• 21 Jul
    • 東大は運 の こころ

      また兄の話です。以前にも記載した通り、私の兄は塾にもいかずに東大に現役合格したツワモノです。この兄がまた、同じ兄妹でなぜこれほど優しさに差がでるのでしょう、というくらい優しい男であります。で、一時帰国中にディズニーランドに行っていた際、夜にホテルにきてくれて、朝まで生テレビバリのトークを母と3人で繰り広げていたのであります(息子ちゃんはさっさと就寝)。で、話は東大に。「お兄さん、どうやって勉強してたの?」ってよく聞かれるんだけど。「東大なんて運なんだよ」???  ←私と母「まあ自然に上を目指すように仕向けられて、勉強したら受かったんだけど、そういうことではなくて。たまたま、自分の能力が社会で評価される基準に合っていただけ。これが、美しい絵を書く、きれいな字を書く、といった試験なら受かっていない。」そんな考え方があったとは。確かに、例えば武士の時代にいわゆる5教科ができたところで、武道がダメなら評価されないわけで。更に言えば、小・中学校時代はお勉強のできる子よりスポーツのできる男の子が人気があったりしますよね。兄曰く、たまたま、自分のもっていた能力が日本の学力試験制度、そしてそれを基準に評価する現代社会にうまく合っていた、ということで、それは持って生まれた「運」ということだそうです。そして、安定した家庭、(貧乏でしたが)金銭的、精神的不安もなく、勉強に向かえた環境、それら全てが「運」なのだと。東大を含む有名大学、と呼ばれるところの学生は、それらの「運」、与えられた恵まれた環境に気づかずに、自分の努力だけで合格したように思っている人が多すぎる、と。確かに、受験勉強も大変ですが、家庭の状況からそもそも勉強できる環境にない子もたくさんいるわけですから、障害物なくスタートラインに立てるだけでかなり恵まれている、とは言えます。とはいえ、血を吐くような努力でみなさん合格していると思うので、努力を認めてほしいという気持ちも痛いほどわかります。ちなみに、我が夫は、どちらかというと、いやどちらかと問う前から兄とは正反対の、俺は努力で道を切り開いてきたぜ的な男で、それはそれで頼もしく見え、そんなオレ様男と結婚するに至ってしまったのですが。。捉え方は正反対の兄と我が夫ですが、二人とも恵まれた環境で、かつ、努力する才能と、学歴社会に必要とされる能力を持ち合わせていた、ということなのでしょう。そして、ふと思ったのは、これからの社会、このIT技術というか、よくわからないAIなるものがでてきた時代に、東大に代表されてきた学歴社会、受験制度はどのくらい意味をもつのか、ということです。この全てを瞬時に検索できる社会で、年号や化学式、生物の部位、意地悪数学問題の解法パターンの暗記がどれほど役にたつのか。日本の学校制度も社会の変容に合わせて進化することができるのか。つまり、息子ちゃんにはいわゆる「お勉強ができる」とは別の運が必要な社会になるかもしれない。恐らく、息子ちゃんが社会に出るであろう20年後の社会は、かなりの仕事がAIにとって替わられているのでしょう。なんとなく思うのは、いわゆる 「勝ち組」 になりたいならAIを作る側の人間にならなければ、と思うのですが、どうしたらなれるのかさっぱり。ま、息子ちゃんに考えてもらおうと思います。前回記事を書いた際に、友人より着るもの、食べるもの、住む家があることに有り難みを感じられる子に育てれば、きっと真っ当な人生を歩めるよ、ってコメントをいただいたのですが、そう、AIを作れる側になれなくたって、まず人間として、衣食住に、与えられた環境に、その運に感謝できる子に育てられたら、後はその子の「運」を信じるのみ、かな。ま、それがまた難しいのだけれど。ご参考高校を卒業したら一千万円

      NEW!

      10
      テーマ:
  • 18 Jul
    • 都会不適応?②教育のこと

      前回記載した、都会では子どもに我慢させることが多い、ということに続き、都会での教育となれば、避けて通れないのが中学受験(について考えること)。もちろん、幼稚園、小学校から受験する方もいますが、私はそこには関心がないので、とりあえず悩みどころは中学受験をさせるかどうかです。って、まだ4歳、帰国時は年中さん。年長を一年やってから小学校入学予定です。小学校は公立と決めているので、帰国時は学区のことなど考えて選ばなきゃ、と思うものの、自分の中での方針がブレブレなので、何を基準にしたらいいのかよくわからない。そして、学区なんか考えた挙句、結局は家賃などを考えて夫の一言で違う地域になりそうな気もする。要するに、考えることから逃げたいだけではあるのですが。願望としては、中学受験をさせたくないから、金沢あたりに帰りたい。それはまた短絡的な。。もちろん東京でも公立中学はあるのですが、できる子は受験するから、そうじゃない子が公立に、、みたいな話を聞くと、逆に「受験しない勇気」が必要になる。何故受験させたくないか、というと、小学校から塾に行かせなきゃいけないから。中学受験はいくら賢い子でも、テクを磨かなければ合格できない世界。塾は小4から、がお決まりのようですが、子どもが多い地域の人気塾になると、小1からいれてなきゃ入れないとか。。子どもらしく、公園や野山を駆け回る時間が、、そして何よりも、夕食をゆっくり一緒に食べたい。我が実家は夕食時に学校で学んだことなどを家族で話すのが日課でした。食卓での会話で新たに沸く素朴な疑問、深まる興味、などが、「学び」の原動力の一つであったと思います。中学受験が無駄とは言いませんが、わざわざあんな変ちくりんな意地悪問題を小学生が必死に解く必要があるのでしょうか。楽しくなっちゃって、もっと難しい問題に挑戦したい!なら話は別ですが、そんな楽しみを越えて合否がつくわけで。そして、塾で先取りしてしまうと、授業中はヒマでしょうがないのかな?それって時間、そして国の資源の無駄だよね、とか。もうこれは、人生、何をもって成功、とするかという哲学的お話になってしまうのですが、学歴、就職先、、みたいなものは、別に金沢でのんびり小・中を過ごしても手に入る。兄は東大だし、私みたいな謎の海外大学卒でも、一応世間的大企業に入社できたわけで。都会出身の職場で会うような方はみんな中学受験してきた人で、確かに同じ大学でも地方出身より洗練されてたり、いわゆる学閥的つながりで、仕事や出世に有利なこともあるのかなーとは思いますが、別に地方出身だから、門が閉ざされているわけでもない。そこもどこまで上を目指すかの問題。だったら、地方で親もゆっくり、子どももゆっくり育てた方がいいんじゃないか、って。個人的には日本の抱える諸問題は多分に東京一極集中が原因だと思っているので、地方に行くことは日本を救うことだと思ってます。だから地方に行ける人は行くべし。私や夫が行ける人なのかはわかりませんが。まぁなにって、東京って、人と比べる基準が多すぎる。幼稚園、小中高、大学、お勤め先。○○区在住、築○年のマンション○階、○平米。一流の人は○○ブランドの○○を持ち、、○○の○○を食べる。で、ここまで書いて気づいたのですが、必要なのは、比べない勇気。別に田舎でもいろいろ比較基準はありますが、東京はそれが多い気がするので。他人の基準に惑わされない。幸せの基準はいつもー自分の物差しでーきーめてきたーからーは、昔好きだったアユの一節。まぁそれが難しいんですけどね。なんだかんだいって、中学受験しない人も、落ちる人もいるわけだし。そもそも、息子ちゃんの人生なんで、そないにレールをひくこともない。小4くらいになったら、オプションを示して考えさせ、本人に決めさせよう。今は、その時、本人の決定を尊重できるような親になるべく励もう。ということで、今、私が、思い悩むことはやめにします。またしても先送りーまぁ、できれば金沢的なところで子育てしたいなーというのは変わらないのですが。。

      22
      2
      テーマ:
  • 14 Jul
    • 都会不適応?

