大分県の教員採用汚職事件

テーマ:

大分県の教員採用試験の不正採用、

汚職事件には本当に驚きました。

これは、大分県だけでなく、全国的にあったのではないか、

という疑念が持たれます。


それも、教育の現場のトップの方が

不正を数年も行い続けてきたということが、

本当に情けない。


今回、収賄罪で逮捕された

元県教育委員会義務教育課参事・江藤勝由被告(52歳)の

娘さんは自主退職されたということですが、教育者としても、

親としてもあるまじき行為です。


娘さんの人生をめちゃくちゃにしてしまった、

そして本来なら合格していた、点数を落とされ、

不採用にされた人たちが50%もいます。


なんという、人の運命を変えるという恐るべきことをしてきたのでしょうか。


教師になりたくて、真面目に勉強してきた、

本来なら採用されていた人たちになんと言って謝るのでしょうか。


謝りようがないではないですか。


AD