本日は豊橋で行われたPTクルーザークラブ (PTCC) 全国オフ会

に行ってまいりました。


PTCC全国オフ会は毎年秋に開催され、 我が家は今回で4回目の参加となります。


今年は75台が豊橋の港湾技術センターに集結しました。


                P18




P4  

                    P6



                        P5  


  P9




                           p17


  

         P19






 




                   P14




                           ↓ ベンチシートに換装済。

 P16   P15




 ↓ アメフェスでもお見かけしましたネ。

P13   p12

 


  

         P11








    ↓  ドアの下に亡霊が・・・・   

    P10



P8



                         P7


 ↓ アメ車マガジンさんの取材もありました。 

            1月号(12月17日発売)にて掲載予定

     P24




さて、今回のカスタム・アワードは 中部地区のCAAPさんの愛車 ↓



   P1    P2


    ちゃーんとメーターが動きます。 ステアリングは一個がダミー。

    ホンモノはどっち?







             ↓ ピンストライプ実演販売中。


            P21






P22

   

                          ↓ Cubic Loop 出店販売中。

                        P27



Cubic Loop にて ミニ・フライヤー 購入しました。
P26



                             ↓ PTCC  OBの方。

                            P25




お天気もよく、楽しい一日でした。



運営されているディレクターの皆様、ありがとうございました。
来年もよろしくお願いします。


P20







    






AD

Mustang meet the めんりゅう

テーマ:

10月19日は中部地区マスタングオフ会でした。



まず集合地点に集合後、サージェントDさんお勧めのラーメン屋 【めんりゅう】 へ移動。


    m1




m2    m3



ラーメンめんりゅう とってもおいしゅうございました。

病み付きになりそう!


めんりゅう ウエブサイト





めんりゅうの後、隊列を組んで、池田町の喫茶店ブロックハウスまでミニツーリング。


【ブロックハウス】 はダグラスファーで作られたハンドカットログハウスです。

m4


左側の増築部分はポルシェの格納庫となっておりました。


このあと、まったりと歓談し親交を深めました。


企画運営の「しろます」さんに感謝! 






AD

コルモラーニ in Gifu

テーマ:

10月18日 岐阜市にて行われたコルモラーニというクルマのイベントに行ってきました。


この催しでは国産旧車はじめ外国車のカーショウと市中壮行会が行われます。


来年、カーショウにマスタングでエントリーするかどうかの下見です。


会場はこんな感じ。広々とした芝生の広場でした。


C1  C2



C3



展示車は、とんがったカスタムは少なく、オリジナルに近い車が中心でした。



生産国別にエリアわけして展示されます。


C6  C5



C7




そんな中、私の気になったクルマは・・・・・・・


AC コブラ                        427cu inch エンジン

C8  C9



Chevy 210
C10 C11



バート・レイノルズ 御用達? このクルマは305 cu inch.


C12




======== 国産車編 ======





C22   C18



       C21  

                        C20  

     C19



 C15    C16

 2000GTはこれ以外に9台出展。

 C13   C14


                                C24     

          

     C23


=============== その他外国車 =============



「べし」 ?   いいえ、 イセッタです。


C25   C26


           は~い、ご開帳 ドキドキ


           C27







C34  

                             C29



C28


                            

                          C30




============== 番外編 駐車場で発見!=============




C33      C32

C31






来年、ぜひマスタングでエントリーしたいと思います。

みなさん、よろしく!!


























AD

8月31日に開催されましたMixi 「+05 マスタング コミュ 」の中部オフ会

 (企画・運営 しろますさん) に行ってきました。




まず、豊橋市神野埠頭にあるカモメリアに集合。 この時点で7台のマスタング!



MO2  MO1




MO3


展望台の上から見ると、こんな感じ。


並行輸入車なので、この距離でキーレスエントリーが作動します! 便利!





さて、注目の的は ★。さんが乗ってきた「BULLITT」 です。


故 S,マックイーンが映画「BULLITT」 で乗っていたマスタングを現代版で再生したという車です。


カラーリングだけでなくホイールやグリル細部にわたって再現されております。


最高にかっこいいなぁ。



MO29B   MO30B




この車は並行輸入車なので、私の車同じように、テールレンズがウインカー一体型で赤いのですが


ウインカーを点滅させると、これがオレンジ色に見えます。


その秘密は・・・


MO13


一番右側がウインカーとテールランプをかねておりますが、電球の変わりにLEDがいくつか見えます。


なんと、ウインカーを点滅させるとこのLED群の中で緑色LEDが点滅し、赤色のレンズを通してみると、

これがオレンジ色に見えるんです!?


