日本を安倍晋三から取り戻す!真の国益を実現するブログ

安倍総理大臣の売国政策に我慢ができず、ブログを始めることにしました。
真の国益を実現するため、外交・国防・憲法・経済・歴史観など
あらゆる面から安倍内閣の政策を厳しく評価し、独自の見解を述べていきます。

複数名でブログを書いております。(記事により多少論調が違うかもしれませんのであしからず。

Blogの趣旨:右の自己紹介欄をどうぞ

↓発信力強化のため、クリックのご協力をお願いいたします。!(各1日1回有効)

にほんブログ村 政治ブログ 保守へ
国家戦略特区・地方創生特区TOP
(右サイドリンクも参考にしてください)
古事記TOP
『移民・外国人労働者問題への振返り』


以上のSNSやっております。よろしければ「フォロー」や「いいね」をお願い致します。


テーマ:
19世紀後半から20世紀初頭のスペインの哲学者であるオルテガの代表的著作『大衆の反逆』からの抜粋です。

(神吉敬三訳、ちくま学芸文庫P80~82より)

普通人は、技術的・社会的にかくも完全な世界をまのあたりにした時、それは自然が生み出したものであると考え、それらを創造した優れた人々の天才的な努力にはけっして思いいたらないのが事実だからである。いわんや彼らが、こうしたいっさいの便宜が、今日でも人間のきわめて稀有な能力に支えられているものであり、その能力が少しでも欠如すれば、この壮麗な構築物もたちまちのうちに瓦解してしまうであろうという考え方を認めるのはなおさら不可能である。

(中略)
彼らの最大の関心ごとは自分の安楽な生活でありながら、その実、その安楽な生活の根拠には連帯責任を感じていないのである。彼らは、文明の利点の中に、非常な努力と細心の注意をもってして初めて維持しうる奇跡的な発明と構築とを見てとらないのだから、自分たちの役割は、それらを、あたかも生得的な権利ででもあるかのごとく、断固として要求することにのみあると信じるのである。飢饉が原因の暴動では、一般大衆はパンを求めるのが普通だが、なんとそのためにパン屋を破壊するというのが彼らの普通のやり方なのである。


この箇所だけでも理解しておけば、改革を自ら断行しようとすること、並びに改革という名の既存制度の破壊騒ぎに賛同することもないでしょう。

大流行りの「構造改革」や「抜本的改革」とは、構造つまり土台骨格から作り直すこと、あるいは、全て一から新たなものを構築することであり、既存の制度等を一旦破壊するのとほぼ同義です。

常識人であれば、これがいかに危険なことか理解できようかと思います。

現行の各種行政制度や実物インフラ及びそのシステムに関しては、非常に高度化、複雑化しています。これらは、先人達による絶え間ない試行錯誤と論議、さらには改善の積み重ねによって、そのような場所に落ち着いているのです。

もちろん、完璧な制度なぞなく、不備もあるでしょう。しかし、一般人の思いつきの「改革せよ!」という意見、たいていは民営化によって効率化せよ、あるいは世界標準に合わせよといった類のものですが、先の理由により、新たにより良いものが創造されることなど、まずあり得ないのです。
また、専門家の意見も怪しい。専門家ですから、特定の分野に関する知見には長けています。しかし、専門バカと揶揄されるように、大局的かつ総合的な見地からの提言なぞ、ほとんど望み薄なのが現実でしょう。特に行政制度に関しては、良い悪いは別にして、複雑化し過ぎているのと、影響が多方面に及ぶため、極々一部の官僚と学識者以外には、制度構築は不可能と言っても過言ではないと考えます。

さらには、改革においては、新たに構築し運用されるまでの間、混乱も必至ですし、それに多大な労力を要することは確実です。
したがって、完全に機能不全に陥った制度やシステムは例外として、漸進的に改善していくしかないのです。

しかしながら、オルテガが言うように、大衆人は現行の行政制度や実物インフラ及びそのシステムを空気のような、あって当たり前の存在と捉えているがために(おそらくは無意識なのでしょうが)、少しの不備があれば改革を希求するのです。どれほど多くの恩恵を被っているかなぞ、大衆人の意識には上らないのです。オルテガは、このような大衆人を「慢心しきったお坊ちゃん」、「甘やかされた子供」とも表現しています。