      今回の一時帰国で一番感じたこと、もう東京暮らしできないかも。それはもう、こんなオハイオ州の中堅都市の住みやすい郊外で、東京で住んでいたマンションの床面積3倍プラス同程度の広さの庭付き一戸建てに住み、実家に帰れば、芝生の庭こそないものの、種々の花が咲き、プラムやらなんやらがたわわに実るところで一月も暮らそうものなら、そう感じてもおかしくないのですが。昨年はそれほど感じなかったのに、今年感じたわけは。東京に行ったから、でしょうね。やっぱり都会の子育ては大変。昨年は東京は乗り継ぎのみ、今回はディズニープラス結婚式などで東京に5泊。ディズニーでは、近くにこんなところがあったら、何度もきたい、と言われて面倒そうだな、くらいの感覚でしたが、いざ、電車に乗って都心に向かうと。というか、電車にのると。前回記事で息子ちゃんはとにかくずっとしゃべっている、と書きましたが、電車に乗ろうものなら、興奮して空想の彼方に飛び、その空想が全部口をついてでてくる訳です。肩身の狭いこと、狭いこと。あまり小さな声で、というと逆効果にもなるので、ある程度はしゃべらせておく。そもそも、日本の電車が静かすぎる、と思うのです。車内で携帯電話の通話は控えましょう、なんて海外でみたことありません。やはり、日本の子育て、というか、都会の子育ては子どもに我慢させなきゃいけないことが多い。オハイオでは車生活なので、どこかに行く際に車内で歌おうが、喚こうが、泣こうが、どうでもいいわけですが、電車移動じゃこうはいきません。二人連れてのるお母さんとか尊敬と憐憫の情しか湧きません。どこに行っても人は多いし、走っちゃダメ、大声ダメ、突然止まっちゃダメ。ダメ、ダメ、ダメ。人が多いゆえに、公共スペースで人に上手く合わせなければ、周囲に多大な迷惑がかかる、ということで、小さな子でもマナーを守ることが期待されている気がします。ましてや4歳ならば。それは人が多いんだから当然のことで、別に日本人が冷たい、とかってことだとは思いません。ま、国民性の違いは多少あるとは思いますが。やはりスペースがある、という単純なことが随分子育てを楽にすると思います。走ろうが、叫ぼうが、止まろうが、特に被害を受ける人がいないので、みなさん大らかなものです。息子を追いかけていると、ママがんばれー!的声援を送られることもよくあります。東京だと、しつけがなってない、と見られる気がして萎縮してしまいます。東京での数日間、ダメダメ言いすぎてどっと疲れました。もう息子ちゃんは都会生活不適応になっているのでは、というか、私がコントロールする自信がないのと、もっとコントロールしなければ、という環境に気持ちが萎えている、というだけですね。何もなければ、来年の夏に本帰国です。来年はもう少し成長して、楽になるかも、とも思いますが、大きくなればなるほど、マナーを守れないときの視線は厳しくなるから。。なんてことと、東京の不動産事情や教育(受験)事情にふれ、気持ちがすっかり萎えてしまった私です。ま、もちろん、最終的には住めば都。なんとかなるし、なんとかする、なんですがね。後一年と思うと、悶々としてしまう今日この頃でごさいました。

      15
      2
      テーマ:
  • 10 Jul
    • 4歳への期待値

      一時帰国中に息子ちゃんが4歳を迎えました。アメリカではお友達をたくさん呼んだ大規模バースデーパーティが主流で母たちは頭を悩ませていますので、日本でこじんまりと、家族だけの会にできて、親としてはラッキーと思っています。義理の両親も迎えての家族だけの会でしたが、これほど誕生日とはうれしいものかね、というくらい、まさに溢れんばかりの笑顔で誕生日の歌やろうそくフーッなる恒例行事を行ってくれたので、母も頬が緩みっぱなしでした。さて、一時帰国中に会社の同期の女の子たちとママ会をしたのですが、同期ですが、院卒の子が、ついに会社で次長  (管理職、その上が副部長、部長)になったときいて(みんな今は転職してたり休職中) 一同、えーっ!!いや、私たちが入社したころの「次長」って、、ザ・おじさん、おばさん仕事を知り尽くした遥かに及ばない雲の上の方々、って感じだったよね、と。私たちも歳をとったものね。。何がいいたいかというと、4歳、もそんな感じだったなぁ、って。もう、お兄さん。まだ赤ちゃんの頃に思い描いていた4歳って、もっと落ち着きがあって、きちんと挨拶もできて、お片付けもできて、抱っこもせがまなくて、一人遊びも上手にできて、ご飯もきちんと食べられて、ママとじゃなくてもねれて、、どれもできてないもちろん、おしゃべりはとてもとても、うるさいくらい上手になって、ひらがなも読めて、なんて、できるようになったことも数えられないくらいあるのですが。なぜでしょう、勝手に4歳なんだから◯◯くらいできるようにならなきゃダメ、とプレッシャーをかけてしまう自分がいる気がします。とにかくおしゃべりが大好きでずっとしゃべっている息子ちゃん、夫の妹さんの結婚式では、静かにしなければならないタイミングもあるのに、やめられない。あまり注意すると、「おしゃべりしてもいいよー」と喚きだし、強制退場したり。。諭せばわかるようになっていたと思っていたので、ちょっとショックでした。4歳、どこまで期待してよいものか。 4歳といえば、子ども料金がかかり始めるお年頃。洋服もベビーカテゴリ卒業。まだ3歳だから、って言い訳が通用しなくなる焦燥感。誕生日の朝を迎えた瞬間に急に成長するわけじゃないですけどね。あ、そういえば4歳を迎えた方がもう一人。パパも4歳。我が夫、世でもてはやされているイクメンの完全に逆をひた走ってきた昭和男。オムツを替えたのは両手に満たないくらい、うんちのオムツに至っては一度も触れないままオムツ卒業。息子と二人で出かけたことは、私が体調を崩したときなどの片手に満たないほど。しかもそれぞれ2時間あれば上出来。私の会社のオフィシャルな飲み会などの時を含んでも、本当に息子と二人「だけ」で過ごした時間が(睡眠時間を除き)、24時間に到達しているのか疑問なくらいです。が、そんなパパも息子の成長に伴ってか、ようやく少しは遊べるようになってきました。昨日は私が朝からブチブチしていたこともあり、息子を連れて2時間も近くの湖に行ってくれました!大進歩!できるやないかいま、「疲れてる、ってさー、毎日休みじゃん、2年間ずっと休んでるじゃん」という、専業主婦には一番言ってはいけない言葉を置いていきましたが。(私は息子と6時起き、パパは9時半起き。息子と起きてくれたことは共働きのときさえほぼなかったな。。)そうそう、私だってママ4歳。子育ても、パパ育ても、なかなか思い通りにはいきません。パパ育て以前に夫育てに完全に失敗してるのですが。期待値は常に低めで。期待さえしなければ、全てがうれしいサプライズ、は私の人生の信条ともいえるものになってきました。一つずつ、できるようになったことを、一緒に喜んでいけたら。そして、パパにおかれましては、位置を明示してある地雷をわざわざ踏まずに、「夫婦円満」を演出することが、健全な子を育てるための近道であることを、そろそろ理解してもらえるといいな、と思います。もちろん、期待は禁物。常に期待値はゼロ。さあ、うれしいサプライズが訪れますように。ご参考専業主婦もつらいよ

