世界基準の働き方

テーマ:

ネスレ日本のCEO、高岡さんの本を読みました。ネスレ日本100年の歴史で初めての生え抜き社長。

 

image

 

すごく本質的だけど、意外に気づかない点を言語化されていてすごく学びの多い本でした。

 

・顧客の問題を考え続けるうえで必要な「3つの覚悟」

自分一人で考える。確信を持てるまで一人で考えぬく。

常識を疑う。ゼロベースで考えてみる。

「新しい現実」を探す。今の時代の新しい問題を探す。

 

・ミーティングは30分以内、資料は3枚以上つくらない

 

・ポジションが上になるほど中高生にもわかる話し方

 

・いつの時代も志を持つ者が成功する

 

特に印象的だったのは

 

「問題を発見しなければ、自社の強みや技術を活かせない」

 

という考え方。新しい技術があっても、解決すべき問題がなければ無用の長物になってしまうというもの。

 

顧客価値が何なのかを常に考えていくことを、どんどん試していこうと思います。

 

 

世界基準の働き方 海外勤務を拒み続けた私が超巨大グローバル企業の幹部になれた理由

 

AD