「過食が続いたけど、前進できていると認識できた」

 

 

岐阜県にお住いのK・Aさん(23歳)は、6ヶ月サポートコースで過食症改善に取り組まれています。今回はカウンセリング7回目を受けての感想をいただきました。

 

image

※過食のツラさを数値で表していただいています。

カウンセリングを始めると次第に良くなりますが、みなさん必ず途中で再び過食が続く辛い時期があり、そこを乗り越えるとま確実にステージが上がります。

 

 

2017年8月11日

 

 

1. カウンセリングでどんなことを感じましたか?

 

 

今週は調子がよくなくて、過食も続いてしまい落ち込んでしまいましたが、初回カウンセリングを受けたころと比べてみると、辛い週ではあったけど、その辛さが底上げされていることに気づきました。

 

つい、目の前の状態にばかり注目してしまうけれど、「私は前進できているんだ」と認識できて良かったです。

 

あと、まだ人と会うことにどうしても抵抗があったり、人ごみを歩いては、自分と比べてしまったりして落ち込むことが多いですが、「私は私らしく居ればいい」と思えると、おういった苦しさから少し楽になれるような気がしました。

 

そして、自分がどうしたいのか、を感じることができ苦手というか、慣れていない部分があるので、そこをもっともっと大切にして、正直な気持ちを持ちたいです。

 

 

 

 

2.良い変化やできるようになったことはありますか?

 

 

友人と会う約束をしていたけれど、過食が続きより太った事で、会う事が恐くなってしまい、どうしようかすごく悩んで、断ることを選びました。

 

正直、それが私にとって良かったのかはよくわからないし、申し訳ない気持ちでいっぱいだったけれど、「私はどうしたいのか」を自分に聞いて、感じようとできたことは良かったと思います。

 

 

 

 

3.次のカウンセリングまでどのように過ごしたいですか?

 

 

自分の気持ちに正直になって、本当は私はどうしたいのかを、目先のことだけじゃなくて仕事についてなど、将来のことにも目を向けて感じたいです。

 

運動をもっと積極的にやれると、体調面でも楽になれるような気がするので、脅迫的なものではなく、リフレッシュできるようなものを見つけたいです。

 

 

 

 

4.その他ご自由にお書きください。

 

 

小さいころの私のことがすごく嫌いで、思い出すだけでも自分に失望することがたくさんあったけど、それは私の本質じゃなくて、環境や外から受けた影響を受けての行動であったり、発散であったりしたのかな、と分かりました。

 

また、私は人に合わせているのが好き、楽、と思っていたけれど、本当は、人に振り回されるより、もっと自由でいたい、と思っているんじゃないか、嫌われるようなことが恐いからその本当の気持ちにフタしていたんじゃないか、と気付くことができました。

 

自分のことがよくわからなかったけど、少し理解が深められたように思います。ありがとうございました。

 

 

 

 

カウンセラーのコメント

 

 

Aさん、感想をありがとうございました。

 

過食が辛い日が続きましたが、それでもアンケートの他の項目(自分を何%好きか、生きる希望、など)では数値が良くなってきていましたね。これまでのAさんの取り組みが実を結んでいると思います。

 

今は、何もわからない状態でただ過食が起きていた頃とは確実に違っていますので、過食をヒントにして、さらに自分の内面に目を向け、自分を大切にしていきましょう。

 

「私は私らしく居ればいい」という言葉は素敵だと思います。その前に名前を入れてもいいですね。「私はA(名前)。私は私らしく居ればいい」と、毎朝鏡を見た時に言ってみましょう。

 

お友達に会うのを断る選択をしたことは良かったと思いますよ。なぜなら、感じたことを大切にできたからです。相手に申し訳なく思う気持ちはよくわかりますが、今は自分の感じていることに正直な行動をとる練習をしていくことが大切です。

 

小さい頃の自分を嫌いで思い出すと失望するのは辛い気持ちですね。ただ、私はAさんを見ていて本質がとても優しいと感じていますので、Aさんが良くない行動を取ったとしたら、それだけ不安な気持ちが強かったのだと思いますよ。

 

子供のころの自分については、これからも癒しを進めていきましょう。きっともっと楽になれると思いますよ。

 

そして、人に合わせるのではなく「自由でいたい」と思っていることがわかりましたね!本心を知ることができてとても良かったと思います。

 

これから人と会うときには、場所や、食べるものなど、何か一つは「私は〇〇がいいな」と言ってみましょう。その後に「あなたはどう?」と相手にも聞けば自分勝手にはなりません。お互いに意見を出せば、一番良い形になりますよ。

 

自分は本当はどうしたいか正直に感じること、自分の希望をひとつは言うこと、ぜひやってみてくださいね。そうしていけば、もっと自由にもっと楽しく生きられますよ(*^^*)

 

それでは、また次回Aさんにお会いできるのを楽しみにしていますね!

 

鈴木

 

 

他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

 過食症専門カウンセリングを提供しています!

 

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

 

 

実際にいただいたご感想です。

 

 

 

【過食症専門カウンセリングのご案内】  
初めての方へサービス過食衝動を根本解決!

お客様の声アクセスよくある質問お申込み

 

 

 「幸せで楽しくワクワクする生き方を見つけたい」

 

長野県にお住いのK・Uさん(29歳)は、6ヶ月サポートコースで過食症改善に取り組んでいます。(遠方のため電話と対面を併用)。今回は5回目のカウンセリングを受けた感想を紹介させていただきます。

 

※過食の辛さを毎回数値で表していただいています。

 

2017年8月11日

 

 

1.カウンセリングを受けてどんなことを感じましたか?

 

 

ここ数日心の調子は良いけれど、体がだるくてしんどい日が続いていました。何かしようとしても体がついてこない、今までの私ならきっとそんな時でも体にムチを打って無理をしていました。

 

実はここ数日お風呂で自分の太っている姿を見て嫌悪感を抱き痩せなきゃ、とまた以前の様に食事聖典をしたり過度な運動をしそうになっている自分がいました。

 

少しずつ良くなってきている、過食の数が減ってきてはいるけれど、それを信じられず、また逆戻りするのではと今の自分を疑って不安になっていました。

 

でも今日麗奈さんにアドバイスしてもらい、そんな自分の体を受け入れて、もっと大切にしてあげて良いんだと思えました。

 

自分の心と体をもっと大切にして信じてあげていいんだと安心できました。そうやって、自分と周りに人とつながっていけばいいと思いました。

 

 

 

 

2.前回からできるようになったことはありますか?

 

 

先日インナーチャイルドセラピーを受けてから自分や周りに人に対しての感じ方や考え方に少しずつ変化が出てきました。

 

過去の自分を振り返っては自分を責めていたけれど、そんな過去の自分を許し受け入れられる様になってきました。

 

そして本当に今まで良く頑張ったなと自分を思ってあげられるのと同時に、これからは今までみたいに我慢しなくていい、嘘をつかなくていい、本心を隠して誰かのために好かれようとしなくていい、と今までずっと閉じ込めて来た思いや行動を自由に開放して上げたいなと思いました。

 

自分にも他人にももっと正直でいたいなと思いました。それに気が付けた今、これまで恐れて来た人やものが全てが恐くなくなってきました。

 

周りの人や環境に自分が前ほど動揺せずにいられるようになってきました。まだ不安はあるけれど。

 

 

 

 

3.次回までどのように過ごしますか?

