恋愛総合商社『Department Romance』代表・草加大介です。

日本で初めてナンパを教える塾「ナンパ塾」、同じように日本で初めての婚活セミナー「結婚対策塾」(現在は「恋愛駆け引き、口説き塾」としてリニューアル)、そして「恋愛塾」(男女共通講座)で講師を務めています。

打倒、離婚塾!をスローガンとする日本初の「別れさせない屋」も開業し、悩める独身の男女や父母を愛する子供たちのために復縁業に取り組んでいます。

著書やDVDも発売され、テレビや雑誌でも紹介されています。

職業ナンパ師・生涯ナンパ師のそんな自分が男女に恋愛のアドバイスをしたいと思っています。

注意はしていますが、このブログや以下のホームページに誤字等があるかもしれません。間違いがもしあれば、多くの人に迷惑をかけたくないので、気軽に会社まで連絡ください。

「ナンパ塾」「恋愛塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」「結婚対策塾」「別れさせない屋」「復縁塾」は『Department Romance』の登録商標です。

商標を侵害する悪質な個人や類似業者にご注意ください。



恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/
草加大介 公式チャンネル
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
「ナンパ塾」「恋愛駆け引き、口説き塾」HP
http://http://www.daisuke-souka.com/
「恋愛塾」(男女共通講座)HP
http://www.renai.be/
「復縁塾」(男女別教室)HP
http://www.renai.bz/
「子供の結婚対策塾」HP
http://http://www.bridal.cm/
「別れさせない屋」HP
http://www.renai.asia/
「恋愛電話相談サービス」HP
http://www.renai.in/
「自社制作販売DVD」HP
http://www.renai.jp.net/


過去のブログ(JUGEM)
http://daisuke-souka.jugem.jp/

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2016-11-30 15:21:06

生前退位~Never Mind The Bollocks!

テーマ:ナンパ塾

やってらんねーなー!

 

畜生だな!

 

芸能人の覚醒剤、韓国大統領のスキャンダル、原発、憲法第9条の議論・・・・・、テレビでは連日、こんな報道ばかりである。

 

元政治家もキャスティングされてこんな話ばかりやっている。

 

こんなのはどうでもいいんだ。

 

連日、生前退位について報道されてなければ可笑しいと俺は思うんだけどね。

 

世間的な俺のイメージの問題もあるし、バカバカしさにも俺はこだわりたいし、立場を考えても俺がこんなことを言うべきではないから、ずっと黙ってるんだけど、嘆かわしいよな~

 

 

生前退位についての一番の争点は天皇が神か人間かということである。

 

人間が辞めたいと言って後継者に自分の地位とかを譲るってのは何処の世界にもある話で問題ない。

 

だけど、神様が自ら辞めたいって普通は言うかね?

 

さっきも述べたけど、争点は神格天皇か人間天皇かだが、生前退位を容認することは人間天皇の容認に他ならない。

 

そうなると、天皇は我々国民と同じで、自由、平等、権利という主張が可能になるし、陛下自身が退位を希望されて主張されることも問題ないし、だけど、それはつまり我々と同じ存在であって、完全に信仰の対象ではなくなり、美の象徴の完全崩壊である。

 

今更こんなことを言ってるけど、敗戦時に天皇が人間宣言をしてしまった。その時からずっとこの国は信仰の対象がなく、国として体を成していないのだ。

 

 

有識者が怪しい奴だらけってのはこのブログを読む皆様もよく知ってますよね?はっきり言ってヤクザよりもずっと悪いです。

 

有識者の中に生前退位を容認する奴がゴロゴロいる。

 

彼らが悪いのはまあともかく、生前退位容認を「多数決」で決めたとしたら変じゃね?

