2010年04月23日 13時58分04秒

アメブロの読者へ告ぐ

テーマ:ブログ

皆様へお知らせです。



この度、 北朝鮮のことで書いたことで、


アメーバは、 その内容が不適切だとして


携帯からは見れなくするという工作をし、 妨害しました。


コメントも、 これまで私は、 私の意見に賛成、 不賛成の方、 両方とも


公平に 自由に発表してきました。


にもかかわらず、 今回は故意に私を非難するコメントのみを選び


突如流し続けたことに関して 非常に憤りを感じます。


その間、 心ある方の意見を外すという、 許されないことをしました。


私のブログは、 自殺を指導したり、 人殺しを誘発したり、


男女間を斡旋したり等、「罪悪」 や 「不適切」 なことを


掲載しているわけではございません。


私は、 日本の方に、 色々なことに目を向け、 知識を広めていただきたく、


建設的な気持ちで、 2008年6月よりこのアメブロにて


意見を述べさせていただきました。



上述したことで、 アメーバでの掲載を中止しようと思っております。


民主主義国家で 「表現の自由」 があるはずの日本で、このようなことが


行なわれ、 歴史的事実の掲載を 不適切とするようなことでは困ります。


どんなに酷いものでも、 日本は歴史的事実を正視しなければならないことを


訴えているのに、 それを妨害するところには、


私は自分のブログは出せないと思いました。



広島に原子爆弾が落ちなかった、


南京虐殺がなかったといったりするのと、 同じです。


朝鮮半島で日本軍が何も残虐なことをしなかったと、


それを隠そうとするアメブロの行為を受け入れることは出来ません。


歴史的事実を 「事実」 として尊敬し、 正視しなければならないのに、


アメーバは、 公平を欠き、 妨害しました。


皆様、 私の意見や気持ちを自由に掲載できる、 


適切なブログサイトがあればお知らせ下さいませ。















[PR] 転職情報 インプラント

AD
いいね!した人  |  コメント(81)  |  リブログ(0)
デヴィ夫人さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

読者になる

コメント

[コメントをする]

81 ■まず…

貴女は力があります

影響力があります


だからこと
がんばってください

応援してます

80 ■無題

日本人は汚いし心が貧しい ずるい国です。戦争がないだけで平和とは思えません!正直者がバカをみる世の中が許せません!少しでデヴィさんの力になれるよう頑張ります

79 ■公の場で自由な発言は難しいですね、

はじめまして、初めてこちらのブログを回覧させて頂きました。私も真実をお伝えしたいとブログやサイトにTwitterを利用していますがやはり言葉を選んでしまう時があります。でも婦人は常識人であり、豊富な知識と経験のお話を聞ける場が無くなるのは寂しい事です。アメブロも今回の件で良い勉強をしてこれからは対応が変わるかも知れませんので止めないでください。

78 ■はじめまして。

日付を遡って読ませていただき、
大変勉強になりました!
わたしはバリ島に一旅行者として魅せられたものですが、片側からの偏った見方ではなく、あらゆる角度から物事を見て感じられていらっしゃる夫人の聡明さに感銘を受け、わたしも、夫人の足元にも及びませんが、芯を持ち、何者も恐れぬ自分というものを持ちたいと強く思っております。

これからも圧力に負けず、独り言をつぶやき続けてください!微力ながら応援しています☆

77 ■ブログ続けてください

移転して続けてください!

76 ■無題

マダム!
応援してます
かっこいい
見ていて気持ちいいです

75 ■頑張ってください。

確かに、日本のメディアは、善と悪を決めつけ報道したり、国家に左右されやすいです。真実を報道するメディアは、日本ではほとんど皆無に等しいと思います。例えば、よい例が、少し前になりますが、長野県でサリンがばらまかれたとき、犯行はオウム真理教でしたが、長野県の方が犯人として、マスコミの被害にあった方がいます。ひとつ言えるのは、北朝鮮を擁護するような発言は悪であるように情報操作されていることです。

74 ■はじめまして

夫人のブログ拝見しました。正直私の中で賛同できる話。出来ない話とありますが夫人の率直な書き込みを羨ましく思いました。賛同出来ない部分があっても批判はしません。こんな考え方があるんだと勉強させて頂きます。更新楽しみにしております

73 ■blogやめないで!

