ここのところ、貧乏我が家には珍しく、高級肉を食べる機会に恵まれております。ゲラゲラ 今週もまたまた、高級肉のお届け物がありました!!!音譜

 

 

今回はお友達がニュージーランド産のラムチョップ送ってくれました。しかも半端な数じゃなく、18本も!!!叫び叫び叫び

 

 

開封し、旦那と私は同時にOMG!と発するや、数十秒2人とも声を失い、その綺麗なお肉に目を奪われてしまいました。12本は即冷凍。残り6本は翌日、我が家の特別な日には欠かせないご馳走中のご馳走、早速作って有り難くいただきました。感謝のキモチ

 

 

ラムチョップリゾット

 

 

『What comes around goes around』

 

 

これ、私が英語で一番好きな言葉。日本語に訳すと、「情けは人の為ならず」です。

 

 

旦那と私は対称的な性格。気が長くてスローで、苦境に直面しても全く動じない旦那と、気が短くてせっかちで、ちょっとしたことでも落ち込む心配性な私。滝汗

 

 

でも、共通点もあるの。夫婦して、損得全く関係なく、他人に物を上げたりご馳走したりするのが大好き。お人好しなんだねぇ...ニコニコ

 

 

今はさぁ、人間二人と犬二匹の空腹を満たすのが必死で、他人のために何かして上げたくてもその余裕がない生活だけれど、生活にゆとりのあった頃はホスピタリティ精神満点夫婦でした。チョキ

 

 

その頃、何度か家に招待したり、レストランでお食事をご馳走したこともあるご夫婦が、高価なラムチョップを送ってくれたのです。キラキラ

 

 

見返りを求めてしたことじゃないし、私らからすると、逆にお世話になったお礼に、感謝の気持ちをささやかな形にし当然のことをしただけなのに、その頃のことをちゃんと覚えていてくれて、経済的に窮している今、助けてくれたんだよねぇ。汗

 

 

めっさ嬉しかった。嬉しくて涙が止まらなかったよぉ。えーん 改めて、他人に良いことをしても悪いことをしても、巡り巡っていつかはそれが自分のところに戻ってくるっことを、実感しました!

 

 

その有り難いラムチョップで、結婚記念日や誕生日と言った特別な日には、必ず我が家の食卓に登場するラムチョップリゾットを作っていただきました。ラブ

 

 

この前業務スーパーでペコロスが安かったので買ったの。それをバスケットに入れた時には、まさかラムチョップリゾットに使うことになろうとは、想像も出来なかった。剥きにくい皮を旦那が1つ1つ丁寧に剥いてくれて、たっぷり投入しましたワン。OK

 

 

パプリカって高いから、割引品のワゴンにのっかっている時しか買わないけれど、ご馳走のためにこの日は定価で1個購入。でも、バジルはその割引品のワゴンの上で見つけた1袋50円のを2袋分。ゲラゲラ

 

 

先日トレビスのリゾットを作った時、レモン汁を加えると赤ワインの色がドスピンクに変色するのが少し防げることを学んだので、今回も少しだけ加えてみました。春らしい桜色のリゾットに仕上がったよぉ。桜

 

 

ニュージーランド人の友達が、美味しいラムはみな海外に輸入され、ニュージーランド産のラムは海外で食べないと美味しくない!と言ってぼやいていただけあって、日本で食べるキーウィラムは、めっさめさ美味しかったよ。キスマーク

 

 

ラムと言えば春。リゾットも桜色。

 

 

我が家にとってこれに勝る春のご馳走はなかったわ。何よりも、人の心の温かさに触れる夕飯で、お腹も心も大満足しました。拍手

 

 

ちなみに3食分のソースとリゾットを作り、旦那にはラムチョップ3本、私はこっそり2本だけ皿に盛り、自分の分の1本は、翌日のランチで、もう1回旦那のお腹と心を満足させてあげたワン。ラブラブ

 

 

AD

先週お休みの日、またまた車で30分もかかる、超破格値の業務スーパーにお買い物に出かけました。昨日ご紹介したリゾットに使ったトレビスをはじめ、果物や野菜、お肉と、同じ予算でも近所のスーパーではここまで買えないって程の、大量の食料をゲトして来ました。音譜

 

 

その内の1つが今が旬の筍。なんか今年、筍の値段がちょっと高いような気がするんだけれど...私が貧乏だからそう思うだけ?ゲラゲラ

 

 

でも、超破格値の業務スーパーだから、これもお手頃価格で買えましたよん。旬のものは必ず1回は家族に食べさせたい。これが私の昔からの方針。その筍を使って、久々にアジアンな一品を旦那のために作りました。ドキドキ

 

 

旬の筍入りタイグリーンカレー

 