う~ん、すばらしい。 まねしようかなぁ。





で、しばらくして 第一のスポットへ移動。


決して移動中にバトルなんぞしません。 


MO6    MO5



MO4



↓前方を走っているのはサージェントDさん。  野生馬にまたがり風車に向かうドンキホーテ? 


   MO7




                  ここでしばし休憩。 あちこちに風力発電が。

                     
MO8





============ LUNCH  TIME ==============




ランチは 「食事処むらかみ」 にて。MO33







              MO12


                 おおかます定食。 うまかったー。




ここで赤いマスタングコンバーチブルの「はなさん」が合流。

合計8台になりました。



================================



第3のスポットへ移動。



 
MO31 MO22
 




向かった先は伊良湖港



MO14





そして恋路が浜



MO23     MO25B


 

 ↓ライン 3兄弟


MO24B





赤羽根 にて。 


MO26



最終ポイント 「めっくんはうす」 にて。


MO27





=============== 今回の参加車両 ==============



MO18   MO17

MO16   M015


MO19   MO21



MO20








================ おまけ  ================


帰路途中 豊橋市内のマイミク 「=オザCue」 さんのお店へ立ち寄りました。



MO32

{ CUBIC LOOP }


その後野暮用が控えておりましたので時間が余りありませんでしたが、

アメリカーンな小物を堪能しました。


いやはや、大変楽しい一日でした。


企画運営していただいた 「しろます」 さんに 感謝+感謝です!









ライト チューン +20Hp ! 

テーマ:

FORD RACING から出ている吸排気系チューンアップ キットで マスタングの

パワーアップを行うことにしました。



このチューンアップキットは排気系(マフラー)と吸気系(エアフィルター) と ECUの

プログラムを書き換えるメモリーの3種類のパーツ群から構成されております。


FORD純正品のパフォーマンス・キットなのですが、これを装着することで20HP アップ


 ノーマルで305hp なのが 325hp になるわけですっっ! ニコニコ




5月ころ、パーツを発注したのですが、米国側の手違いやらなんやらで、結局7月に一度

来た部品が間違っていた 叫び   ということで、2回に分けて装着することになりました。






その1 : マフラー交換 (7月19日実施)




 ↓ 到着したマフラー

M6   M5






M7



マフラー交換のためジャッキアップ。 

まだ、買って1年なのにアクスルシャフトのカバーがサビサビで唖然・・・・・






  【 BEFORE 】


M1


           ダウン


【 AFTER 】


M10   M9


こうやって見るとノーマルって、ひょろひょろですな。


肝心の排気音は・・・・・・ノーマルの2割り増し。 

 「デロデロ」 というより 「ゴゴゴゴー」の方が近いかな。






その2: 吸気系 + コンピューターチューン (8月23日実施)




コンピュターチューンのキットを購入するには、前もって VIN# (自動車のID#)と

CPUの番号を調べておく必要があります。


これを注文時に知らせておくとその車専用のチューナップ・メモリーが送られてきます。



↓ コンピューターは 左の方のアルミカバーの中。

M3    M4




↓ で、 これが送られてきたチューナップ・メモリー。


M12




これを運転席のハンドル左下にあるコネクターに接続すると、CPUのプログラムが

書き換えられます。


書き換え中はLEDの点灯で状況がわかるのですが・・・


 「CPUぶっ壊れたらどうしよ・・・ 」


15分間くらい時間がかかって、ハラハラドキドキでした。


無事、グリーンのLEDが点灯して、書き換え終了しました。 






 ↓ エアクリーナーも無事装着。 レーシーな雰囲気になりました。


M11    




↓ついでにオイル交換 + オイルエレメントもハイグレードのものに交換。

M13



で、実際に走行してみると、一般道ではさほどメリットはわかりませんが・・


高速道路では、アクセル・レスポンスがだいぶ良くなりました!


ノーマルですとフル加速するのに一瞬遅れる感じがするのですが

このタイムラグがなくなりました。


おまけに加速時の音は・・・アドレナリンでまくりのサウンドです。! 