 

「多数決」は民主主義に基づく、東洋にとっては無縁かつとても害がある思想ですよ。

 

まだ「多数決」で決めるかは解らないけど、世論調査とかを報道するのは本当にやめて欲しい。

 

 

 

敗戦時に天皇が人間宣言しても我々日本人のDNAには歴代の神格天皇が入り込んでいる。

 

しかし、それが崩壊したら日本の恋愛関係も家族関係も対人関係も完全に崩壊するだろうし、現実に今、皆さんの周囲でもどんどん崩壊してるでしょ?

 

俺はナンパ本の著者だけど、皆さんの恋愛関係や対人関係をこれでもずいぶん心配してるんですよ。

 

だけど、肝心の皆さんが無関心なら、俺は「やってらんねー」って言いたくなる。

 

俺はセックスピストルズじゃないけど、「Never Mind The Bollocks!(=勝手にしやがれ!)」って気持ちになるよ。・・・・・

 

皆さんの恋愛も結婚も家族関係もこれからどうなるか、本当に憂鬱だな。

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
http://www.daisuke-souka.net/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-29 14:20:27

事務所が移転しました Department Romanceからのお知らせ

テーマ:復縁塾

事務所が移転しました。新しい住所は以下です。電話番号は変わりません。各サイトも近日中に住所を書き換えます。よろしくお願い申し上げます。

 

〒104-0061

東京都中央区銀座2-14-5 8F

 

※旧住所でも当分の間、郵送物は転送されます。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-22 00:17:55

リアル 力石徹~あしたのジョー

テーマ:ナンパ塾

またまた悪ふざけやってます!「葉隠」のメンタリティで。

 

 

 

 

 

 

 

動画の説明文を以下に明記します。

 

the music of presidents : lyric
  Kennedy、Johnson、Nixon、Ford、Carter、Reagan、Bush、Clinton、Bush、Obama、Trump
Do you think best lyric ? I think very best lyric ! I am great writer of Japan !!

 

 

boxing!defense!samurai!!

 

http://www.daisuke-souka.net/
http://ameblo.jp/daisuke-souka/
https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/
http://http://www.daisuke-souka.com/
http://www.renai.be/
http://www.renai.bz/
http://www.renai.jp.net/

 

 

 

 

草加大介 公式チャンネル
 

https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-21 14:25:15

アルバイト募集~Department Romanceからのお知らせ

テーマ:恋愛塾

数名のアルバイトを募集します。年齢は40歳位までの男女です。学生も可能です。勤務地はJR及び東京メトロ半蔵門線 錦糸町で駅から徒歩1分です。詳細は以下です。働く側にだいぶ配慮した勤務です。このブログの読者のみならず、ブログ読者の周囲の人にもぜひ勧めてみてください。

 

http://renai.bz/schedule/

 

時間:水曜日~金曜日まで週1日で6~8時間勤務(休憩は1時間、残業はなし)ですが、働く日や勤務時間は前の週に希望を伝えてください。毎週同じ曜日に勤務しなくても大丈夫です。仕事内容は各々の適正や経験を考慮した内容を与えます。介護をしている方や子育て中の主婦にはできるだけ便宜を図ります。マイナンバー制などでダブルワークが困難な方も気軽に問い合わせてみてください。すぐに働けない方は勤務開始時期も応相談。

 

給与:試用期間の3ヶ月は時給900円、以降は1,000円。交通費は全額支給です。

 

内容:雑務及び一般事務(パソコンを使っての作業)

 

以下の10項目に一つでも該当する方をできるだけ優先採用を考えていますが、それよりも本人のやる気や性格が重視です。

 

・経理業務の経験者
・広告関連の仕事の経験者
・映像関連の仕事の経験者
・芸能界での仕事の経験者
・ブライダル関連の仕事の経験者
・婚活関連の仕事の経験者
・デザインの仕事の経験者
・飛び込み営業の経験者
・パソコン教室での仕事の経験者
・YouTubeを中心とする動画配信、ムービーメーカー、映像編集、ウエブ制作の仕事の経験者、メルマガ、SEO等の知識や経験がある方

