お裾分けのパン2つ

テーマ:
ここ2日ほど、パンばっか焼いていました!(汗)


郷に入っては郷に従うと言うけれど、日本に帰国し、私もやっぱりヴァレンタインズデーにチョコレートなもんを作ってしまった!(苦笑)


こんな郷には正直入りたくないんですけれど、なんなんだろうね...やっぱり周囲の盛り上がりについつい流されてしまったのですねぇ。


ヴァレンタインズデーの日曜日、母がお世話になっているグループハウスのスタッフの方達に、チョコレートなものを作って差し入れすることにしました。


先日すでに塩ブラウニーを作って持参したので、今回はケーキじゃないものが良い。旦那に相談したら、自分がチョコレートムースを作るって言うので、生クリームを買いにスーパーに行ったのです。けど、そんなもんあるわけがありませんやん!(驚)


ヴァレンタインズデーの贈り物を手作りする人達が、すでに買い占め1個も残っていません。(滝汗)


で、代わりに何を作ろうかと店内をうろうろ物色していたら、目についたのがヌテラ!


以前は輸入食料品店かコストコでしか見かけなかったものが、最近はうちの近所のチンケなスーパーでも売っていることにびっくり。(爆)


思いついたのが『あのパン』。成形がめさ簡単なのに、焼くと見栄えがとても良いこちらを焼いてプレゼントすることにしました。


ヌテラ折込お花パン


グループハウスは2フロアーあるので、各フロアーのスタッフさんに上げようと思ったら、アルミ製の容器2つ分は焼きたかった。粉600g使用!さすがにこの量になると手捏ねは大変なので、カフェから持ち帰った海外サイズの大きなHBを動かしました。


有り難いことに日曜日は春を通り越して初夏のように暑かったので、ヌテラも扱い易かったです。(笑)それでもレンジで数十秒チンして緩くし、丸く延ばしたパン生地と生地の間にたっぷり塗りましたよん。


手綱こんにゃく風に生地をねじるんだけれど、そこら中チョコレートだらけ!(苦笑)この日友達に上げるチョコレート菓子を作るお子さんを持つ、ママたちの気持ちがよくわかりましたワン。後片付けがさぞ大変だったことでしょう。ご同情いたします。


生地もチョコレートだらけになりましたが、牛乳で薄めた卵黄を塗ると、そんな汚れも全然目立たなくなりましたよん。それどころか、チョコレートの油分で焼き上がりの表面はしっとり艶々!


超多忙な1日だったので母にも会えず、パンだけお渡ししたら即失礼したから、美味しく食べていただいたかどうか感想はまだ聞いていません。でも、残った4切れで旦那用に焼いたパンを味見してみると、私的には大成功な出来でした。(嬉)


ヌテラの折込パンのレシピは こちら にあります。見た目より実に簡単に作れるパンなので、ぜひ作ってみてくださいませ。


そして昨日は現在東京からお仕事で来阪中のお友達に会うのに、カフェの人気メニューの1つだったこのパンを焼きました。


クランペット


先週ちょっとした行き違いで会えるチャンスを逸してしまったのですが、昨日また近くまで来ると聞いたので、ほんの30分ほどですが会うことになりました。


春に大阪に行くので、その時に必ずカフェに寄ると楽しみにしていてくれてたのに、その前にクローズしてしまった私。(詫)


せめてカフェメニューの何かを食べてもらいたいなと思い、朝からクランペットを焼いて、今となれば幻となってしまったシーちゃんとベイ坊のロゴ入りマグと、ゴールデンシロップと共にをお土産に持参しました。


私のブログの中にもクランペットのレシピはあります。こちら です。


でも、カフェでお出ししていたクランペットは、このレシピを基に研究に研究を重ね、より海綿な食感になるように工夫した私の秘伝レシピだったのです。


生地を作って2時間発酵させ、この後に秘密のあることをします。それから待つこと更に30分。


カフェではパンケーキ用のフライパンで焼いていたんですが、うちにそれを持って帰っていないので、昨日は目玉焼き用のフライパンを使い、更にそれが小さすぎてコンロの上に載らないので、魚焼きグリルの網を下に敷いて焼きました。(汗)


店でお出ししてたのよりかなり大判で分厚めですが、その分、イギリスのスーパーで売っているクランペットにより近いものが焼きあがりました。


今朝残ったクランペットを私も食べたのですが、バターが海綿に染み込み、口に入れるとジュワーっと口中にバターが広がるのがなんとも美味しかった。


カフェではクランペットの生地は私が作り、焼くのは旦那の仕事だったのです。二人で一体何枚のクランペットを焼いたことか...それを自分らで食べたことは殆どありませんでしたね。久々のクランペットでした。


店舗の契約は来月末まで。解体して家主に明け渡す義務があるのですが、今それをそのまま引き継いでくれるかもしれない後継テナントが見つかりそうなのです。


けど、これもストレスがいっぱいたまる交渉!先方からのリクエストが多く、ここ2週間ほどイライラしているのが、今日はMAXに達しています。


はぁ...これがすべて終わったら、どっか誰も知らない未知の土地に、一人で旅でもしたい...そんな心境の今を過ごしています。

 


AD