 

 

もっと自分と深いところで向き合ってもっともっと自分の本質的な部分を感じていきたいと思います。

 

今はまだこれから本当に自分が何をしたいのか、はっきりした目標や夢が見えないけれど、まずは日々の中で身近なところから始めてみようと思います。

 

本当に心や体がしたいと求めている事だけをあるがままにやってみようと思います。失敗しても挑戦してみたいです。

 

 

 

 

4.その他ご自由にお書きください。

 

 

カウンセリングを通して、過食症を理解していく中で私の中で「過食症」と「人生」を少しずつ重ね合わせられるようになってきました。

 

今の私のテーマは「この先ずっと続けられる食事を」→「この先ずっと続けられる人生を」です。

 

そんな幸せで楽しくてワクワクする生き方を見つけていきたい、そんな人生をこれからずっと続けていきたいと思える自分になりたいです。

 

 

 

 

カウンセラーのコメント

 

 

Uさん、感想をありがとうございました。

 

体がだるくてしんどい日が続いていたのは辛かったでしょうね。自分の体調に気づいてあげて、認めてあげて、無理せず過ごすことができたのは素晴らしいことですよ。

 

心が緩むと体も緩み、これまで溜めてきた疲れがどっと出やすくなります。悪くなっているわけではなく、溜まっていた疲れが今抜けていっているのだと思ってくださいね。

 

また、最近は天候(暑さ、気圧、湿度など)が不安定で、体に負担がかかりやすいこともあるかもしれません。不調は自分以外の要因もあることを覚えておくと不安を減らせますよ。

 

自分の姿を太っていると感じて嫌悪感を抱くのも辛いことですね。そんなときは自分の生活を振り返るのは大切ですが、それは「痩せるため」ではなく「自分を大切にできているか確認するため」です。

 

もし食事、運動、睡眠、自分とのつきあい方などで、大切にできていないことがあれば良い状態に戻すことは大切ですが、極端なことはしないようにしましょう。

 

Uさん自身が確認したとおり、今のように自分の心と体を大切にして信じてあげれば良いと思いますよ。変化に時間が必要な事を自分に許してあげましょう。

 

インナーチャイルドセラピーを受けてから、過去の自分を許し受け入れられるようになったのですね!本当によく頑張って来たと思います。これからは自由に、ありのままの自分で、のびのびと生きていきましょう。

 

「自分は何をしたいのか」考えずに感じてみてくださいね。過去に思っていた事とは違うかもしれないし、同じかもしれません。自由な感覚で、今この瞬間に何をしたいか感じましょう。

 

失敗しても挑戦したいっていいですね!失敗を恐れて小さく生きるのはもったいないです。失敗しても必ずそこには学びがあり、次につながっていきますから、やっていきましょう!

 

この先ずっと続けられる人生を、というのも素敵です。人生はまだ50~60年ありますよ。Uさんなら、ありのままの自分で、大切な人とのつながりの中で、喜びのある毎日を生きていかれると思います。

 

そのためにも、残りかけて4ヶ月半をかけて、さらに自分を癒し、受け入れ、ありのままの自分が本当にやりたいと感じることをやっていきましょうね!

 

また次回Uさんとお話しできるのを楽しみにしています(^_-)-☆

 

鈴木麗奈

 

 
他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

 

 初回カウンセリングを受けてみませんか?

 

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

 

  

実際にいただいたご感想です。

 

 

 

 

 

お母さまサポートコース

 

過食に悩む娘さん(すでにほとんど改善されてきましたが)を支援するために、お母さまサポートを受けられているRさん(50代、愛知)からご感想をいただきました!

 

(※お母様の心が癒やされると、娘さんとの関係が変化し、過食症改善に役立ちます)

 

※イメージです

 

2017年8月9日

 


 

1.カウンセリングを受けてどんなことに気づきましたか?

 

 

みんなそれぞれ色々な考え方があって、自分の考え方が正しいと思っていると思うけど、

 

見方や理解の仕方を変えると、絶対に理解できないと思っていた事が、少しでもわかる事ができ、そうする事で自分の気持ちが楽になることが分かりました。

 

 

 

 

2.良い変化はどんなことがありますか?

 

 

あれ、娘の調子が悪いのかと思っても、長引く事がなかったり気持ちを話してくれることが増えました。

 

また、娘と関係のない事で、私が気分を悪くしていても、(娘は)以前ならすごく気にして私のせい?と思ってしまう事が多かったと思いますが、それも減ってきたように思います。

 

 

 

 

3.これからどうしていきたいですか?

 

 

悪い方ばかりに捉えずに、方向を変えて少しでも理解してみることや、固執しない事、どんどんイヤな気持ちになるなら考えをやめる事。

 

そうする事で結局は自分の心が楽になるので、そうしたいと思います。

 

 

 

 

4.その他ご自由にお書きください。

 

 

今日は、私自身の事をたくさん聞いてもらって、心が楽になりました。

 

娘はお母さん自身が幸せになる事を願っていると、麗奈さんが言っていますので、こういう事も大切な事だと思いました。

 

娘にお母さんを助けなくちゃと思われないように過ごしたいと思います。

 

それには、今日、教えてもらった考え方を忘れないようにしたいです。

 

 

 

 

カウンセラーからのコメント

 

 

Rさん、感想をありがとうございました。

 

娘さんの調子の悪さが長引かなかくなったこと、気持ちを話してくれることが増えたこと、そしてお母さんの気分の悪さを自分のせいと思わなくなってきたこと、どれも素晴らしい変化ですね。

 

娘さんは自己肯定感が回復してきて、自分自身のも、ご両親も、人生そのものも、信頼できるようになってきていると思います。

 

今回は、ご自分のことを話されて心が楽になられて良かったですね。もちろんRさんのために良いことですし、結果的には娘さんの心も楽になりますよ。

 

実は子供は何歳になっても、自覚はなくても、たとえ嫌いだと思っている場合でも、本当は母親が大好きです。

 

それが故に「お母さんに愛されたい」という気持ちが強く、叶わないと問題行動や病気として現れることもありますが、同時に「お母さんに幸せであってほしい」とも思っています。

 

理想を言えば「幸せなお母さんから愛される」のが一番なのです。(現実的には母親にも事情がありなかなか難しいですが。。)

 

「幸せなお母さんが自分を温かく見守っていてくれる」と感じられると、子供は安心して自分の人生を進んで行けますので、お母さんが幸せであることは子供への大きな贈り物になります。

 

そうですね、人は自分の考えが正しいと思いますが、「考え」は「傷つきやすい心」を守っている鎧でもあります。ですから「考え(鎧)vs.考え(鎧)」ではわかりあうことは難しいのです。

 

「相手の考え(鎧)の下にはどんな傷つきやすい気持ちや恐れがあってそれを守ろうとしているのだろうか、、、」と感じてみると、違う結果になるかもしれません。

 

そして、「自分の考え(鎧)の下にはどんな傷つきやすい気持ちや恐れがあって守ろうとしているのだろうか、、、」と感じてみると、自分が本当に感じていることに気付きます。

 

人はある意味では弱く傷つきやすい存在で、それを隠すために頑なな考え(鎧)で武装したり、人を攻撃したりするものです。

 

攻撃されるとつい反撃したくなりますが、相手の攻撃に隠れた弱さ、恐れ、傷つきに気づくと、自然と相手を理解し許すことにもつながり、自分の気持ちも楽になります。そして愛から関わることを選択しやすくなります。

 

簡単なことではないかもしれませんが、そのように生きるほうが、本当に大切な人とつながり、深い喜びのある人生を生きられると思います。Rさんならそうして行けると思いますよ!