      21
      テーマ:
  • 08 Jul
    • 夢と魔法の国との境界線

      息子ちゃんの4歳の誕生日をお祝いした翌日、私の母と息子ちゃんの3人で、夢と魔法の国、東京ディズニーランドにいってまいりました。 実はわたくし、「頭の中お花畑だよね」と言われるキャラであったにも関わらず、そんなにディズニーランドって興味なく。。(小学生のころ一度一家で行ったくらい、と)社会人になってデートに誘われ行った思い出は、ディズニーランドが楽しかったのか、かわいいふりしてキャピキャピできたのが楽しかったのか、定かではありません。夢の魔法に浸りきるには種々の計算が勝っていたのでしょうか。 夫はと言えば、付き合いたての頃だったでしょうか、かわいこぶって、「ディズニーなんていかが?」 とお誘いしたときの返答が、「俺には固定資産の塊にしか見えん。」との返答でしたので、永遠にこの人と行くことはないな、と確信したのでしたが。 私としても、たいしていきたい場所ではなかったので、それほど気には留めませんでした。 が、子どもができるとまた別のお話。 以前の記事、アンパンマンvsミッキーでも記載した通り、アメリカに行ってからミッキーという存在に触れた息子ちゃん、2歳半のころにフロリダのディズニーワールドに行った際は(夫としてはかなり我慢していったよう)、それほどディズニーの世界に触れていなかったのと小さかったせいもあり、感慨は薄かったようですが、It's a small world のアトラクションが気に入ったようで、ことあるごとに、また行きたいと申しておりました。 が、日本のディズニーランド、ただいまイッツアスモールワールド大改装中。 一応、事前調べで知ってはいたのですが、まあなかなかいける機会もないので決行。 あらためてディズニーランドに行くと、一つの世界観を完全に作り上げていることに、今更ながら感動しました。大人も子どもも謎のミミをつけて恥ずかしげもなく闊歩できるのはこの世界の中だけでしょう(私はしませんでしたが)。設備やアトラクション、ショーやパレードのお兄さんお姉さんはもちろんのこと、キャスト、という名のスタッフたち。一人一人が実にプライドを持って、来場者に夢を見せてあげようと努力している姿が印象的でした。平日のディズニーはアジア系の観光客が多い印象でしたが、おそらく土日よりはぐっと少なく、アトラクションもほとんど待たず、パレードもほぼ待たずに二列目、もしくは最前列で見れてしまう、という幸運に恵まれました。パレードは昼のを2回、七夕パレード、夜のエレクトリカルパレード、シンデレラ城が絵本になるという夜のワンスアポンアタイムを各1回と大満喫。ショーもほぼ全部見ました。息子ちゃんは未だに身長制限に満たないので、怖い乗り物のれないのです。私は絶叫系大の苦手ですので、無問題。アトラクションもそうなのですが、パレードでもフロートの大きさや音楽の華やかさ、キャラクターや周りのダンサー、全てが期待の一つ上をいく感じがなんとも小憎らしく、息子ちゃんと一緒に夢中で手を振ってしまいました。夫に、息子ちゃんが、ミッキー!ミニー!と叫びながら手を振っている動画を送ったところ、「息子がディズニーの商業主義にまんまと取りこまれているのを見てショックを受けた。ディズニーの宗教に入信したよう。」とのお言葉を頂戴しました。 私からは、「物語と英語のいいとこどりするので、ご心配なく」と返しましたが。ワンスアポンアタイムのショーであった言葉だと思いますが、物語は信じるものに訪れる↑記憶曖昧ですが、こんなニュアンス私自身、ディズニーの話は名作中の名作、くらいの作品しか見ていなかったりしますが、ストーリーの根幹は、確かに信じること、勇気を持って踏み出すことな気がします。そんな信じる勇気を持った、一介の女の子たちがプリンセスに変貌を遂げる、という。もちろんファンタジー中のファンタジーではあるのですが、子どもにとってこのような「夢物語」に触れることは、きっと大きな意味を持つと思います。なんて書いている私、ディズニー教に入信したわけではありませんが、ディズニーランド運営に関わる人たちには、夢を与えてくれてありがとうと敬意を表したいと思います。あ、ちなみに、夢にどっぷり浸って、最後にお土産を、って思って値札をみると「著作権ビジネスの権化め!」なーんて思いが胸をよぎりましたが、しっかり七夕バージョンのお菓子入カンカンを買って帰りました。二日間の夢と魔法で個人的には後5年くらいはお腹いっぱいです。息子ちゃんが入信して、あまりディズニーに行きたいとせがまれるのもちょっと面倒だな、と思うものの、日本のディズニーでも所々英語だったりしたので、英語維持のモチベーション になってくれるなら価値はあるかなぁ。ま、夢と魔法はほどほどに。

      8
      テーマ:
  • 05 Jul
    • 宴のあと

      すっかり更新がおくれておりましたが、この間、息子ちゃんの4歳の誕生日、ディズニー二日間の旅、夫の妹さんの結婚式、と盛りだくさんの日々でした。そして、昨日、アメリカ時間の夜9時ごろに無事オハイオに帰ってきました。誕生日やディズニー等、別途書けたらなぁ、とは思っていますが、とりあえず、宴がおわりました。1ヶ月という長いバカンス、三食子守付の日々はあっと言う間に過ぎ去り、いつだって、夢の時間は束の間、時の経つのははかないもの、なんて感傷に浸っております。というほど、感傷に浸る暇はあまりなく、なんといっても、三食子守付きの日々が終わり、またしても自分が三食子守しなければならない立場になりましたので。今回の帰りの便は、前日から数日間東京で結婚式等にでていましたので、成田ーシカゴ、シカゴーコロンバスの2回。日本への帰国時にはさらに 成田ー小松 がありましたので、一本少ないだけでもかなり楽です。そして、夕方発の便、とうこともあり、息子ちゃんはそれなりに寝てくれました。が、例の頭の重すぎる膝枕事件は今回も変わらず、私は早々に諦め、映画など見ながら過ごしました。元々結婚式前日にアメリカから帰国し、時差ボケが残っていた夫は機内に入ると早々に爆睡し、13時間のフライト中はほぼ寝ておりました。私は何度かうとうとしただけで、到着の頃には意識が飛びそうに。夫には寝ずに映画見てるから悪いんじゃんそもそも膝枕をするのが悪い的扱いをされ、嗚呼、私の宴は終わったのだ、と心から痛感。まぁ、1ヶ月もバカンスを楽しませていただいた後なので、24時間眠れなくたって、文句は言えませんよねそしてわたくし、以前の記事のお望みどおり?太るならおいしいもので太りたい脂肪を纏って帰ってまいりました。結婚以来、なんとなく維持してきた水準からプラス4キロほどさぁ、宴ははおわり。脂肪さんともきれいにお別れしたいものです。。

      8
      テーマ:
  • 26 Jun
    • 恐竜と強運と

      今回の一時帰国の二つ目のお約束の地、福井県の恐竜博物館。気分は遠出ですが、実家から1時間半もあれば着いちゃいます。福井県と言えばあわら温泉。母は温泉を楽しみに、息子ちゃんは恐竜を楽しみに、今回は私の両親とともに行って参りました。しかしながら、いざ出発、という木曜日の朝、息子ちゃんの様子がおかしい。朝普通に6時に起きたものの、1時間ほどして、やはり眠いと横になり寝る。ちょっと吐く。顔色もあまりよくない。そんな息子ちゃんを無理には起こせず、寝ること、昼の1時ごろまで。そしてなぜか完全復活。なんだったのだ。。月曜にアンパンマンミュージアムにいってから興奮したりなんやらで疲れがでたのでしょうか。というハプニングがあったので、当初の予定を変更し、木曜は温泉のみ、恐竜博物館には金曜日にいくことに。本来なら、木曜に恐竜博物館、金曜日は越前水族館に行こうと思っていたのですが。まぁ、母としては最悪温泉さえ行ければ満足なのでね。あわら温泉まで約1時間。近いね。のどかな田園風景の広がるあわら温泉に到着。そして、ここで強運を発揮!「当方の都合で、ご予約より広いお部屋に変更させていただきました。」通されたお部屋は、新館の露天風呂付き客室、控えの間、なんかもついている、ようはスイートルーム予約したのは旧館の10畳くらいの部屋だったのですが。。どうやら団体さんが旧館にいたようで、、そんなところにちびっ子付き家族を放り込むよりは、双方よし、との判断なのでしょうか?そして、私たちの住所は金沢という近場、リピーターになる可能性が高めの一家、との見立てか?理由はなんにしろ、ありがたきしあわせ。自称強運晴れ女、本領発揮の気分でございます。大浴場も、特に露天風呂にたくさん種類があり、かつぬるめで息子ちゃんも入りやすく、こんなに温泉を楽しめるお年頃になったのかしら?と思うくらいのんびりと一緒にお風呂を楽しめました。そして、福井と言えばカニ。カニやお刺身がやはり美味しゅうございました。完全復活した息子ちゃんは夜はカルタに興じ、さらには客室の露天も満喫。翌朝、朝食時。「やっぱり恐竜見なくていいかー」とのたまう息子ちゃん。よくよく聞くと、前々から恐竜博物館の恐竜は動くよ、食べられちゃうかもよー と脅していたので、直前にヒヨったよう。もしや急に寝る症候群は、これが原因か食べられることはないと説得し、恐竜博物館へ。動くティラノザウルスの大迫力に近づけない息子ちゃん。しかし、しばらくすると、その場で動いているだけとようやくわかったのか、なんとか近づけるように。動く恐竜は予想以上に作り込んであり、かつ一体かと思えば、たくさん動く恐竜がおり、正に恐竜の世界に迷い込んだような、なかなかの迫力でございました。大人でも十分楽しめます。そして、この日のために、重い恐竜図鑑をアメリカからはるばるもってきた私。メインの展示となるような恐竜は図鑑を引き、付箋を貼る、という、ちょっとお勉強チックなことをし、母は満足しました。一応、みたよーって記憶に少しでも残るように。その後、野外にあるディノパークなる、動く恐竜の森へ。ここでは、怖くないぜ  的 虚勢を張りながらとっとと歩ききった息子ちゃんでした。晴れ女、本領発揮してしまい、おひさまピカピカ。日陰はいいですが、日射しの中、長く外にいるのはちょっと辛く。3時過ぎには切り上げて、帰路につきました。でも、施設的には一日中遊べるくらい、いろんな遊び場があります。近くに住んでたら間違いなく通います。来年も一時帰国があれば、いや本帰国かな、、同じお宿で恐竜博物館に行きたいと思います。まぁなによりも平日に旅館や恐竜博物館なんかに行けちゃうご身分が最高。今のこのご身分で人生の運を使い切っているんじゃないかと不安になりますが、、。最後のお約束の地は東京ディズニーランド。倒れないでね、息子ちゃんちなみにお宿はまつや千千というところで、館内も広くて綺麗で充実の設備。子ども向けの浴衣もあるし、子ども用おもちゃやお菓子のプレゼントがあったりと子連れにもオススメです恐竜博物館にいく際はぜひ!

