断捨離マラソンfrom金沢

金沢断捨離会が発信する断捨離マラソン。
参加者の皆さんの交流を目的としたブログです。



テーマ:
こんにちは。

断捨離トレーナーの北林ちかこです。

真っ白いお皿を探していました。

そこそこ厚みと存在感があり、
和にも洋にもマッチする皿。

…一応、直径30センチの白い和皿を
持ってはいるのですが、
これがかなり重い。

洗うたびに、重さで手が滑って、
すこしずつ欠かしてしまいます。

好きな風合いだけに
とても残念だけれど、
重い…というのは、けっこうなストレスになり、
徐々に出番が減っていきました。

あんな感じの皿で、
軽いやつがあればいいのに…。

そしてついに見つけました!

能美市にある九谷陶芸村。

広い敷地に九谷焼卸問屋が16軒、
ずらっと並んでいます。

…が、GWの陶芸祭りの時以外は、
お客さんも少なく、混雑もありません。

夏休み中の娘とふらっと立ち寄ったお店で、
いい感じのお皿を見つけました。

九谷焼なのに、
なんの模様も装飾もない、
シンプルな白。

しかも洋食器の冷たい白ではなく、
温かみのある白です。

これいいな~~と一目惚れ。

でもすぐには買いません。

一度、帰って、しばらく熟成させます。

それでもまだ気になったので、
今度は買うつもりで再訪。

ところが!

この皿はすでに製造中止で、
在庫は2枚しかないとのこと。

2枚?

それじゃ、足りないよ。

私の残念そうな顔が、
よほど迫力あったのでしょう。

店主が、「ちょっと待ってくださいよ」と言って、
どこかに電話をかけました。

そして、
「窯に問い合わせたら、
完成品はないけれど、
成型まで終わった品があるので、
お時間をいただければ、
焼き上げることができます。」

私の耳には、こう聞こえました。

「あなたのために焼きましょう!」

ああ、なんというスペシャル感。

なんという特別待遇。

気に入った品物が、
私のために焼かれて、
私の手元にやってくるなんて。

もう二つ返事でYESです。

私のために焼かれ、
私の手元にやってきた
スペシャルなお皿がこちらです。

 

直径は24センチ。

以前の重い皿に比べると、
サイズは小さくなりましたが、
ずいぶん軽くなりました。

一番の難点であった
重さの問題はクリア。

1枚でも使えますが、
セッティングしても素敵です。
 

なんといっても、私のために焼かれた皿です。

大切にしよう。

そしてどんどん使おう~~。

食器棚も少し雰囲気が変わりました。
↓BEFORE
 

↓AFTER
 
 
BEFOREの画像にある食器は、
すべて現役です。

かなりの頻度で使っていました。

でも総量規制の観点から、
1軍でも好感度の低い品を間引きました。

「使える」レベルから、
「使いたい」レベルへ少しグレードアップ。

ちょっとずつでいいのです。

一度に変革しなくてもいいのです。

一気に到達しなくてもいいのです。

少しずつ、少しずつ、
理想の食器棚を目指していけばいいのです。

その過程もまた楽しからずや。

明日は、金沢ケーブルテレビの
今すぐできる断捨離レッスンのロケに行きます。

テーマは食器棚。

モニター様は、
私の断捨離とことん実践コースの
昨年の受講生さん。

彼女の食器棚が、
また一歩理想の形に近づきますように。

ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックして応援していただけたら、
とても嬉しいです。いつもあありがとう(^^♪
 







コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

おはようございます。

ちょっとこの動画、見てみてください。

キュン!…ときませんか?

