鹿耳ずきん

アントラーズの勝利が観たくって、スタジアムに通う日々。Like a Rolling Ball. 


★★★★★★★★★★


★★★★★★★★★


SMILE AGAIN with PRIDE







〈鹿耳ずきん 主な登場キャラ〉




鹿耳:当ブログ管理人。古くは「赤毛のアント」と名のっていたこともある。鹿と猫が人生の両輪。




相方:管理人の戸籍上の夫。いや事実上も夫だが。はー君目線では「アニキ」。特技:迷い猫探し。




おかやん:奇跡のように美しく賢い猫。1991(推定)~2008。野良状態で子育てしていた推定2歳の時、その美貌に魅せられた相方が「もし困ったらうちへおいで」と申し出たところ、快諾。出入り自由の暮らしを続けていたが、4歳にして完全家猫への華麗なる転身を果たした。17年の生涯のうち15年を鹿耳の世話に費やす。本名おかーさん。




ちーやん:おかやんの娘。1993~1995。短い生涯に語り尽くせぬエピソードを残した。本名ちび。




はー君:2003年頃(?)~。2008年夏より、数奇な縁で鹿耳の人生にコミットしてきたオス猫。2009年3月、過去に大腿部骨折治療のため挿入されたと思われる医療用のピンが皮膚を突き破って露出。大慌ての鹿耳と相方により強制入院。退院を機に野良生活から足を洗い、鹿耳の世話係に就任。本名にゃん太郎。









〈コメントについて〉コメントは鹿耳の承認作業を経てから公開になりますので、投稿いただいてから公開までのタイムラグがあります。ご了承ください。






ワールドカップ2010の期間中、鹿耳の古き良き友・TAMAGOっち@ブラジル在住のブログ「ぶらじり庵」


との行ったり来たり企画でコッパ(ワールドカップ)を楽しみました。ワールドカップが閉幕し通常営業に戻った「ぶらじり庵」は引き続きブラジルの生な情報をアップ中です。













テーマ:

 

●第32節 鹿島vs浦和 1−0

得点:レアンドロ

 

DAZN観戦。

その不安定な画像からでも見えたカシマスタジアムの青い秋空、優勝を目指すピリピリした季節がやってきたって感じっすね。

 

ルヴァンでセレッソが優勝したからには、ここでうちが勝たないことにはフロンタさんが再び元気づいてしまうってことで、ほんとにほんとに勝ちたい試合だったわけですが、やっぱり固い固い試合になりました。入りは悪くなかったし、ポコっと悪い時の鹿島でないのはすぐわかったけど、こういう試合は本当にちょっとしたことでーーミスとかファウルとかレフェリングとかその他ふつうならあり得ないアクシデントとかーー針が振れてしまうから怖かったですわー。

 

全体としては押していたし決定機も作っていたけどなかなか点が取れずにジリジリ行く展開はこういう時期のこういう試合で何度も経験しているけどほんと心臓に悪い。ドローではダメなんです!点を取って勝たなくては!って、祈ってました。祈っていましたらば、80分のレアンドロ!西のクロスに前線の3人が反応して、大外のレアンドロが触ったボールが西川の股抜き!ってへへへへへ。なっ!レアンドロ!イエローに納得いかんでも、そこで我慢してたらゴールチャンス来るからそこで決めたらええねん!って言ったとおりやろ!

 

その後、でしたかね?ソガがつり出されてゴールがら空きのピンチありつつも、守りきって勝利。勝点3。うぉっし!

 

しかし。これでなんかもう鹿島優勝決まりじゃね?みたいなことを実況さん解説さんおっしゃいますが、ガンバに勝った時もそんなだったからね!だけど昌子さんの言うとおり、アントラーズはまだ!何も!成し遂げてないんだーっ!!

 

てかさ、今日みたいな試合を見るとあらためてまざまざと思い知らされるよね。1点取ることがどんなに大変か!1勝することがどんなに難しいか!ね!要するに、優勝するってほんとにほんとにとんでもない苦しみの向こうにあるもんなんだっ!!!

