2日目(2/24) のはじめは、 唐津焼の窯元見学のため 


「隆太窯」 を訪ねました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


見て下さい! 石畳の中に ラテン語が 刻まれています。


なんと意味は “ 次に来る時は お金 持ってきて ” と書いて


あるのだそうです。 ここのご亭主の “シャレ” でしょうか。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


左の方は ここ 「隆太窯」のご主人 中里 太亀さん、 


右の方は その父上でいらっしゃる 中里 隆さん。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


焼きあがった 作品が 並んでいます。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

薪が 沢山積まれています。 この薪で 1300℃の火熱が。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


お茶を いただきました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


田中さんと 隆太窯の奥様 (中里 太亀夫人) と。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



窯元をあとにし、 2日目の昼食は 唐津市にある 


「竹屋」 さんにて うなぎ料理を いただきました。


江戸の うなぎ料理とは 一味違う 関西風でした。


古い歴史をもつ 「竹屋」の お味も 格別でした!


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


昼食を いただいたあとは、 唐津にある 「旧高取邸」 を 


見学いたしました。 


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


旧高取邸とは、 明治時代 炭鉱業界で 活躍した 


高取伊好(たかとり これよし)氏の邸宅で、 


国指定重要文化財であります。


2300坪もあり、 それは大きなお邸で、 お家の中に お客様を


おもてなしするために 作られた 「能舞台」もあります。 


浅香宮様が お泊りになったことが あったそうです。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


この倉の 大きさを見て下さい。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


洋式の応接間も ありました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


屋敷内は 撮影禁止でした 汗

旧高取邸の前にて お邸を守っている 皆さんと 記念撮影。 カメラ


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



次は 唐津の 「曳山展示場」にて 迫力ある 色鮮やかな 


曳山を 拝見いたしました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


これらの 曳山は 全部で14台あり、 秋に行われる


「唐津くんち」 で 使用されます。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

実際の 唐津くんちの様子が モニターに映し出されています。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


かわいらしい お土産を みつけました ♪  「采配」という言葉は、


「唐津くんち」の 祭りを指揮する 「采配」という名の棒から


由来されたと 聞きました。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


そのあと、 古来から伝わる 唐津名物のお饅頭屋の老舗


“ 大原 松露饅頭 ” に行きました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


見て下さい。 お店の中にある ステキなアンティークの 数々を。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



続いて、 「 旧唐津銀行 」 の見学です。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


見て下さい この大きな木札。 


明治44年6月4日 「清水組」とあるのは、


当時 旅行会社、 現在の 清水建設の前身です。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

旧唐津銀行建築の デザインを手がけた 


建築家の 田中 実氏。 この方は 東京駅を


つくられた 辰野金吾氏の 愛弟子。


東京帝国大学 工学部建築学科 (現在の東大) 出身。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


旧唐津銀行の設計図


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


西洋の文化を取り入れた モダンな造り。 東京駅にそっくりです。


竣工当時(明治時代)の 銀行の様子が 目に浮かぶようですね。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


銀行の窓口カウンター


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


応接間


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


今 旧唐津銀行では、 もうすぐ雛祭りということもあり、


旧唐津銀行の 創立者である 大島小太郎邸の


雛人形が 展示されています。

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


もしかして 日本最古のもの?


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


全部 布地で 出来ています。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



旧唐津銀行の見学のあとは、 特定医療法人 芳香会グループの


唐津第一病院の 視察に伺いました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


その後 「芳香会」が経営している いくつかの 


老人ホームを 訪ねました。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


院内の 廊下には 書道や貼り絵(ちぎり絵) の作品が 


展示されていました。 

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


診察室の ドアの取っ手部分には


プーさんのぬいぐるみが。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


認知症の方が ご自分の部屋を 忘れないように、


こうした気遣いが されています。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba






とても 充実した一日を 過ごし、 ホテルに 帰ってきました。


2日目の ディナーのご紹介・・・の前に、


こんな 御馳走を 毎日頂けて、 (私にだけ 特別でなく


フォレスト イン 伊万里に お泊りの方は 皆さま 頂けるのです)


そして、 ヴェルベットのような ツルツル・スベスベの 温泉に


ひたって、 ステキなお部屋で ¥18,000は お安いですね!


「フォレスト イン 伊万里」 を あらためて ご紹介いたします。



「フォレスト イン 伊万里」


住所 〒849-0032

    佐賀県 伊万里市 二里町 大里甲1704-1


TEL : 0955-23-1001  FAX : 0955-23-0269


HPアドレス     http://www.forest-inn-imari.com


携帯からはこちら http://forest-inn-imari.com/mb/

 




白胡麻豆腐 雲丹 山葵


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



唐墨 烏賊松風 おぼろ鮨 車海老湯葉巻 龍皮昆布巻


焼き蓮根 天豆 飯蛸桜煮


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



石鯛 車海老 紋甲烏賊 鮪の お造り

デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


帆立真丈 筍 鳴門若布 防風 黄柚子 の椀


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



竹の子万十 若布庵 山葵


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



伊勢海老具足煮、 新じゃが、 青梗菜 の煮物


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



甘鯛若狭焼、 叩き木の芽、 キャラ蕗


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


車海老天婦羅


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



山独活の天婦羅 


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



タラの芽の天婦羅


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


鯛茶漬け、 あられ、 大葉、 切胡麻、 山葵 


香の物の 高菜、 胡瓜、 セロリ、 昆布佃煮


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



デザートの 静岡メロン、 福岡あまおう苺


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




最終日 3日目の朝食は洋食でした 食パン


自家製 天然酵母のパン


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ブロッコリーのスープ


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


サラダ


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba


ベーコン&オムレツ


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba

デザート


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba




最終日の ランチは 福岡に戻り、 “鮨場 見佳家” で


美味しい お寿司を いただきました。


最後に板前さんと 記念撮影。


デヴィ夫人オフィシャルブログ「デヴィの独り言 独断と偏見」by Ameba



翌日は ゆっくり 温泉で 身体を あたためた後、


大変 名残惜しいですが、 このあと 16:00発の便で 


福岡を あとにしました。


福岡 ・ 佐賀 の医療施設の視察、 そして 伊万里 ・ 唐津観光、


とても充実した 3日間を過ごさせて いただきました。


最新の 設備と技術が整った 近代的な歯科医療の現場、そして 


行き届いた 温かみのある 老人ホーム等、 日本の素晴らしい


医療の現場を あらためて 目の当たりにし、 深く 感動いたしました。


一方、 緑の大自然に囲まれたホテル、 情緒あふれる 「唐津焼」 の窯元、


歴史ある 数々の建造物などを 拝見し、 自然や歴史にも触れ、


新 ・ 旧 の両方の 素晴らしさを 体感することが できました。



AD