断捨離マラソンfrom金沢

金沢断捨離会が発信する断捨離マラソン。
参加者の皆さんの交流を目的としたブログです。


NEW !
テーマ:

おはようございます。

 

今朝、寝ぼけ眼で、

2階のトイレに入ったら、

 

あれ?なにかが違う…。

 

そうだった、そうだった。

 

昨日の断捨離マラソンで、

抜くモノがなかったから、

徹底的にお掃除したんでした。

 

モノは減っていないので、

見た目は変わっていません。

 

でも埃や汚れは一掃されている…。

 

寝ぼけていても、

そういう空気感は肌でわかるんですね。

 

この空間は清々しい…と。

 

細長いカウンターに飾ってあるのは、これ。

遊墨書作家・森秀一先生の万年カレンダー。

 

未来永劫使える優れものです。

 

最初、家族は興味を示しませんでしたが、

この頃では、私がめくり忘れると、

誰かがちゃんと進めてくれるようになりました。

 

広々した空間に、カレンダーがひとつだけ。

 

それは目にもとまるでしょうって。

では、本日のお題です。

断捨離マラソン2016・No.10「夏物衣類その1」

衣類は、私の苦手とするアイテム。

 

特に思い入れもなく、

ズバズバいける人もいるでしょうし、

ベテランさんは、元々数が少ないので、

たいして時間もかからないでしょう。

 

でも私のように苦手意識のある方や、

断捨離歴の浅い方のために、

今日と明日、2日を割り当てます。

 

今日やることは、

とにかく、不要な夏服を抜くこと。

 

残す服のメンテは明日です。

 

今日はひたすら、

要る・要らないを判断してください。

① 着られない服

破れやほつれがある、

取れない目立つシミがある、
(夏服なので脇部分・要チェック)、

ボタンが紛失している、

ジッパーが壊れている、

洗っても臭いがとれない、

サイズがあわないなど。

 

② (着られるけれど)着ない服

古くさい、ダサい、

顔色がくすんで見える、

着脱に手間がかかって面倒、

メンテが難しいなど。

「何年着なかったら捨てる」という

基準はありませんが、

この夏、一回も袖を通していないのであれば、

来シーズンは、なおさら着ないのでは?

 

③ 着たくない服

分かりやすく言えば、

お気に入りではない服。

 

かつて好きだった時期もあるけれど、

今は、縁が切れてしまった服。

 

つまり飽きちゃった服ですね。

 

飽きることに、罪悪感を抱く必要はありません。

 

私たちは日々、変化しています。

 

それは進歩であり成長です。

 

気持ちだって、変わります。

 

不変のものなどないのです。

(永遠の愛…とか、憧れますけどね(^^ゞ)

 

気持ちが変わるのは、仕方のないこと。

 

ただ、気持ちが変わったのに、

モノだけはずっと変わらず、

そこにあり続けることが問題なのです。

 

心が離れてしまったモノに

しがみつくのではなく、

今の貴方の気持ちに沿うモノに、

入れ替えてあげましょう。

 

本日、金沢は30度の予報。

 

まだ夏服全部を

仕舞うわけにはいきませんが、

衣替えは、スタートしますよ。

(これは去年のクローゼット。
断捨離して、3割以上、入れ替わっています。
新陳代謝を繰り返すことで、

やがてはお気に入りばかりの

最強ワードローブになります。)
 

ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけると、

更新の励みになります。いつもありがとう(^^♪

 


テーマ:

おはようございます。


昨年の断捨離マラソンに、

なかなかいいことを書いていたので、

転載します。


『マラソンがスタートして丸1週間です。

リズムがつかめてきましたか?

それとも、すでにダレちゃったかな?

そんな時は、ちょっとだけ自問してみましょう。

「誰のためにやっているのか。」

家を片づけたい、
断捨離してみたい、
マラソンに参加したい…と思う人は、
なにかしら現状を憂いています。

部屋が散らかっている、
汚部屋から脱出できない、
毎日、笑顔でいたいのに、怒ってばかり、
いろいろな枠に囚われて、ちっとも身軽じゃない、
自分を好きになれない…。

つまり今の現状を変えたい、
自分が変わりたいのです。

そんな想いがあったとして、
それを実現してくれるのは、
行動の力しかありません。

ただじっと座って、嘆いていても、
日がな一日、悩んでいても、
現実はなにひとつ変わりません。

変えたいなら、変えていこう

それはどんな方法であってもいいのですが、
断捨離という、目の前にある、見えるモノから着手する、
とても簡単で分かりやすい方法は
いかがでしょうかうへ

変わりたいなら、行動しよう



では、今週もはりきっていきましょう。

断捨離マラソン2016・No.9「トイレ」

トイレは小さな空間です。

モノの量も、そんなに多くはないはず…。


今日は楽勝かな?