 

また次回、お話を聴かせてくださいね(*^^*)

 

鈴木麗奈

 

 お母さまカウンセリングを受けてみましょう!

 
 
【愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』のご案内】  
初めての方へ ・カウンセリングのご案内 ・過食衝動を根本解決!お客様の声 お母さまサポート ・アクセス ・よくあるご質問  ・お申込み・お問い合わせ

 

 
お客様の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

 

実際にいただいた感想です。

 

 

過食症の意味

テーマ:

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』の鈴木麗奈です。


過食症は、自分が悪いからなったとか、ただの不運とか、何かの罰とか、一切そういうことではありません。

過食症は、「今のままの生き方では苦しいよ、幸せになれないよ、もっと楽な生き方があるよ」というメッセージです。

それは、心の奥にいる本当の自分からのメッセージでもあるし、神様からのメッセージでもあるかもしれません。

スピリチュアルな意味では、本当の自分と神様はつながっているのですが。


とにかく、過食症になったことて自分を責めなくていいのです。

生まれ育った環境の中で、子供のあなたが一生懸命に頑張って生き抜いてきた結果として起きたことです。

例えば、

ありのままの自分では両親に受け入れてもらえずにいつも自分を抑えてきたとか、

人に嫌われないようにいつもビクビクしてきたとか、

勝ち負けという結果にこだわって自分をムチ打ってきたとか、

嫌われないように周りに合わせてばかりで自分を見失って生きてきたとか、

自分に自信がなくて自分を嫌って生きてきたとか、

どの程度感じていたかはわかりませんが、辛い気持ちを抱えて生きてきたはずです。


過食症になったのは、辛さが限界に達した証拠であり、

あなたの今の生き方より、もっと楽で幸せな生き方があるよ、ということなのです。


過食症を絶望的な不幸と捉えず、もっと楽で幸せな人生への片道切符と捉えましょう。

過食症専門カウンセリング『Happy Flora』でサポートを受けながら自分と向き合ってきた人は、

「過食症になって良かったとまでは言えないけど、過食症になったから気づけたこたや学べたことがたくさんあります」

と言っています(^-^)

そして、私自身の人生でも同じように感じています。


過食症で絶望を感じているあなた、

もっと楽で幸せな生き方ができるように、サポートを受けて一緒に取り組んで行きませんか?







 

【過食症専門カウンセリングのご案内】  
初めての方へサービス過食衝動を根本解決!

お客様の声アクセスよくある質問お申込み

  

「結果にこだわらないと存在価値がないように感じていた」

 

 

岐阜県にお住いのK・Aさん(23歳)は、6ヶ月サポートコースで過食症改善に取り組まれています。今回は6回目、インナーチャイルドセラピーを受けての感想をいただきました。

 

image

 

 

2017年7月28日

 

 

1.インナーチャイルドセラピーではどんなことを感じましたか?

 

 

学生時代を今振り返ると、後悔する事が多く、思い出すだけで苦しくなることがあります。

 

当時、私は勝ち負けや結果ばかりにこだわりすぎて、楽しいと心で感じられていなかったり、過程よりも結果が大事だと言い聞かせ、何か出来ないとそこばかり責め、できたことを無視していたりしていたことに気が付きました。

 

また、インナーチャイルドセラピーを受けて、小さな頃から私は「すごいと言われたい、認められたい、注目されたい」と思っていたのかな、と思いました。

 

だからこそ、結果や成果にこだわらないと、存在価値がないように感じていたんじゃないかな、と自分への理解が深められました。

 

後悔の多い学生生活ではあったし、何かに対する後ろめたさ、罪悪感のようなもやもやはあるけれど、それ以上にたくさんのことを学べている、今ゆっくり考えられる時間があるから気づけることもたくさんあるな、と思えました。

 

 

 

 

2.良い変化やできるようになったことはありますか?

 

 

体重計に久しぶりに乗って、それそれまで自分を認められかけていたのに、一気に落ち込み辛い週でした。

 

でも、そのことで、まだ私の根底に、自分を愛せていない自分や、痩せることへ執着する自分、太った自分を全否定する自分がいることが、客観視できたように思います。

 

そうやって、自分を俯瞰で見て、理解できたのは良かったと思います。

 

また、過食してしまっても、その程度が以前と比べて軽くなってきているかな、と思えます。

 

 

 

 

3.次のカウンセリングまでどのように過ごしたいですか?

 

 

できた事に目を向けることを、大切にして、意識して過ごしたいです。

 

また、過程より結果ではなく、過程を大切にしてあげられるよう、失敗してもそれを嫌ったり拒否せず、受け入れて、前に進めるようにしたいです。

 

また、インナーチャイルドを大切にして、人と比べなくていい、結果が全てじゃない、と伝えてやっていけたらいいな、と思いました。

 

 

 

 

4.その他ご自由にお書きください。

 

 

インナーチャイルドセラピーでは、自分でも驚く程、涙が溢れてきました。きっと、今まで感じていなかった、感じないようにフタをしていたものがたくさんあったのかなと思いました。

 

心と体と頭が、それぞれに優しくしてあげて、手を取り合うことで、今回のような涙は流れなくなるのかな、と思いました。

 

 

 

 

カウンセラーのコメント

 

 

Aさん、感想をありがとうございました。

 

Aさんはこれまで精一杯やって生きて来たと思いますよ。大学時代に後悔することが多く思い出すだけで苦しくなるのも、一生懸命に生きたからこそではないでしょうか。

 

過程よりも結果が大事だと思うようになったのも理由があってのことだと思います。置かれた環境の中で精一杯に生きていた自分をぜひ認めてあげてくださいね。

 

そして、これからは「ありのままの自分」を感じながら、過程を大切にして楽しんでいけたらいいですね。そうすれば、毎日が充実しますし、Aさんにとって良い結果が出やすくなるでしょう。

 

驚く程、涙が溢れてきたのは、今まで感じないようにしていたものがたくさんあったということは大きいですね。涙を流していくことで、氷が解けるように心がほぐれていきますよ。

 

それと、幼い自分に会えて愛おしさを感じたというのもあったかもしれません。その子の気持ちを聴いて大切にしてあげることが、自分を大切にすることにつながっていきますよ。

 

過食症になったことで自分を見つめる機会を得ましたね。Aさんの人生はまだこれからですから、充実した毎日を生きられるよう、学んだことや気づいたことを生かしていきましょう!

 

体重計に久しぶりに乗ったら、一気に落ち込んでしまたのですね。何日か本当に辛かったと思いますが、自分を俯瞰して理解しているAさんはすごいと思います。

 

健康的に食べ始めて一時的に増えているかもしれませんが、次第にAさんにとって自然なところに落ち着くと思いますよ。(私も食べ始めたときは今より重くなりました)

 

やらない方が良いのは、食べる量を減らすことです。これをやるとまた過食サイクルに入ってしまうので、健康的に食べながら適度な運動をするように心がけていきましょう。

 

過食しても程度が以前と比べて軽くなってきているのは良かったですね!こうして少しずつ前に進んで行くと思いますよ。また次回お話し聴かせてくださいね(*^^*)

 

鈴木麗奈

 

 

他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

 過食症専門カウンセリングを提供しています!