さぁ、来週はマスタング オフ会・・・ 渥美半島ツーリングだぁ!















先週の日曜日は初のスーパーアメリカンフェスティバルへ行ってまいりました。


今回は MUSTANG FAN & OWNERS CLUB の クラブスペースでの展示です。



当日朝6時までに 富士スピードウエイ 正門前に集合! とのことで

自宅を出発したのは午前2時!



美合PAにて、べるがーさん、しろますさんと合流し、

3台の子馬は東名高速を東へひたすら走る。馬 馬 馬


途中、富士川SAにて休憩。


1


べるがーさんはプロジェクターのヘッドライト。 しろますさんはHIDを装着していて

かなり明るいっす。



ここで、同じ愛知から参加の 2nd カマロ 2台と シボレー コルベア ! と交流。



3  2



シボレー コルベアはアメ車にしては珍しい リアエンジン(フラット6) リアドライブの車です。

実物はじめて見ました。 激シブ!



5時30分には現地到着 ・・・・・・ しかし、他のマスタングは誰も来ていない・・ ・ショック!


56



          しばらくして先ほどのカマロ2台とコルベア到着。


           4



6時半ころ、やっと関東組が到着。


6




         しばらく雑談していたら MOONの物品搬入車登場! 

         デモカーのChevy NOVA は自走してきてほしいなぁ。

  

        5




   いよいよ入場開始。




60

   11




クラブスペースでの展示風景。 壮観。



9   8



 ↓はじめて実物見ましたGT-500。 迫力。


  10

   


         コルベットのクラブと隣り合わせ。

         
45







62 61                                 ↑ 最近のアメ車の主流はSUV ってか?




============ Car Show エントリー車 ======== 



21


  ↑ CARS の 1コマ ? 



20   19



18   17




  ↓ 会場でイクラちゃん発見!

15    16



        ↓ CoolS 佐藤さんも発見。 トライクは彼のお店の商品。


         14


           ↑ ワイルド7のヘボピーが乗ってたやつ?



58




         A-Cars ブースでは最新MUSTANG GT を展示。 この色は今年から正規輸入。

         ミラーは折りたたみ式になっておりました。ウラヤマ。

           
13



                   ↓ ホンモノ? R仕様? 

                   
12



朝、併走させていただきましたコルベア様。   同じく72年?カマロ。 スタスキー風。

33   31


40


 ロードランナーのコンバー。41


32   


  
最近のダッジ・クライスラー系 
23


25   24



    35

    PTCC 全国オフでもおみかけしましたネ!





36  パンプキンはこの色が定番。




38  39


 ↑ またもや、しびれるG-Body 登場! モンテカルロSS 1986年式

    I-ROCZ ホィールがピッタシ。 リヤビューもイカス。




22





===========  MUSTANGS ===========

30


 27  28



 
26



    37

    音譜 マッハ ワン ワン、 マッハ ワン ワン ワ~ン 音譜


 


59




またまたGT-500 

42    43




           そして、エレノア。


            
34




=============== LUNCH TIME  ===============



44


会場で 佐世保バーガーを購入。 

中身は厚さ2cmのパテ、ベーコン、タマゴ、レタス。

うまかった~ おなかいっぱい 800円ナリ。



============== LIVE, LIVE, LIVE  ============ 


 アメフェスのもうひとつの売りはライブステージ。

 


  48


  午前中に出てたバンド、 Blues Brothers風。

  オールディーズの選曲はよし!まぁまぁうまかったすね。

  でも、暑くて大変。   





           49


            イクラのステージは見逃したが、クールズのセッティング中に告知に登場!

             パンツ一枚。



 50


  クールズのステージ。 

  30年ぶりに見ましたが、みんなオジサン。 お客も。





                            51


                            ゲストで登場、ヴィーナスのコニー。

                            お約束の振り付け 



やっと富士山が姿を見せた。             CKB 楽屋前で打ち合わせ中

57   53





そして CKB のステージ。  いちばん人が集まっておりました。



54  55


実はCKB聞くのは初めてだったんですけど、演歌+レゲェ+R&Bの不思議な感覚ですね。


バンドのグレードは、他のグループに比べてはるかに高いっす。




52

↑ 楽屋前から見学するジェームス藤木。 胸中・・・・・







いやー、楽しかった。

来年もいこっと! グッド!



















