分は仕事と勉強ばかり(あと子供を抱っこしたり休日に出かけることは頑張っていましたが)していました。それはそれで必要な時期だったのですが、生命力の低下を感じていたところでした。

 

このようなことになって、自分で生活せねばならなくなったところ、なんと生きている実感が増し、人との関わりも必然的に増え、生活が充実しているのです!!!

 

 

私はついに本当に変わる時がきたのです。自分の力を取り戻す時が来たのです。

 

私には人生を自由に創造していく力があります。

 

その力を、過去の恨みや愚痴や文句に使っていてはもったいないのです。

 

過去を手放し、本当に望む人生を実現していく時が来たのです。

 

母がこのようなことにならなければ、私は相変わらず母に文句をいい、母のせいにし、いろんなことを母に任せながら、「なんで生命力や気力が低下しているのだろう、、、」と悩み続けていたと思います。

 

(ひとつ伝えておくと、まずは親に怒りを感じていることに気づいたり、親に自分の気持ちを伝えたり、色々と葛藤する時期も必要です。でも私はもう十分過ぎるほどやりましたので)

 

人のせいにしないって、すがすがしいなぁと思います。

 

人のせいであれば人が変わってくれないと自分は幸せになれないのですが、人は関係なく、自分が現実を創造している、自分が学ぶ必要があって起きていると捉えると、自分次第で良い人生にしていくことがが可能です。

 

そのことは、もう何年も前から知ってはいましたが、納得がいかなかったのです。

 

でも、ようやく本当に理解して実行して行ける時が来たようです。

 

そのためには、母が死の危機に瀕するという、これほどまで大きな出来事が必要だったようです。

 

 

それにしても、母親が怪我をいれると5回も救急車で運ばれたのは、それだけ私を支えてくることが大変だったのだと思います。

 

母親は私が過食症になってから怒ったことがありません。母親は自分を責め、反省し、私に申し訳なく思い、一生懸命に変わり、私を支え続けてくれました。

 

私には信じられません。そんなに大きな愛があるなんて。私は足元にも及びません。私はまだ若いので当然と言えば当然ですが。

 

母は本当に強い人です。母が強いからこそ、私は安心して甘えて文句を言ってこられたのです。さすがに母が死の危機に瀕しているときには文句が言えず、そのことがわかりました。

 

母は離婚して私を育ててくれたのですが、母は私のために精一杯やってくれました。私にすべてを捧げてくれたと言っても過言ではありません。

 

自分も親になってみて、子供を育てることがどれだけ大変かようやくわかり、母親が精一杯やってくれたこと、本当に愛されてきたこと、母のおかげで安心して生きて来られた事がわかりました。

 

人生で起きることには意味があります。過食症になったおかげで学べたことがたくさんありましたし、離婚したおかげで気づいたこともたくさんあります。今回母が死の危機に瀕したおかげで、私はこれまでの負の在り方を終わりにすることができました。母親にどれだけ守られてきたかということも深く実感しています。

 

 

 

最後に、、、

 

こんなことを書いたら、「こんな人がカウンセラーなんて、、、」と思われるかもしれない、もう少し良い事だけを書いておこうか、とも思いましたが、

 

真のカウンセラー=真に苦しみ悩みながら光の方向に進み成長を続けている人、だと思います。だからこそ、人の苦しみがわかり、また導くこともできるのです。

 

私は感情的に不安定になることもありますし、いつも良い母親というわけでもありません。(こんな悪い母親になる予定ではなかった、と思う事はしょっちゅうです。)

 

でも、自分に正直に一生懸命に生きている、光の方向に進んでいる、使命に向かって突き進んでいる、そのことだけは自信があります。ほほほ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。

 

今日は、5才の娘との会話をご紹介します。

 

実は昨日は娘の幼稚園の参観日だったのですが、私は母が入院している病院に用事ができて、娘のところへは行ってやれなかったのです。

 

そのことを今日思い出して、娘に「寂しかった?」と聞いてみました。

 

すると娘は「大丈夫だった」と答えるではありませんか!!!

