経済産業省は28日、省庁版事業仕分け「行政評価レビュー」の3日間の日程を終えた。対象とした計25事業のうち、15事業を「廃止」と判定。2事業を「抜本的に改善できなければ廃止」、8事業を「抜本的に改善」することを決めた。廃止とした事業費の総額は2009年度予算ベースで約96億円と、25事業の予算額のほぼ半額にとどまった。
 また、廃止と判定とした事業の一部には、「真に効果のある支援策を検討する」などと、同じ政策目的の事業を新設する可能性が残された。増子輝彦副大臣は終了後、記者団に「予算を組み替えることはあり得る。有効な使い道をしっかり検討したい」と述べており、捻出(ねんしゅつ)される財源はさらに縮小しそうだ。 

【関連ニュース】
経産省、5事業を廃止=省庁版仕分け2日目
参院選への不安相次ぐ=普天間迷走が要因
初日の経産省、6事業廃止=府省版仕分けスタート
事業仕分けの結果(25日)
「安価、便利なサービスを」=裁判関連でも仕分け

橋下知事「都構想への支持ではない…」 微妙な軌道修正の理由(産経新聞)
<囲碁>本因坊戦第2局、久留米で26日から(毎日新聞)
首相、地元と協議し具体化=普天間代替施設(時事通信)
山田党首が杉並区長を辞職=日本創新党(時事通信)
<崩落>洞穴調査中の埋蔵文化財センター職員死亡 富山(毎日新聞)
AD