昨日は 70’S SOUL JAM 

Harold Melvin's Blue Notes / Ray, Goodman and Brown  


の2グループ豪華競演に行ってまいりました。


場所は大阪駅の近く、Billboard Live 大阪です。 

梅田の地下街から地下続きでいけて便利なところにありました。

お客さんの入りは・・・・ 70%程度で 結構空席が目立ちます。
う~ん、こんなビッグネームの組み合わせなのになぁ。


開演はまず、Harold Melvin's Blue Note's から始まりました。

Harold Melvin & Blue Notes は 70年代 に リードボーカリストとして 

Teddy Pendarglass を迎え、Gamble & Huff のプロデュースで、一躍有名に

なったグループです。


The Essential Harold Melvin & the Blue Notes/Harold Melvin & the Blue Notes
¥1,037
Amazon.co.jp

↑  オリジナルメンバーの顔ぶれ、中央が Harold Melvin、 右から二人目がTeddy Pendarglass

このころは Harold Melvin & The Blue Notes が正式グループ名でした。


その後、Teddy Pendarglass が独立し、 1997年 Harold Melvin が他界してグループ名は

現在の Harold Melvin's Blue Notes になりました。



Live in Concert/Harold Melvin and the Blue Notes

¥1,455
Amazon.co.jp

今回の来日メンバーは ↑この顔ぶれです。 一番左がリードボーカリストのBig Daddy、 微妙に

Teddy Pendarglass とは歌い方など異なりますが、すばらしいボーカリストです。

彼を含めて、現在、オリジナルメンバーは一人も参加しておりません。


さて、ステージは オープニングから2曲目に名曲 "If You Dont Know Me By Now"を歌い上げ

"Love I Lost" "Bad Luck" などにつづきます。


いままで、結構いろいろなSoul グループのステージを見てきましたが

いや、このグループ、コーラスの動き(ふりつけ)が激しく、 その重労働ぶりに

びっくりです。 結構メンバーはお年なので大変そう。

でも、息が上がったりせずに、きちーんとハモルので、プロ根性に脱帽です。



5曲目に は女性シンガー Sharon McCord が登場して

"Hope That We Can Be Together Soon" が始まりました。



Sharon McCord は、 Blue Notes がオリジナルメンバーで活動していたころから、この曲の

女性パートを担当しておりまして、(当時は Sharon Paige でクレジットされています)

ある意味、彼女がもっともオリジナルなメンバーです。!



6曲目で" You Know How To Make Me Feel So Good を歌い上げて、いったん

Blue Notes はステージを退場です。




しばらく休憩があって、Ray, Goodman and Brown 登場!



Ray, Goodman and Brown (以下 RGB ) は 70年代 「 The Moments 」

の名前で活動しておりまして、79年に RGB の名に変わりました。


The Best of the Moments: Love on a Two-Way Street/The Moments
¥1,097
Amazon.co.jp

↑ 左から Al Goodman,  Harry Ray,  Billy Brown




Live in Concert: Greatest Hits/Goodman & Brown Ray

¥1,356
Amazon.co.jp

↑ 今回に来日メンバー 。 


何年か前に Harry Ray は亡くなっており、代わりに Kevin Owen という

ボーカリスト (右のスキンヘッド) が参加しております。


ちなみに 左はBilly Brown 、真ん中は Al Goodman いずれもオリジナルメンバーです。


オープニングは Sexy Mama からはじまり、The Moments 時代のヒット曲を中心に、メドレー方式で

ステージが展開され、RGBは結構、客いじりが上手で、なかなか楽しいステージ進行でした。


途中でGoodman お得意のBarry White の物まねをほんの少しだけやってくれました。


9曲目に 大ヒット曲 Specila Lady で  10曲目が Love On A Two-Way Street で

いったん退場しかけますが、アンコールですぐステージ上に、ここでBlue Notes も再登場。


さぁ、アンコールは なんと ! 先日の The Manhattans の オープニングと同じ

McFadden & Whitehead の 「 Ain't No Stopping Us Now 」 で、 観客総立ちの

大盛り上がりです。


McFadden & Whitehead/McFadden & Whitehead

¥8,631
Amazon.co.jp

McFadden は昨年、病気でなくなっておりまして、Blue Notesには 作曲家として 曲も提供していた

関係で追悼の意味もあるのでしょうか?



