テーマ:
ナイトクラブで踊っていて
あぁ良いなぁと思うのは、
そこのお客様はたいがいご自身で事業をされていたり、部下を沢山お持ちであったり、(私から見た)[成功者]が多いこと。

だから、
人生の先輩に
都合の良い距離感を持って仕事の相談を出来るところである。


勝つことではなく
負けないことが大事だよ

と、
話してくれた今日の時間は
大変有意義でした🍸


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
久しぶりにほぼ徹夜を3日ほど続け、
もう気合いだけでは乗り越えられないですね。
夢遊病のように業務をこなしていた日々。
本日のキノコホテルワンマンリハを終えていったん一区切り。

明日も昼からリハだけど、
朝から家を出なくてよいことに万歳三唱です!




お仕事をしていくと
色んな現場もあれば色んなスタッフさん、出演者様がいる訳で、
あー頑張って良かったなぁと思うこともあれば、
阿藤快さんもまっつぁお並に なんだかなぁ と思うこともあるよね。

でも、
全ては自分の経験値となり血肉になる感覚はあるので、ひたすら今後の自分に活かすしかあるまい。


人の 怒りの沸点 は十人十色。

気付くことが出来たら、
もっとケアできたなぁとか、
でも自分には全く怒りポイントではないから予測が出来なかったなぁとか、
つまり次回に活かそう。とか。


そんな感じでなんとも言えない悲しみに苛まれた分は、お金で解決。

朝方仕事終わりに、東京の外れの自宅までタクシーで帰ること二晩、
同じく仕事終わりに整体90分フルコースたっぷり満喫。
朝6時まで営業している六本木感。


気持ち良くお金を使うのって大事。
自分へお金をかけている自覚を持つのも大事。だと思う。
自分自身が商売道具なら特にね、


てゆう理由をつけて贅沢とゆう名のリフレッシュでした。





一区切りの時間を使い
一気にお部屋のお掃除。

散らかった部屋が何よりのストレスになる。
お片付けが何よりのストレス解消。


数日分を一気に終了!


今晩はもう仕事はすまいと心に決め、
お酒と塩辛を持ち込んでお風呂に浸かってます。


幸せ。





そうそう、


入国拒否にあってから、
携帯ゲームにハマってる。


ずっと脳みそと身体を使っているから、
無心で何かをすることの価値を感じたりして。


そんな感じ。





SNSで「忙しい」とゆうことを書くと、
忙しいアピールとされ批判をされる風潮があるけれど、
それって何割くらいの人がそう思っているのかしら。


自分も日々の事を呟くほうなのでその意見からいくと、
それはただの息抜きの作業であり、
他人のその投稿を見ると「自分も頑張ろう!」と思え割りと好きである。
なので全く理解が出来ない=その人種の思考回路に非常に興味が湧く、のである。



人って本当に面白いよね。


不思議だなぁぁ、
って思うこと本当に沢山ある。



普通 なんてものは存在しないと思っているけど、
統計的な【普通】てものは凄く面白い(興味がある)。









今日は、
もう仕事しない◎




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{2FF2F987-BBC8-4ADD-8FB1-9D10FE117D19}

BHoFも終わり、ようやく次に向かえる気持ちになったところで今回の入国審査について。


我々は毎年1~2回アメリカへ入国しています。
いずれもバーレスクフェスティバル・コンペティションへの出場で、そこにギャラは発生しない(アメリカで就業しない)旨 明記されたレター(証明書)も準備していました。

初めて入国審査で別室に連れていかれたのは昨年6月のこと。
バーレスクへの固執した(セックスワークとゆう)イメージは海外でも特に強いため、そのフレーズは出さずにいるものの運悪く別室へ。。

沢山の衣装は持っていましたが昨年は私は純粋に見に行くだけでしたし、ジルベールも勿論上記のレターを持っていたので、取調べのような圧迫面接のような非情な審査を受けたものの「お金を貰わない(稼がない)」とゆうことを条件に入国出来、そこで改めて〝お金を稼がないこと〟が重要なのだと認識したのでした。

入国出来たもののその経緯は記録されている為、同年9月にニューオリンズへ行く時には用心しました。
入国審査を受けたのはミネアポリスでしたが、この空港はKiosk(自動入国審査機)があります。
当時申請したESTA(有効期限2年)で二度目の入国であった為にこのKioskを使用することが出来、過去最高にスムーズな入国。

そこで我々は油断するのでした…。



そして今回の遠征。
ミネアポリス入国への絶大な安心感から航空券最安値を横目に見つつ、この経路を選択。
ESTAが新しくなっていた為通常の入国審査へ。
非常にスムーズに行ったと思いきや、非常にスムーズに別室へ。

昨年の質問攻めの面談とは打って変わり、荷物を預け待合室で待てと。

ジルベール、私と個別に話を聞かれるも、私が話を始める時には既に入国拒否は決まっていたようでした。


バーレスカーに限らずパフォーマーにとって重要なこと。
アメリカで就業しないことは勿論、その場合にそのイベントのチケットが一般販売されていることがNGだと言われました。
昨年就業しないことで入国したと伝えても、それが間違いだと言われました。

一旦帰国し、翌週末のラスベガスに向けどうにか出来ないかと奔走しました。
が、やはり時間がなさすぎました。


今後の活動に向けて、アーティストビザの取得に向けて動いてゆきます。
アーティストビザの中にも種類があり、どれも時間と数十万円のお金がかかります。
そしてビザは永久的なものではないので、随時更新して行かなければなりません。
しかしバーレスクダンサーでアーティストビザを取得出来たならば、それは世界的にみても実に歴史的なこと。
現実的には、「バーレスク」で取得するのはかなり難しいとは思いますが…、とにかく頑張ってみようと思います。

日本にも沢山増えたバーレスクダンサー達が、アメリカでショーをするのをくだらない理由で諦めなければいけないことがなくなれば、胸を張ってバーレスクをしに来ましたと言って入国出来ることになれば、今回のことも無駄ではないかなと思います。
犠牲になったものはでかいけど、その分大きな夢を与えられたらいいな!


我々はBHoFが、海外のフェスが大好きなのです。
トロフィーは勿論目標ですが、年に1度、ただバーレスクが好きな人が集まり、お互いを尊重し讃える空間。
だから、今回のことでその場にいた沢山の人に負の感情を湧かせてしまったことがとても辛かったです。
多くの人がメッセージをくれ、知恵を分けてくれました。
アーティストビザ取得にはアメリカでのスポンサーが必要でありそこが大変だとも言われますが、我々に力を貸してくれる人が沢山いると分かったのは、とても救いです。

日本からも沢山のお力添えを頂き、心から感謝いたします。



昨晩のMIDWEEK BURLESQUEでは、イタリアからのパフォーマーがショーを出来ていることの価値をしみじみと感じました。



近年では、自分のソロのパフォーマンスへのこだわりがあまり無くなっていたけれど(制作・製作への気持ちが強くて)、ショーを出来ることの価値を身に染みて感じたので、なんだかまた意欲が湧いてきたかな🐠


明日からフラミンゴにも復活。

次回のCIRCUS DE MOCCOSのショーは、なんと6/23(金)のフラミンゴバー!!
以前ジルベールのショーを見て気に入ってくれたママが、バースデーに呼んでくれました✨

他にもなんとレイチェルさん!
そしてタップダンサーさんも一緒にお祝い致します✨

「フラミンゴバー行ってみたいけど…」とゆう貴方!
是非遊びに来てね!

{EF26B2E6-57DC-4FD0-A7D9-7F6AE87CCE79}



AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。