 

でも、ほとんどの子はお母さんが来てくれたのに、本当にそうなのかな、、、と思い、もう一度聞いてみました。

 

「本当は寂しかったんじゃない?」

 

でも娘は「大丈夫だった」と答えます。。。

 

そこで、もう一度だけ聞いてみました。

 

「寂しかったけど大丈夫だった、ということかな?」と。

 

すると娘は時間をかけて自分の気持ちをよーくを感じて、

 

「うん、そう」と答えてくれました。

 

やっぱり本当は寂しかったのです。

 

でも、「仕方がないこと」だと思って「大丈夫だった」と答えたのだと思います。

 

娘は繊細な感性がありとても優しいので、このように自分の気持ちは我慢してしまうところがあります。

 

今回の場合は、娘自身も「寂しさ」よりも「大丈夫だった」のほうが強かったために、「寂しさ」にはあまり気付かなかった可能性もありますが。

 

気持ちというのは、何かひとつというわけではなく、いろんな気持ちが同時に存在したりします。

 

今回の場合は「寂しい」と「大丈夫」ですね。

 

そういういろんな気持ちをありのままに感じ、表現していくことが大切です。

 

自分の気持ちが意識できていれば、早めに対処することもできますし、気づかないうちに限界に達してしまうこともありません。

 

自分の気持ち、意識的に気づいていますか?

 

同時に存在するいろんな気持ちをどれも大切にできていますか?

 

過食症を卒業するためにはとても大切なことです(*^-^*)

今日はお客様と東山動物園で、『自然の中でありのままの自分を感じるワーク』を行いました霧

{C31ADB04-604E-453D-8D1F-D757EDBDE14F:01}

朝の10時から4時間かけて、自然の中に身を置き、自然を感じ、そしてありのままの自分を感じて行きました。

{99D2E7B6-429D-4F8E-9DC5-2D5C43A76448:01}

春の木はいいですよ〜!やわらかい黄緑色の葉っぱに、新しい誕生と希望を感じます。

今日は天気も良くて恵まれていました。


{522A0728-761C-4E27-8C5C-73C53F6FF785:01}

桜の木の下でアイスやピザを食べました。

お客様はとってもゆるんでいて可愛いお顔をされていますラブラブ


{3B3ADD06-AB4F-47D4-A691-735B2FF4D989:01}

せっかくなので、お客様には大地に身を預けていただきました。

初めての体験ということです☺️


{70F2C1FC-0FDD-4155-BDE9-80B8D48903D1:01}

なぜだか虹の光が映っています❗️

左にはっきりと、右の方にもうっすら。

これはもう天からお客様への祝福ですね天使


{DD7E182B-61AF-45B1-9C50-BB6E4BA4326E:01}

動物園なのでキリンさんも。


平日午前の動物園はとても空いていました。

こんな場所で、自然を感じてありのままの自分とつながる、、

百聞は一見に如かず、体験するのが一番です。

過食症を卒業するためには、真面目なカウンセリングだけでなく、野外での自由なワークがとても役に立ちます。

お客様の感想は、また公開させていただきますね😊


桜の木を感じてみよう!

テーマ:
愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です。


昨日は愛知県犬山市にある民族博物館・リトルワールドに行って来ました!

さっそくですが、トルコ館で買ったトルコアイスの写真ですラブ

あの、のび〜るやつ!

{A5C29CD2-5214-452B-B400-F67B109148DD:01}

15年くらい前にテレビで見てから興味はあったものの、今回初体験しました。

お味は、、、私はイタリアンジェラート派だとわかりましたほっこり

店員さんは超〜おもしろかったけどドキドキ

ちなみに、子どもたちはイタリアンジェラートの二段重ねも食べた後に、このトルコアイスです!!

贅沢過ぎ〜おーっ!

実はこの写真は最後の方なので、子どもたちは暑さにやられてバテています。。

私はのんびりアーシングクローバークローバークローバー

って、息子ったらこの角度はちょっと、、

{02C18EF1-0CE5-47FF-99DB-8F543EDA83C6:01}

せめてこちらでウインク
{16592912-2229-4C83-A60C-1E2E00B08037:01}

春らしく桜の木の下で。

{AAC6A0C2-ECAF-411C-8294-445D5E2F3811:01}

桜と一緒に写真を取って行く人は多いけど、みなさん短い時間で立ち去ります。

桜の木と一緒に過ごしたり、感じたり、メッセージを受け取ったり、そんな時間を持ってみませんか?

