いつものように善行は、朝5時に起きると、素早く身支度して、朝の散歩へと

出かけました。

夏といえども、早朝は、清々しい空気に満ちていて、それだけで、気分も洗われるよう・・・

善行は、まだシンと静まりかえった商店街を抜けて、いつもの、小さなお社のある神社へと

むかいました。

 

  もちろん、全く人通りがないわけではなく・・・・・

角のパン屋さんは、早くから仕込みに入っているし、

魚河岸に仕入れに行ってる寿司屋の大将や、将棋仲間のやっちゃんや・・・・・・・

最近 出戻ってきたちょっと気の強い、美人の花屋のカヨコさんも、

シャッター半開きにして、店の前に、ミニバン止めて、仕入れに出かける真っ最中。

善行は、そんな商店街で働く人たちを見るのが、好きなので、わざと早歩きで、

その前を通り抜けます。

そうすると、この町自体の活力を感じられて、

よし!今日もがんばるぞ、という気持ちにさせられるのです・・・

 

「お、ゼンコーさん、お散歩かい?」

顔見知りの新聞配達に声をかけられ、善行は大きく手を振り、

「お、ご苦労さん!今日も暑くなりそうだね」

などと、声をかけていました。

  商店街を抜けて、細い道に入ると、さすがにまだ、町は静まりかえっていて、

そこで善行は、歩くペースを少しゆるめ、ゆっくりと田んぼの側を歩いていきます。

田んぼのわきに咲く、小さな草花を眺め、スズメが一斉に飛び立つのを、

眺めたりして・・・

そうして、大きく深呼吸しました。

 

どくしゃになってね…

にほんブログ村 小説ブログ ノンジャンル小説へ
にほんブログ村
人気ブログランキング 

 

 

AD