夫人、【きっこのブログ】というのがあるのはご存知でしょうか?そのブログでは今の日本や、世界のことを独自の目線で自由な言葉で適切に綴っておられます。よければ一度、覗いてみてはどうでしょうか。そして、そのブログは使い易いということ、夫人に合っているのではないでしょうか?
【きっこのブログ】はすごく人気の高いブログなので、Googleなどで検索すれば、すぐ出てきます。

72 ■夫人は

mixiはご存知でしょうか?

71 ■無題

家族みんなで応援してます!!

70 ■無題

FC2とかグーグルブログはどうでしょう。

69 ■夫人は正しい!

 いつも夫人の適切な視野の広い、頭脳明晰なコメントで勉強させていただいています。夫人の意見は正しいです。アメーバは偏った情報しか持ってない人間に集まりなのでしょうか?おかしいです。北朝鮮はTVで悪だとばかり放映されてきたので、そういうイメージで見てきましたが、夫人の北朝鮮の歴史を聞いて見方も少し変わりました。昔は日本の北朝鮮と似たような残虐な事をしてきたと、聞きましたが隠そうとします。もっと正直に日本人は認めるべきです。夫人の言ってる事は言論の自由と言うより、正しい事をコメントしてるだけの事です。応援してます。もっともっと
マスコミに表現して下さい。今日もTVで夫人のブログの事が話題に提供されていましたが、賛成してましたよ。わかってくれる人は沢山いるし、人間の出来た方がわかっていますから、安心して下さいね。

68 ■止めないで下さい

今世界の心ある人々が、日本の精神の鎖国に日本のためににも、世界のためにもならないと声を出しています。20年間にベルリンの壁が崩れたが、日本の壁はまだです。夫人よ、ブログをやめないでください。

67 ■夫人のブログが大好きです。

何時も楽しいんで読ませて頂きいてます。いろんな角度から現在日本に存在する問題に直面し、正直な発言に感心しております。
応援いたします。夫人のブログを毎回楽しみにしております。

66 ■ヤフーブログはいかがですか?

ヤフーブログはいかがですか?
昨年まで中国に住んでいましたが、
中国からだと閲覧、更新できないHP、サイト、ブログが沢山あります。
唯一ヤフーブログだけは、中国からも更新できます。
デヴィ夫人のご意見は中国で働いている日本人達にとても勇気を与えてくれると思います。
いつも応援しています。

65 ■無題

人それぞれ考え方があるのは…当たり前の事だと思います。拉致に関しては、政府に委ねるのは無理!小泉さんの様に行動力のある人が過去には居なく…その後も居なかった!だからこそ…自分達でって思えますが…現時点で高齢なのと、一般市民では金銭的な問題もあるのだとも思います。だから、日本での行動、発言が精一杯なのでは…っと、ほんの少しだけ政府に頼る事も理解してみました。

64 ■応援しております!

はじめてメッセージ欄に書き込みさせていただきます。いつも鋭い切り口の、該博な視座からの御意見を大変楽しみにしております。
もともと瀬島龍三氏に興味があり、その調べ事を通じてこのブログにめぐり合いました。
デヴィ夫人様の強く、芯がまっすぐ通った生き方にあこがれ、いろいろ教えられるこのブログ更新をいつも楽しみにしてます。
(私も海外に何年か過ごした経験があり、日本人の平和ぼけ具合には常々危機感を感じています。)
このアメーバブログのやりかたに御立腹なされるのはもっともだと思います。今後、御意見を披露なされる場を変えられても、今後ともブログを続けて下されることを切に望んでおります。
ご自愛なされ、今後もご教示よろしくお願いいたします。

63 ■尊敬します。

人それぞれ考え方は違うと思いますが、とても興味深いです。
今回初めて拝見しましたが、ぜひ続けて欲しいと思います。

私はまだ未熟な人間です。

が、横田さんの拉致問題はいつも疑問に感じていました。

デヴィ夫人と同じ、「なぜ、探しに行かないのか?」と。
とても簡単で誰もが思う疑問です。

何でも国を通すと時間がかかるものです。

私は北朝鮮に行けないのだと思っていました。
普通に行くことができるのですね?


自分で色々調べたくなりました。

何か学べる物で詳しく書かれている本があれば紹介して下さい。(できれば単行本で。)

62 ■応援してます!!

ブログやめないで下さい!