 

筍を買ったのは良いんだけれどさぁ、糠を買うのを忘れちゃった!滝汗 ってことで、重曹を代用してあく抜きしました。

 

 

一部は冷凍し後日筍シュウマイを作ります。硬い部分はお弁当のおかず用にわかたけ煮にしました。グリーンカレーにはトップの柔らかい部分とひめかわを使いましたよん。OK

 

 

そうそう、ひめかわって捨てちゃう人も多いけれど、アーティチョークの代わりにニースワースサラダに加えると、美味しいのよ!これはぜひお試しあれ!です。イチオシ

 

 

グリーンカレーのメイン食材は鶏もも肉。こちらのレシピで作っております。もうちょっと辛くしても良かったかなぁ...と思ったけれど、久々にすごく美味しくて、旦那はフルにおかわりして二人分平らげてましたワン。ポーン

 

 

ご飯はキヌア御飯。翌日のお弁当にもと思って多めに炊いたのに、ご飯だけだとあんまり食べないくせに、カレーやソースをかけると恐ろしいほどの量を食べる旦那が、お弁当の御飯まで食べちゃって、翌日は大食漢の私には珍しいこぶり弁当...えーん

 

 

インディアンカレーも美味しいけれど、旬の食材を加えたタイカレー、めっさ美味しかったワン!!!OK

 

 

AD

先週末は日曜日がお仕事だったり、金曜の夜に中規模の翻訳が一件入ったり、それをやっと済ませて納品したら、また新しい案件が入ったりで、ブログにまで手が回りませんでした。滝汗

 

 

こちらは金曜日、私がお休みだった日に旦那が作ってくれたお料理です。お休みの日は私が和食を作るのが常なんすけど、翻訳に集中するようにと、自ら料理を買って出てくれたのです。感謝のキモチ

 

 

でも、そのお料理と一緒に食べたリゾットは私が作ったのよ。チョキ 旦那の作る料理の中でベスト3に入る一品と、私の一番好きなリゾットで、とっても美味しい晩御飯になりました。ラブラブ

 

 

ジャパニーズチキンパルミジャーナ

 

 

これはアメリカで人気の料理を、旦那が青じそを使ってちょい和風(って、和なのは青じそを使っただけのことだけれど...汗)にアレンジしたレシピ。以前にブログでもご紹介しました。その時の記事はこちらから...

 

 

鶏胸肉を観音開きし、青じそ、ベーコン、チーズを挟んで、旦那特製のトマトソースとチーズをトッピングしてオーブンで焼いたお料理。ラブ

 

 

青じそって、豚と合わせると風味が完全に消えちゃうけれど、淡白な鶏肉と、合わせるとしっかり風味が残っていて美味しい!OK この日は胸肉2枚を使い、各分厚い部分を切り取って、大きなパルミじゃーナ2枚と、小さいパルミジャーナ2枚、計4枚を作ってくれました。

 

 

晩御飯に食べたのは大きなパルミジャーナ。小さいのはランチに。

 

 

そして、このパルミジャーナと一緒に食べた御飯は、私が数あるリゾットの中で、もっとも好きなトレビスのリゾットキスマーク

 

 

トレビス、めっさ高いよね!!!レタスより二回り小さい玉でも数百円はするもんね!ポーン

 

 

おまけに、サラダで食べたらちと苦味があって、それほど美味しくない。紫色が綺麗だから加える、パセリ同様のおかざり野菜!ゲラゲラ

 

 

でも、このトレビスでリゾットを作ると、めっさ美味しいの!苦味が消え、まるでお粥を梅干しで食べているような風味で、日本人の私にはとっても嬉しいお味!合格

 

 

今回は業務スーパーで結構大きな玉が350円で売っているのを発見し、久々にその大好きなトレビスのリゾットを、一玉ほぼ丸ごと加えて作ってみました。

 

 

ただね、このトレビス、加熱すると綺麗な紫色が、ドスピンクに変色し、見た目、あまり美味しそうじゃないのよ!ドクロ

 

 

ってことで、赤ワインとレモン汁をいつものレシピに加えて作ってみたら、まぁまぁ綺麗な色に仕上がったワン。グッ

 

 

旦那の作るトマトソースは最高!チーズたっぷり、しその風味豊かで、めっさめさ美味しかった!キラキラ

 

 

リゾットは言うまでもなく私をハッピーにしてくれる味。しこたま作ったので、お弁当に数回サーモスに入れて持って行かないと、いまだ完食出来てない。ガーン

 

 

でも、毎日食べても全然飽きない味の大好きなリゾット。それもこれも、30分ドライブして行ってもお得な、超破格の業務スーパーのおかげ。ありがたやぁ...拍手

 

 

AD