自然の中に行けば効果はありますが、ただ行くだけではなくゆっくりと感じると、何かが変わりますよキラキラ

私は、桜の木を見て、優しさ、あるがままの姿、美しさ、はかなさ、希望、移りゆく季節(人生)、今こうやって生きていること、いろいろと感じました。

そして、桜の木の優しいエネルギーをたくさんいただけたように思いますドキドキ



愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木麗奈です!

 

 

こんにちは。温かい日が続いていますね!

 

私が済んでいる愛知県豊田市では、桜も満開でもう春です桜

 

 

今日は、先月「過食症卒業のための6カ月サポートコース」を無事卒業された方からいただいたメールをご紹介しますニコニコラブラブ

 

 

サポート卒業後1ヶ月、過食にならずに過ごせています!

 

「もう1ヶ月も経つんですね!なんだかあっという間に感じました。今のところ過食になる事もなく過ごせています。人間関係で悩んだり、必要以上に考えて悩んでしまう事もありますが、試行錯誤しながら今までのカウンセリングで学んだ事を活かして螺旋階段を登っています!不安はありませんと言ったら嘘ですが、生きることに疲れたり、絶望を感じていたあの頃とは全く違います(^^)きっとこの先まだまだ沢山感じる事や気付きが出てくると思います!」【K・Uさん(30才、長野県)】

  

嬉しいですね~爆  笑

 

過食になっていたらダメということではないのですが、やはり過食になっていないという報告を聞くと、本当に良かったなぁ~と思います。

 

もし過食が出たとしたら、「何が理由だったかな?」と内省して、解決してあげたら良いだけですけどね。サポートを卒超する頃にはもう何が理由かわかるようになっていますから。

 

そうやって、毎回学んで進んでいけばOKです。でも、やっぱり過食になていなかったというのは素直に嬉しいですドキドキ

 

 

ちなみに、K・Uさんからは、

 
「もしこの先私で良ければ、麗奈さんのカウンセリングのお役に立てて、1人でも多くの方が過食から卒業していく為の力になれればと思っているので言ってくださいね(^-^)」

 

というお言葉もいただきました。愛が深いです~!ありがたいです。感謝ですラブ

 

 

この方は、2017年の7月に長野県から高速バスで初回カウンセリングを受けに来てくれました!そのときの感想はこちら↓↓

 

生き地獄のような生活から抜け出せない理由がわかった!

 

14年近く過食症という病と付き合ってきたので、病気の事は自分なりに結構理解していると思ってきました。それでも今まで生き地獄のような生活から抜け出せなかったのは、本当の意味で理解できていなかったからだと気付くことができました。【長野県 K・Uさん(30歳)】

  

 生き地獄のような生活から、本当に抜け出すことが出来たようですね😍


今後も影ながら応援させていただきます😘


ブログを読んでくださっているあなたも、過食症を卒業して、自分の道を歩んで行きませんか?



 
 
 

 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセラーの鈴木玲奈です。


今夜はどっと疲れたので、、、

超テキトーな夕食です❗️

パン祭り〜😍
{E210C5A9-B3C6-4ACE-A0F1-547FDD1F7672:01}

ドーン😳
{E2417D43-452C-4272-B305-2D1830997B70:01}

塩味か最高!!化学調味料不使用ポテトチップスラブラブ
{8E3AC640-5120-4090-8367-92D021069C6D:01}

キャ〜おーっ!
{46A0ECEA-F0A3-447D-B418-6E5AADD12804:01}

野菜ゼロ、、、

子供たちも大喜びですウシシ


先日は食生活を大切にしている記事をアップしましたが、、、

たまにはこんな日があってもいいのです❗️

真面目過ぎや完璧主義は疲れますし、子供にも良くありません。

いつもテキトーでは自分の性質や価値観に合わないので逆にストレスになりますが、

たまにはテキトーになることも大切です。


過食症を卒業していくためにも、たまにはテキトーさも大切ですよ音譜