 

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

 

 

実際にいただいたご感想です。

 

 

 

 

【過食症専門カウンセリングのご案内】  
初めての方へ ・サービス過食衝動を根本解決!

お客様の声 アクセス ・よくある質問  ・お申込み

  

 

「過食はかなり良くなっているとわかり自信がもてた

 

 

岐阜県にお住いのY・Mさん(35歳)は、6ヶ月サポートコースで過食症改善に取り組まれています。今回は10回目のカウンセリングを受けての感想をいただきました。

 

カウンセリングを開始して2ヶ月での変化です。

 

 

2017年8月3日

 

 

1.カウンセリングを受けてどんなことを感じましたか?

 

 

今回はインナーチャイルドセラピーをやっていただきました。2回目だったのですが、前回とても辛かった記憶があり、覚悟してのぞみました。

 

しかし、実際に押さない頃の自分に合いに行くと、涙が出てくることもなく、笑った幼き自分に合うことができました。

 

全く予想していなかった変化だったのでびっくりしました。知らない間に幼い頃の自分が癒されていたのかな、と思いました。

 

 

 

 

2.前回からできるようになったことはありますか?

 

 

まだ食事をした後、しばらくの間、食べたものを思い出したり、大丈夫かな、と心配になったり、そわそわもやもやして涙が出そうになる事もありますが、しばらくすると、落ち着いてきます。

 

友達とのランチや、一人でカフェでケーキを食べてみたり、といろんなことに挑戦していろんなことを学ぶことができています。

 

挑戦することに迷いがなくなって来たと思います。

 

 

 

 

3.次回までどのように過ごしますか?

 

 

今日のインナーチャイルドセラピーで、私の心の中に幼き私が安心して住んでいる、と分かり、少しずつ幼き頃の自分とその頃の親とのつながりた感じられるようになったかなと思います。

 

この調子で焦らずに前に進んでいけたらと思います。

 

毎回少しずつ前に進めていることを考えると、今回も次のカウンセリングまで、焦らず自分のペースで過ごしていきたいと思います。

 

 

 

 

4.その他ご自由にお書きください。

 

 

過食に関しては、かなりよくなっていることがわかり、自信がもてました。

 

カウンセリング前は、生きる希望など、前回からもあまり変わっていませんでしたが、カウンセリング後(今日の)は、少しいろんな面で前向きになれたような気がします。

 

 

 

 

カウンセラーのコメント

 

 

Yさん、感想をありがとうございました。

 

今回は、笑ったインナーチャイルドに会えてびっくりでしたね!この2カ月間、とても辛く苦しい思いをしながら頑張って取り組んできただけのことはあったと思いますよ。

 

食事についても、いろいろやりながら研究されているだけあって、「自分の成功法則」が分かってきていると思います。この調子でやっていきましょう。

 

食後しばらくすると「そわそわやもやもや」が落ち着くのであれば、その時間を快適に乗り越えられる方法を見つけると良いかもしれませんね。

 

これまででは、音楽を聴く、本を読む、美味しいお茶を入れて飲む、などの工夫をされて凌いでいた方もいます。

 

お友達とのランチや、一人でカフェでケーキを食べるなど、しかも楽しめているなんて、すごい変化ですよ。ここまで頑張って進んできた自分を認めてあげてくださいね。

 

過食についてはかなり良くなっていることがわかってよかったですね!まだ葛藤や不安はあると思いますが、症状としては初めと比べたらとても軽くなっていると思います。

 

2カ月でこれだけ変化していれば十分ですから、焦らずに自然なペースでやっていきましょう。そしてできる範囲でいいので「今」を楽しむことを大切にして(*^^*)

 

また次回、Yさんにお会いできるのを楽しみにしていますね!

 

鈴木麗奈

 

 
他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

 過食症専門カウンセリングを提供しています!

 

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

 

  

 

実際にいただいたご感想です。

 

お客様の改善事例 

テーマ:

 

 

大切なお客様の改善事例

 

 

過食症は本当に良くなるの?その疑問にお答えします!!!

 

『Happy Flora』で実際にサポートを受けているお客様の改善事例をご覧ください。

 

【感想】をクリックすると、詳しい内容がご覧になれますべーっだ!

 

 

 

6ヶ月サポートコース卒業生 S・Mさんの改善事例 (25歳、愛知)

 

とても優しく純粋な方で、自分としっかり向き合う強さもお持ちです。途中で辛い時期を乗り越えて見事にコースを卒業されました

 

{5CE1A9D0-43DA-4935-93B1-10DEFB462331:01}

※過食のツラさを数値で表していただきました。こちらは5段階評価でしたので、カウリセリング開始前は「5」という5最も辛い状態でした。6ヶ月終了する頃には過食がほとんどなくなり、「1」の最も楽になりましたべーっだ!

 

 

 

 

 

6ヶ月サポートコース M・Yさんの改善事例 (35歳、岐阜)

 

北海道にお住まいでしたが、カウンセリングを受けながら過食を改善するために岐阜に戻られました。自分にとってベストな食べ物との関係を研究すること、また自分の気持ちを感じて家族に伝えていくことに取り組まれています

 

※過食の辛さを数値で表していただいています。カウンセリングを始めて約2ヶ月の変化です。毎日過食がある最も辛い「10」から、「4」にまで下がりました。

 

 


 

6ヶ月サポートコース K・Aさんの改善事例 (23歳、岐阜)

 

お若いですが、しっかりとされていて本当に頑張る力のある方だと感じています。カウンセリングでは、自分が本当に感じていることを大切にすること、そして自由に生きることに取り組まれています

【感想】底なし沼の感覚から「私にも治せるかも」という希望を持てるようになり、9日間過食しないで過ごせました・・・(クリックして続きをご覧ください)

 

image

※過食の辛さを数値で表していただいています。初めは「9.5」でとても辛い状態でしたが、5回目で「2」に下がり楽になりました。今は一時的に辛くなっていますが、ここを乗り越えた後はステージが上がるでしょう。

 

 


 

6ヶ月サポートコース K・Uさんの改善事例 (30歳、長野)

 

遠方のため、毎月1回高速バスで2時間レッスンに通い、その他のカウンセリングは電話で行っています。ありのままの自分、自然体の自分でいられるように取り組まれています。とても優しく静けさもある方で、同じ空間にいるだけで癒されるような感じがします

【感想】自分と向き合うことで自然と過食にならなくなってきました。幸せで楽しくワクワクする生き方を見つけていきたい・・・(クリックして続きをご覧ください)

 

※過食の辛さを数値で表していただいています。初めは「9」でとても辛い状態でしたが、すぐに「3~2」に下がりました。過食症を改善するコツはをつかむと変化が早いです。

 

 

 

 

スカイプ・電話10回コース卒業  T・Mさんの改善事例 (41歳、茨木)

 