① 使えないモノ

② 使っていないモノ

③ 使いたくないモノ 

明確に区別するのは難しいかもしれませんが、

少ないながらも、ひとつひとつ

問いかけてみてくださいね。

空になった芳香剤の容器、

トイレットペーパーの芯、

しなびた観葉植物、

多すぎるストック、

ほこりをかぶった置物、

壁のポスターや日めくり、
風景になってしまっているモノはありませんか?

ドアの部分に、
富山弁のポスターが貼ってあるお宅がありました。

相撲の番付表のように、

横綱級から序ノ口級まで、

富山弁が一覧になっています。

便座に腰を下ろしたら、
ちょうど目の高さ。

毎日、何度も何度も見ているのですが、
富山出身のご家庭ではありません。

富山弁にも
特別の思い入れはないとのこと。

それって…。まったり

そして、時々受けるのが、
「トイレブラシはどうしたらいいですか?」
という質問です。

はて?…どうしたらいいでしょう。

私は「貴方はどうしたいのですか?」
聞くようにしています。

なぜなら、そのトイレブラシは、
私のモノではなく、貴方のモノだから。

使うも、捨てるも、
持ち主の気持ち
次第。

誰かの許可は必要ありません。

…でも、トイレブラシを使いたいのか、
使いたくないのか…なんて、
これまで、考えたこともありませんよね?

そういう無意識でしていることに、
光を当てて、自分の気持ちを尊重するのが、
断捨離流です。

別に素手で掃除をするほうが、
エライ!…なんてことは、
全然ありません。

貴方が選べばいいのです。

トイレマットやスリッパも同じですね。

使いたければ使えばいいし、
要らないと思えば、処分すればいい。

断捨離とは、モノと向き合うことで、
自分の気持ちに耳を傾ける練習なのです。

余力がある方は、お掃除もしてみましょう。

なんといっても、女神さまがおわす場所、
不浄にしておいたら、
女神さまが家出しちゃいますよ。




ブログランキングに参加しています。

↓バナーをクリックして応援していただけると、

とても嬉しいです。いつもありがとう(^^♪


テーマ:

おはようございます。


断捨離マラソンに、

たくさんのコメントを頂戴しています。


全然お返事ができていませんが、

全てありがたく読ませていただいています。


リブログもいっぱいしてもらって、

本当にうれしいなぁ…。


一方通行ではなく、

報告や感想をいただけることで、

私自身もモチベーションがあがります。


みなさまからの報告の中に、

「断捨離マラソン、楽し~~音譜という記述がちらほら。




これ、いいな・・・と思うのです。


楽しいって、最高のスパイス。


やらなくちゃ…という義務感で、

しぶしぶやるのと、

楽し~~と弾みながらやるのでは、

同じ断捨離でも、結果が違ってきます。

勉強しなさい!…と言われ、

チェッと舌打ちしながら机に向かうのと、

目標があるから、勉強しよう…と

自発的に頑張るのと、

しっかり身につくのは、どちらでしょう?


同じことですよね。


なにが「楽し~~音譜」を呼び起こすのか。


私はそこを探求してみます。


さて、本日のお題です。


断捨離マラソン2016・No.6「カップ・グラス」




飲み物に使う器です。


カップ&ソーサー、マグカップ、

湯呑、ワイングラス、

冷酒用グラス、盃、

タンブラーなど。


飲み物つながりで、

ティーポット、急須、

デカンター、徳利なども含めましょう。


手順は同じです。


① 使えないモノ

飲み口が欠けている、

取っ手がとれている、

ヒビが入っている、

塗装がはげている、

変色が激しい。


② (使えるけど)使わないモノ

同じような用途・サイズがたくさんあって、

出番がほとんどない、

子どもが大きくなって卒業した、

キャラクター模様のプラスチックカップ、
用途が著しく限られる、

食のスタイルにあわない。


③ 使いたくないモノ

つまり好きじゃないカップ・グラス。


頂き物の定番です。

相手の好みで選ばれた品は、

自分の好みにフィットするとは限りません。

くださった相手の気持ちを慮りすぎて、

自分の食器棚は、使いたくないカップやグラスで、

ギュウギュウの満員電車状態…って、

なにか間違っていませんか?