この2大グループステージを、かぶりつきの席で見ることができて、このステージ

とってもお得!


またしても、全員と握手してもらっちゃいました!



う~ん満足!


次は誰を読んでくれるのかなぁ?






バイブル映画【アメグラ】 の影響からか、ワタクシの夏のいでたちは学生時代からアロハとボーリング シャツやワークシャツが定番となっております。



友人の営んでいたUS古着屋で30年前に購入したペプシのワークシャツ


old2a old2b




大学卒業時にマイミクのheyz4 さんにいただいたボーリングシャツ その1 (Hilton 製)


old 3a old3b



おなじくheyz4さんにいただいたシャツ その2

old1a old1b


ボ-リング シャツはビンテージものでもアロハシャツに比べて、比較的手ごろな価格で購入できるので

最近でも少しづつ買い集めております。





特にワタクシがこだわるのは、「背中の文字がチェーンステッチであること!」です。


↓最近入手したビンテージ (老舗 KING LOUIE 製)


yellow2 yellow1




そんな中で 「 いつかはオリジナル!」 と漠然とかんがえておりましたが、

今年は思い立ってついに実行しました。




まずはベースになるシャツの選択です。




いろいろと探しておりましたが、なかなかビンテージのデザインに忠実なシャツって売ってないんです。


特になんてことないオープンシャツなんですどね。 


ヘーンなデザインがしてあることが多いんです。





アメカジの王道的メーカー 東洋エンタープライズ から 「スタイル アイズ」 ブランドで 


背中のみ無地のボーリングシャツが出されていることが判明。


早速今回、色違いで2枚入手しました。



base 2 base2b



 ↓ ピン型 ボタンが付いています。

base2c





また、それとは別に 本物のビンテージで 老舗 Hilton社製 の無地シャツを一枚を、

某所より入手しまして、都合3枚で作成となります

base3a


まずはデザイン作成です。

お手本にしたのはこのシャツ ↓


base1a basic1b



     ステッチはチェーンステッチであることが絶対的条件です!


         basic




で、刺繍屋さんを探したんですが・・・・


チェーンステッチのやれるところって、ほとんどないんです。


7-8軒あたって、やっと1軒みつかりました。  1枚から作成可能だそうです。


(有) 阿部刺繍  TEL 03-3632-1341   Web 阿部刺繍





デザインはPCで実物大のプリントを作成して、実際にシャツに当ててバランスを見ます。


で、この写真を添えて、安部刺繍さんあてにおくります。


     





だいたい10日間程度で出来上がってきます。 



comp   moji



 

一枚一枚はこんな感じ。


完成2b   完成1

完成3b




刺繍代金はだいたい1枚あたり6000-8000円 で、今回は1枚7,600円でした。


8枚まとめると安くなるらしいです。


なかなかお気に入りのボーリングシャツも減っておりますので

オリジナル作成病み付きになりそう。


あなたも一枚どうですか?

 

















Street Car Nationals GO! SUZUKA

テーマ:


今年も行ってまいりました。 

昨日のカスタムカーの祭典 西日本の部 STREET CAR NATIONALS Go! SUZUKA



今年は MUSTANGでの エントリーを目論んでおりましたが、エントリー資格は

「2000年以前の車両」 ということであえなく没。


1989年型のCountry Squire でエントリーすることも考えましたが、

前日が東京で夜遊びしてたので体力的なことも考え、今年はとりあえず「パス」


結局、マスタング仲間のマイミク「しろます」さんと二人で会場へ。



御在所SAでまちあわせ。 少し早く到着したので、目立つところに車を止めて売店へ

そのときには周りに車が一台も止まっていなかったのですが、帰ってくると・・・・



暴れ牛や跳ね馬などの猛獣に囲まれてしまったかわいそうな子馬・・・ ・


goza1   goza2


ナリは派手ですけど、たかが305psのひ弱な子馬です。ハイ。 


それとも、仲間の一台として認めて・・・・んな、わきゃないか。



気を取り直して会場へ向かう。 


鈴鹿ICでは出口はアメ車渋滞でしたが、昨年は Country Squire (トーゼンETCなんぞついておりません)

でおとなしくならんでおりましたが、今年はETCつきの新車なので難なくパス。


今年も会場はこんな感じ。 良いでしょ? この会場。 みんなリラックスしてて最高だね。


2    1






私がお手本にしておりますBOSS 302 (1969年) の実物を発見!


