少し前に深見東州さんのツイートにこのようなものがありました。




このツイートに関連したところを夕刊フジに掲載された「超一流のサラリーマン・OLになれる本」の書評から引用すると、

具体的な方法論として、「マルコメ味噌の法則」と名付けたゴマすり術をすすめる。マルコメ坊やには髪がない。出家した僧が髪をそるのは私心を捨てるためだ。だからマルコメの法則とは私心を捨て、全ての人のためにゴマをすることを意味する。上にゴマをする人は多いが同僚や目下にゴマをする人は珍しい。そんな全方位のゴマすりができれば必ず出世する。ゴマすりは悪という観念は捨てよと説く。




私も、この「ゴマすりは悪という観念」を捨てて、上司、同僚、目下、また家庭内においても人間関係がすごく改善されました。ご一読をお勧めします。

深見東州「超一流のサラリーマン・OLになれる本」




更新の励みになりますので、是非クリックをお願いいたします!

にほんブログ村 本ブログへ
にほんブログ村
AD

嬉しいキスのシチュエーションは? ブログネタ:嬉しいキスのシチュエーションは? 参加中
本文はここから





嬉しいキスのシチュエーションを考えてみましたが妙に生々しくなってしまったので、代わりに、ほんわかとした妄想キスのシチュエーションを、Twitterの「#彼氏いません」タグから抽出しました。










































ちなみに、こんなGIFもありました。
AD
少し前(2015年2月27日~2015年8月31日)に、たちばな出版さんの「星がる宇宙人銀河鉄道999のラーメンキャンペーン」がありました。



たちばな出版さんHPのキャンペーンの歴史を見ると、1999年からやっていて、

金魚キャンペーンとか、

リストラ粉砕キャンペーン

「天童よしみの魔除けヌードル」キャンペーン

赤影ラーメンキャンペーンなどがあり、YouTubeでは、幻の「仮面の忍者 赤影ラーメン」と紹介されています。



ラーメンはミニサイズなので、小腹が空いたときにちょうどいい大きさです。
また、キャンペーンを期待しております。
AD
深見東州さんのツイートに「言霊の力」について触れた部分があります。私の好きなツイートで、この文章はご自身の著書「恋の守護霊」(第3章の最後)に載っています。

見出しは「言葉を通じて心をコントロールする法」

「心は、コロコロ変わるからココロ」と以前教えていただきました。コロコロ変わるようなものに振り回されないように、言葉を通じて心をコントロールするというのはすごいことですね。

このツイートに関わる前半部分を少し引用してみます。

ところで、「嫌いな人に、感謝の言葉を吐いたりできない。自分の気持ちがともなわないのに、美辞麗句を並べても意味がない」と思い込んでいる人もいるだろう。

心がこもってない言葉は無意味である――それは偽善だ、と思われるかもしれない。
その通り! といいたいところだが、さにあらず。
心はどう思ってもよい。

「こんちくしょう。姑だと思って、いつもいばり散らして、頭にくるなあ。そんなこといわれなくたって、誰でも知っていることだ。バカ!」
心でこう思っても、口と行動では、ちゃんと姑を誉めることが大切である。人も活かし、われも活かすものならば、そのまま口に出すべし。しかし、人をダメにし、自分もダメにする言葉ならば、絶対に口にしてはならない。

心とは裏腹の言葉と行いであっても、その内に真が宿り、やがて、真の心が呼び起こされるのだ。心は常に変わる。その変わりゆく心に対して忠実にふるまうのが、偉いわけではないし、また、それが正しい人生でもない。

心を征して、人もわれも幸福にできることが偉いのである。



深見東州さんのツイート





あなたを強運にする恋の守護霊 (たちばなベスト・セレクション)/たちばな出版

¥1,080
Amazon.co.jp

鍋といえば、常夜鍋

テーマ:
鍋と聞いたらなにを思い浮かべる? ブログネタ:鍋と聞いたらなにを思い浮かべる? 参加中
本文はここから




常夜鍋(じょうやなべ)は、豚肉と ほうれん草をさっと煮て食べる鍋料理。
常夜鍋の由来は、毎晩食べても飽きないことからついたといわれています。

ポイントは、水を入れて火にかけた鍋に、シマヤだしの素を入れ、ほうれん草、豚肉を入れ、さっと煮て、からし醤油で食べること。
からし醤油は、小皿に鍋のだし汁と醤油を入れ、チューブのからしを溶くだけです。