これは以前の我が家の朝食専用カップの引き出しです。

朝食専用…ってまったり

飾り棚には、
お客様用やティータイム用の、

もっと場がきくヤツが
ずらっと並んでいました。

お前は1日、何回、

ティータイムをするつもりだ?…って感じ。


量に対して、まったく無感覚でしたね。


大量のカップの中に、

好きではないカップや、

どうでもいいカップも

ぬくぬくと紛れ込んでておりました。

針を隠すなら、藁山の中…。


量が多いということは、

自分の好きや必要を見えづらくします。


どうせお茶やお酒を飲むのであれば、

好きだな~~と思えるカップやグラスを使って、

美味しく楽しく美しく飲みたいものです。


実は、ワタクシ、

先日の東京で一瞬で恋に落ちるような、

カップと出会いました。


ちょっと禁断の場に手を出しちゃった感もありますが。


後日、別記事で、紹介しますね。



いつもクリックしてくれて、ありがとう。

更新の励みになっています。



テーマ:

おはようございます。


雨があがっていますね。


It's about time!


英語でいうならこんな感じかな。


もういい加減、晴れなきゃダメっしょ…みたいなニュアンス。

昨日は雨の中、

業者の方が、生垣の剪定をしてくれました。


夏の間に伸びすぎた枝を払い、

もさもさになった葉を間引き、

全体のシルエットを整える作業です。


庭師さんが3人がかりで2時間くらい。


軽トラの荷台が、

刈り取ったものでいっぱいになりました。


家の中と同じで、

それだけの不要物が出ていったことになります。


もちろん、すっきりしましたとも。


見晴らしがよくなり、

空間が大きくなったようにも感じます。


そろそろ秋の球根を植えようかなチューリップ赤


それでは、本日のお題です。


断捨離マラソン2016・No.7「洗濯機周り」




掃除・洗濯・炊事…と言うように、

洗濯は3大家事のひとつ。


毎日、洗濯機を回すご家庭も多いでしょう。


我が家も、子どもたちが、

中・高生だった頃は、

部活のウェアの洗濯に追われていました。


息子はサッカー部だったので、

砂や泥が繊維の奥の奥までめり込んだストッキングを、

難儀して洗っていました。

(しかも臭い!)


洗濯槽の底がじゃりじゃりになったっけ…。


あの頃は、もう!怒…とプンプンしていましたが、

今となっては、それも懐かしい思い出です。


貴方にも、いつか必ず、そんな日が訪れます。

あ~~、あの頃は、毎日、毎日、

洗濯に追われて大変だったなぁ…と

過去のこととして懐かしむ日が。


永遠に続くわけじゃない。


だから、頑張って、洗濯してね~~~。ファイト


…という風に、

稼働率の高い洗濯機周り。


よく使うということは、

それだけモノもたまりやすいというこです。


(写真提供:断捨離トレーナー・中場美津子)


まず洗剤類をチェック。


通常の洗濯洗剤のほかにも、

お洒落着用とか、頑固な汚れ用とか、

上履き用とか、襟・袖口用とか、

漂白剤とか、柔軟剤とか、

糊付け用とか…。


全部、本当に使っていますか?


全部、本当に必要ですか?


ストックの量は適正ですか?


洗濯カゴの底に、

緊急ではないので、いつか洗おう…と

保留している洗濯物が、

もうかれこれ1ヵ月、
…いや3ヵ月なんてことは?


一定期間、
なくても困らなかったわけですよね?


その「いつか」はいつですか?


洗濯とは全然関係のないモノが、

ただでさえ込み合うこの場所で、

幅を利かせていませんか?


① 使えないモノ

② 使わないモノ

③ 使いたくないモノ


3つのポイントに照らし合わせて、

不要であれば、処分しましょう。




それと、洗濯機の蓋の裏側は、

けっこう汚れているものです。


洗濯槽のクリーニングをする時は、

蓋の裏もお忘れなく。

右矢印汚くても平気だった(汚画像注意)

昨日も、たくさんのクリック、ありがとう!