61 ■同感です。

初めて投稿させて頂きます。

私もまだ少ないですが、いろいろな海外に行っています。
そして、いろいろなことを考えさせられます。

平和な世の中になりますように。

私も、少しずつですが、愛と平和な世の中になるように活動していきたいと思います。

60 ■応援しております。

初めて投稿させていただきます。

この度、初めてデビ婦人のブログを拝見させていただきました。 
デビ婦人の書かれた記事を読み、大変感銘いたしました。 横山夫妻に対するご意見もごもっともだと思います。

日本も国際的な国だといわれていますが、実際日本国ほど頑固で、純血を尊攘する国民はいないのではないかとも日々感じています。

Love and Peace.

人間が人間を尊い、世界の平和へ近づく日が来る日を願わんばかりです。

私には何もできないかもしれませんが、出来ることから一歩づつ初めていきたいと思います。

デビ婦人、応援しております。

59 ■無題

おっしゃる通りです。
応援してます

58 ■無題

デヴィ夫人の毅然とした態度、同じ日本国民としてとても誇らしく感じます。
日本人はいまだに、敗戦国としてのコンプレックスを強要され、そこから抜け出せないでいるように思えます。
デヴィ夫人の素晴らしいご意見が、一筋の光となりますよう、今後のご活躍を楽しみにしております。

57 ■書きたいことが沢山ありますが・・・

わたしは、デヴィ夫人と同じ考えです。
拉致のことに関してもそうですし
書きたい事が沢山ありますが

都合の悪い歴史の教育を子供たちにしてこなかったから相手のことがわからない、過去のことがわからない世代がだんだん増えている。

日本は、過去の過ちをまだ清算しきれていない。
子孫に恥ずかしいかもしれないがきちんと教えていくべきだと思う。
これが出来て清算が終わったと思う。

56 ■デヴィ夫人そうゆうとこ大好きです

はっきり言うとこは言う!

これからもそんなデヴィ夫人でいてください

応援してます!ちがうとこでブログまってますよ

55 ■無題

JUGEMがいいですよ

54 ■デヴィ夫人の気概

何十年も前のことですが、デヴィ夫人と大宅壮一氏との対談を読みました。大宅氏の辛らつな言にも動じない夫人の気概に感心しました。

53 ■無題

応援してます!

52 ■ブログ続けてください

他のサイトでもいいので、もっと読みたいです。

海外のサーバであれば干渉をうけることもないのではないでしょうか。

51 ■不条理をつぶやいて下さい!

本音で生きているデヴィ夫人こそTwitterとUstreamを使ってリアルタイムでつぶやいたら効くと思います。Twitterは今の所みなさん素の自分でつぶやいていらっしゃいます!デヴィ夫人のツイートお待ちしております。ちなみに私のつぶやきは@amagasakaです!

50 ■こんにちは

頑張ってくださいね!☆彡

49 ■本当にこんなことがあるのですね

 この日本で、その様なことがあるということ自体信じられませんでした。
 担当者個人の判断なのか、代表に相談して行ったことなのかによっても、対応は異なってくると思います。
 掲載を中止するというのも判断ですが、まずこのようなことが起こった背景を糾してからでも遅くはないと思うのですがいかがでしょうか。

48 ■おはようございます

いつもデヴィさんの貴重かつ愉快なブログを楽しみにしています。
今回の件は自由を制限されて残念でしたが、今後ともぜひブログを通して私達に情報とご意見、かわいいワンコ達の画像をじゃんじゃん発信して下さい!!とっても楽しみにしています!
おすすめブログは FC2、blogspot です。

47 ■賛成。

いつも、本当に大きな視野、心でのブログ。
なるほど~~って読んできました。
デビ夫人の言うとおりに、
自由なブログで発言をしていただきたいと
思います。 
何処までも、付いて行きます(^・^)

46 ■無題

応援しています。: )

45 ■無題

前述されてる方も居られますが、

twitter(ツイッター)は今の所、
政策に批判的な意見を述べても、大丈夫です。
あそこはきっと、本音が言えると思いますよ。

首相も「認証済みアカウント」で居る事だし、
(御本人であるという証です)
御夫人も、その「認証済」でやってみると
宜しいのではないでしょうか?

44 ■無題

Blogspotがおすすめです

43 ■応援しています

いつも拝見させていただいております。

是非これからも続けてください!

夫人は間違っていないと思います。正しい事を知るのは当然です。

これからも頑張ってください!!

42 ■いつも御勉強になります。

今後どちらのサィトでBlogを御書きになられますでしょうか…

とても気になります。

私は自分が海外へ飛ばないので視野が狭いですからいつもデヴィさんのBlogから色々と学んでおります。

それにデヴィさんの愛犬ちゃん達の御写真もいつも楽しみなのです。

どうかBlogが今後も続きますように☆☆☆

41 ■その通りですっ!