      24
      テーマ:
  • 20 Jun
    • アンパンマン VS ミッキー

      昨日は義両親に名古屋のアンパンマンミュージアムに初めて連れて行ってもらい、始まりから終わりまで、とにかく大興奮だった息子ちゃん。それほどアンパンマンで育ったわけではないのですが、改めてアンパンマンの不思議な魅力に驚かされたのでした。 そもそも、子どもを産むまでは、あまりキャラクターものは与えないようにしよう、とかあまりテレビは見せないように、、なんて思っていましたが、産まれてみれば何のその。興味をもって楽しく取り組んでくれるならアンパンマンでもなんでもこい。 そして、どこぞやでみた、「アンパンマンはなぜばいきんまんにとどめをささないのか」的な深イイ~話を読み、そうか、やはり日本人としてアンパンマンを見せた方がいいのかしらん、と思い2歳半くらいからでしょうか、見せ始めたのですが、、、 意味もなくいじわるするばいきんまん、アンパーンチ、、、ばいばいきーんというおなじみの展開に私もなんだか、、?息子はばいきんまんを怖がる、という始末でそのうち見ないように。。 それがちょうど渡米したころで、アメリカでミッキーに出会うのです。Mickey Mouse Club Houseなんとも平和・友好を絵に描いたようななおはなし。日本ではDlifeのチャンネルでやっているようですね。みんなお友達で、いじわるPeteも常に最後はみんなと楽しく遊びます。おまけに数字や形などの知育もふんだん、そして楽しい歌やダンス。Disneyなんてなんのその、と思っていた私は日本人としてのちっぽけなプライドなどかなぐり捨て、一気にミッキーファンになったのであります。 そんなこんなでしばらくアンパンマンからは遠ざかっていましたが、アメリカの日本人の知り合いがアンパンマンの知育系DVDを大量に譲ってくれ、それを息子ちゃんは大いに気に入ったよう。色、数字、形、季節のうた、なぜか「水、金、地、火、木、土、天、海」もアンパンマンとの楽しい歌で覚えたのであります。後はアンパンマンのひらがなパズルでやたらたくさんあるキャラクターの名前を覚えました。 ということで、結局アンパンマンとミッキー、そして最近では大いにしまじろう様にお世話になり、親としてもいろいろなキャラクターに感謝しながら子育てを楽しんでおります。 ちなみにアンパンマンはもちろんアメリカにはおりません。アンパーンチ と ばいばいきーん以前に、そもそもアンパンというものに馴染みがないアメリカ人には理解しがたいお話しかと思います。 個人的にはやはりアンパンマンのストーリーはあまり好きとは言えないのですが、アンパンマンミュージアムでの息子ちゃんの目の輝きを見たら、私まで 「元気100倍!」 基本的に「○○したい人~?」 「はーい!!」的なノリに達するには時間がかかる印象のある息子ちゃんですが、アンパンマンを前にすぐにテンションMAXでした。アンパンマンと握手した際には緊張なのか、硬直しておりましたが、新たな息子ちゃんの一面を垣間見れたアンパンマンミュージアムでの一日、やなせたかし様 に心から感謝。そして、暑くなった一日でしたが、着ぐるみの中のお兄さん?おじさん?、元気いっぱい、笑顔いっぱいのアンパンマンと踊るお姉さんたち、本当に、こどもたちに愛と勇気を与えてくれてありがとうございます。  そしてもちろん、片道3時間の道のりを連れていったくれた義両親に心から感謝です  6月末にはディズニーに行くのですが、、アンパンマンへの目の輝きを超えられるか否か。 超えても超えなくてもいいんですけどね、輝いてくれれば   アンパンマンショーがこんなに興奮するものとは。。かわいくできるものですね。

      24
      テーマ:
  • 15 Jun
    • 朝顔の君

      我が家ではもう朝顔が所狭しと咲き誇っております。なかなか深みのある青。朝顔と言えば夏休みの頃のイメージでしたが、今年の我が家の朝顔の初開花は6月1日だったとか。毎朝我が家の庭を埋め尽くしている朝顔様です。そして、朝顔と言えば、源氏物語に  朝顔の君  なる方がいらっしゃるのはご存知でしょうか?夕顔 については、古典の教科書にもでてくる帖なので、知っている方は多いかと思いますが。私は一応、与謝野晶子と、もう一方、女流作家の方が訳した源氏物語を読んだことがあるはずなのですが、朝顔の君 については名前だけしか記憶にございません。この度再び調べて見ましたら、朝顔の君、若い頃から源氏に言い寄られながら、そして本人も源氏を好いておりながら、その立場と源氏の女性遍歴から、あえてプラトニックな関係を貫き続け、自身は独身のまま生涯を終えた女性、とのこと。なんとも 朝顔 に相応しい、清々しさと凜とした風情をもった女性が浮かびます。ちなみに夕顔はその全てを源氏に委ねるような頼りない風情に、源氏はメロメロとなった、と。後に分かるのですが、夕顔は源氏の友人の元愛人です。そして、夕顔は源氏の高貴な身分の恋人である六条御息所に呪い殺されてしまう、という悲しい末路を迎えます。こちらが夕顔↓花としてはこちらの昼顔の方が、個人的には儚げに見える気がするのですが。同じ 顔 の付く花なのに、そして昼顔に至ってはほぼ同じ形の花なのに、昼顔と夕顔にはやや秘め事的な隠微さを感じるのは、かのテレビドラマと源氏物語のせいなのでしょうか。石川県民なら、一度は耳にしたことがあるのでは、という 加賀千代女 という方の句に朝顔やつるべとられてもらひ水朝顔が井戸から水を汲むためのつるべにまきついてまい、(かわいそうなので)他の井戸まで水を汲みにいったというものがあります。この千代女、結構有名で、つい1週間ほど前に皇太子様が千代女館にいらっしゃったとか。この句、朝顔 ではなく 夕顔  だったら、、夕顔やつるべとられて○○○○○爽やかな一句が愛と憎しみの日曜劇場?火曜サスペンス?的なものに一変する気がしませんか。最後の5文字、なににしましょう。。朝顔から、ドロドロ愛憎劇に心が飛んでしまう爽やかな朝でございました。

      18
      テーマ:
  • 12 Jun
    • 一年ぶりのdrive〜 in 日本の田舎

      我が実家、石川県はオハイオと同じく、車がなくては生活できない土地柄です。今回の滞在について言えば、三食子守付き、兼アッシーを務めてくれる我が母のおかげで、ほぼ車がなくても生活できるんじゃないかしらん、なんて思ったりしていますが、そろそろ滞在も1週間を過ぎ、多少自立しなければ、ばばの体力にも限りはあることだし、などと多少は気だけ遣っております。気だけ で、何もしてませんがよって、毎回恒例なのですが、義理のお父さんの車を借りました。(お義父さんには軽トラもあるので)昔、私たち家族が東京で使っていた車ではあるのですが、都心では完全なペーパードライバーだった私、日本での運転歴は渡米前の2ヶ月、昨年の一時帰国の1ヶ月、の計3ヶ月、というわたくしです。オハイオはとにかく車がないと、水一本買えないので、そこはなんとか運転しています。Freeway と呼ばれる高速道路は避けてはいるものの、目的地への到着時間が20分以上違う時は、意を決して高速に乗る、という謎のマイルールをもっています。ただ、ラッシュ時である夕方4時から6時くらいの間はのりません(ラッシュ時早いー)ということで、下手なりに、なんとかオハイオでは運転している私です。そして、久々の日本でのdrive。右ハンドル。違和感。無駄にワイパーが何度も動く(ウインカーとワイパーが逆)常に   左車線を走るべし  と自分に言い聞かせる。道が狭い。ちょっと細めの対面通行の道なんて、オハイオでは一車線の太さ。こちらでの車はスカイラインなのですが、軽が心から欲しくなります。軽は日本の企業努力なのです!と声を大にしたい。スピードが遅い。オハイオではちょっとした大通りは80kmくらい出します。住宅街でも3、40km近くだしてます。ちょっと気をぬくとすぐにスピード違反しそうです。駐車場が狭い。田舎なのでスーパーなんかはそれほど困らないのですが、とにかくデパートなどでは車が少ない屋上まで行くべし。。実は最難関の駐車場は義実家の駐車場。毎回高速に乗るよりも、何よりもここで緊張します。バックでの駐車。アメリカは基本頭から突っ込むので。コロンバスでホンダ車のバックで駐車してある車を見ると、日本人かしら、と想像してしまいます。右折矢印信号のタイミング。そもそもアメリカはやたら車線が多いため、ちょっとした道路にはほぼ右折、左折レーンがあります。そして、矢印信号が先にでます。日本では右折レーンでも、信号が青の時にずっと待った挙句、それでも曲がれなかった可哀想な車のために矢印信号でチャンスが与えられるわけですが、アメリカでは先にチャンスをいただけます。同じ感覚で、右折しようと交差点のど真ん中でタイミングを計っていたら、赤になってしまい、血の気が引いたのですが、矢印信号君がででくれて、救われました。あ、日本はタイミングが逆だったと。。そして、、私の実家と夫の実家は高速道路を使えばわずか40分ほど。おそらく、日本で最も交通量の少ない高速道路ランキング上位に位置するであろう 北陸自動車道  を使いますので、合流も恐るるに足らず。交差点の信号や道の狭さにドキドキするよりは高速の方が楽かしらん、と高速に飛び込む。逆走しないように気をつけながら。。クルーズコントロール、cruise control という、速度を一定に保つ機能が、アメリカの車にはほとんど付いています。日本でも今は多いと思いますが。私がオハイオで乗っているトヨタカムリちゃんにも付いています。こちらのスカイラインちゃんにはないのです。スカイラインのくせに。。で、まぁ自分でアクセル踏めばいいのですが、坂道〜トンネル〜急カーブ♪一本橋に〜デコボコ砂利道〜♪は流石にありませんが。ほっとくとスピードが変わる変わる。上り坂では90km、下り坂では一気に120km。トンネルでは自然にビビってしまうのか、90km。。↑こうなってしまう人、運転の下手な人。渋滞の原因を作る人。ってことだと分かってはいて、反省もするのですけれども。クルーズコントロール、坂道もカーブもほとんどないアメリカよりもよっぽど必要な機能ですから!!と、声を大にして日本企業に努力を促したい。ということで、手に汗握る ひやひやドライブ、をしながら義実家から帰ってきました。昨年は結構乗った気がするのですが、よりアメリカ慣れしてしまったのか、今年はアッシー様にできるだけ頼りたいなぁ、、とか。。後3週間近くあるしね、、She drives me crazy!   あの子にはイライラさせられる!と母に言われないように、感覚を取り戻しましょう、というほどの感覚もないので、早く慣れていきたいです。