 

 

 

まずは事務所(03-3546-2132)に気軽にお電話ください。

 

1998年創業、弊社HP(今後も業務は拡張予定)

http://www.daisuke-souka.net/

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-15 14:29:34

『Line通話特別授業』プロローグ

テーマ:ナンパ塾

12、13日に『Line通話特別授業』と『「ナンパ塾」マニュアルシリーズ解説講座』を開催した。

 

 

マニュアルシリーズの授業は2回目なので、Line通話の授業の詳細を伝えたいと思う。

 

 

今だから明かすが、この講座自体は8月頃から準備に取りかかっていた。

 

 

実際に俺が女とやり取りした通話内容をテキストに起こしたいのだが、それが俺自身も予想外で簡単ではなく、携帯電話会社まで直接行っていろいろ教えてもらったり、パソコンの修理を請け負う会社を何社も訪ねたりしながら大苦戦した。

 

 

その後、どの女との会話内容でどれをテキストに採用するかを考えなければならないし、生徒たちに見やすくかつ解りやすく編集しなければならない。

 

 

数時間の授業で高額だと思ったブログ読者もいるかもしれないが、自分自身が稼動した時間だけ考慮してもとんでもない赤字の講座なのである。当日、教室に入った生徒たちのほとんどは積み重なったテキストの一部を眺めながら着席したが、講義の冒頭、テキストを配布する前の段階において「自分自身の女とのラインの通話内容と比較すると、授業をやる前に完全に駄目だって解るだろう?」と俺が口にすると、ほぼ全生徒が思い切り苦笑した。ちなみに、大半の生徒が元卒業生で受講前はモテなかったが、現在はバリバリにナンパをやっている者ばかりである。

 

 

偉そうに語るのは抵抗があるが、普通の男では教えられない内容でもあるし、どれだけ赤字かを考えると本当に頭が痛い。それは翌日の講座も同様だが、社会貢献とか読者へのサービス精神とかがどこかにないと、会社経営は限界があるはずでやむを得ない話だ。そんな状況で補助椅子を出すまで生徒が集まったのはとても嬉しかった。

 

 

バリバリにナンパをやっている生徒から「どんなライン通話をやっているか携帯をみんなに見せろ!内容も添削するから」と言うと、見せた生徒全員に駄目出しをしながらその理由について『「ナンパ塾」究極デートマニュアル』第8章を開かせながら論理的に解説した。講義が終わる頃、全生徒がとても喜んでくれて最後に質問を受け付けると、はじめて俺の塾に参加した生徒が俺の元彼女と職場の同僚と聞いた。いろいろな女に手を出しているから付き合った女を知る者と出会うかもしれないと感じながら、「あの女は今、何やってるんですか?」と俺が尋ねると、結婚して子育てしていると聞きたかったが、金融業界が苦しい時期に会社が倒産したから解らないと言われた。

 

 

講義終了後、卒業生の近況を聞きながら、全員で俺の「口説き塾」のメールの授業を受けたことがないならこの授業に参加しないのは解るが、受講した卒業生で来ない奴はどうしてなのか?という話で議論が交わされる。「自分のライン内容が問題ないって思い込んでるからじゃないですか」と教育関係の仕事に携わる生徒が言ったが、俺としてはもっと根幹に関ることで『どうしてそう自信が持てるのか?』を意見してもらいたかった。

 

 

女でもいるだろう。合コンでも飲み会でもパーティーでもキャバクラでも至るところで、男に対してどうしてそう自信が持てるんだ?って女をブログの男の読者のみならず、女の方もよくご存知だろう。このような女は決まってババアになると焦りはじめて、自分が問題を抱えているとは思わずに周囲の男に問題があるとイライラしながら責任転換をする。(最後は諦めてイライラしなくなるのが特徴だが。)アホな男はこういった女の病理と同様に自らも別種の病を抱えていて、頭が狂った女と同じ考えで、彼女たちが男に恵まれないのは本当に周囲の男が問題と信じ込んでいる。