とても励みになります。
↓今日もよろしくね(^^♪



テーマ:

おはようございます。


大名旅行も終わり、

今朝は自宅から。

新しい発見や

思うところも多々ありましたが、

それは長くなるので、

また別の機会に。

帰宅して、すぐ、

カトラリーチェックをしました。


夏前にも一度やっているので、

ないかな…と思ったのですが、

割りばしが増えていたので、

5膳、断捨離です。

すべて、「ニュー狸」の割りばし(^^ゞ


ニュー狸は、近所の洋食屋さん。


真っ黒な焼き飯が、超絶お気に入り。


…最近、私はご無沙汰ですが、

私が留守の時、夫と息子が、

足繁く通っていたようです。

テイクアウトに、

必ず割りばしがついてくるけれど、

結局、自分の塗り箸で、食べちゃう…。


そう、私だけでなく、

家族も、割りばしは不要なのです。


割りばしは断る…を、

我が家ルールにしておかないとね。


では、6日目のお題です。


断捨離マラソン2016・No.6「下着」

突然ですが、質問です。


今日、貴方はどんな下着を、

身に着けていますか?


こんな不躾なこと、

普段、人に聞かれることは、

まずないでしょう。


見せびらかすものでもないし、

どんな下着をつけているか、

人に知られることは、

ほとんどないのでは?
(一部の場合をのぞき(^^ゞ)


誰にも分らない…。


それが落とし穴です。


誰にも見られない、

誰にも分らない、

誰にも知られない、

…だから、注意を払わない。


そんな連鎖が起こっていませんか?


もし、万が一、貴方が、

ゴムがびろ~~んと伸びて、

毛玉だらけのくたびれた下着を

着ていたとしても、

誰にも気づかれません。


ですが、貴方は知っています。


貴方はちゃんと知っているのです。


それはとりもなおさず、

人に見られなければ、どうでもいい、

つまり自分の感覚よりも、

人にどうみられるかのほうが大事…と

言っているようなもの。

では、ここで考えてみましょう。


貴方にとって、一番大切なのは誰ですか?


赤の他人?


それとも自分?


自分と答えた方は、

人の目よりも、

自分の目を気にしたほうがいいです。

「自分を大切にする」


巷でよく聞くフレーズです。


外側のことから、内側のことまで、

様々な段階がありますが、

自分のことを大切にしている人は、

ヨレヨレの下着を自分に与えて、

平気ではいられないのでは?


もし、万が一、貴方が、

ゴムがびろ~~んと伸びて、

毛玉だらけのくたびれた下着を

身につけていたとしたら、

その下着を着る度に、目にする度に、

「私はゴムがびろ~~んと伸びて、

毛玉だらけの下着がちょうどいい存在」・・・と、

潜在意識にゴリゴリ刷り込んでいるのと同じです。


こんなことをしていては、

セルフイメージに、

よい影響を及ぼすわけがありません。


ではチェックしますよ。


下着は、パンツ、ブラ、肌着まで。


靴下系はまた後日。

① 着られない下着

ゴムが伸びて、ずり落ちてくる、

生地がすりきれている、

毛玉がいっぱいついている、

破れ、ほつれがある、

サイズがあわない、

変色している、汚れがとれない、

そんな下着。


② 着ない下着。

着ることはできるし、

洗濯して出番を待っているのに、

なぜか手が伸びない、

そんな下着。


肌触りが悪い、

着心地が悪い、

保温性がよくない、

逆に暑すぎる、

生地がつっぱる、

かゆくなる、

肩ひもが長すぎる・短すぎる

丈がながすぎる、

裾が丸まる、

締め付けすぎ…といったところでしょうか。


③ 着たくない下着

ダサい、古臭い、

デザインが気に入らない、

セクシーすぎて落ち着かない、

身に着けることが、嬉しくない…、

そんな下着。


直に肌につける下着は、

貴方に一番近い衣類とも言えます。


見えないからこそ、

自分にしか分からないからこそ、

貴方にしかケアできません。


下着の見直しは、

自己肯定感アップにつながります。


これまで下着には無頓着で、

そう言われてみれば、古いモノばかり…と、

気づいちゃった方は、

これを機に新陳代謝を図るのも

よいかと思います。


驚くほど、気分が変わりますよ。



断捨離マラソンは、

↓クリックの応援、絶賛歓迎中です(^^♪