私は、日本人の生き方に疑問を感じる事があります。その反面、デビィ婦人は、ハッキリとした自分の考えを述べていて、私はとても感心させられます。
今、真実を知っている人達が、何も知らない次の世代に語り継いでいくのは、とても必要な事だと思います。私自身、戦争の体験も無く、本当の苦しみや怖さを知りません。
これから、どんどん実際に体験した方々が、この世から居なくなった時、世の中はどの様になっていくのかまた、戦争を繰り返すのではないのかと、正直不安な気持ちで一杯です。
その為にも、デビィ婦人には、これからも色々な事を教えて頂きたいと思っています!!

40 ■今晩は☆彡

確かにアメブロ側で「不適切な表現」とやらで全く見られないブログの芸能界の方は他にもおられました。
北朝鮮の件については賛否両論、物議を醸し出すので、私も敢えてコメは控えさせて頂きました…
(><)

でも普通なら日本人は行けない為、貴重な北朝鮮の景色・美しい建物・お花・衣装・財政会・政治家等々…思った以上に素晴らしかったのは大変驚きました!
w(°O°)w

色んな誤解等々まだこれからもあると思います…↓

ご夫人は出来るだけの事は世界中飛びまわり、やるだけの事は充分なさったと思いますよ↑

お疲れさまでした。ご無理はなさらないで今はゆっくり休んでくださいネ!
p(^^)q

39 ■是非 続けて下さい。

今晩わ。はじめまして。
初めての書き込みですが、ずっと毎日楽しみに 拝見致しておりました。

是非 これからも ブログ 読ませて下さいませね。
世界平和と叫んでも まずは臨国との真の友好を築く その為にも 正しい歴史認識は 大切ですね。

夫人の グローバルな視点 そして 稀有な 体験 お立場での 様々な お話は 私達の視野を大きく広げる 貴重なものです。

どうぞ 今後も お忙しい中 大変でしょうが ブログの続行 宜しくお願い致します。
毎日の楽しみが なくなっては 困ります…。

毎日 気候が変わり お風邪など めしませんよう 御自愛下さいませね。

応援致しております。

38 ■無題

北朝鮮の拉致ニュースを見るたびに、戦争中に、日本が北朝鮮にしたことを飛ばしすぎてるように思えてました。
太平洋戦争から、今の北朝鮮ができてしまうまでの歴史に、日本は大きく関係してきているはずです。
デヴィ夫人のブログで少しでも多くの人が、公平で広い視野で物事を考えられるようになったらいいな、と思いました。
これからもがんばってください。

37 ■お願いします

いつも拝見させていただいていました。


大学生ですが、すごく勉強になります。


これからも書き続けてください。

36 ■はじめまして

はじめてコメントします。こちらのブログでかなり勉強させていただいております。
これからも応援していきます。

35 ■☆☆☆ 親愛なる デヴィ夫人様へ ☆☆☆

お初にお目に(?)かかりますo(〃^▽^〃)o

わたくし、ハンドルネームを
ナスターシャと名乗らせて戴いております。
何卒宜しく御願い申し上げます(=⌒▽⌒=)


わたくしは、デヴィ夫人の様に
人生の経験値
教養・・・・・・等々
全くない無知蒙昧な者で御座います。


・・・が、しかし!!!
デヴィ夫人の御発言は
大変御立派だと想いますо(ж>▽<)y ☆


拉致問題は
まだまだ解決していないのですから・・・

34 ■はじめまして。

夫人、初めてコメントさせていただきます。
このようなことが起こって驚いております。
デヴィ夫人のブログは世間知らずの私にとっていつも考えさせられる内容でした。
もうブログが見れないと思うと残念です。
これからも体に気をつけてお元気でいてください。

33 ■なるほど

コメント管理が違う人だとそうなるんですね。。。

残念ながら、日本だけでなくどこの国でも、こういう個人の自由を勝手に制限しています。
日本のマスコミも偏向報道はあるし、アメリカでも事実を故意に変えてるのもあります。

偏った意見は良くないですが、色々考えて、自分の意見を持つことが大事ですね。

アメブロは個人で管理する分には、一応コメントの内容を確認してから出せるから、いいのですけどね。。。

32 ■無題

デヴィ様のブログ大好きなので、
やめないで欲しいです。
間違ったことは言ってないはずです。
負けないで、頑張ってください!

コメント投稿

コメントは管理者により確認されています。
掲載されない場合もありますので、あらかじめご了承ください。

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み