でも、だ か ら こ そ! 優勝するって馬鹿みたいに嬉しいんだよねえ……。

 

他力で決まっちゃうかもしれない可能性を考えたら力が抜ける。どうあろうと残り二つ勝って、勝点76フィニッシュを達成しましょう。

 

 

 

……いやー、それにしても石井さんの大宮監督就任にはびっくりしましたね。しかも、来季からなのかと思ったら今!残留のかかる残り3試合の指揮を取るってまた石井さんてば重いミッションを背負いますなあ。

というわけで、もしもの時は最終節で石井さんが助けてくれるらしいですよ。最終節のカードは川崎vs大宮なんで。←オイ。 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

マリノスに2−3で負け。

テレビで観てました。

早すぎる失点、ミスによる失点。

でもそこから脩斗と植田のゴールで追いついて、でもちょっとした緩い守備から破られて勝ち越されて。

 

悔しい悔しい。

もうやだやだやだ。

一度ふとんにもぐりこんで

ああありえねー!とぎゅっと目をつぶって

ちょっと眠ったか眠らないかでまたなんとか起き出して

試合後の選手コメントなどを見る。

クラブオフィシャルのコメントを見ても

ううう。はぁぁぁ。

だったけど、Jリーグ公式の西のコメントがふるってた。

 

川崎が勝ったことについては、「そう来なくちゃ」という感じだった。おもしろくなったんじゃないですか

 

ああ。そうか。そうだよね。それくらいの気持ちで次に向かわなくちゃ、勝てるものも勝てなくなっちゃう。修羅場は何度もくぐり抜けてきた。僕らが戦う気持ちを萎えさせたらあかんやんけ。

西はすごいな大きいな。一番悔しくて苦しいのは選手なのにな。

 

まずは次の天皇杯。疲れている選手たちを、僕らが後押ししなくてはね。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いやー、BSで放送→録画するとやっぱり何度も見直すわーG大阪戦。見直す時って「あ、そこもう一回!」っつって見るからちょい戻しができないとつまんないんだよね。ダゾーンの見逃し配信だとそのちょい戻しがものすごくストレスになるからどうしても敬遠しちゃう。でも、解説実況はダゾーンの下田水沼コンビの方が好きなんだけどね…。むずかしいわー。

 

つーわけでもう何度も見ているわけですが、やっぱり繰り返して見ると細かいところに気づいたり印象が変わったりして面白いっすね。聖真さんが本当に黒子になっていいプレーしていたり、またもや西うめー!と思ったり。いろいろご意見のある様子のファウル判定も、きっちり見ればほぼほぼレフェリーがしっかり見ているし。むしろ、前半に聖真が井手口に後ろからファウルされたところとか、BS解説の木村和司は「イエローが出るべきところ」みたいに言ってますが、悪質ではなかったし、カードなしファウルの飯田レフェリー正しいんじゃね?というくらいなもんで。まあそれくらいこの試合は局面局面でバチバチの場面があって、それゆえの緊迫した面白さがあります。荒れることもなくいい試合でした。

 

ルヴァンを落としたり、新潟戦、天皇杯う●戦と、勝ったけど「うーん?」な試合が続いた後だっただけに、こういう拮抗した試合を最後の最後の決定力でものにしたってんで嬉しさ倍増なのは事実なんだけど、でも、こういう記事はやめてほしいよね。

 

ニッカンスポーツ

鹿島鈴木常務は優勝確信「雰囲気が出てきた」

 

まーもー見出しを見た瞬間に、「雰囲気が出てきた」ってのは満さんが言いそうな言葉だなとは思ったけど、でも「優勝確信」てどうなの?と思って記事読んだら案の定、そんなこと言ってねーし!しかも、オフィシャルモバイルとか読むと「“少し”雰囲気が出てきた」って言ったようですよ。そらもー、雰囲気ですよ。勝たないとダメな試合で苦しんで苦しんで、それを勝ち切ることで次への雰囲気が作られる。それは何度も経験してきたことだけど、でもそれは優勝の確信なんかじゃない。優勝を確信するのはね、優勝が決まるゲームでリードしている状態で主審が試合終了の笛を加えて手を挙げる、その瞬間だけですよ。

 

まあ、今回の勝ち方は、鹿サポなら誰でも2008年のホームジュビロ戦の岩政のゴールを思い出す勝ち方だったからねえ。でもあれって33節の試合だからね。もちろん、33節のあの試合と同じような雰囲気がつくれたってことはプラス要因なわけだけど、今年はまだあと7試合! 7試合て…長いなあ。まだまだやなあ。あと5勝は必須だし。1試合90分、あっちだって必死で勝とうとしてくる相手と戦って戦ってなんとか手にする勝点3をまだまだいくつも積み重ねる必要があるわけですよ。だからね、「もう決まり」みたいなことを言わないでもらいたいっ! 