昨今、国家レベルでは発送電分離と絡めた電力自由化が、世界で最も停電時間が少ないと言われているにもかかわらず、大阪では、水道や地下鉄の民営化が、良質かつ安価で提供出来ているにもかかわらず、また政令市であるがゆえに、他の地方自治体よりも高水準の行政サービスが提供されているにもかかわらず、政令市を廃止するという「いわゆる大阪都構想(現在は名称等を若干変えて副首都構想)」が再び推進されようとしています。正気の沙汰とは思えません。歴史の否定でもありますね。
http://www.asahi.com/articles/ASJ8R51BSJ8RPTIL010.html

大阪を例にとりましたが、次は東京が危ない。
東京都議会の腐敗は確かに酷いのでしょうけど、小池新知事を中心とする改革勢力は善、旧態依然たる都議会を悪と見做すステレオタイプの構図が既に出来上がってしまったように思います。
大阪での橋下維新の台頭の時と同じです。橋下知事就任以降、大阪においては、特に経済や教育が衰退しました。

東京都民の方々、ご愁傷さまです。議会改革等の統治機構改革や待機児童対策等のポピュリズム的な政策実行に躍起になるよりも、首都直下地震対策や集中豪雨対策等の自然災害対応を急ぐよう祈念します。


よろしければ、一日一回バナーのクリックをお願いいたします。







AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(1)

テーマ:
おそらく日本を破滅に導くであろうカルテット、政権を担う安倍総理と菅官房長官、そしておおさか維新の松井代表と現在は私人ですがおおさか維新前代表の橋下徹が昨晩、東京都内のホテルで憲法改正に向け意見交換を行ったようです。
http://www.asahi.com/articles/ASJ7Z62CCJ7ZUTFK008.html

憲法改正には反対しませんが、彼らの独裁的な政治手法と、保守思想とは対極にある改革及びグローバリズム絶賛の政治思想に則って憲法改正を進められたら、それこそ国が滅びます。

安倍晋三に関しては、信ぴょう性に疑問符が付きますが、都知事選でおおさか維新との連携も噂される小池百合子氏の勝利を見越すような発言をしたとのこと。
http://news.livedoor.com/article/detail/11825961/

安倍晋三や菅に関しては、以前から何度も、大阪での自民党と橋下維新との戦いにおいて、橋下維新に肩入れするような言動も見られたので、今さら驚きませんが……

彼らに共通しているのは、「既得権益打破」や「普通の国へ(自衛面で)」等耳当たりのいい言葉を並べて保守層を騙し、一院制や首相公選制を推進、権力一元化を画策していることでしょうか。

このままでは非常に危ない。自民党の良識ある議員、何とかしてください。


よろしければ、一日一回バナーのクリックをお願いいたします。






AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(2)

テーマ:
明日は都知事選挙の投票日です。

今回、特に嫌な感じを持ったのは、ほとんどの候補が待機児童解消を政策に掲げていることです。

拙ブログで度々紹介させていただいている音楽家であり、保育問題に詳しい松居和氏のブログ「シャクティ日記」から
http://www.luci.jp/diary2/?p=973

都知事選で、主要候補者みんなが「待機児童をなくします」と、叫ぶのです。その「叫び方」を聴いていると、それが票を取るための「手法」になっている気がします。それが社会正義になっていくような気がします。恐ろしい気がします。その先にいる012歳児の気持ちや願いなどは誰も想像しない。そして、保育士不足のおり「不可能」か、保育の質を下げるしかない待機児童解消方法を、子どもが育ってゆく時間の質などほとんど考えずに候補者たちは、安易に、本当に軽々しく言うのです。増田候補などは、「杉並区はよくやっています」と言うのです。岩手県で保育士たちがどれほど苦しんでいるか。公立の保育士の週休二日が壊されそうになっているのです。子どものことを考えたら、自ら壊すしかないところまで園長たちは追い込まれている。それを、「成果」のように言うのです。

松居和氏は、待機児童解消が「社会正義」になっていくような気がすると述べています。
マスコミは完全肯定、そして政治家や行政には、「待機児童解消は問題あり!」というような勇気ある発言は出来ないでしょう。
筆者には「民主主義」や「人権思想」同様に、「絶対的正義」になったように思えます。




よろしければ、一日一回バナーのクリックをお願いいたします。






AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(2)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。