またはズシン!…かな。

かっこいい。

https://youtu.be/rxF6lTrzCVg

私たちは、生まれてからこれまで、
社会の常識や学校や親の教えなど、
いろんなものをまとってきました。

そう、着ぐるみを着るように。

でも、そんな重たいものはもう脱いでもいい。

もともとの自分に戻る時が、きているんですね。

ブログランキングに参加しています。
↓今日もポチッとしていてくださいね。
いつもありがとう(^^♪
 

コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
こんばんは。

断捨離トレーナーの北林ちかこです。


クレーム処理って、難しい。

たいていの場合、
相手は頭に血が上っている。

感情的になって、
普段なら言わないようなことも、
つい口走ってしまう。

理路整然と説明したって、
かえって火に油を注ぐ。

不機嫌が増幅されていく。
 

でも一緒になって
燃え上がっちゃったらアウト。

火を消すことができるのは水だからね。

相手が熱くなればなるほど、
冷静に丁寧に。

言葉が通じないのだから、
できることは限られているけれど、
一番効果的なのは、
なによりも「聴く」ことかな。

相手の不満を聴く。

やり場のない怒りを、
吐き出させてあげる。

「でも」とか「お言葉ですが」とか
「そういう場合もあるかもしれませんが…」などとは、
言わないようにして。

パンパンに膨らんだ風船も、
空気が抜ければしぼんでくるように、
怒りも吐き出せば、
だんだんボルテージは下がる。

怒っているうちに、
ふと正気に戻って、
振り上げた拳をどうしようか…って、
思ってる場合もあるし。
 

今日、職場で
ちょっとしたトラブルがあった。

私が担当したわけではないけれど、
受付けでもめているやり取りが、
丸ごと聞こえてくる。

きっかけは、
ほんとにしょうもないこと。

ある証明書類の提出を求めたら、
以前は、そんなことを言われなかった!…と、
いきなり戦闘モードに。

ルーティンとして決められていることなので、
提出不要なんて、言うはずがないのに、
誰かが言った…と譲らない。

言った、言わないで、
白黒つけるのは、意味がない。

理不尽な言いがかりではあるが、
担当者は、実に我慢強く、
相手の話を聴いていた。

同じ話を、何度も何度も繰り返し、
着地点が見つからない。

この人が欲っしていたのは、
自分のストレスを
転嫁する相手なんだろうなぁ…。

理由なんてなんでもいい。

思い通りにならない現実へのいらだちを
どこかに、誰かにぶつけたかった。

 

思い通りにならない現実へのいらだちが、
如実に表れる場所がある。

自分の部屋、自分の住まい。

部屋が荒れるのは、
片づける時間がない、
部屋が狭い、収納スペースがない、
体力・気力がない等、物理的な原因もあるが、
心が荒れているから…という側面もある。

目に見えないだけ、
こちらは実にやっかいだ。

なんだかイライラする。

なんだかむしゃくしゃする。

なんだか面白くない。

そんな気持ちが、
クローゼットや引き出しや、
テーブルの上や、
玄関の状態に表れる。

部屋の状態は、
バロメーターになりうる。

今日のお部屋の状態、大丈夫?
 

さて、冒頭のお客様、
受付けスタッフが、ひたすらお話を聴いた結果、
帰る頃には、すっかり鎮火して、
「さっきはきついこと言って、悪かったね。」と。

しかも、一度自宅に戻って、
問題の証明書類を
わざわざ持ってきてくれるという、
変わりぶり。

誰かに存分に聴いてもらえて、
大切に扱われたと感じ、
やっと落ち着いたのだろう。

受付けスタッフ、お手柄だぜ!

さっきのやり取りで、ストレスたまってたら、
今度は私がお話、聴きますよ。

ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックして応援していただけたら、
とても嬉しいです。いつもありがとう(^^)/

 

テーマ:
おはようございます。

お盆休みも終わり、
通常運行に戻りました。

目覚めとともに、
「〇〇がメダルとった」…と
毎朝、夫が報告してきます。

今朝は、同郷の登坂選手が金メダル…で、
特にテンション高かった…。
(おまえは松岡修造か!)

テンション低めの私でも、
若い人たちが、
何かに打ち込む姿って、美しいなぁ…と思います。

うれし涙にくやし涙、
そのどちらも人生の糧。

…なんて、当事者じゃないから、
そんな呑気なことを言えるのでしょうけれど。

でも、やっぱりそう思います。

すべては経験なんだと。
 

夏休みで帰省中の娘が、
友達の実家にお泊りに行きました。

大学生になってもお泊り会?