「東京3時間レッスン」を受講後に、スカイプでの継続サポートを決められました。とても優しく愛の大きな方です。子供の頃の自分を癒し、職場やママ友などでストレスのある人間関係を改善し、過食症を改善されました

【感想】自分の感じていることを受け入れて自分を大切にすることで、食べ過ぎはあっても過食はほとんどなくなりました・・(クリックして続きをご覧ください)

※過食の辛さを数値で表していただきました。カウンセリング開始前は「8」と辛い状態でしたが、自分の心を大切にすることを覚えられてすぐに「2」になりました。ときどき調子が悪くなるときもありながらもほぼ安定されています。3.5ヶ月の変化です。

 

 

 

 

スカイプ・電話10回コース卒業  F ・I さんの改善事例 (46歳、東北)

 

ご自分で取り組まれて過食はかなり軽減していましたが、まだ「食の制限」が強く、人間関係での大きなストレスと体調不良もありました。自由に食べることを学ぶこと、罪悪感なくゆっくり休む事、自分が本当に感じていることを大切にすることで、さらに改善されました

【感想】嫌われたくない・良い人でいたい気持ちで緊張して無理をしていました。自分の人生の主人公は私・・・(クリックして続きをご覧ください)

※過食の辛さを数値で表していただいています。開始前からすでに過食そのものはほとんどなかったのですが、まだどこかで衝動がありコントロールしているということで「6」でした。約3ヶ月で「2」まで改善されましたラブラブ

 

 

 

電話10回コース×4セット目  K・S さんの改善事例 (50歳、兵庫)

 

遠方のため電話カウンセリングをご利用されていますが、レッスンのためにときどきサロンにお越しいただいています。家族思いの優しい方で、ついつい自分を後回しにしてしまうので、自分を大切にすること、そして楽しさや喜びを自分に与えることに取り組まれています 
 

 

 

 

対面カウンセリング9回  N ・H さんの改善事例 (30歳、愛知)

 

毎回とても主体的に取り組まれて、早いスピードでたくさんのことに気づき変化しました。困難を乗り越えてきた強さと生まれながらの愛の大きさを感じます。お子さんがいらしゃる綺麗なママでもあり、今後の活躍が楽しみな方です。短期間で大部分改善されました

【感想】何が過食の原因になったのか内面を見られるようになり過食嘔吐がとても軽くなりました。魂の声に従って生きたい・・・(クリックして続きをご覧ください目)

 

 

※過食の辛さを数値で表していただいています。カウンセリング開始前は「8.5」と辛い状態でしたが、すぐに「2~3」に下がり、約2ヶ月半で「1」まで下がりました。(この方の場合は過食が完全になくなったわけではありませんが内容が軽くなり、自分を責めなくなり、生きる事に希望を感じられるようになり、心が楽にすごくなったということで「1」をつけられました)

 

 

スカイプカウンセリング7回  M ・N さんの改善事例 (29歳、広島)

 

広島から名古屋まで高速バスで2回お越しになりました。その後はスカイプでサポートを受けられていました。過食がありながらもお仕事を頑張り自分の力で一生懸命に生きられているチャーミングな女性です 

【感想】「人目線」が過食の原因と気づきました。毎日の過食が、カウンセリングを受け始めてが約3割減りました・・・(クリックして続きをご覧ください目)

 

 

 

 

お母さまサポートコース  Rさんのご感想 (50代、愛知)

 

過食にお悩みの娘さんを理解するため、そしてサポートするために、お母さまサポートを受けられていますママ
 

【感想】母親の存在の大きさを実感し、娘に負の遺産を渡さぬよう断ち切りたい。娘の過食と心の調子が良くなってきています・・・(クリックして続きをご覧ください)

お顔の写真はイメージです

 

 

 

 

希望者だけの、自由で楽しい食事のレッスン!!の風景

 

知識として学んだ後は、実践が大切です。

希望者のみなさんで、自由で楽しい食事のレッスンを行いました音譜

詳し内容とみなさんのご感想はこちらをクリックしてご覧くださいベル

 

ビュッフェで、自分が本当に食べたいものを食べるレッスン音譜

 

その後は、飲み物のを楽しみながらみんなでお話ししましたドキドキ

 

 

過食症専門カウンセリングを提供していますラブラブ

 

 

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

詳しい内容はこちら

 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』の鈴木麗奈です。

 

 

過食症を卒業してくる中で、私はいろんなスイーツを食べる事を自分に許してきました。

 

それから何年も経って食べ飽きた私は、特別に食べたいものがありません。

 

マクビティーのチョコレートビスケット、ハーゲンダッツ、HARBSのケーキ、その他いろいろなものをもう十分に食べてきたのです。

 

食べるとしても、「う~ん、仕方ないからこれでも食べるか」と惰性で食べている感じです。

 

最近ではそれも嫌になって来て、驚くことに食べない日が出てきました。。

 

(惰性でも一応食べる日の方が多いですが)

 

 

多くの人間にとって食べることは生きている中でのひとつの大きな喜びではありますが、それだけで一生心から幸せと感じ続けられるほど人生は甘くないようです。

 

 

過食に悩んでいる場合は、まずは本当に食べたいものを自分に食べさせてあげること、その喜びを感じていくことが大切です。

 

そして、その次は、いよいよ食べ物ではなく、本当に心が望む生き方にチャレンジしていくときなのでしょうね。

 

私の場合は、

 

・ワクワクすることをやって人生を思い切り楽しむこと

 

・ライフワークを通して自分の可能性を無限に発揮すること

 

・自分の中の深い愛から大切な人とともに生きていくこと

 

ですね。

 

 

スイーツに関しては、新しい魅力あるものを開発したいとは思いますが、本当に望んでいることは、自分の今世の人生を、魂の底から最大限に生きることのようです。

 

 

みなさんも、もしかしたら今は過食やダイエットのことで頭と心がいっぱいで、とても苦しい状況かもしれませんが、

 

少しずつ自分に食べることを許していってあげると、まずは食べる事の喜びで心が幸せになりますよ。

 

それだけでも、苦しい今と比べたら天国のように幸せに感じると思います。

 

それにある程度満足してくると、いよいよ本当に自分の秘めた才能を発揮して人生を生きていくステージに行きますよ(*^^*)

 

これ以上長く過食の段階にとどまっているのはもったいないです。

 

一緒に自由になっていきましょう!

 

過食を卒業して、本当に望む人生のスタート地点に立てるように!!

 

 

初回カウンセリングはこちらをクリック!