 

 

まあそれにしても、岩政本人が言及したこともあり、08年のジュビロ戦の岩政ゴールがクローズアップされてますよねえ。僕、てっきりあれはコーナーキックからだと思ってたんですが、フリーキックからだったんですねえ。記憶っていい加減だな! ポイント的に左コーナーに近いところからのFKだったんで、すっかり脳内変換されてた。そういえば、増くんの素速いキックからだったんだよね…。

 

あんな劇的な試合、あの頃の鹿耳はさぞかししつこく書き連ねているだろうと思ったら、感動しすぎたのか虹の写真と短い喜びの辞だけで終わってたよ…(笑)

 

虹を見たかい

https://ameblo.jp/deer-ear005/entry-10171293535.html

 

何度優勝争いをしても、ドキドキは変わらない。何度優勝をしても、毎回違う感動と歓喜がある。2017年のチームとともに、また新しい感動と歓喜を味わうために、僕らは熱を注ぎ続けるからね。リーグ7試合、天皇杯3試合。がんばろう。

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●第27節 鹿島vsG大阪 2−1

 得点:レアンドロ、植田

 

ちょっと疲れ(と仕事)がたまってきている感もあり、今回は家でテレビ観戦。午後2時から他のカードを見ながら夜7時に備える鹿耳。「鳥栖惜しい〜」とか「なんだよF東!」とか「甲府よくやった!」とか、こういうサッカー三昧の休日もいいもんですね!

 

もちろん、こうやって上機嫌でいられるのは最後にアントラーズが勝ったからこそだけど。

 

いやー、7分にファン・ウィジョ?に先制されたのは、なんつーか取られ方にあんぐり。GKからの1本で収められてゴールて。ていうか昌子もソガも、まだシュート打たないと思ってたよね!そういう先入観的常識を持つことの危険性を岩政も著書「ピッチレベル」の中で言っとるやんけ!昌子まだ読んでないのかな? まあシュート自体もスーパーだったことは認めよう。あんなコースを狙って通すとは。くそー。

 

前半は、大岩監督は失点以外は良かったって言ってたけど、実はあんまりいい感じとは見てなかったんですよ鹿耳さん。またまた中盤のプレスにはまってロストする場面が多かったし。でもシュートは10本も打ってるし、チャンスもあったのは事実なんだよね。聖真のヘッド、決まるかとおもたー。

 

そんな前半だったから、終了間際に同点にできたのは本当に大きかった。ペナで充孝が後ろからつっかけられてPK。夢生、決めてくれー決めろー決まるーと祈る鹿耳家の二人。東口にストップされた時は愕然としたけれども、ポスト君からの跳ね返りを夢生が落としてレアンドロ〜!!!

 

レアンドロ偉い〜〜〜!!!!!

 

この1点がほんとおっきかった。後半、ガンバは遠藤を下げてくれて、鹿耳的に気持ちが楽になったし(笑)。ああいう一発のセットプレーとかスルーパス持ってる人は、こういう拮抗したゲームには危険!

 

遠藤がいなくなったせいではないと思うけど、後半は本当にゲームを支配できてたんじゃないですか。前半は外されていたプレスがはまるようになってボール取れるようになったし、逆にガンバのプレスが緩くなってきたのか、外せるようになって、ボールをつないでゴールに迫るシーンがじゃんじゃか出てきた。レアンドロにも夢生にも脩斗にもレオシルバにも、点取っていいシーンがあったよね!

 

こういう、打っても打っても入らない試合って、えてしてそのままドローで終わっちゃったりするもんだけど、今日はテレビで見ていても、やってたら絶対に1点取れる!って思えたんだよね。なんだろうね。僕自身が、ドローじゃダメなんだ、勝つんだ、って気持ちが強かったせいもあるけど、選手たちから醸し出されている雰囲気がそんなだった。

 

で、後半アディショナルタイムですよ。西のシュートがガンバDFにあたり、東口も弾いてCKに。これもさ、普通なら「西、入れてくれよー」ってなるんだけど、この時は「よし、これでCKだっ!」って感じだった。右から入れる永木。そして頭で決めたのは植田。

 

うーえーだー!!!!!