いやいや、
楽しそうでなによりです。

あちらこちらから、
6人のクラスメートが押し掛け、
おうちの方は大変だったでしょうが、
本人たちは、大満足。

…で、帰ってきた娘が一言。

「うち…って、きれいなんやね?」

「は?」

「いや、人の家に行くと、
改めて思うわ。」

「ほーー、ほーー、
そうでしょうとも。」

「別に友達の家が、汚かったわけじゃない。
だけど、なんていうか…」

「狭い感じがした?」

「うん。」

「圧迫感があった?」

「うん。」

「空間に対して、
モノが多かったんじゃないの?」

「うん。」

お友達の家は、
掃除もされていて、
散らかっていたわけではありません。

モノは所定の場所に、
きちんと収められていた…。

それなのに、
娘は違和感を覚えました。

モノが少ない空間の心地よさを、
もう体が覚えているんですね。

そして、それが普通と思っています。

比較対象がなければ、
意識するこもとなかったのでしょう。

でも今回の訪問で、
今まで普通だと思っていたことが
実はそんなに普通じゃなかったということに、
気づいたようです。

この感覚の伝授は、
もしかしたら、
私が娘に渡せる最高の贈り物かもしれません。

二人のやり取りを聞いていた夫が、
「そうだよ、うちはモノが少ないんだよ!」と、
なぜか得意げに言うのも、
私からしたら、してやったりな感じ笑

ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックして応援していただけたら、
とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪

 

テーマ:
おはようございます。

本日、朝一番のハッピーはこれ。
 

お庭でとれたブルーベリー。

ブルーベリーの小さな苗木を植えたのは、
もう15年以上も前。

子どもたちが保育園に通う頃で、
一緒に収穫できたら、
楽しいかも…なんて思ってました。

…というのも、私も小学生の頃、
アメリカでブルーベリー摘みに行ったことがあり、
当時はブルーベリーという果実自体が珍しく、
しかもたわわに実る黒い宝石を、
自分で摘んで食べる体験に、
ワクワクしたのを、なんとなく覚えていたから。

同じワクワクを共有したいな…と。

と・こ・ろ・が!

私が植えた苗木は、
待てど暮らせど大きくならず、
実もつけません。

結実には、
違う種類の木が2本必要と聞き、
ちゃんと異種を隣り合わせで植えたのに…。

5年後に、やっと初めての実。

それから毎年、
10個くらいしか収穫できませんでした。

1年にたったの10個!泣き1

その貴重な10個も、
やっと色づいた…と思ったら、
鳥に横取りされる始末。

もう抜いちゃおうか…と思ったことも、
一度や二度ではありません。

それが、今年は、
春の花付きからして、
いつもと違っていました。

そして、今、
3日に一度の割で、
このくらいの量を収穫しています。

収穫の喜びをシェアしたかった子どもたちは、
とっくに成人して見向きもしませんが、
色づくたびに採ってきて、
スムージーに入れて悦に入っています。
 

さてさて、最近は断捨離ではなく、
庭仕事ブログになってしまっていますが、
私がちりつも宣言を
(1日30分、庭の手入れをする決意表明)
したのが7月22日。

今日でちょうど21日目です。

今朝も、草むしりをしました。

もちろん、朝とはいえ、
外はめちゃめちゃ暑いです。

だけど、UVクリームを塗って、
防虫スプレーをかけて、
蚊取り線香を焚いて、
帽子をかぶって、
タイマーをセットして、
庭に出るのが、そんなに億劫ではありませんでした。

…これって、ちょっと
瞑想に似てるな…なんて思いながら、
黙々と草むしり。

そして、その時、
ああ、今日のブログには
21日マジックについて書こう…とひらめいたのでした。

…で、数えてみたら、今日でぴったり21日目。

なんですか?シンクロ?

21というのは、
マジックナンバーです。

これは片づけ士の小松易さん
教えてもらったことですが、
なんでも、21日間続けると、
それは習慣になるのだそうです。
 

習慣というのは、
よし、やるぞ!頑張るぞ!…と気合をいれなくても、
普通のこととして、こなせること。

まるで朝起きたら歯を磨くのと同じように。

21日間続けることで、
脳がそう認識するのでしょうね。

もし毎晩シンクをピカピカにして寝ることや、
テーブルの上をモノゼロ状態にすることや、
脱いだ服を、すぐハンガーにかけることや、
パソコン回りに資料を出しっぱなしにしないことや、
帰宅したらバッグの中身を全部出すことや、
風呂から出たら、すぐに足ふきマットを干すことなどが、
当然の普通のこととして、
なんの苦も無くできるとしたら、
それって、嬉しくないですか?

習慣は、DNAに刻まれたものではなく、
後付けの行動様式。

つまり自分ではぐくめるのです。

とにかく最初の21日間、
自分を励ましながら続けることで、
その習慣が手に入るとしたら?

どう?やってみたいと思いませんか?

私はしばらく遠ざかっていたガーデニング、
また再開したくなっちゃいましたよ。

ブログランキングに参加しています。
↓バナーをクリックして応援していただけたら、
とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪
 


 
コメント(1)  |  リブログ(0)