断捨離マラソンfrom金沢(北林ちかこ)

金沢断捨離会が発信する断捨離マラソン。
参加者の皆さんの交流を目的としたブログです。


NEW !
テーマ:

おはようございます。

 

ガクアジサイが咲きました。

 

アジサイは土壌によって、

色が変わるというけれど、

なんで、こんなにドドメイロ?

 

 

BS朝日・ウチ、断捨離しました!のレポート続けます。

 

ケース2 鈴木里香さん(青梅市)

 

築21年の一軒家に、

ご主人と娘さん2人と暮らす、

専業主婦の鈴木さん。

 

片づけたいと思いながら、

あまりにもモノが多くて、

一人ではどうにもならないと言います。

 

一番気になっているのが、

リビングにあるクローゼット。

 

扉を開けてみると…。

 

 

「何が入っているんですか?」と聞かれ、

私が聞きたいです!…と答えるしまつ。

 

あらゆるモノが

とりあえず突っ込まれた引き出しの中には、

なんとカビが生えたた皮の財布まで。

 

モノがありすぎて、混乱してしまっている鈴木さん。

 

なにをどうしたらいいのか、分かりません。

 

断捨離®歴30年の

やましたひでこの提案は、

3分割で捨てる方法。

 

クローゼットを上・中・下に分け、

一番上の棚から、やっつけていきます。

 

 

上から始める理由は、

高い所は本来出しづらいし、

ほとんど使わないモノが入っていることが多いから。

 

次に下の段。

 

一番よく使う真ん中の段は最後です。

 

それぞれの段から、

今は使っていないモノが、続々と現れます。

 

あっ、こんな所にあったのね。

 

そのガラクタの中に、

ずっと探していた大事なモノが

紛れ込んでいたり…。

 

どうしていいか分からないと嘆いていた鈴木さん、

不要なモノをどんどんゴミ袋に入れていきます。

 

クローゼットにパンパンだったモノたちの

実に7割、袋30個分がゴミになりました。

さて、不要なモノがなくなったので、

次は、必要なモノだけを、

仕舞いやすく、出しやすく、

そして美しく収めていきます。

 

ここで登場するのが7-5-1の法則。

 

 

扉を閉めれば見えなくなる場所は、空間の7割、

外から見える場所は5割、

外に飾る場合は1割。

 

7割は機能的限界量、

5割は美的限界量、

1割は装飾的限界量です。

 

クローゼットは7割収納ですね。


 

では生まれ変わったクローゼットをご覧ください。

 

 

所要時間は、しめて4時間。

 

途方に暮れていた鈴木さんも、

コツがつかめたようです。

 

これから5分でも10分でも、

毎日少しずつ続けていければいいですね。

 

 

やればできるんだ…とつぶやく鈴木さんに、

「やればできる…ではなくて、

やっただけ、できたということですよ。」とやましたひでこ。

 

「できないと思っていたのに、

クローゼットがきれいになって、

自信がつきました。

 

息苦しかったのが、少し軽くなりました。

 

第一歩を踏み出せた感じがします。」

 

心底ほっとした表情が、とても印象的でした。

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

こんにちは。

 

やましたひでこ公認

チーフ断捨離®トレーナーの北林ちかこです。

 

昨晩、BS朝日で、

ウチ、断捨離しました!…という

2時間番組がオンエアされました。

 

これは4組のご家族が、

断捨離に取り組むドキュメントです。

 

それぞれ家族構成も状況も、

現在のお悩みも異なりますが、

住まいを片づけて、

なんとか暮らしを立て直したい…、

なんとかもっと風通しをよくしたい…、

なんとか人間関係を改善したい…、

つまり現状を変えたいという

共通した想いがあります。

 

ところが、断捨離を進めていくうちに、

予想もしなかった気持ちが飛び出してきたり、

新しい景色が見えてきたり、

相手の思いやりに気づいたり…と、

さまざまな副産物が…。

 

見ていて、泣けました。

 

その一生懸命さに、

その必死さに、

その素直さに、

その愛情に、

思わず涙が…。

 

みんな、真摯に生きている。

 

まじめで真摯だからこそ、

少しでも現状を改善したいと願うのですね。

 

 

ご覧になった方もいらっしゃるでしょうが、

BSは入らない…とか、

はたまたテレビは断捨離しちゃったので…という方のために、

ブログで再現いたします。

 


ケース1 山本さんご夫婦(船橋市)

 

70歳を目前に控えた山本さんご夫婦は、

結婚して44年。

 

二人のお子さんはすでに独立しています。

 

ご主人の定年後、

夫婦の時間を楽しんできましたが、

そろそろ身の回りを整理しなければ…と、

思い始めました。

 

そのきっかけとなったのが、

ご主人の実家を家族総出で片づけたこと。

 

親が残していった膨大な荷物、

その後始末は本当に大変でした。

 

こんな想いを我が子にはさせたくない。

 

…だから、まだ元気な今のうちに。

 

終活のための断捨離です。

 

 

まずは食器棚から始めます。

 

このお宅には

高級な食器用と普段使い用、

2つの食器棚があります。

 

そのどちらもがパンパン!