 

よく決めたよほんと、ココ!って時に決めるセンターバックまじ鹿島っぽい! 優勝に向かって勝っていく時は、こういうギリギリの試合を最後の最後でセットプレーからセンターバックが決める。ハイこれ鹿島定跡。ここ大事!テストに出るから覚えておいてね!

 

そうそう、ライブではこの逆転シーンをNHKBSで見ていたんだけど、水沼さんの解説が聞きたくてダゾーンで見直したですよ。そしたらハーフタイムのチャラチャラ企画(笑)に伊東と昌子と植田が出ていて、「やってみたいゴールパフォーマンスは?」みたいなテーマで話してて。「決めたらベンチに行ってみんなで集まる感じがいい」って言ってたのが伊東だったんだよね。そんで昌子が「劇的ゴールでな」って。植田は昌子に「おまえ、喜び方わかってないもんな」って言われとった(笑)。実際は、植田はやっぱりベンチに走ってもみくちゃになり、(水沼さんによれば)伊東は安部と一緖にピッチに残って冷静に話をしていたらしいやんか。実に面白い。

 

川崎が引き分け、2位との勝点差がちょっと開いた。8。しかし柏は勝ったので川崎と並んでじわっとくっついてきてる。今日の勝ちは大きい。でもまだ何も決まっていない。ていうかまだあと7試合もある。早くあと5勝したいよう。

 

次は鳥栖。アウェーだし、簡単じゃない相手ですよ。今日のような熱量を持って戦わないと。今日のような熱量を持って応援しないと!

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●天皇杯4回戦 う●わvs鹿島 2−4

得点:夢生2、充孝、聖真

 

ダゾーンになってから録画ができなくなったから、本当はリーグ戦を詳しく書き残していきたいんだけど、新潟戦のことを書く暇もなく天皇杯になっちゃった。

 

今回は行けなかったんだけど、あまりいい思い出のない熊谷。試合じゃなくて、アクセスっていうか駐車場入れねえ!遠い!入り口わかりにくい!とか思わずクレーマーになってしまいそうな不満が溢れた思い出しかない。別にだからってわけじゃないけど家でスカパー!観戦。スカパーきれい〜!

 

録画できて、リプレイも見やすいから勝ち試合をじっくり堪能できますわー。ダゾーンの見逃し配信なんて、見たい場所を探すだけで大変だもんさ。

 

新潟戦から中3日の試合、どういうメンバーかなと思ったけど、レオシルバは連投。西は完全休養で伊東。オガサと充孝が休養十分で先発。課題の立ち上がりだったけど、早々に先制。ピンチをしのいだ直後、本当にチャンスが来るもんだな。7分、レオの鋭い縦パスを聖真が前へスルーパス。裏へきれいに抜け出した充孝が余裕で運び、キーパー引きつけといて最後はちょっと後ろを並走していた夢生にパス。難なくフィニッシュ。かっけー。てか気持ちいー。ファーストシュートの先制でした。

 

でもそのあとはかなり押し込まれたっていうか中盤でボールキープできなかったっすね。早い時間にこっちが1点取ってあっちがパワーかけてきたのもあるけど、それにしてもさ。それでも前半は1−0。

 

後半も早い時間に得点。あそこの崩しもすごかったですねー。51分、右のレオから充孝がスルー、聖真がヒールで落としたボールを充孝が拾ってレアンドロにパス。エリア内で受けてゴールに迫ったレアンドロがキーパー榎本に倒されてPK。夢生が決めて2−0になりました。PKをきっちり決めてくれる選手がいるっていいよね!

