恐竜と強運と

テーマ:
今回の一時帰国の二つ目のお約束の地、福井県の恐竜博物館。

気分は遠出ですが、実家から1時間半もあれば着いちゃいます。

福井県と言えばあわら温泉。

母は温泉を楽しみに、息子ちゃんは恐竜を楽しみに、今回は私の両親とともに行って参りました。

しかしながら、
いざ出発、という木曜日の朝、
息子ちゃんの様子がおかしい。
朝普通に6時に起きたものの、1時間ほどして、やはり眠いと横になり寝る。ちょっと吐く。顔色もあまりよくない。
そんな息子ちゃんを無理には起こせず、
寝ること、昼の1時ごろまで。
そしてなぜか完全復活。
なんだったのだ。。
月曜にアンパンマンミュージアムにいってから興奮したりなんやらで疲れがでたのでしょうか。

というハプニングがあったので、当初の予定を変更し、木曜は温泉のみ、恐竜博物館には金曜日にいくことに。
本来なら、木曜に恐竜博物館、金曜日は越前水族館に行こうと思っていたのですが。

まぁ、母としては最悪温泉さえ行ければ満足なのでね。
あわら温泉まで約1時間。近いね。
のどかな田園風景の広がるあわら温泉に到着。

そして、ここで強運を発揮!


「当方の都合で、ご予約より広いお部屋に変更させていただきました。」


通されたお部屋は、
新館の露天風呂付き客室、控えの間、なんかもついている、ようはスイートルームラブ

予約したのは旧館の10畳くらいの部屋だったのですが。。


どうやら団体さんが旧館にいたようで、、
そんなところにちびっ子付き家族を放り込むよりは、双方よし、との判断なのでしょうか?
そして、私たちの住所は金沢という近場、
リピーターになる可能性が高めの一家、との見立てか?

理由はなんにしろ、
ありがたきしあわせ。

自称強運晴れ女、本領発揮の気分でございます。

大浴場も、特に露天風呂にたくさん種類があり、かつぬるめで息子ちゃんも入りやすく、
こんなに温泉を楽しめるお年頃になったのかしら?と思うくらいのんびりと一緒にお風呂を楽しめました。

そして、
福井と言えばカニ。
カニやお刺身がやはり美味しゅうございました。

完全復活した息子ちゃんは
夜はカルタに興じ、さらには客室の露天も満喫。

翌朝、朝食時。

「やっぱり恐竜見なくていいかー」

とのたまう息子ちゃん。

よくよく聞くと、前々から恐竜博物館の恐竜は動くよ、食べられちゃうかもよー と脅していたので、直前にヒヨったよう。

もしや急に寝る症候群は、これが原因かびっくり


食べられることはないと説得し、
恐竜博物館へ。

動くティラノザウルスの大迫力に近づけない息子ちゃん。


{A1082249-C7F2-43B9-8E14-AA417641E29A}


しかし、しばらくすると、その場で動いているだけとようやくわかったのか、なんとか近づけるように。

動く恐竜は予想以上に作り込んであり、かつ一体かと思えば、たくさん動く恐竜がおり、
正に恐竜の世界に迷い込んだような、なかなかの迫力でございました。
大人でも十分楽しめます。

そして、この日のために、重い恐竜図鑑をアメリカからはるばるもってきた私。

メインの展示となるような恐竜は図鑑を引き、
付箋を貼る、という、
ちょっとお勉強チックなことをし、母は満足しました。
一応、みたよーって記憶に少しでも残るように。
{006E3AC9-EF52-4DC1-AA92-AAC13D423D50}



その後、野外にあるディノパークなる、動く恐竜の森へ。

ここでは、
怖くないぜ  的 虚勢を張りながら
とっとと歩ききった息子ちゃんでした。


晴れ女、本領発揮してしまい、
おひさまピカピカ。
日陰はいいですが、日射しの中、長く外にいるのはちょっと辛く。


3時過ぎには切り上げて、帰路につきました。


でも、施設的には一日中遊べるくらい、いろんな遊び場があります。
近くに住んでたら間違いなく通います。

来年も一時帰国があれば、いや本帰国かな、、
同じお宿で恐竜博物館に行きたいと思います。

まぁなによりも平日に旅館や恐竜博物館なんかに行けちゃうご身分が最高。
今のこのご身分で人生の運を使い切っているんじゃないかと不安になりますが、、。



最後のお約束の地は
東京ディズニーランド。

倒れないでね、息子ちゃんウインク



ちなみにお宿は
というところで、館内も広くて綺麗で充実の設備。子ども向けの浴衣もあるし、子ども用おもちゃやお菓子のプレゼントがあったりと子連れにもオススメですウインク

恐竜博物館にいく際はぜひ!




AD