 

やましたひでこは押し出し方式を提案します。

 

まずは高級食器用の食器棚を片づけ、

そこに入りきらない分を、

普段使い用の食器棚へ移動。

 

元々普段使い用に入っている食器は、

大胆に断捨離をして、

スペースをあけなければなりません。

 

最初はとまどっていたご夫婦ですが、

実際に動き始めると、

だんだんとエンジンがかかり、

もったいない病のご主人自ら、

あれを捨てよう、これも捨てよう…と言いだします。

 

生まれ変わった食器棚をご覧ください。

 

 

 

さらには奥様の趣味のお部屋。

 

 

終活は自分が死んでから、

子どもに迷惑をかけないためにするのではなく、

自分のためにするものです。

 

生きている間を

どう心地よく過ごすかに焦点をあて、

自分がよりよく生きるためにするものです。

 

これからの人生を大いに楽しむと決めたご夫婦、

使っているモノではなく、

使いたいモノを選び抜きます。

 

人生はまだこれから、

もっといい思い出、作らなくっちゃ。

 

これこそが終活ですよね。

 

 

奥様は言います。

 

『元気で好きなことができる時間が減ってきた。

 

なのに、いろいろやりたいことがありすぎて。

 

モノがあふれているので、逆に気が重くなる。

身軽になりたい。

 

モノだけ減らすのではなくて、

気持ちも片づけたい。

 

本当に必要なモノだけを残して、

やれることだけに集中したい。』

 

 

1か月後、お二人は、

今まではもったいなくて使わなかった

大事な食器でお茶をしていました。

 

「マグカップで飲む紅茶と…なにか違うわね。」

 

 

充実した老後を目指し、

山本さんご夫婦の断捨離は始まったばかりです。

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

本日の金沢は、すかっと晴天!

 

昨日の雨に洗われて、

植物がキラキラしているし、

空気も澄んで清々しい。

こういう日は、なにかこう…、

生産的な気分になりますね。
(どんな気分?まったり

 

 

昨日は富山に行ってきました。

 

最近、富山にご縁があって、

北陸自動車道の景色も、

「いつもの道」感覚になりつつあります。

 

参加したのは、

『プロ講師のための人前で教える技術』。

 

講師は寺沢俊哉先生。

 

 

人材育成や感動の会議の著者で、

企業コンサルティングのかたわら、

技術や知識はあっても、

伝え方が分からない未来の講師たちに、

そのノウハウを伝授する、

気さくだけど、熱い方です。

 

 

北陸3県から、

現在講師をしている人や講師の卵が集まりました。

 

これから初講演という方が、

どうしよう…、できない…と、

ものすご~~~~~く心配している様子が、

なんだかとても新鮮でした。

 

私にもあんな時代があったなぁ…と。

 

何日も前から気が重くなり、

胃が痛くなるような、うぶだった頃。

 

今はこんなにふてぶてしくなっちゃったけれど、

あの頃のフレッシュな気持ち、

思い出すことができました。

 

今でも、講演は一期一会…と

思っていることに変わりはありません。

 

その気持ち、ずっとずっと大切にしていこう頑張る

 

 

懇親会も楽しかったラブラブ

 

この日、雨の金沢は

前日の蒸し暑さが嘘のように肌寒く、

お隣の富山も同じだろう…と、

私は夏のワンピースに

カーディガンを羽織って出かけました。

 

ですが、会場について、

いざ車を降りようとしたら、

どこを探しても、カーディガンがない!

 

うっそ~~ビックリ猫

 

玄関出る時は、

確かに羽織っていたのに…、

どうして?

 

仕方なくワンピース1枚で会場に入ったけれど、

真夏の恰好をしているのは私だけ。

 

季節感完無視…。

 

居心地悪いなぁ…と思っていたら、

主催の大栄さんが、

ご自分のカーディガンを貸してくれて、

寒い思いをせずにすみました。


(昨年の写真ですが、

羽織物なしで、このワンピースを着ていたわけです。)


私のミントグリーンのカーディガンは、

なんと自宅玄関前のアプローチに落ちていたそうです。

 

2時間後に帰宅した夫がレスキューした時には、

雨に打たれて、すでにぐしゃぐしゃでドロドロ。

 

ああ、やっちまったぜ。

 

その前日、東京でスマホの充電器も

どこかに忘れてきてしまって、

失敗続きのワタクシです。

 

次はなにをやらかすのか、

こうご期待!