 

 

10月2日のブログで夏目漱石の『硝子戸の中』の引用を紹介したが、女の病理はともかく、思い込みが激しい男の病理についてはさすがに漱石で、この日本を代表する古典作家が重要なことを示唆してくれている。・・・・・・・・

 

 

昨日はまた整形外科に行ったりで仕事が滞ったが、夜に通学中の生徒でラインの授業にも出席した生徒に連絡するべきことがあり、電話をすると、「彼女からのラインのレスが今までと違って異様に早くなりました!」と感謝された。あの授業を参考にすれば、女心はときめき、喜ぶに決まっているから当然のことで、講義に参加された方々は彼と同じように受講の効果を今後どんどん実感してもらいたいと思っている。

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ


http://www.daisuke-souka.net/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-11 15:59:26

「習うより慣れる」ーこの認識が常に美徳か?

テーマ:ナンパ塾

明日と明後日は既に告知している講義の開催日です。

 

12日土曜日:「Line通話特別授業」詳細は以下。時間は15~18時に変更です。お間違えのないように。

 

http://ameblo.jp/daisuke-souka/entry-12210627512.html

 

13日日曜日:「ナンパ塾」マニュアルシリーズ解説講座」詳細は以下。

 

 

http://ameblo.jp/daisuke-souka/entry-12207187766.html

 

事務所窓口(03-3546-2132明日13時まで受付対応しています。当日現金持参でもOK、書籍を未購入の方は会場でも購入可能です。

 

 

「習うより慣れよ」という言葉がありますが、この理想的な言葉に執着してもしようがないです。「慣れるより習う」で合理的な知恵を頭に入れて効率的な結果を出すことも手段の一つです。それがプライドを傷つけるという発想は文字通り傷つきやすい自尊心を問題と本人が受け止めるべきではないでようか。気難しいことはともかく、自分に悩みを解決するお手伝いをさせてください。男女問わず、自分と同じように異性関係が楽しめる人生をぜひ一緒に満喫しましょう!

 

 

 

草加大介 公式チャンネル


https://www.youtube.com/channel/UC5llH-l5z5zSm8AEfeWt4bg/

 

~明日と明後日が重要な講義で、ブログの書き込みについては遅々として本当に申し訳ないです。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-11-10 00:42:15

今発売中の週刊ポストにコメントが掲載されています

テーマ:ナンパ塾

少しブログの更新が停滞してしまった。

 

今年の2月に肩を怪我して全治が1年~1年半と言われた。

 

整形外科と接骨院、両方で治療を受けているが、どちらからも自力でのリハビリが一番大切と言われて、言われた通りにリハビリを継続していた。

 

どちらの病院の医師からも「こんなにリハビリを頑張る患者はいませんよ」と言われて、俺はあっけにとられた。リハビリはいつもクタクタになる。「そうなんですか。他の患者さんたちは、こんな感じではないんですか?」と返すと、思い切り首を左右に振られた。経過はかなり良好だが、医者に通うのがとにかく面倒くさいのだ。どちらも自宅から近くない病院でもあるし。

 

これ以外にたまたまだが、ブログが停滞している最中に歯科とコンタクトレンズを紛失して眼科にも行く。

 

更に、もっとややこしいのが、掃除機が壊れて買いに行ったり、パソコンのプリンターも不具合で正常に戻すのに時間がかかった。

 

その期間中、マスコミ関係の人といろいろな打ち合わせや「恋愛電話相談サービス」の対応や「別れさせない屋」の見積もりを出したり、そしてもっとも手が抜けないのが今週の土曜日に開催するLine講座のテキスト作成である。

 

これだけ集中していろいろあると、ブログの更新はサボると言うよりも時間の捻出が物理的に無理である。申し訳ないが、停滞に関しては浮気を悟られた女の前での言動と一緒でもう居直るしかない。・・・・・

