見知らぬ男が、にこやかな顔をして、岸本先生に近付いて来た。

先生は、突然のことに、戸惑っていると、男はずかずかと、遠慮会釈なく、

目の前にやってきて、

「アンタ、そこの雑貨屋で、聞き込みしていただろう。あそこの、まっちゃんが、教えて

くれたんだ」と言って、ニコニコしつつ、当然のような顔をして、真向かいに座った。

一人で、考え事をしていた先生は、内心

(しまったぁ~田舎だということを、忘れてた・・・)

と思った。

あちこちで、おばあさんの写真を見せて、聞いて回っていたから・・・

「知らん」と言いつつ、知り合いに速攻、情報がばらまかれたのだろう・・・

(まるで、指名手配犯のようだ)

先生は苦笑いをして、目の前の男の顔を見た。

 

 七夕で会って以来、突然消息を断ってしまった、老女。

あらゆる手を尽くしたにもかかわらず、一向にその手がかりが、

現在にいたるまで、見つからない。

まるで、その存在が、この世から、消えてしまったかのように・・・

誰一人として、彼女のことを、覚えているものは、いなかった。

なのに・・・

岸本先生は、あまりの展開に、一瞬ポカンとして、目の前の男を、見つめた。


にほんブログ村

AD