 

 
他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし
 

 

 

 

 

 

 

 

 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』の鈴木麗奈です。

 

 

今日は、子供たちとポケットモンスターの映画を見て来ました(*^-^*)

 

主人公のサトシが、10歳になって初めてポケモンをもらって旅にでるお話でした。

 

 

私は内容には全然期待していなくて、子供のために仕方なくいったのですが、

 

なんと4回も、涙が出てきました。。。

 

 

これまでに3回ほど見ましたが、正直なところ、さほど良いとは思いませんでした。

 

でも今回は、かなり「つながり(心、愛)」がテーマになっているように感じました。

 

 

私も愛はあるけれど、でも怒ってしまう、攻撃的になってしまう自分がいます。

 

愛でつながろう、愛で話そうと思っても、うまくいかないと短気を起こしてしまいます。

 

それは、実は恐れているからなのです。自分が傷つくことを。

 

そして信じていないのです。自分の愛が本当はもっと大きいということを。

 

そしてまだ最後までは信じていないのです。本当につながれるということを。

 

だから、愛を選ぼうと思っても、うまくいかないと攻撃的になってしまう自分がいます。

 

 

「それも当たり前じゃない、だって人間なんだから」とは思いますが、

 

カウンセリングでお客さんたちを見ていると、本当に優しくて愛が深い。

 

もちろん彼女たちだって、怒ってしまったり、ひきこもったりするとは思いますが、

 

でも、徹底的に「非暴力」で愛や優しさでつながることを求めているんだな、と感じるときがあります。

 

そんなときは、私の方が「はっ」とさせられます。

 

そして、私も本当はそれを求めているんだな、と気付かされます。

 

 

 

徹底的な非暴力というと、ガンジーを思い出しました。

 

実際は、そんなに詳しく知りませんが、昔はよく理解できませんでした。

 

攻撃されても非暴力って、、、

 

 

でも、結局のところ、攻撃は、新たな攻撃をこの世に生み出すだけです。

 

それが一般的に考えれば「正当」なことだとしても。

 

(もちろん事と次第によってはいろんな考え方があると思いますが)

 

 

私はじゅうぶんに優しい人間だとは思いますが(みんながそう言うので)、

 

それでも、

 

誰かが拒絶的だったり、心を閉ざして冷たかったり、攻撃的だったりするすると、

 

その人に対して初めは愛で関わってみても、うまくいかないと結局は攻撃的になってしまいます。

 

それが、今の私の限界のように感じています。

 

 

でも、その人が拒絶的だったりするのは、実は傷ついていて恐れているからです。

 

私もその恐れに反応して、攻撃的になって、その関係は終わりです。

 

 

そうではなくて、もっともっと自分の深い愛とつながって、つながって、つながり続けたい。

 

その状態で人と関わりたい。

 

とことん非暴力っていうのは、とことん自分の深い愛と繋がり続けるということ。

 

相手が恐れて攻撃的になっているときでさえ、自分の深い愛と繋がり続けてそこから話したり関わったりすること。

 

それが、これからの関わり方であり、少なからずの人が本当に求めていることなんじゃないかな。

 

心を病む人は、こういうことを求めている次世代の人なのだと思います。

 

だから、まだまだ「本当のつながり(心、愛)」というものが実現できていない今の社会では、心が傷ついて、生きる意味がわからなくなってしまうのだと思います。

 

 

とことん非暴力、とことん自分の深い愛とつながり続けて人と関わる。

 

少しずつでもそうしていきたいと感じています。

 

 

人間だから、怒る時があってもいい!

 

それも確かにそうなのですが、

 

やはり私は、自分の深い愛とつながり続けていくことが自然に感じます。

 

 

 

 

 初回カウンセリングを受けてみませんか?

 
他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

  

【愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』のご案内】  
初めての方へ ・カウンセリングのご案内 ・過食衝動を根本解決!お客様の声  お母さまサポート ・アクセス ・よくあるご質問  ・お申込み・お問い合わせ

 

 

 

愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』の鈴木麗奈です。

 

 

2017年7月18日に、お客様4名と「実践!食事レッスン」を行いました(*^-^*)

 

 

こちらは、JR名古屋高島屋の中にある自然食ビュッフェのレストランです。

 

4名のお客様は、6ヶ月サポートコースまたはスカイプコースで毎週カウンセリングを受けてくださっている方です。

 

コースのカリキュラムとして、すでに個別に「自由で楽しい食事のレッスン」を受けられており、今回は「実践!食事レッスン」に参加されました。

 

 

 

食べることへの意識の変化を実感!

 

 

こちらのみなさんも初めは過食に苦しみ、食べることに葛藤していましたが、少しずつ意識が変わり食べることを楽しめるようになってきています。

 

いただいた感想の中から、意識の変化が感じられるところを抜粋しました!

 

 

 矢印      矢印      矢印

 

 

ハート S・Mさん(26歳、愛知、6ヶ月サポート卒業) 

 

他の人にどう思われるかを気にせずに選んで食べられた。今までだったら、友人と食事をしても、食べた感覚がなく、家に着いたとたん、何か食べたくて仕方がなかったけど、お話ししながらも食べ物を味わう事ができたからか、帰ってからも過食したいと思わなかった。

 

 

ハート M・Yさん(35歳、岐阜、6ヶ月サポート2ヶ月目)

 

私の好物であるものはたくさんあったのですが、その中でも、今の私が欲しているものを時間がかかりましたが、頑張って選びました。中には違ったかな、と思うものもありましたが、少しずつ、本当に食べたい物を本当に欲している分だけ、食べられるようになりたいです。

 

 

ハート K・Aさん(23歳、岐阜、6ヶ月サポート1ヶ月目)

 

カロリーや量を気にして食べ物を選んだり、食べたりするのではなく、自分が心から食べたいと思うものを選ぶことや、良い意味で周りを気にせず、自分のペースや満足できる量をもりつけてることに意識を向けられたと思います。

 

 

ハート S・Kさん(50歳、兵庫、スカイプカウンセリング7ヶ月目)

 

どれも食べたいと思うけど、自分に確認しながら選んで、回りを気にせず自分のペースで食べることができて良かった。自分で選んできたのに、もういらないと思って残した。いつもなら無理にでも食べていた。

 

 

こうして書いてみると、みなさん「自分が本当に食べたいものを、本当に必要な量だけ、周りを気にせずに自分のペースで食べる」ということができているようです。

 

そして、食べてみたら違ったものは残したり、お腹がいっぱいになってしまった場合には残したりすこともできるようになっています。自分の感覚に正直になっていますね。

 

だから「本当は満足していなくて、後で結局は過食してしまう、、、」ということや、「どうせ食べ過ぎてしまったから過食に突中する」ということもありません。

 

 

ちなみに、「ダイエットと過食を繰り返して食生活が乱れていたときと比べて、食べたいものを満足するだけ食べている今の方が体重が落ちた(または変わらなかった)」という意見もありました。

 

それなら、我慢せずに初めから食べたい物を満足するだけ食べるほうが幸せですね!

 

(この場合の「満足するだけ食べる」というのはは、過食のようにたくさん食べることではないので、カウンセリンとレッスンを受けてコツをつかむことが必要です)

 

 

このような食べ方の変化は、カウンセリングを始めて1カ月程度で表れてきますよ。

 

そして、その後も練習と研究を続けて、どんどん上級者になっていきます!