 

浮気がバレたときと同じように誰から同情されてもおかしくない日々を過ごしていたため、とにかく連絡事項として皆さんに以下の3点を伝えたい。

 

一、ブログの更新は滞ったが、俺の著作物を読んで俺のブログに興味を抱いた人は古い順にブログに目を通すので、今回よりも先に書くべき内容があり、過去の日時にさかのぼってブログを明日以降に書き加えます。

 

一、今週の土曜日と日曜日は特別講座で色々なお土産や差し入れがあると思われますが、最近日本酒は辞めようと考えています。もう用意をした方がいるかもしれませんが、それは大変ありがたく飲ませてもらいます。しかし、今後は醸造酒は控えたいので、蒸留酒にしていただければ幸いです、(この理由は後日、詳しく書きます)

 

一、今発売中の週刊ポストのセックス特集でコメントが掲載されています。ぜひみてください。

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ
 

http://www.daisuke-souka.net/

 

~心境が表れているのか、ブログの文体が普段と違って角がないと自分で思う。

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-31 00:00:00

9月22日(祭日)の特別講座 解説7

テーマ:恋愛塾

ちょっと気休めで少し恋愛とは関係ない話をテキスト公開6の引用でしたいと思う。

 

恋愛以外は専門外だから語りたくないが、とりあえず個人事業主を18年やっている立場から心境を吐露したい。

 

仕事でほとんどの男が築き上げた収入や地位にしがみついて、それを失わないように苦しんでいる。好きでもないことをやって辛い思いをしているのだ。

 

奥さんや子供がいるなら最低限のことはやらなければならないだろうが、収入や地位に執着して自分の人生の時間を無駄に浪費して何になるんだろうとよく思う。

 

いつ辞めてもいいという気持ちで仕事を続けるのと、そう考えないで仕事をやるのでは職場に長居は出来ても周囲の人たちと関係がギクシャクするのではないだろうか。仮にそうでなくても仕事が楽しくないのは明らかだ。

 

(なお、楽をしたいという動機に基づいて収入が低く、心から楽しめない仕事を撰べる奴はもっと人が離れるだろうし、より仕事が楽しくないどころか人生も楽しくないだろう。これは他人に平気で迷惑もかけられる論外な奴だ。)

 

目の前にいる女に執着する男は、どれだけその女に逃げられやすいかは豊富な恋愛経験からしか解らない。

 

恋愛に限らず、何にしても生に執着すること、つまり喜劇である滑稽崇拝は本末転倒に陥るし、こういった考えの相手との人付き合いは極力避けたい。女なら「遊び用」に重宝したいが。

 

こんなことまで指南してくれる『葉隠』は、いつの時代でも何に関しても便利な実用書である。

 

恋愛でも使えるが、仕事で悩んだ時にも怪しい著者や新自由主義思想の恩恵を受けた、本当に幸せかどうか解らない成金経営者が書いた実用書や仕事のマニュアル本よりもずっといい。

 

 

 

 

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ


http://www.daisuke-souka.net/

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-30 10:28:32

12日土曜日、13日日曜日の特別講座に関する連絡事項~重要

テーマ:ナンパ塾

連絡事項

 

一、以下の今月12日(土曜日)に開催される「ine通話特別授業」の講義時間が14時~17時になっていますが、飛行機を使って出席希望の一部の方からの要望により、講義時間を15時~18時に変更します。

 

http://ameblo.jp/daisuke-souka/entry-12210627512.html

 

 

 

二、以下の今月13日(日曜日)に開催される「ナンパ塾」マニュアルシリーズ解説講座」は昨日、満席になりました。ありがとうございます。大変申し訳ありませんが、明日以降に申し込まれる方は補助椅子で受講していただくか、立って聴講していただきます。この状況を踏まえて前回は休憩時間がかなり短かったのですが、立って受講される方に配慮して休憩回数と時間を増やします。

