震災から6年が経って思うこと

テーマ:
 あの日から6年。「早かったですか?」と聞かれるならば早かった気がするし、「長かったですか?」と聞かれるならば長かった気もする。
結局のところ、バタバタしっぱなしで、目の前にあるその日その日をただ乗り越えることしかできなかった、そんな6年間だったように思う。
 
 辛かったことも様々な面で様々なことがあり、実は燃え尽きていた時もあったと思う。でもそんなことを言っていられない状況に常に置かれていたことは、神様からの恵みでもあったのだろうか。
ここで、もしじっくりと6年間を振り返ると、ドッと疲れが出てしまうような気もする。
 
 感謝なことを数えてみるならば、それも確かに数え切れないほど多くある。
どれほど多くの方々に見つめられ、手を差し伸べられ、そして祈っていただいたことか。
また、6年の歩みのそこかしこで、神様の偉大さを体験し、神様の愛の深さを知り、教会の持つ力の大きさを感じた。
この教会だったからこそ、様々なことがあっても、ここまで祝福の道を歩んでくることができたのではないだろうか。
 
 そんな日々の中で、自分は何をしてくることができたのだろうか。フッとそう考えることもある。
でも、自分が神様のために何をしてきたのか…ではなく、神様が自分を通して何をしてくださったのか。何をしてくださろうとしているのか。いつも身を低くし、神様にとって用いられやすい者でありたいと願わされている。
 
 この3月は、震災から6年を迎える月でもあり、自分が福島第一聖書バプテスト教会に来てから12年を迎える月でもある。
と言うことは、福島に来てからの年月は、震災を挟んでちょうど半分。これからは、“震災前”よりも、“震災後”の方が長くなっていく。“非日常”だと思っていた震災後の日々が、自分にとっての“日常”になっていく。
 
 12年前、福島に来ることを悩んでいた自分に、神様はみことばを通して語りかけてくださった。
「しかし、わたしは、あなたの信仰がなくならないように、あなたのために祈りました。だからあなたは、立ち直ったら、兄弟たちを力づけてやりなさい。」(ルカの福音書22:32)
 
 当時、牧師の働きから離れ、人生に右往左往していた自分のためにも、イエス様は信仰がなくならないように祈ってくださっていた。今も祈り続けてくださっている。その祈りを背に受けて、神様が自分を通して兄弟たちを力づけてくださるならばと、いわゆる“縁もゆかりもない”浜通りに飛び込んできた。
僕は、神様にとって用いられやすい者だっただろうか…。
 
 神様から与えられているこの日常に感謝しながら、神様が自分を通して、してくださろうとしていることの邪魔だけはしないようにしていたい。
神様が吹かせてくださっている風に乗って、神様が導いてくださるままに。それが自分の走るべき行程であるはずだから。
AD

5年半ぶりの礼拝!

テーマ:

昨日の午後、小高チャペルに行ってきました。
震災から5年半、4つあったチャペルの全てが使えなくなっていましたが、唯一再び使うことができるようになったチャペルです。
震災前、毎週日曜日の夕方、少人数ながらも礼拝をささげつづけたチャペルです。地区集会やコンサートなどにも用いられたチャペルです。多くの教会員のささげものと祈りと願いがギッシリ詰まっているチャペルです。
そして震災時、津波の浸水を受けたチャペルです。

...

避難指示が解除されて、水道や電気が使えるようになり、下水道の環境も整い、やっとこの日を迎えることができました。
みんなで心を込めてお掃除をし、そして5年半ぶりに礼拝をおささげすることができました!!!!
このチャペルの建設に関わり、また、たくさんの思いを受け止めてこられている主任牧師はじめ長い教会員の方々の思いはどれほどだろうかと、時折声を詰まらせる話を聞きながら、胸が熱くなりました。

個人的にも、福島第一に赴任して初めてメッセージを語ったチャペルでもあり、毎月2回3回と足を運び教会員の方々と賛美と祈りを共にささげたチャペルです。教会員の方と僕の二人だけで礼拝をささげたこともありました。

そんなチャペルの扉を再び開き、まずは月に一回からですが日曜日の午後に礼拝を再スタートします!

 

神様の時の中で、これまでの導きに心から感謝しています。神様が決してそのご計画を止めることなく、これからも大きな御手の中で御業を見せ続けてくださることに期待しています。
これまでいっぱい積まれてきた祈りの上に、新たな歩みをスタートした小高チャペルが、この地にあって光として輝いていけるようにお祈りいただければ感謝です(^^)

AD

現状を…

テーマ:

先月のこと…


10月で15歳になったY君ご家族を連れて、大熊町の納骨堂に行ってきました。
(一時立ち入りが許可されるのは15歳以上なんです…)


震災以降、15歳になる日を指折り数えて待っていたY君。

お父さんが納骨されている場所に、やっと行くことができました。

震災前(一枚目の写真)には何もなかったのに、

4年半という月日は“雑草”とは到底呼べぬ植物を玄関脇に生やしていました…。







“時が止まったまま…”とは言えない荒れ果てていく光景。

増えていくネズミの糞。

走り回る猪。

見る影もない田んぼ。...



