      18
      テーマ:
  • 09 Jun
    • 一年ぶりのhaircut 〜オハイオの美容事情

      日本に来たら真っ先にしたかったこと、Haircut。英語では I had a haircut というhaircutを名詞として使う表現と、Cutを動詞として使うI had my hair cut という、have +目的語+動詞 で 目的語に○○させる、という表現の形があります。もちろんオハイオにも美容室は多々ありますが、やはり人種が違うと髪質も違うので、とてもアメリカ人には任せる勇気がありません。髪は女の命というプライド、というよりは、黒髪ロング前髪付きスタイルの私は黒髪ロング前髪なしスタイルになる、というだけの話で、むしろ髪にプライドをもっていないから、伸びゆく前髪を放置できる、というのが実際のところだと思います。実はコロンバスにも日本人美容師さんが一人?おりまして、意識の高い駐妻様たちは彼女の顧客リストに入るため、「新規受付」情報が出回るのを心待ちにしている状況です。とにかく、顧客には事欠かないらしく、基本的に新規は受け付けていないご様子。もちろん駐妻たちには「本帰国」なる、永遠に顧客には戻れない状況が発生しますから、定期的に顧客は入れ替わるようですが。なので、日本で苦しい生活を送っている美容師の方には、ぜひ駐在日本人コミュニティがそれなりの規模で存在する海外で、一旗揚げてみてはどうでしょう、という提案をしたいと思います。ちなみに、シカゴ辺りになると、もうそれなりに日本人美容師はいるようで、コロンバスオハイオから、5時間半ほどかけてシカゴに髪を切りに行く人もちらほら。穴場都市を上手く探してほしいですね。ということで、意識低い系駐妻の私は1年間髪を放置し、ようやく日本にて髪を切ることができました。久しぶりの前髪復活に若返った気分であります。しかしながら、美容室ってそもそも苦手なんです。1時間以上も鏡の前の自分と向き合わされて、どんな表情で鏡の中を見つめればいいのか、未だに掴めておりません。それなりのスタイルにしてくださる美容師さんには感謝しているのですが、あまり鏡の自分に満足げな表情をするのも気恥ずかしく。すっきりしました〜若返った気分です〜ありがとうございました〜というのが関の山です。ちなみに、今回は通常2000円のハンドマッサージが、500円で受けられます!との言葉に乗っかり、ハンドマッサージも受け、かつ無料のメイク直しも付く、とのことで口紅など派手なピンクに塗っていただいたのですが。。マッサージ中はどんな顔したらいいのかしら、無表情もなんだし、あまり恍惚とするのも、、と悶々として、妙に力が入り、おそらくマッサージ効果は半減しています。そう、マッサージも妙に緊張してしまい、苦手なのです。。ピンクの口紅効果か、前髪若返り効果か、家に帰るなり息子ちゃんがママかわいいといってくれたので、一年ぶりの鏡の中の私にいろいろと戸惑いはありましたが、大満足させていただきました。至れりつくせりの日本の美容室、万歳!!また一年後に

      15
      テーマ:
  • 06 Jun
    • 三食子守付

      今回の帰国時のフライトは想像していた以上に骨が折れる、いや、しびれたものとなりました。シカゴで「マイ枕なぞなくてもどこでも寝られます」と豪語したわたくしでしたが、ほとんど寝られないまま日本の地を、そして金沢(小松空港)の地に降り立つこととなりました。やはり地方都市から地方都市は辛いものです。今回のフライトはコロンバスーシカゴシカゴー成田成田ー小松朝5時半に家を出て、7時半の便でコロンバスを出立し、それぞれの経由地で3,4時間待ち。結局乗り換え時間も入れると24時間くらいの移動時間となりましたコロンバスーシカゴの便は息子ちゃんがトラベラーズハイ、とでも言うべきものか、テンション高く、全く眠る気配なし。シカゴの空港では空港探検などしてフル活動。11時半ごろにシカゴー成田便に乗った瞬間に力尽きたのですが、私の腕にもたれて寝たため、なかなか身動きとれず。私は少しうとうとしましたが、眠れず。2時間ほど寝た後は、座席のテレビも見ましたが、本を読みたいだの、絵を描きたいだの、、。それでもようやく、アメリカ時間の夕方には上手く寝たのです。が、今回は膝枕。頭が重い。。しばらくするとお尻が痺れてくる体勢を変えても30分も同じ姿勢では耐えられない。かと言って、座席に座らせる体勢に変えて、起こす、というリスクも取りたくない。ということで、悶々としている間にほとんど眠れず到着しました。フライト時間、約13時間。成田では4時間ほど待ち時間。フライトでも何も役に立つ気すらなかったパパは、私たちと待ち時間を潰してくれることなぞもちろん無く、さっさとお別れ。成田で飛行機を見に行ったり、軽く食事をしたりして時間を潰し、ようやく6時半に成田発。成田ー小松便では母は意識朦朧でしたが、ちょっとうとうとすると、すぐに息子に起される座席の使用方法の説明書に離着陸時のリクライニングは❌と言う絵を見つけ、「ママ、飛行機では寝ちゃいけないんだって!!」という拷問のような時を過ごし、ようやく辿り着いた実家。三食子守付時差ボケのせいか、1日目は朝4時、2日目は朝3時に目覚めた息子ちゃん。ばばちゃんとあそぶー!!とご指名で付き合ってくれる我が母に心から感謝。長いフライトの甲斐があったこれから1ヶ月もお世話になるので、もう少し私も体力を回復したら、、家事などお手伝いしようと思いますふるさとは遠きにありて思うものそしてたまには帰るものよしやうらぶれて異土の乞食となるときは帰っていたわりうけませうBy ママを再生原文はこちらふるさとは遠きにありて思ふものそして悲しくうたふものよしやうらぶれて異土の乞食となるとても帰るところにあるまじやBy 室生犀星

      18
      テーマ:
  • 05 Jun
    • これは運命でしょうか

      海外で知人に遭遇する、というのはなんとも運命を感じるものです。それが2回となればなおさら。シカゴで成田行きの便に搭乗し、着席したら、、Cosettey ??と声をかけられ目を見張る。我が家族は3,4,3の4の島の3つを使用、その空いた隣の1つに大学時代の日本人の先輩が。500席近くあるジャンボ機の中で咳が隣になる確率は如何に。アメリカに行くのが同じ便、だとか空港でばったり、電車でばったり、というシュチュエーションには何度か出くわしたことがあります。が、海外発の便で、しかも席が隣。これはもちろん初めてです。そして、今回のことだけなら、なんとも奇遇ですね、というだけなのでしょうが、このお方には、実はもう一回海外で遭遇しているのです。それは、パリのルーブル美術館。ご存知、広大な美術館。その地下一階の大して有名なものもない展示コーナーで偶然鉢合わせ。この確率も如何に。これはなにか運命を感じるべきものでしょうか。お互い子持ちの既婚者ですからね。道は外さないようにしないといけませんね運命、というよりは、日本風に不思議なご縁ですね、といことで留めておきたいと思います。二度あることは三度ある、といいますから、次はどこで会いますかね、ラスベガス、とかですかね、なんて言ってお別れしました。無事実家に帰り着きました。今回の滞在もご縁に恵まれた豊かなものとなりますように。

