鳩山由紀夫首相は米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設問題で、7日午後3時から首相官邸で鹿児島県の伊藤祐一郎知事や徳之島3町長らと会談する。普天間の海兵隊後方部隊の一部移転や訓練の移転について協力を要請する方針だが、3町長は受け入れ拒否を正式に伝える意向で、話し合いは物別れに終わる公算が大きい。

 鳩山首相は7日朝、首相公邸前で記者団に3町長との会談について「誠心誠意臨みたい」と語った。これに対し、3町長側は「『徳之島に基地を造る必要はない』とはっきり申し上げる」(大久保明・伊仙町長)などとそろって反対の意思を明確にしている。会談では首相に約2万5900人分の反対署名を手渡す予定だ。

 首相は先月28日、徳之島に影響力を持つ徳田虎雄元衆院議員に「徳之島に(海兵隊)航空部隊の一部または訓練の一部を受け入れてほしい。部隊2500人のうち最大で1000人だ」と具体案を伝えている。

 しかし、部隊移転については、米側が4日の日米審議官級協議で部隊運用上の理由から難色を表明。このため、外務、防衛両省は訓練移転の実現に向けて交渉を継続させたい考えだ。【山田夢留】

【関連ニュース】
【今さら聞けない 図説でおさらい】どうして普天間問題がこじれているのか
【空からみた写真特集】移転先候補となった徳之島はどんな島か
【写真特集】現状の普天間基地はなぜ問題か 写真でみる
【首相の一問一答のことばを読む】普天間「覚悟を決めて臨んでる話」4月15日

鳩山首相、15日沖縄再訪延期(時事通信)
「次女の看病の心地よさ」から犯行へ 点滴混入事件(産経新聞)
普天間5月末決着先送り、閣僚から意見相次ぐ(産経新聞)
こぶしで祖母殴り死なす 大阪・西成で容疑の17歳逮捕(産経新聞)
「患者中心の医療は、患者が主役となるカリキュラムから」(医療介護CBニュース)
AD