 

http://ameblo.jp/daisuke-souka/entry-12207187766.html

 

 

受講して満足していただく自信は300%ありますが、仕事や地方在住の方は出席が容易でなく、受講したくても難しい方も多いと思います。今回の授業の根幹とは異なりますが、ブログにより、テキスト公開5と6の解説に強く関心を抱い方は少なくないかもしれません。この部分は以下の商品でもじゅぶん学べるので、同様のテキストを使用しての解説はありませんが、知っているかどうかで対人関係も恋愛関係も大きく変わります。出席が厳しい方はぜひ購入していただければと思います。

 

自社制作販売DVD

 

http://www.renai.jp.net/

 

 

 

 

社名を「Department Romance」にしましたが、今後もサービスを充実させて男女双方、皆様のお役に立ちたいと思っています。書籍の執筆もその一環と考えています。努力を尽くしますので何卒よろしくお願い申し上げます。

 

 

恋愛総合商社『Department Romance』公式ホームページ

 

http://www.daisuke-souka.net/

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
2016-10-28 11:36:53

テキスト公開7

テーマ:恋愛塾

『虞美人草』一番最後、終わりの部分 夏目漱石・新潮文庫


 問題は無数にある。粟か米か、これは喜劇である。工か商か、これも喜劇である。彼の女かこの女か、これも喜劇である。綴織(つづれおり)か●●(しゅらん)か、これも喜劇である。英語か独乙語か、これも喜劇である。凡てが喜劇である。最後に一つの問題が残る。ーー生か死か。これは悲劇である。
 十年は三千六百日である。普通の人が朝から晩に至って心身を労する問題は皆喜劇である。三千六百日を通して喜劇を演ずるものは遂に悲劇を忘れる。如何にして生を解釈せんかの問題に煩悶して、死の一字を念頭に置かなくなる。この生とあの生との取捨に忙しきが故に生と死の最大問題を閑却する。
 死を忘るるものは贅沢になる。一浮も生中である。一挙手も一投足も悉く生中にあるが故に、如何に踊るも、如何に狂うも、如何に巫山戯るも、大丈夫生中を出ずる気遣いなしと思う。贅沢は高じて大胆となる。大胆は道義を蹂躙して大自在に跳梁(ちょうりゅう)する。
 万人は悉く生死の大問題より出立する。この問題を解決して死を捨てると云う。生を好むが故に、死を捨てるべき必要の条件たる道義を、相互に守るべく默契した。されども、万人は毫も生中を脱するの虞(おそれ)なしと自信するが故に、ーー道義は不必要となる。
 道義に重きを置かざる万人は、道義を犠牲にしてあらゆる喜劇を演じて得意である。巫山戯である。こお快楽は生に向かって進むに従って分化発展するが故にーーこの快楽は道義を犠牲にして始めて享受し得るが故にーー喜劇の進歩は底止する所を知らずして、道義の観念は日を追うて下る。

 道義の観念が過度に衰えて、生を欲する万人の社会を満足に維持しがたき時、悲劇は徒突然として起る。ここに於て万人の眼悉く自己の出率点に向かう。始めて生の隣に死が住む事を知る。妄りに踊り狂うとき、人をして生の境を踏み外して、死の圏内に入らしむる事を知る。人もわれも尤も忌み嫌える死は、遂に忘る可かざる永劫の陥穽(かんせい)なる事を知る。陥穽の周囲に朽ちかかる道義の縄は妄りに飛び超ゆべかざるを知る。縄は新たに張らぬばならぬを知る。第二義以下の活動の無意味なる事を知る。而(しか)して始めて悲劇の偉大なるを悟る。・・・・・・  」
 二ヶ月後、甲野さんはこの一節を妙録して倫敦(ロンドン)の宗近君に送った。宗近君の返事にはこうあった。ーー
此所では喜劇ばかり流行る
 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>