4  3





5   6


うぅ~ん、すばらしい!



Classic Mustang 大集合!

7   19








8   10






==========   小型車編   ===========



   ↓ Nash Metropolitan   初めて実物見ました。 

   11




  Ford ?  博物館から高速道路走ってきたのかな? 

     フロントフェンダーの前部には虫がびっしり。


17


                    Suzuki マー坊   GTR仕様なのだ。

  
                  
16


Hot Rod Bug スーパーチャージャーつき。

15       




                    チョップトップVW 実はスプリット ウインドウです。


                    14




今年も出展。 Chevy Luv 去年より錆が・・・・


9




=============    Low Rider 編    ============

台数的にはこんなのが圧倒的に多いようで。
Chevy Impala と Buick Riviera  が大人気。

12   20

22



     Low Rider派は Tatoo率 ピアス率が高いようで。


      21




============  Muscle  Cars  =========


1967 SS
27  26



↓ Plymouth Cuda AAR 1970
25  24

↓Chevy Malibu SS              ↓MOON EYES の Chevy Nova

23  31


30



                          ↓ボンネット 溶けちゃわないのかなぁ

                       32



駐車場で発見。 以前某FORD車クラブで一緒だったTORINO。

オーナーはいずこ?

Torino



↓ Chevy Montecarlo 1984年くらい : 私の大好きな GM G-Body のChevy 版 

    Low Rider にされちゃうMontecarlo も多いのですが、

                   これはMuscle に仕立ててあります。 この車は本来こうあるべきかと・・・


                 36








Dodge  Viper                     Ford GT40

28   29






============ おまけ  ===============


さて、帰路の高速道路は大変な事態に。


33



 もしかしたら SCN 参加者か? と思っていたら 
34    35

ホントにそうでした。


丸焼けでした。 VWのType 3 Valiant のようですが・・・・

可哀想に。  






来年はCountry Squire でエントリーするぞぉ !  するつもり・・・ できるといいなぁ・・・


 



The Manhattans Live in Tokyo

テーマ:

2年ぶりにThe Manhattans 来日しております。


Man2


今回のLive は 新しいLiveHouse " Billboard Live  House"  での Live でした。


Billlboard Live House は東京、大阪、福岡の3店舗があります。


Billboard Live House 公式Web  

 



トーゼンのように名古屋での公演はなし !! しょぼん


で、しょうがないので東京のLiveに行ってまいりました。


金曜日に仕事で上京し、翌日、家内と合流し、東京MidoTownのLIVE会場へ。


Billboard Live House は Cotton ClubやBlue Note とおなじようなLive House 

でして、 お酒や食事とLive と両方楽しむことができます。


CC BN の2店に比較して、食事の質・量ともに勝っておりました。 



さて、肝心のLiveですが・・・



オープニングはなんと、 McFadden の ”Aint No Stopping Us Now” で、始まりました。

Gerald Alston が軽快に歌い上げます。


このあと Manhattanas のヒット曲が展開されていきます。


I'll never Find Another ( Find Another Like You), Without You , Hurt,  

I'll Never Dance to LoveSongなどなど、


Gelard の十八番 アカペラで Sam Cook  の Change is Gonna Come

を歌い上げました。 いつ聞いてもうまいですね。 ベタな表現ですがサイコーです。


で Ojay's のヒット曲 Money を歌いながらメンバー紹介です。


Blue Lovette がリードシンガーのGerald のことを 

【彼はとってもお金持ちで、このズボンの中にもお金がいっぱい詰まっている】

なんていって紹介しておりました。


その後、 ヒット曲Shinig Star へつづき、名曲 Kiss and Say Good Bye 

でエンディングです。


最後はStanding Ovationで アンコールですが、 曲は Georgia On My Mind でした。


私にとっては2回目のライブですが、やはり 最高でした。



Manhattans

 ↑ 前回の名古屋Blue Note でのLiveのときにもらったサイン 




さて、次は・・・・・・・

 Billboard Live では7月に 元The Moments - Ray, Goodman, and Brown と

 Harold Melvin & Blue Notes のJoint Live があります。


大阪でのライブ、予約しちゃいました!


また、レポートします!