 

最終的には、自然に自分の体がその時に必要としているものを選び、感謝して美味しく食べ、さらにデザートも楽しむ、という満足度の高い食事ができるようになっていきます。

 

しかも、太る心配もなく、自分らしい自然で健康な美しさを実現できるようになりますよ(*^-^*)

 

 

 

 

同じように過食に悩む仲間との交流してみて

 

 

過食については、なかなか人には言えません。お友達にも言わない人がほとんどです。

 

しかし、ひとりで抱えているうちに、「自分はよほどおかしい人間なんだ」と感じて孤独を深めてしまうこともあります。

 

今回の食事レッスンは、「同じように過食に悩む仲間と交流することで新しい発見や感じることがあるかもしれない」ということが一つの目的でした。

 

みなさんが、過食に悩む仲間と会って話してみてどう感じたか、感想の抜粋をご紹介します。

 

 

ハート S・Mさん(26歳、愛知、6ヶ月サポート卒業) 

 

皆さんに会い、とても優しそうな雰囲気の方たちでとても落ち着けました。皆さんのお話を聞いて、私が思っていた事と全く同じだったので驚いたのとともに、過食はその症状を重要視するよりも、自分への気持ちや、自分の中の感情に重きを起き、それに対して対処していくことが大切なんだなと改めて実感しました。人と接する事の楽しさを久しぶりに感じる事ができました。

 

 

ハート M・Yさん(35歳、岐阜、6ヶ月サポート2ヶ月目)

 

自分以外の病気の体験のお話を直接聞くのは初めてだったので、どんな感じかな?と思っていたのですが、思ったよりちゃんとみなさん取り組んでいる姿勢が真剣に伝わってきて、とても勉強になる会でした。6ヶ月以上続けている方がいて、私も続ける自信が沸いてきました。お話を聞いていて、続けること、学び続けることはやっぱり大事だなと思いました。

 

私と重なることや、共感できることがたくさんあって、またこんな食事会があったら参加したいと思いました。同じように悩みを抱いているからといって、食べ方が同じなわけではないんだなな、と思いました。家族や友達と食べにいけば違うのは当たりまえに感じるけれど、そうではなくても、人それぞれなんだ、と思いました。なので、食べ方も、生き方も、感じ方も、私のやり方でいいんだな、と感じ、少し安心しました。

 

 

ハート K・Aさん(23歳、岐阜、6ヶ月サポート1ヶ月目)

 

改めて、苦しんでいるのは私だけじゃないんだ、と実感できたのと同時に、皆さんそれぞれに過食と向き合い試行錯誤を繰り返しながら前進している事を知り、「私も前に進もう」とより強く思えました。

 

当たり前のことかもしれないですが、それぞれ食べたいと感じるものが違って、量もそれぞれでした。やはり人によって感じ方は異なるのだから、一般論や雰囲気に流されずに、一人一人が心に感じたままに生きることが自然な形なのかな、と感じることができたと思います。

 

 

ハート S・Kさん(50歳、兵庫、スカイプカウンセリング7ヶ月目)

 

自分と同じように食べることや周りとの関係のことなどで悩んだり苦しんだりする思いは一緒なんだと思った。緊張したけど心地よい緊張感でした。だまっていても居心地が悪くないって不思議だなと思いました。

 

 

 

こうして感想を読むと、みなさん同じ悩みを持つ仲間と話したことで、たくさんの気づきがあったようですね。

 

自分だけではなくみんな同じ事で悩んでいて共感できたり、共通点を知ることで何が大切かを確信できたり。

 

良くなっている人の経験談を聞いて未来に希望を持つこともができたり、他の人が頑張っている姿に勇気づけられたり。

 

食べたい物や量は人それぞれだと知り、自分に自然な食べ方でいいと感じられたり、だから生き方もそれぞれ自由でいいと感じられたり。

 

 

過食に悩む人は繊細で優しいがゆえに、食事会などでは気をつかって疲れてしまう事も多いのですが、今回の感想では、「優しい人ばかりで落ち着いていられた」「黙っていても居心地が悪くなかった」という感想が出ています。

 

安心して一緒に過ごせる人がこの世にいる、そういう場がこの世にはある、と感じられる体験をされたこともとても良かったと思います♡

 

 

 

 

随時、心と体を感じながらの食事レッスン!

 

 

今回は、ただ和気あいあいと食べだだけではありません!

 

みなさんには随時、心と体の状態に意識を向けてもらいました。

 

まず一番初めに、レストランに入る前にみんなで集まり、軽い自己紹介ともに、心は何を感じているか、お腹はどの程度空いているか、に意識を向けてもらいました。

 

「少し緊張しています。おなかのすき具合は10段階(0が空腹)で3くらいです」というように。

 

心の状態を自分でわかっていないと、モヤモヤから食べ過ぎたり、無感覚な感じから食べ過ぎてしまうこともあります。

 

空腹状態を自分でわかっていないと、実は飢餓状態になっていて一気に食べ過ぎたり、あまりお腹が空いていないのに何となく食べてしまったり、ということも起きます。

 

ですから、自分の心と体の状態に意識を向けることはとても大切です。

 

食べている最中であっても、心と体の状態を自分で知ることにより、食べ過ぎてしまう前に、ちょうど良いところで箸を置くことが可能になります。

 

また、今日はどんなことに挑戦したいかも話してもらいました。「本当に食べたいものを食べる」「直感を信頼する」「プレートを色とりどりにする」などいろいろありました。

 

食べてみての感想や、心の状態などを話していただきながらレッスンを進めていきました。

 

みなさん、落ち着いて自分を感じながら、ありのままに話されていたと思います。ありのままの自分を感じることがとても大切なのです。

 

 

 

 

 

みなさんの食事の写真です!

 

 
色とりどりで栄養がいっぱいですね!
 
一口サイズでたくさん楽しめそうです(*^-^*)
 
こちらは私ですが、お腹が空いてたくさんです( ;∀;) すでに食べかけ。
 
盛り付けも美しく美味しそ~♡
 
こちらはまるで和のアートのようでした(*^-^*)
 
こちらは白玉ぜんざいにアイスをかけたデザートです!
 

こちらの方は数種類楽しんでいますね♡

 

話しながらなのですべてを写真に撮ることはできませんでしたが、4人でこの2倍近くは食べたと思います。

 

みなさん本当に食べることを楽しんでいるようで、私もとても嬉しかったです(*^-^*)

 

 

 

 

会話の中で盛り上がったところ!!

 

 

ほとんどずっと、みなさん真剣に聞いたり話したりされていましたが、中でも盛り上がったのは、みんなに自由に質問してよい時間でした。

 

その中でも「過食症改善の転機となったのは何だったのか?」というテーマが深かったと感じています。

 

これについては、「子供の頃に自分が感じていた気持ちをお母さんに伝えられたことが大きな転機になった」という意見が出て、みなさん真剣に聞いていました。

 

寂しかった気持ち、悲しかった気持ち、辛かった気持ちなど、当時は言えなかったことや、自分でもよくわかっていなかったけれど本当は心の奥で感じていた気持ちなどを、お母さんに伝えることで、癒しが進むようです。

 

やっぱり、子供にとってお母さんは特別な存在ですからね。自分をこの世に生み出した存在であり大好きな存在。そのお母さんに本当の気持ちを伝えられて受け入れられるということで、本当のつながりを感じられますし、安心感も生まれます。

 

大切な気持ちを言わずに隠したままだと、どうしてもそこに心の距離ができるので、本当のつながりを感じられず、その寂しさから人生が困難になったり過食になったりするのかもしれません。

 

とはいっても、「お母さんに伝えてください。」「はい、わかりました。」というほど簡単なことではありません。

 

まずは「自分の本当の気持ちがよくわかっていない」というところからスタートすることが多いので、しばらくはそれを見つめていくことをします。

 

そして次第に、「本当は悲しかった、寂しかった」とわかるようになるのですが、それをお母さんに伝えるにはまたいくつもハードルがあります。

 

お母さんが受け入れてくれないかもしれない、怒るかもしれない、悲しむかもしれない、心配をかけてしまうかもしれない、、、色々な気持ちが出てきます。

 

それを乗り越えて、お母さんに自分の感じている事を伝える。それはとても勇気のいる事なのですが、そうすることによって、大きな変化が起きていくのです。

 

 

その他には、「どのくらいの期間をかけて過食を改善していくつもりでいますか?」「毎日をどのように過ごしていますか?」などの質問が出て、みなさんがそれぞれ答えてくれました。

 

すでに良くなってきている方の毎日は、基本的にはずいぶん穏やかで安らいでいて、話をしているときのエネルギーもなんだか天国のエネルギーのようで、聞いている人も希望を感じて嬉しくなっているようでした。

 

このように、他の人の話を聞く、というのは、みなさんにとって受け取るギフトがあるようです。

 

 

 

 

 

 

みなさんの感想を紹介します!