13歳の我が家の長女も、「あと5年…あと3年…あと2年…」と、数えています。

もちろん15歳になったからと言って、行かない方がいいことは長女もわかっています。

でも“自分の家、自分の部屋”に一度は帰りたいと言うんです。


その頃にはどうなっているのか…。

この場所はどうなっていくのか…。

祈るばかりです。


僕自身も含めて、このような写真はもう見たくないという人も多いと思うけど、

今も祈ってくださる方がいるので、現状をお分かちしました。

AD

あの時・この時

テーマ:
あの震災から4年6ヶ月。
そして昨日今日と起こった大雨による災害。
あの時も、この時も、何もできない自分がもどかしかった。

でも、
あなたを心配している人がいる。
あなたは一人じゃない。
そのことを伝えたくて、ただひたすらメールを打ったあの時。この時。

あの時、神様の力・祈りの力を体験した者として、
この時、祈りの輪を広げるため情報を共有しようとメールを打ち続けた。

メールを打ちながら、ちょっと胸が苦しくなった。

たかがメール。されどメール。
あの時から毎週数回送り続けている“情報メール”。
受け取ってくださっている180人以上の方々に、慰めと励ましを届けられているかな…。


デボメも、デボメ広場も、
すっかりお休みしちゃってごめんなさい。
まだちょっと力が出ないみたいで…( ´_ゝ`)

ハネムーン

テーマ:
いやはや…
前回の投稿からこんなに時が経っているとは…(-_-;) 自分でもビックリ!!
すっかりご無沙汰していますm(__)m

ご無沙汰している間にも、時々『ブログ見てますよ!』『最近更新してないですね!』といろんな方から言っていただき、
おぼえていただいていることの感謝と心強さを感じています!

前回投稿の次女も大きくなってきました!
長女にいたっては中学生です!!
本当にアッと言う間ですねf(^^;



子どもの成長に負けないように、父ちゃんも成長していきたい!
(いや、横にじゃなくて…(^o^;))

そんなふうに思わされている2015年のまぁにぃです!

今年はいろんなことにチャレンジする一年になりそうです!
この1月の大きなチャレンジ!それは、なんと生粋の田舎者の僕が、今月だけで3回も東京に行ってきました( ゜o゜)
頑張りました!!!笑

そのうち1回はメッセージの奉仕のため。
他の2回は研修(学びと交わり)のためでした!
そして今、その研修からの帰り道、電車の中です!

東京に来るのはなかなか慣れず、毎回緊張するけど、とても有意義な時を過ごすことができて、ただただ神様に感謝してます(^^)

今回とても心に残ったフレーズ!
『エジプトを脱出したイスラエルの民が、荒野を旅した40年間は、神様とのハネムーンであった!』

そりゃぁ荒野の旅は大変なこともいっぱいあっただろうけど、
どんな時も火の柱・雲の柱の中に神様がおられて、確かに人々は神様の臨在をものすごく感じていた日々を送っていたんでしょうね!
神様を側近くに感じられるハネムーン!彼らは、どんな思いで旅していたんだろうな(^o^)

そんな光景を思い浮かべていたら、自分自身の震災後の歩みとリンクするように感じました!

突然はじまった震災後の避難生活だったけど…
そりゃぁ大変なこともあったけど…
つぶやいてしまうこともいっぱいあったけど…

確かに神様をものすごく感じた日々でした!
確かに神様とハネムーンを過ごした!そんな日々でした(≧▽≦)
神様が旅をリードし続けてくださいました!

神様はこんなに愛してくださっている!
どんなものも神様の愛から僕たちを引き離すことはできない!
そんな揺るがない愛を感じた日々でした( ´∀`)

いろいろ旅して、神様が導いてくださった地に到着して、それでもしばらくバタバタしてたけど…
だいぶ日常を取り戻してきたと感じる今日この頃。

ここまでの神様の導きに、改めて感謝して心から賛美したい!
いつしか日常になると気づきにくくなってしまう神様の臨在を、もっともっと感じていたい!

そんなふうに思わされています(^^)

ハネムーンの背後にあって、旅の安全を祈り続けてくださっていた皆さんの愛にも改めて感謝しつつ(^_^)