      10
      テーマ:
  • 04 Jun
    • 立つ鳥後を濁す

      ただいまシカゴで乗り換え待ち。今回の私と息子ちゃんの一時帰国は1ヶ月ほど。夫も出張を運良く合わせることができ、同じフライトで帰りますが、日本では1週間ほど仕事をした後先に帰国します。つまり、我が家は1週間ほど空っぽに。1ヶ月ほど自分が留守にし、かつ1週間ほど家に誰もいないと思うと、さすがに家をピカピカにしてから出立したいといつも思ってはいるのですが、今回もダメでした。。最低限の台所と掃除機、洗濯、アイロンなどはしたものの、お風呂なんかの掃除まで手が回らず。。ま、アメリカなのでバスルームは二つ。夫の使うバスルームと自分と息子ちゃんが使うバスルームは別なので、特に支障もないとはおもいますが。夫はおそらく一切自炊することはないと思われますので、野菜等、冷蔵庫のものを大処分したところが、唯一すっきりしたところです。普段も家が完璧にきれい、という状態になることはないので、こんなときくらいは、と思いますが、普段が汚いゆえに、作業量が増え、結局できないというオチ。毎日すっきりしてないと気持ち悪いの、なんていう、敏感女子的発言をしてみたいものです。にしても、アメリカの空港、やたらマイ枕を持参しているアメリカ人を見かけます。私はもちろんどんな枕でもどんな場所でも寝られます。アメリカ人が、同じ枕じゃないとねれないのという敏感な国民とは到底想像しにくいのですが。。アメリカ人よりもがさつな人間だと思うと日本人として複雑な気持ちになる、空港でのひとときです。

      12
      テーマ:
  • 02 Jun
    • 太るならおいしいもので太りたい

      さて、一時帰国がもう明日に迫り、日本で美味しいものをたらふく食べるために脂肪の余地を作っておきたいと、多少なりとも体重を落としつつあったわたくしでありますが、4泊のアメリカ国内旅行により、その努力も水泡に帰した感がございます。普段は和食!というほどではありませんが、アメリカ人とは比にならないほど、脂肪分、塩分の少ない暮らしをしているのだと、こう言うときに実感します。我が夫は食べ物にこだわりがある方ではありませんが、やはりお米が食べたくなるのか、旅行に行くとすぐにChinese やタイ、ベトナム料理、そしてラーメンなどのレストランを探して出かけます。今回も4泊でしたが、ベトナム2回、日本料理1回、イタリアン1回、アメリカン1回、メキシカン1回、ケンタッキーフライドチキン1回、その他記憶なし、、という感じでした。ケンタッキーはケンタッキーフライドチキン発祥のケンタッキー州に行ったので、という感じです。イタリアンなんかはナッシュビルでラーメンが大行列で、しょうがなく、、です。いや、いくらアジアンなどのレストランに行っても、どうしても食べたくてたまらなくなるのが、野菜。私は、サラダを好まない、という妙な主義があるのですが、ガラにもなく、最終日の昼はアメリカンレストラン(ファミレスチェーンのRuby Tuesday)で Mediterranean salad 地中海サラダ 的なものを頼んでしまいました。サラダだけでもチキンが大量に乗っており、食べきれない量でした。とりあえず野菜はもりもり食べましたが、茹で野菜をおくれ!(味付けは自分でするから!)って気分になります。なんでも味が濃すぎて、、野菜を食べてもなんか疲れる。。帰宅したのは7時近くで、ご飯をつくるのも面倒でしたが、自分もあっさりしたものを食べたくて、、ソウメンとオニギリと、白菜のお浸し、という簡単夕食にしました。やっぱりアメリカ人とは味覚が全然違うと実感しますし、アメリカ人のような食生活してると、そりゃ、あんな体になるよね、と思います。そもそも量が違うし、やたらしょっぱい(というか、味付けのバリエーションがほぼ塩かケチャップか、なんだろうと)し、付け合わせはポテト(ブロッコリーやアスパラも選べたりしますが)だし、に加えて、Pops と呼ばれる炭酸類。しょっぱさを甘さと炭酸で中和するのかしらん?夫はいつもコーラなんかを頼んでますが、私は water is fine for meって、水を頼みます。おいしくない水も多いのでペットボトル持参のときも。。我が家はほとんどファーストフードを食べず、実は息子ちゃんは未だにマック未経験で、(Burger king とWendy'sは一回くらいあるかな)今回ケンタッキーは初体験でした。で、ケンタッキーでは、10歳以下だろうに、ぶくぶくに太った子たちがゴロゴロいたりするんですよね。側の親を見ると、さもありなん、と納得します。10歳以下のあの体型は、親の責任だよなーかわいそうに、と思います。この食事を美味しい、とインプットされたら、永遠に脂肪を引きずって歩く生活だろう、と勝手に彼らの将来を憂いてしまいます。たまに食べると、ファーストフードっておいしく思えるときもありますが。月に一度も食べれば十分かな。。ということで、言うほど旅行でアメリカンな食事をしたわけではないのに、貧乏性により大量に供される食事を詰め込もうとしたのが原因か、また太りました。あーあ、目標達成は無理だな。とアメリカのせいにして。どうせ太るなら、おいしいもので。今回ついた脂肪ちゃんは、たいしておいしくもなく、満たされてもいないのに付き纏われ、誠に損した気分であります。どうせ脂肪を纏うなら、お腹のお肉を見るたびに愛おしい食べ物の記憶が蘇るような、そんな満足感のある脂肪に包まれたいと思います。未だに胃が疲れてる感があるので、日本に行ったら、とりあえず大量のお野菜食べたいです(茹で)

      14
      2
      テーマ:
  • 31 May
    • 白人の聖地?Nashville

      一応今回の旅の最終目的地、テネシー州Nashville ナッシュビル。カントリーミュージックの聖地と言われ、その方の音楽愛好家なら一度は訪れたい場所でしょう。 が、ごめんなさい、そういう系の音楽、全く詳しくないので、、。 ということで、私たち家族にはなんともありがたみを感じにくい土地ではあるのですが、3連休とあってか、かなりの賑わいでございました。 ダウンタウンのメインストリートの様子。わかりにくいですが、道路にも正面のバーにも人があふれております。この通りではライブを行うレストランが軒を連ねており、真昼間というのに、みなさんビールを片手にライブを楽しみながらお食事をしておりました。 とにかく、レストランエリアはどこもほぼ満席。せっかく友人が教えてくれたレストランも、夕方の4時半に行ったのに、外にまで大行列が。翌日の昼も2時過ぎなのにどこも30分ほど待ち状態。 アメリカ人も並ぶのね ニューヨーク以外で大行列のレストランってほとんどみたことない気がするので。 とはいえ、いつも思うのは、アメリカのレストラン、効率悪すぎ。 空いてる席も、何もしてない店員もいっぱいいるのに、全然回せてない。日本だったら2倍はお客が回るだろう、といつも思う。 といういつもの感想はおいておいて、Nashvilleでびっくりしたのは、その白人比率の高さ。ダウンタウンのメインストリートでは有色人種比率1%くらいでしたね。都市自体の有色人種(黒人やヒスパニック)は40%近くらしいので、Nashvilleを目指してくる観光客がほぼ白人、ということでしょうか。ま、カントリーミュージック好きなのは白人くらいだもんね。 で、その白人たちが昼間からお酒を飲んで大騒ぎ。貸し切りの屋根のないバスや、動く Barバーのようなものでなぜかみんなでペダルをこぐ、という摩訶不思議な乗り物にHotと言えるのかどうかわからないParty Girlたちがビール片手に奇声を上げている、という光景を何度も目の当たりにしました。 Hot girls? 少なくとも息子ちゃんの好みではないな。ちょっと窓を開けて写真を撮る勇気がなく、思い切り反射してますが。。  ちなみに、Nashvilleには日産のアメリカ本社と大きな工場があります。夫の趣味により、本社も工場も付近をドライブ。本社はなんともおしゃれな住宅街と先進的なビジネス区域的なところに立地しておりますが、工場周辺はトレーラーハウスに毛が生えた程度の住宅が多く、ホワイトカラーとブルーカラーの格差をまざまざと見せつけられた思いです。 本社  ダウンタウンのそばには立派なNissan Stadiumが 日本企業がしっかり根を下ろしているところを目の当たりにすると、なんとも誇らしい思いになります。その他、南部と言えば、ということで、昔黒人奴隷を使っていたようなプランテーションの見学に行きました。Belle Medowsというところ。  立派なお屋敷↑ 奴隷小屋↓こちら、プランテーションと言っても、アンクルトムの小屋のような綿花のプランテーションではなく、競馬用サラブレッドの繁殖で一財産を築いた方のもの。奴隷は累計で136人いたそうですが、この小屋に住んでいたのは8人とからしく、流されていた元奴隷のビデオインタビューでも、結構いい扱いを受けていた 感が滲み出ておりました。ここでは黒人奴隷の悲劇的運命に思いを馳せるのは無理がありますね。そして、ここも有色人種比率1%くらいでした。ナッシュビルに観光にくる白人の歴史認識、気になりますね。最近、例の保守系ラジオでよく話題になっているのが、黒人学生が学長オフィスなどを占拠して、過去の償いに授業料を無償にせよ、と迫った事件。やつらは真剣に、「誰が奴隷を解放したのか」の歴史を学んだ方がよい。そのプロセスを大学などの必修にせよ、との保守系論客の主張。確かに、勝手に白人がキリスト教の本来の姿に目覚めて、奴隷を解放して「あげた」というのが彼らの歴史なのでね。一理はあると思います。奴隷をもっていなかった古代社会などほぼ存在しないので。とはいえ、黒人側にとっては受け入れがたい論理でしょうね。人種問題、歴史認識、白人の地で溝の深さに思いを馳せました。アメリカ人の南北戦争、奴隷などに対する歴史認識についての過去記事。アメリカは神の国?南北戦争は神からの○だった今も根深い黒人差別についてはこちら。まだ人種差別はある?