 

 

ハート S・Mさん(26歳、愛知) 6カ月サポートを卒業し、継続サポートを受けています。

 

{5CE1A9D0-43DA-4935-93B1-10DEFB462331:01}

 

「食事会で皆さんに合うまでは、とても緊張して、上手く話せるだろうかと不安がありましたが、皆さんに会い、とても優しそうな雰囲気の方たちでとても落ち着けました。

 

食事をしながらの話は、以前はとても苦手で辛いと感じたりしていましたが、今回は全くそんな事はなく、リラックスした状態で過ごす事ができました。

 

以前よりも自分を認められていて、どんな自分でも自分だと思えるようになったから、相手がどう感じるのかなどを意識し過ぎずにすみ、リラックスできていたのかなと思います。

 

あまり知らない人たちと食事をしたのに、自分でも驚くほどリラックスして食べる物も他の人にどう思われるかを気にせずに選んで食べられたので、本当に嬉しかったです。

 

自分は少しずつ良くなっていると改めて思いました。」

  

 

ハート M・Yさん(35歳、岐阜) 6ヶ月サポートコース2ヶ月目の方の感想です。

 

 

「自分以外の病気の体験のお話を直接聞くのは初めてだったので、感じかな?と思っていたのですが、思ったよりちゃんとみなさん取り組んでいる姿勢が真剣に伝わってきて、とても勉強になる会でした。

 

6ヶ月以上続けている方がいて、私も続ける自信が沸いてきました。お話を聞いていて、続けること、学び続けることはやっぱり大事だなと思いました。

 

今の(良い)状態を出来るだけ長く続けていきたいと思います。食べ物に感謝し、食欲をちゃんと満たしてあげたいと思います。

 

今日も、本来なら私の好物であるものはたくさんあったのですが、その中でも、今の私が欲しているものを時間がかかりましたが、頑張って選びました。

 

中には違ったかな、と思うものもありましたが、少しずつ、本当に食べたい物を本当に欲している分だけ、食べられるようになりたいです。」

  

 

ハート A・Kさん(23歳、岐阜) 6ヶ月サポート1ヶ月目の方の感想です。

 

image

 

「カロリーや量を気にして食べ物を選んだり、食べたりするのではなく、自分が心から食べたいと思うものを選ぶことや、良い意味で周りを気にせず、自分のペースや満足できる量をもりつけてることに意識を向けられたと思います。

 

また、当たり前のことかもしれないですが、それぞれ食べたいと感じるものが違って、量もそれぞれでした。

 

やはり人によって感じ方は異なるのだから、一般論や雰囲気に流されずに、一人一人が心に感じたままに生きることが自然な形なのかな、と感じることができたと思います。

 

改めて、苦しんでいるのは私だけじゃないんだ、と実感できたのと同時に、皆さんそれぞれに過食と向き合い試行錯誤を繰り返しながら前進している事を知り、「私も前に進もう」とより強く思えました。」

  

 

ハート K・Sさん(50歳、兵庫) スカイプカウンセリング7ヶ月目の方の感想です。

 

 
「バイキングで食べ物を見て回っているとどれも食べたいと思うけど、自分に確認しながら選んで、回りを気にせず自分のペースで食べることができて良かった。
 
自分で選んできたのに、もういらないと思って残した。いつもなら無理にでも食べていた。
 
でもやっぱり少なかったのか帰宅してから夜ご飯をたくさん食べましたが、良く眠れました。

 

自分と同じように食べることや周りとの関係のことなどで悩んだり苦しんだりする思いは一緒なんだと思った。

 

緊張したけど心地よい緊張感でした。だまっていても居心地が悪くないって不思議だなと思いました。貴重な機会を与えていただきありがとうございました。」

  

 

 

 

2次会はみんなで飲み物を楽しみました!

 

 

ビュッフェは90分と時間制限があったので、まだまだ話したかった私たちは別のカフェへと移動しました♡

 

こちらでは、さすがにお腹がいっぱいでケーキは入らず、美味しいお茶や飲み物を楽しみました。

 

 

・ヨーロッパの王室ご用達の紅茶を味わう人

 

・食後にぴったりのミントティーでスッキリする人

 

・マンゴージュースを楽しむ人

 

・香りはじけるのレモンティーでリフレッシュする人

 

 

みなさん、飲み物を楽しんでいました。

 

「飲み物なんて食べ物のついでにすぎない、、、」とかつての私は感じていたのですが、飲み物自体の香りや味わいを楽しむのは豊かな時間ですよ(*^-^*)

 

それこそ大人の女性の喜びでもありますね。本物をエレガントに楽しみましょう♡

 

 

 

 

過食症を卒業するために大切なのは楽しむこと

 

 

過食症を卒業する過程で、私にとって転機となったことのひとつは、「楽しむこと」でした。

 

それまでの私は体重と体型が全てで、他のことは何も考えていませんでした。

 

そんなときに、お出かけを楽しむ、食事を楽しむ、ということを知り、変わり始めました。

 

 

そこで、過食症専門カウンセリング『Happy Flora』では、「楽しむ」ということを大切にしていきたいと思っています。

 

でも、「楽しんでくださいね」と言われても、それがどういうことかわからない人も多いと思います。

 

ですから、これからも食事会やお出かけを企画して、みんなで楽しみながら、過食症卒業に向けて進んで行きたいと思っています(*^-^*)

 

(希望者だけの参加になりますので、他の方と顔を合わせたくない人は個人カウンセリングだけで大丈夫です)

 

 

過食症を卒業するということは、自分を抑えつけて制限を増やすことではなく、自分を解放して自由になっていくことなのです。

 

そういうことも楽しくレッスンしているところが、『Happy Flora』のひとつの特徴です♡

 

興味のある方は、ぜひ初回カウンセリングを受けてみてくださいね(*^-^*)

 

 

 

 

 初回カウンセリングを受けてみませんか?

 
他の改善事例は写真をクリックやじるしやじるしやじるし

 

seiキラハート【東京・大阪】出張カウンセリングのご案内

たったの3時間で、過食症の原因と解決方法を持ち帰りましょう!
詳しい内容はこちら

  

【愛知県名古屋市・過食症専門カウンセリング『Happy Flora』のご案内】  
初めての方へ ・カウンセリングのご案内 ・過食衝動を根本解決!お客様の声  お母さまサポート ・アクセス ・よくあるご質問  ・お申込み・お問い合わせ