幼い命を奪う虐待をなくしたい-。こどもの日の5日、児童虐待の厳罰化などを求める「ひまわり署名プロジェクト」が神戸市須磨区で関西初の街頭署名を行う。大阪市の松本聖香さん=当時(9)=が昨春、母親らの虐待で衰弱死した事件がきっかけ。企画した主婦の高野弓枝さん(32)=須磨区=は「虐待が相次ぐ状況に、いてもたってもいられなかった」。同じ思いの母親たちが子育ての合間を縫って応援に駆けつける。

 高野さんは、ささいなことで殴られ、食事も満足に与えられずにベランダにほうり出されて死んでいった聖香さんの事件を知り、「あまりにひどすぎる。虐待をなくすためにできることがないか」と関西在住者ではただ1人プロジェクトに加わった。

 昨年10月にはプロジェクトのメンバーと大阪市西淀川区の聖香さんの実家を訪ねて仏壇に手を合わせ、実父や祖父母の話に涙を流した。ただ、自分の子供がまだ3歳と小さく、街頭署名の準備など中心的な役割を担うのは難しいと感じていたという。

 そうした中、今年も兵庫や奈良、大阪で虐待事件が相次いだ。生活苦や育児疲れ、未熟な親など背景はさまざまだが、幼い子が何も分からないまま親の不満のはけ口にされる構図は同じ。連日の報道にいてもたってもいられなくなり、「子育てが大変でもできることからやらなければ」と覚悟を決めた。友人やインターネットの会員制交流サイトやブログで知り合った同じ思いの母親らに呼びかけ、子育て中でも集まりやすい大型連休で日程を調整し、準備を進めてきた。

 5日は、神戸市須磨区の市営地下鉄名谷駅前広場で虐待致死傷罪の新設などを訴え、午前10時~午後3時まで署名を募る。プロジェクトのこれまでの活動はインターネットや関東での署名が中心で、2日までに4万6825筆が集まった。

 高野さんは「協力してくれるお母さんは虐待事件の報道をみて何かをせずにはいられないので手伝わせてほしいという人たちで、励みになった。力を合わせて虐待に苦しむ子供たちをなくしたい」と話している。

     ◇

 ひまわり署名プロジェクトのHP(http://www.maylibridshope.syarasoujyu.com/)で署名用紙をダウンロードできる。活動へのカンパも募集している。

【関連記事】
「社会との接点」「通報なし」が虐待に 大阪で防止連絡会議
交際相手による児童虐待死 明かせぬ母親たちの心理
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻
生徒指導マニュアル「提要」30年ぶり改定 ネットいじめや虐待に対応で
「男性のサポート絶対必要」「常軌逸した親、理解できぬ」…読者の反響続々

<仙台教諭殺害>血痕の足跡数百メートル 引きずった跡も(毎日新聞)
足利事件弁護人、検察幹部に講演=取り調べ可視化など訴え(時事通信)
「民意はますます反対」=徳之島3町長(時事通信)
<九尺藤>カーテンのような花房 兵庫・丹波で見ごろ(毎日新聞)
東京・大阪で、若さの栄養学協会講演会(医療介護CBニュース)
AD