      18
      テーマ:
  • 30 May
    • 甘くみるなかれ、Mammoth cave

      馬しかいない動物園を訪問した翌日は、今回の旅行で一番楽しみにしていたMammoth cave へ。   アメリカと言えば雄大な大自然。グランドキャニオンやイエローストーンに代表される、日本とはスケールの違う雄大さは魅力的です。   しかしながら!!! ほとんどの有名な世界遺産級の大自然は西側に位置しております、まあ、オハイオから、ざっと24時間程度のドライブでたどり着ける感じでしょうか   オハイオも自然の身近さは魅力的ではありますが、雄大さ、、というと、 まず山がない。平らである。   ということで、実は今回訪れたケンタッキー州のこのMammoth Caveが一番近い自然の世界遺産、ということになります。   何かというと、Cave洞窟です。 世界最大級、全長400マイル、(600キロ)。600キロって、東京から金沢くらいまで車で行く感じですね。やはりスケールが違う、恐るべし、アメリカの大自然。   ちょうど最近息子ちゃんがユーチューブで「しまじろうのわお!」の 「まぼろしのみずうみ」というお話で、洞窟や氷柱、地底湖、などに興味深々だったので、 「ひょうちゅう も ちていこ もきっとみれるよ!!」 と楽しみに向かったのです。   が、 こちらの人の間ではそれなりに有名だそうですが、 少なくとも日本では聞いたこともないMammoth Cave、 ちょっとなめてました。   Memorial dayの連休初日とは言え、朝早く行けばそれほど混んではいないだろう、と。9時半ごろに到着。   案の定、駐車場はそれほど混んでいるわけでもなく。 チケット売り場は若干の混雑ではありますが、せいぜい2分待ち。   が!!!   本日のツアーは売り切れ! Sold out!!   いくつかツアーの種類があり、 小さい子にもお勧め、とあった Frozen Niagra tour というのを狙っていたのですが。。 ↓こんなのが見れるはず(サイトより)   いや、確かにウェブサイトには予約をお勧めする、とはありましたがね。 予約だけで当日の分がないって、、 他のツアーもすべて埋まっていました。。 大体、一日にツアー4回、とかが少なすぎるんじゃないかい もうちょっと商売しなされ   とりあえず気を取り直し、 予約不要のSelf-guide tourという、自分で勝手に行くツアーに参加。 これだけでも、洞窟気分は味わえますし、かなり大きな洞窟である、という迫力は感じました。 が、氷柱も地底湖もない。 鍾乳洞らしきFormationと言われるつららのようなものもない。 いうなれば、岩肌がむきだしの巨大な穴。   「ひょうちゅうはー?ちていこはー?」   よし、月曜日の旅行の帰り道にまた予約をしてこよう! と思い、すぐに予約をとろうとネットへ。 が、月曜日もSold out   恐るべし、Mammoth Cave。 みなさん、旅行は計画的に。   特に夏場は予約が必須、と思った方がよさそうですね。       私の計画性がなさすぎるだけか、、 行き当たりばったりの生き方をすでに誇りに思うレベルに達していますから   ここは行き当たりばったりの本領を発揮したいところです。   このまま、息子ちゃんに鍾乳洞も氷柱も地底湖も見せずに終えてよいものか、 と母はいろいろ検索し、National Parkではないものの、周辺の洞窟のツアー(Diamond Cavernというツアー)に参加することに。周辺にも結構いろんなツアーがありました。ホテルなどにパンフがたくさん。 こちらは予約も不要ですんなり参加でき、ちゃんと鍾乳洞らしきものや地底湖ではないけど、お水がぽたぽた垂れてたまったところも見せられました。   なかなかの大迫力。   ただ、この手の洞窟散策はツアーのものしかなく、 今回は350段という階段を上ったり下りたり。結構急な階段もあり、4歳前の息子の手を引きながら歩くのはかなりひやひやもので大変でしたし、若干ツアーのペースも遅くなってしまい、気が引けました。 3歳以下は、やはりNational ParkのFrozen Niagra tourが安心だと思います(多分)。 こちらも集団ツアーではありますが。 早めにご予約を!   というか、 アメリカのツアーって全部そうなのですが、 ガイドしゃべりすぎ! ジョーク多すぎ!   上手なジョークがガイドの本分らしいですが、しゃべる時間が長すぎて、ツアーが長いのよ。 しかも、ただでさえ地学の英単語なんてほぼ記憶の彼方なのに、ジョークが混じりすぎて、どの話が本当かわからず、説明はさっぱりわかりませんでした。   まあ、とりあえず、 コロンバスから約5時間、のこの地で、見たかったものを見れたのでよしとしよう。 母は満足     初日にツアーに振られた後は、近くにあったDinasour World なるところに行ったのですが、 ここが息子ちゃんには大当たり。 かなり広い森の中のようなところのあちこちに恐竜の像がある、というなんとも子どもだまし風情ではあるのですが、メジャーな恐竜はほぼすべており、 着々と恐竜の名前を覚えつつある息子ちゃんは、いちいち恐竜の名前を叫び、吠えておりました。 ティラノサウルス!トリケラトプス!ステゴザウルス! スピノサウルス!イグアノドン!パラサウロロフス! パキケファロサウルス!!!   ブラキオサウルス!!     息子ちゃんにとっては、全旅程において、ここが一番楽しかったよう。     どうしても旅行は親の趣味に走りがちになるので、 息子ちゃんが心から楽しい!という時間がつくれてよかったです       結果、オーライ   といいたいところですが、   ま、今回を教訓に、やはり旅行の前にはもう少し下調べをしようと思ったのでした。       旅行の最初の目的地はこちら ケンタッキー州ルイビル パパの行く動物園は○ばかり          