材料: 水、ほうれん草、豚肉、シマヤだしの素(粉末)、からし、醤油。

お手軽で、美味しく、大人数で食べられ、しかも安いというのがいいところ。
もちろん1人で食べてもOKです。

深見東州さんお薦めの鍋でもあります。

自分が死ぬ夢は吉夢

テーマ:
悪夢見たことある? ブログネタ:悪夢見たことある? 参加中
本文はここから




占い師の知人によると、悪夢といっても、人が死ぬ夢、人を殺す夢、自分が死ぬ夢は吉夢だといいます。

あるとき、その占い師は、自分が死を宣告された夢を見たそうです。
「○月○日にあなたは死ぬのよ」と。
しかし、これが吉夢だと知っていた彼は、特に動揺もせず、何が起きるか楽しみにしていたとのこと。

そして、○月○日に何が起きたかというと、
季節外れの人事異動があり、彼は昇進したそうです。

自分が死ぬ夢は、自捨新生をあらわす吉夢なので、死を宣告された夢も同様な吉夢だったのでしょう。

目覚まし時計は6個

テーマ:

目覚ましは本当に起きる時間にかける? ブログネタ:目覚ましは本当に起きる時間にかける? 参加中
本文はここから




朝早く出社しなければならないときに、一度遅刻したことがありました。

その時に、猛反省して目覚まし時計を5個買いました。

その5個は、時間合わせの仕方が各々違うとめんどうなので、5個とも同一機種です。

今まで使っていたものは、ラジオ付の目覚ましだったので、これで合わせて6個。

通常は4個を使い、目覚まし時間を10分ずつずらして、スヌーズ設定しています。

朝早く起きるときや、2~3時間睡眠の時に、2個追加設定し、その2個はいつもとちょっと違う場所に置いておきます。

なぜ、違う場所に置くかというと、朝起きたときに、「今日はいつもと違う」と気づくからです。

特に2~3時間睡眠の時は、「今日はいつもと違う」と気づくことが重要です。「あと5分」などと考えていると、すぐに深い眠りに入ってしまい取り返しのつかないことになるからです。

目覚まし時計を6個にした後は、遅刻をしたことはありません。

いまのところうまくいっています。

以前私が購入したものは、アマゾンにはもうなかったですが、デジタル電波目覚まし時計で、もっと安いものがベストセラー1位になっています。

SEIKO CLOCK(セイコークロック) RAIDEN(ライデン)大音量デジタル電波目覚まし.../SEIKO CLOCK

¥ 991 (2016/02/25現在)
Amazon.co.jp

人に勧めたい本

テーマ:
人に勧めたい本 ブログネタ:人に勧めたい本 参加中
本文はここから




ブログのタイトルが「深見東州を応援する書店員日記」なので、

今の時期、新卒の方や、社会人二年目、三年目の方にお勧めしたい深見東州さんの本があります。

「超一流のサラリーマン・OLになれる本」です。

超一流のサラリーマン・OLになれる本―仕事ができ、才能を生かすノウハウが満載!! (たちばなビ.../たちばな出版

¥1,404
Amazon.co.jp

深見東州さんは、宗教家であり、みすず学苑を創業するなど、カリスマ経営者としても有名です。
普遍的な信仰に基づく経営哲学を持ち、自ら汗をかく実践派経営者ですので、
この本には、仕事ができ、才能を生かすノウハウが満載です。

買ってよかったと思うもの

テーマ:
買ってよかったと思うもの ブログネタ:買ってよかったと思うもの 参加中
本文はここから




一押しは、電気毛布です。

廉価で、電気代も安く、寝るときはポカポカ温かくて最高。

アマゾンのカテゴリ 電気毛布・ひざ掛け部門の1位。

なかぎし【水洗いOK】 敷き毛布 140×80cm NA-023S/なかぎし

2,380円(2016/02/17時点)
Amazon.co.jp


消費電力量(1時間あたり):(強)約31Wh、(中)約18Wh、(弱)約3Wh
電気代(1時間あたり):(強)約0.68円、(中)約0.40円、(弱)約0.07円

標準的なところで、(中)で1日8時間使用すると1か月の電気料金は、
0.4×8×30=96(円)

なんでも3点盛りと言われたらなにを盛る? ブログネタ:なんでも3点盛りと言われたらなにを盛る? 参加中
本文はここから


①ラーメン二郎の野菜増し増し
②ココイチの5辛

③小川軒のレイズン・ウィッチ


とりあえず、思いついたものを書きました。


①は食べ初めはいいんですが、後半になってくると、いつまでたっても「もやし」が減らなくて辟易としてしまう。しかし、なぜかまた食べたくなるラーメン。


②食べている時は、口の中が痛くて、罰ゲームでも受けている感じ。でも食べ終わると、辛さや痛みがしつこく残ることなく、スッと消えていくのがココイチの特徴。また食べたくなるんですよね。


③小川軒のレイズン・ウィッチは、洋酒にほどよく漬け込んだレーズンと、フレッシュクリームをサブレクッキーにサンドした逸品。カロリーが高いのと、賞味期限が短いのがたまにきず。通販よりも新橋で店頭販売しているやつが美味しい。