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

朝から雨の金沢。

 

しばらくやみそうもありません。

 

このしっとりした空気感、

やっと梅雨らしくなりました。

 

昨夜はレイトナイトで、

メッセージを観てきました。

 

 

あまり話題になっていないようだけれど、

ずっと気になっていた映画です。

 

言語学者のルイーズと物理学者のイアンが、

未知の来訪者の言語を少しずつ解明して、

意思の疎通をはかる過程が

描かれています。

HUMANやWALKなど、

簡単な単語を教えるところから始まり、

やがては「地球にきた目的はなにか?」という、

とても複雑な質問の答えを

引き出さなければなりません。

 

 

音声がそのまま文字になる
地球式のやり方が通じない相手。

 

それは気が遠くなるほどの地味な作業。

 

そんなまだるっこしいことをしていないで、

攻撃してしまえ!…という世論の高まり。

 

まあ、ストーリーは、

映画をご覧いただければと思います。

 

私は元々、SFが好きなので、
設定やファーストコンタクトにも興味津々でしたが、

彼らとのコミュニケーションの

抒情的なまでの美しさに目が釘付けになりました。

 

 

でも一番のメッセージは、

やはり時間の概念について。

 

私たちの中で、時間は直線的です。

 

過去から未来へ向けて、

ひとつ方向に流れています。

 

だから過去には戻れないし、

未来のことは分からない。

 

でも未知の生命体、ヘプタポッドは、

彼らの言語を開示することで、

新しい時間の概念を、教えてくれるのです。

 

それはヘプタポッドから地球人へのギフト。

 

一足早くその概念を理解したルイーズは、

地球規模の争いを回避し、

そしてこれから自身に起こるであろう、

過酷な運命を受け入れます。

 

回想部分と現在と未来が

どんどん入れ替わるので、

見ている時は混乱しますが、

全部見終わって、

ああ、そういうことか…と納得。

 

とても巧みな構成だと思います。

 

(夫は理系の俺には分からん…と言いますが、

時間の概念って、文系じゃないよね?)

 

 

映画で語られるのは、

時間は今この一点だけではなく、

過去も現在も未来も同時に存在し、

人は自由に時間の中を覗き見ることがでる、

つまり未来のことを知り、

そして選択できるということ。

 

…あれ、どこかで聞いたことがある、この話。

 

そう、初期の頃の

断捨離®ベーシックセミナーで、

やましたひでこがよく力説していました。

 

今を調えれば、過去も調うし、また未来も調うと。

 

過去は変えようがないと、

私たちは信じているけれど、

今現在の自分や自分の視点・思考が変われば、

過去の捉え方も変わります。

 

事実は同じでも、

自分の中での物事の在り方や位置づけが

変化するのです。

 

そしてまた、今、自分が選択するあれこれが、

未来を決めていきます。

 

調った自分の選択と、

とっ散らかった自分の選択の招く未来が、

同じであるわけがありません。

 

だから、過去や未来のことを、

悔いたり心配したりする暇があったら、

今の自分、今の住まいに集中しようよ…という、

お話だったと思います。
 


ところで、宇宙からきた物体が、

銘菓ばかうけに激似だとかで、

こんなジョークも出回っています。

 

 

日本人のユーモアのセンスって、大好きラブラブ

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村

コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

 

今朝はこんな清々しいパティオで

ブログを書いています。

 

 

ホテルの中庭、ビルの14階です。

ラウンジと隣接していて、

フリードリンクもあり、
宿泊者が自由に使える空間です。

 

 

昨日、チェックインした時、

「いつもご利用ありがとうございます。

本日はシングルルームで承りましたが、

レディースフロアに空きがございますので、

お部屋を変更させていただきました。」

と言われました。

 

へえ、レディースフロアなんてあったんだ。

 

…で、お部屋に入ってびっくり。

 

シングルルームは、

ベッドと小さなデスクだけ。

 

レディースルームは、

ベッドのスペースに小さいけれどリビングがついていて、

ソファには、フットマッサージャーと、

簡易式マッサージ機が置いてある!

 

それだけでもかなり嬉しいのに、

アロマポットとアロマオイル、

バラの香りの入浴剤2種にバスソルト、

バスタブにはネックレストがついてるし、

フェイスマスクまで!

 

ベッドサイドにあるのは、

天井に星空を投影できる

ミニプラネタリウム?

 

え~~~、なんか愉し~~ラブラブ

 

部屋に帰ってくるのが待ち遠しくなっちゃう…、

そんな仕掛けが随所に、

ちりばめられています。

 

たった一晩の仮の宿でも、

ここに居たい…と思える空間であったなら、

かなりごきげん度が上がります。

 

いつもご利用って…、

まだ3回目なんだけど、

とにかくありがとう~~~きゃぁ~

 

 

もちろん夜はラベンダーの香りの中、

満点の星空に抱かれて眠りました。

 

このミニプラネタリウム、

北半球と南半球の空に切り替えができ、

天の川もあって、それが目に見えないくらいの速度で、

ゆっくり回転しています。

 

すごいな、これ。

 

難点は、私はど近眼なので、

眼鏡をはずすと星空がぼやけてしまうこと…まったり

 

太古の昔、

人類がまだ洞窟に住んでいた頃、

星空を見上げながら眠るなんてことは、

しょっちゅうやっていただろうけれど、

当時の近眼の人はどうしていたんだろう…なんて、

しょうもないことを考えたりして。

 

まあ、漆黒にミルクをたらしたみたいな

ぼやっとした星空も、なかなか乙なものです。

 

 

どこか知りたい?

 

三田のセレスティンホテルです。

 

チェックしてみてね。

花壇のお花もかわいい音符

 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけたら、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


にほんブログ村

コメント(1)  |  リブログ(0)