 

がっ。どーもそこからまたゲームを支配できず。59分、69分に失点。セットプレーからこぼれ球を差し込まれてズラタンに決められた1点目はともかく、右サイド(うちの)で武藤をフリーにしちゃった2点目はなんだったんだ。伊東が持ち場を離れて中に絞りすぎたのかとも思ったけど、リプレイでよく見ると、守備に上がって外された昌子の戻りはどうだったのかなと。きつかったとは思うけど、ジョグで戻りながら、武藤にサイドチェンジが渡ったのを見て慌ててダッシュしてた。伊東は中の人数が足りないと見て絞っていたのだとしたら、昌子はちょっとリスク管理が甘かったんじゃないか。とか、そのあたりの守備の連携はまあわかんないんだけどさ。テレビで見ていて、武藤に入る5秒前から画面の中の武藤を指差して「こいつをマークしろって!フリーだって!」って叫んでたですよ。あうー。

 

2−2に追いつかれちまったー。でも、不思議と「あかん…」という感じはなかったんですよね。普通は2−0から追いつかれるのって最悪の雰囲気だけど、なんかうちの選手は肝が据わっているように見えたというか。

 

で、本当に同点にされて5分後には勝ち越しました。スローインからレオシルバのヒールを聖真が受けて中へラストパス。待ってた充孝のシュートはキーパーが触るも左ポストに当たってゴールしました。テレビだと左に弾かれたように見えたけど、ポストくんサンキュー!3−2。

 

熊谷のポストくんの働きは、その直後、矢島のシュートがポストをたたいて右にはずれたのと合わせて讃えておかなければなりますまい。

 

終了間際には、87分に投入されたばかりの安部がセンターライン手前からギュンギュン運んでいくぅー。エリア手前で減速し、どうすんのかな、打つのかなと思ったら絶妙のクロス。聖真が渾身のジャンプで頂点でとらえたヘディングシュートが決まりました。4−2。

 

なんだかんだで新潟戦と同じスコア。2失点は余計だぜー。でもトーナメントは勝つのが大事ー!アウェー2連戦、よくがんばりました。

 

しかし、充孝ってのは、時々すごい大活躍をしますよね。コンスタントにその力が出せればのう、と思うけど、時々でもこんな大活躍は見せられない選手はいっぱいいる。やっぱりいい選手なんだろうなあ。

 

そして充孝にも増してよかった聖真。全得点にからんどるやんけー! センスと運動量と決定力をしっかり見せてくれたです。いいよいいよー!

 

これで、天皇杯はあと三つ。むーん。まだまだやね……。

リーグ戦は次、ホームでガンバ。行けませんけど、きっちり、頼んます!

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
まったく世話の焼ける子たちだよ…

開始早々に失点しても、前半終了間際に追加点を許しても、しかもそれが「アホか!」と叫びたくなるようなミスがらみ、リスク管理の甘さによるものでも、それでも勝ちを信じて声を張り上げたサポの皆さんお疲れさまでした。うもー。ノドが痛い。

まー、とにかく勝った。最終的にはやり遂げた感をサポに与えて終わるアントラーズ。内容は帰ってゆっくり見直します。

あー、幸せ。

しかし西はうまいねー!

{97E45DDE-1794-4F3B-B51D-764124A2C2FF}

あまり相性のよくないイメージのビッグスワンだけど、今日は勝点3を持って帰れる。残り8試合を6勝1分1敗以上で優勝。いや全勝したいんだけどさそりゃ。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
えっと、今どこ?
まだ福島県ですか。
暇なので今週発売のサッカーダイジェストを読む。最近紙の雑誌をめっきり読まなくなりましたけどね。やっぱり紙向きの企画もあるよね。

{8226669A-54C3-4834-956A-AE1BE43C109C}

最終順位予想はまあ当然、うちが大本命だけど、川崎、柏の名前もチラホラ。でも川崎は、ACLの過密日程を不利材料に挙げて2位3位予想してる人も何人かいるので、もうその前提はナシ。怖いチームです。

{83CD1848-1045-4466-905A-97E23E49189F}

とはいえ、もう自力では叩けない以上、あちらさんが絶対に追いつけないようにしないといかん。川崎と柏は残り全勝しても勝点76。ならば77とればいいんじゃん!今55。あと22。あと9試合。7勝1分1敗以上。ひー!厳しい!マジ全力でやらんと!とりこぼし禁止!

{E16A2A38-54C5-4B65-8258-790A44AF56FF}

オガサのインタビューも載ってるのでモチベ上げよう。

道程はやっと猪苗代湖!
{D9CAE411-D373-439A-AC0C-EFF1C7422667}


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ちょっと今日は趣向を変えて、写真も撮りながらの遠征記にしてみようと思い立ち。ま、途中で挫折するかもしれんけどw

とりあえず、雨模様の仙台を出発です!
{7595E50B-AA65-4496-8BE8-9C8688B8DCCC}

運転手さん(相方)は、お気に入りの肉Tシャツ着てやる気満々。今日は大事よ!