      14
      テーマ:
  • 29 May
    • パパの行く動物園は○ばかり

      アメリカは月曜日がMemorial day という祝日で、ほとんどの人が仕事も休みとなる数少ない祝日です。学校が休みでも仕事がある祝日が多いので、なかなか三連休がないんですよね。ま、アメリカ人は日本人とちがって勝手に年休で休むようですが、強制されないとなかなか休めないのが可哀想な日本人の性でしょうか。金曜に年休をとり、4連休として、旅にでました。初日はケンタッキー州のLouisville ルイビル、というところ。コロンバスから約3時間半。夫の仕事がてら一泊です。こちらにあるのが、日本でも競馬ファンなら知っているであろう、ケンタッキーダービーの競馬場、Churchill Downs。昨年は武豊がきてたよーな。私はたいした競馬ファンではありませんが、ある人物によって我が家の財産がこのような場所に注ぎ込まれているのは存じております。そして、ある人物の希望にて、アメリカで初めて競馬場に足を踏み入れることに。↑写真はサイトからお借りしました。写真だとかなり小綺麗にみえますが、、まぁ実際、白地で綺麗な建物ではあります。歴史のあるといえば聞こえがいいですが、若干古い感じは否めず、そして、思ったより小さい、気がしました。これがケンタッキーダービーの地とは。大井競馬場の方がよっぽど立派である!とは、例の詳しい方の感想です。さて、せっかくきたので、馬券を買ってみたい。が、もちろん私は競馬のための単語なんて知らないよ。しかも、さすがサービス精神ゼロのくせに電話と対面大好きアメリカ人。馬券を買うにも大量の窓口が。Wagering っていうんですね。初めてお目にかかった単語です。買い方もわからないのに、堂々と列に並び始めたお方。小さな看板にState amount of wagerState type of wagerState number of horseとあります。ちょっと、あなた絶対できないでしょ、ってことで、自動券売機を見つけたのでそこに誘導。写真は忘れました。。で、お金を入れて、おそらく単勝、みたいなtype を選び、息子ちゃんが選んだお馬に。後は観戦。こんな風に当たりはしませんでしたがね。雰囲気は味わえました。ちなみに、競馬場への入場料は3ドルです。いい席は何十ドル、としますが、このおばさまが拳を振り上げているあたりは、おそらくタダな感じでした。平日のなんでもないレースなので、誰がどこに座っていようがよくわからないし、管理もされてない感じでした。ちなみに、ケンタッキーダービーの日は、一席数百ドルするそうですよ伝統的にダービーの日はみなさん着飾って、大きな帽子をかぶるそう。ギフトショップにはこんなのがいっぱい。なんでもない金曜日でしたが、着飾って帽子をかぶってみている人や、スーツの男性、タンクトップに短パン、カジュアルなワンピース(全部old navy にみえた)などなど、アメリカらしくみなさんそれぞれでした。そして、まぁ、日本と同じように、老若男女、怪しげな人から馬主風情の方達まで、競馬新聞?的なものとビールを片手に、歓声をあげておりました。息子ちゃんは、とりあえず、お馬さんの よーいどん みたねーってことで、満足していただけたようです。私たちの住むコロンバスは全米有数の素晴らしい動物園がありますが、そこにパパといったのは、義両親がきたときの一度だけ。今回の動物園は、、 馬しかいなかったね。。パパの行く動物園は馬ばかりこれは、いつぞやのサラリーマン川柳からお借りしております。旅行の最終目的地はテネシー州のナッシュビルなのですが、そこへの模様はまた次回。

      8
      2
      テーマ:
  • 26 May
    • 日本でしたいこと、食べたいもの、買いたいもの

      やや個人的な備忘録。忙しいなー。保育園に一時的に入れることも考えましたが、なんかしたいことがありすぎて、やめました。金沢観光のご参考にも。<行きたい場所(遠出)>福井の恐竜博物館+あわら温泉   息子恐竜、母温泉名古屋のアンパンマンミュージアム   アメリカにはアンパンマンいないからねぇ。アンパン、の概念から理解されないからねぇ。東京ディズニーランド   アメリカにもあるんだけどねぇ。フロリダがお気に召したようなので、ぜひ日本のも経験させてあげたい<行きたい場所(近場)>昆虫館、白山ひめ神社    カブトムシ、カブトムシ。もういるかな?    ひめ神社の参道で清新な気分になり、おはぎと釜飯(近くにおいしい釜飯屋さんが)でエネルギーをチャージしたい。カラオケ    息子ちゃんにカラオケデビューしてもらいます。こちらで熱唱しているLet it go披露なるか。おじさんの畑      無農薬に取り組む私のおじさん。息子に収穫体験させたい。虫も観察し放題のはず兼六園    何度行ってもいいもの。息子ちゃんも立派な松を解せるお年になったかしら。まだかしら。    松より団子か。図書館<食べもの>お寿司    私は回転寿司で十分なのですが。あ、でもグルメ系回転寿司と呼ばれる、もりもり寿司かまいもん寿司がいいなぁ。一回くらい近所の高級お寿司も食べたい。昆布巻き、ニシンの飴炊き    ひがし茶屋街の入り口に 白井 という昆布専門店があり、ここのこの二つが絶品なのです。     オハイオでは割となんでも手に入るのですが、こういった魚の加工品系や、豆腐の加工品系、おいしいのがないんですよね。。秋吉     これは全国チェーンですか??焼き鳥食べたい。8番ラーメン      これは北陸チェーン。金沢ソウルフードと思ってます。第七餃子      これも金沢ソウルフード。芝寿し       笹寿しを買って、ピクニックしたいなご飯のお供系      明太子とか、塩辛とか、おいしい海苔とか。。新鮮な野菜山ほど      おいしい野菜が食べたい。新鮮なお魚山ほど、特に青魚      こちらは鮭かタラばかりだから。毎日スーパーで物色したい。ケーキ      ホソヤとフランドールのケーキ🍰和菓子      例の、ひめ神社のおはぎ。      あんころ。そう、えんぱちのあんころ。パン      たいしておいしくない自分のホームベーカリーパンには飽き飽き。日本のパン屋さんのパンが食べたい!!もうデブまっしぐら。誰も私を止められない。せめて動こう。息子とともに。<買いたいもの>オハイオにいるとお洒落する理由がないので、正直服はほぼいらないのです。ユニクロのスーピマコットンを補充したいくらい。本     声に出してよみたい日本語          息子ちゃんに祇園精舎デビューさせるか。     レミゼラブル(完訳版)     小室直樹の宗教シリーズ   アマゾンでも買えるんだけどね。。   本は結構こちらの日本人で売り買いされているのがあるので、それほど日本語文章には飢えていないのです。あまり買いたいもの浮かばない。。百均とかいくと浮かぶかしら。誰か必要なもの、思いださせてください。買い物より食い物。。日本、待ち遠しいです。でも、食べ物よりも何よりも待ち遠しいもの。笑顔のサービス。こちらではお金を払っても得られない。空港で、あのサービス笑顔をみた瞬間に、あ!帰ってきた!と妙にホッとするのです。そして、ちゃんと仕事してる人。清掃のおばちゃんから案内の人からまで。無駄口叩かず、ちゃんと業務してる。日本人、エライよ。その精神が、恋しい。

      14
      テーマ:
  • 23 May
    • しまじろうの功罪

      4月から、しまじろう、こと こどもチャレンジ を受講し始めました。 せっかくひらがなを書くことに興味を示し始めていたので、背伸びをして、年中さんのコースを受講しています。   しまじろう効果はすごいもので、 まず鉛筆をもって取り組む!という姿勢が身に付きました。 今まですぐに飽きていたプリントの類に夢中で取り組んでおります。 すぐに終わってしまい、一度鉛筆で書いた上からマジックでなぞったり。 これはしまじろう様も冥利に尽きるのではないかと思います。   こちらは「なぞりん」なる、なんども消しては書ける小道具。 ちゃらちゃらと音が鳴り、書くとしまじろうや他のキャラクターが一言くれる、 そして、三回やると、ライトがキラキラひかり、この小道具ちゃんががんばったことをほめてくれる、というなんとも小憎らしい技を持っています。 まんまと引っかかり、次々にいろんな字を書く息子ちゃんです。 いちいちチャラチャラが母にとってはやや耳障りなのですが、ひらがなに取り組んでくれている、と思えば我慢もできるもの。   しかし、しかし、 母には辛いことがあるのです。                     ああ、お寿司。   息子と課題に取り組みながら、 母のお口は潤い過ぎて、あふれてきそうです。 思わず、ごくん。     おいしいお寿司が遠いこの地にあって、 この仕打ちは酷でございます。   (お寿司屋さんはたくさんありますがね)   あっ、こんなものも。           さくらもち、 どうみょうじもちょうめいじもどちらも捨てがたい。 どちらもいただきたい。   こちらの日本食材スーパーにいけばあるかもしれませんが、 やはり違うのです。   ○○のなんとかが食べたい、というのがやはり叶わないのです。   くしくも、 新鮮な魚介類と 和菓子の街 金沢、に生まれ育った身としては、 あふれる唾液と郷愁を抑えるのが辛いのです。   ああ、罪なしまじろう様。       しかし、その心の渇きも癒されそうなときが近づいています。         一時帰国します!   6月中はほぼ金沢にいると思います。   7月の頭に東京で結婚式に参列してから、July 4th独立記念日 にアメリカに戻ります。   金沢のみなさん、遊んでください お時間ある人は遊びにきてね   金沢でたっぷり、 お寿司、和菓子、ついでに洋菓子さんにも、、 私の血と肉になっていただけるよう、 こちらで少し肉をそぎ落としておきたい、と3月ごろからずっと思っておりますが、 一向におちません。。   アメリカにいるとほとんど気にならないお肉の付き具合。 日本に帰ると思うと気になるのは、日本の文化のなせる業でしょうか。   しまじろうを眺めながら自分にプレッシャーを与えていきたいと思います。              

      18
      4
      テーマ:

プロフィール

cosettey

性別:
女性
お住まいの地域:
海外
自己紹介:
米国オハイオ州在住、いわゆる駐妻。 米国での大学生活以来、二度目の米国生活。 米国の政治、文化な...

続きを見る >

読者になる

AD

カレンダー

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

旧ランキング

このブログはジャンルランキングに参加していません。

ランキングトップへ

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。