{2EFDD21C-92E3-4442-B687-C3B32A52BDA0}
ほんとこの肉オガサエンブレム好き。
今日は鹿耳も着て、ペアルックのバカ夫婦。
レツゴー‼︎
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
気持ちは見えた。
確かに見えた。
最後の笛が鳴る その瞬間まで
もう1点、そしてそれからもう1点
取ってくれるんじゃないかと
信じた。信じさせてくれた。

気持ちは見えた。
見せてくれた。
でも、それでよしとはできないと
誰もがわかっている。
よく頑張った、なんて拍手を
欲しがる奴らじゃないんだ。

悔しくて、悔しくて。
でも、
昇っていくはずだった階段を
見上げていても仕方がない。
まだ、戦う場所がある。
次はその気持ちが、勝利への執念が
確かな果実となることを
強く信じて待っている。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

●ルヴァンカップ準々決勝第1戦 仙台vs鹿島 3−1

得点:聖真

 

シュート4本!おーい!

それでよく1点とったな。

ふだん、いかに2バックに頼って攻撃していたかをまざまざと見せつけられた感じ。昌子がいない分、オガサを使ってなんとか全体をまとめようとしたんだろうけど、難しかったですね。レオシルバもあまり効かなかった。スンテもここで使いたかったのはわかるけど、センターバック二人の不在をもっと重く見ればソガのままでもよかったかも。すべては結果論ですはい。

 

前半からどうも中盤でボールを失うことが多くてペースを握れず、カウンターでピンチになって。先発のチャンスをもらった優磨、もっとアグレッシブにプレスバックや動き直しをして欲しかったな。でも0−0で折り返せれば後半なんとかギアを上げて、って思ったけど、雨がさああああっと落ちてきたところでセットプレーから失点。映像見直してません!野沢のキックでしたね!あはあはは!(ヤケクソ)遠いし、ユアスタなんだか薄暗いし、わかんねえ!

 

ちゃんとした時のアントラーズなら、こういう失点から目を覚ますんだけど、今日は直後にCKから失点。スンテーーーー。出たらさわれー。映像見直してないけど!遠いし、ユアスタなんだか(以下ry

 

たまらず夢生投入。てか、1失点目で準備してたのかな?

いやー、夢生が、これが、よかったですねー。

攻撃のスイッチってのはこうやって入れるんだぜ!っていう前線での動きに惚れ惚れだぜ。みんな目を覚ませ!っていうね。直接には絡まなかったけど、1点返したのは夢生の効果絶対あると思う!

 

なのによ…。こっから最低でも同点に、ってところでレアンドロ一発退場。10人で耐えていたけどそこからまた失点して、でもアディショナルタイム5分もあるから1点でも入れとこうぜ!って時にブエノが2枚目。チームの一体感どこー!? 献身は?誠実は?尊重は?

 

てか、うちの退場って今年あった?久々に見たような気がするんですけど、記録を見直す気力ないです。とにかく今日は、うちの選手はレフェリーの基準を受け入れられないまま終わっちゃった感じでしたね。

 

さー、ただでさえCB不足のルヴァンがさらにやばいことになりました。大岩監督と羽田コーチを追加登録しちゃだめですか?二人で45分ずつならいけそうな気がするんだけどな(笑)。まあ、苦しい折り返しになっちゃったのは確かですが、それでもなんとか第2戦で逆転するしかありません。ルヴァン獲りたいよう、ルヴァン!

 

ところで、今日の試合前にスタジアムでJアラートが出たら、って案内がありました。アラートが出たら試合中止するよ、っていうほかは、政府公報(?)のまんまのやつ。あれ、上からとりあえず流せって指示が出たんだろうなあ。アラートが出たら頑丈な建物に避難して、ってさ、スタジアムは頑丈な建物に入るのかね? 客席からスタジアムの管理棟部分に誘導してくれるの? それとも出口に殺到して地下鉄へ走るの? 具体的にどうすればいいのか全く言わずにただそんな案内だけアリバイ的にされてもな。Jリーグもお上の言うことまんま聞くんじゃなくて少しは自分で消化しろよと思った鹿耳ちゃんでありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。