和美Savvy Cooking

英人夫とミックス犬兄弟2匹と暮らす主婦。
大阪からほぼ毎日海外のお料理を作ってブログ発信中!

~和美Savvy Cookingとは~
和やかさと調和
見た目の美しさと美味
知識を高め理解を深める料理
 
 


 
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランキングに参加しています。
クリックで順位アップにご協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 
この時季になると毎年私が言うこと、「私はラタトゥイユが嫌い!」。(笑)


肉食星人ってのもあるけれど、形や使い勝手の良さ重視に栽培された野菜だけを煮込んでも、私にはぼやけたトマト風味しかしなくて、美味しいとは思わないのです。野菜だけなら、醤油風味で和な料理を作った方が断然美味しい!


しかし、今日はそのラタトゥイユ嫌いの私が、この夏絶対にお勧めの、この煮込みハンバーグをご紹介します。これは半端なく美味しかったです。ラタトゥイユ好きの人も、私みたいに嫌いな人も、ぜひ試していただきたい一品です。合格


ハンバーグラタトゥイユ


ラタトゥイユ嫌いの私が、以前一度だけ、こうやって作って、こうやって食べたら、ラタトゥイユも美味しい!と100%満足した料理がありました。コッド(鱈) on ラタトゥイユ ドキドキ


野菜はオーブンでローストすると甘味と書くうまみが出て、断然美味しくなる!その特性を生かし、スーパーで売っている風味の薄い野菜をオーブンでしっかり焼いてから、オーブンで仕上げるラタトゥイユ。


そのラタトゥイユを土台にして、別途焼いた鱈を載せ、バジルをトッピングして食べたら、ラタトゥイユに対する考えがころっと変わるほど美味しかったのです。叫び


その作り方を、今回は煮込みハンバーグを作るのに応用してみたの。


正直、自分でもこんな美味しい煮込みハンバーグに仕上がるとは期待していなかった!それどころか、美味しくなかったら、近所のラーメン屋にでも行くしかないしと覚悟して作ったのよ。(笑)


ハンバーグは以前に紹介した、Cafe Wabi Savvyでお出ししていたハンバーグのレシピ で作りました。一番のコツはたまねぎを飴色になるまで炒め、ブランディーを含ませておくこと。


今回は牛と豚の合い挽きミンチを使って肉種を作ったので、ナツメグも少々加えています。300gのお肉で作った肉種を6つに分けてミニハンバーグにして使いました。


最後にラタトゥイユと共にオーブンで煮込むので、以前に焼いて冷凍保存しているハンバーグを解凍して使ってもオーケーです。


では、そのラタトゥイユ嫌いの私をうならせた、サマーバージョンの煮込みハンバーグレシピをご紹介いたします。(笑)


<材料 2人分>

たまねぎ、大きく切り分け層を分ける...大1/2個(私はペコロス4個を2つ割りにして使用)
ニンニク、スライス...3かけ
人参、皮を剥き乱切りにして5~6分下茹でする...中1本
ズッキーニ、5~6mm幅に輪切り...中1本
茄子、2cm程度の角切りにしてあくを抜いておく...中1本
パプリカ、ヘタを取り種を抜いて2cm程度の角切り...1個(私は3色を合わせて約1個分に)
チェリートマト...6個
オリーブオイル...大さじ2程度
塩ブラックペッパー...適宜
タイム...数本
ローレル...1葉
チキンストック、固形スープの素を倍の濃さに溶く...120ml
白ワイン...100ml
トマトピューレ...大さじ2
焼いたミニハンバーグ...6個
バジルの葉の刻んだもの...適宜


<作り方>

1.大きなグラタン皿、もしくはオーブン調理が可能な鍋に野菜を入れ、オリーブオイル、塩、ブラックペッパーを加えてよく混ぜ合わせ、タイムとローレルを載せ、180度で予熱を済ませたオーブンで40分程度焼く。


出来れば野菜が重ならにように並べて方が良いですが、
こうして鍋に荒っぽく投じ重なって焼いても、ちゃんと焼けました。(笑)


途中一度オーブンから取り出し、チェリートマトを潰さない様に注意しながらかき混ぜ、再びオーブンに戻す。


2.40分焼いたらオーブンから取り出してハーブを取り除く。合わせたチキンスープ、ワイン、トマトピューレを加えてさっと混ぜ合わせ、ハンバーグを加える。必要に応じて塩ブラックペッパーを追加し、オーブンに戻し、温度を190~200度に上げて20分調理する。


出来上がったらラタトゥイユをお皿に盛り、その上にミニハンバーグを載せ、バジルの葉をトッピングして食卓へ。


昨日は冷凍庫に残っていたブールを解凍し、フライパンにたっぷりのオリーブオイルを熱して焼いたものを付け合わせました。


野菜はどれも特別なものじゃない、普通のスーパーに売っているものばかりです。それでもオーブンでローストすることで、甘味がたっぷり出て驚くほど美味しかったです。ラブラブ


今、背に腹は代えられぬ状況に直面し、ダイエットせざるを得なくなった私は、大好きなハンバーグを2個で我慢。その分、野菜をたっぷりいただきました。(苦笑)


昔、キャベツの千切り、リンゴ、ミネラルウォータだけを毎日摂り、急激なダイエットの末、医者からドクターストップをかけられたことのある私。(汗)


その時の医者に、欧米人の様に体温の高い人は、冷たい野菜で体を冷やしてやらないといけないけれど、日本人の体温はそれに比べ低いのだから、温かい野菜をたべるように。加熱したら、キャベツ丸ごと1個でも食べれるでしょう!って叱られた。(汗)


本当そうだね。生野菜ならこれの1/3も一度に食べれないのに、加熱することによってたくさん摂れるのが嬉しい!(笑)


デミグラスソースやトマトソースで煮込むより、夏らしく軽い仕上がりになる煮込みのハンバーグ。是非お試しを。チョキ

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:
たん一昨日、近所のスーパーで鶏もも肉が100g78円になっていました。胸肉の方が日本では断然安いから、いつもはそのお安い方の胸肉ばかりを買うんだけれど、この値段なら悪くないしで、当てもないのに2枚入りのパックを買ってきました。(笑)


家に帰って冷蔵庫を覗くとヨーグルトが残っていた。旦那の腹の虫を抑えるのに買っておくヨーグルトなんだけれど、あの人も、ないとヨーグルト、ヨーグルトとうるさく言うくせに、あると一向に食べる気配がない。(苦笑)


なので、その旦那用ヨーグルトを使ってマリネードを作ってもも肉を漬け、ずいぶん久しぶりにこれを焼いてみました。


タンドーリチキン


どうでもいいことなんだけれど、タンドリーチキンって、私も含め大概の人が、タンドリーと語尾を伸ばして呼ぶけれど、英語のスペルを見たらTandooriなんだよね。そのことに最近気づいた!(汗)


なので、これまではタンドリーチキンの名で記事を投稿していましたが、今回からはタンドーリチキンに改名しようと思う。(笑)


名前は変わっても、レシピは同じです!と言いたいところですが、名前だけじゃなくレシピにもちょっと手を加え、タンドーリチキンとして投稿します。(笑)


タンドーリチキンと言うと、インディアンレストランで食べると真っ赤じゃないですか。これまでにもいろいろ工夫はしたけれど、あの色は自宅ではどうしても出せない!


中華街の焼き豚もそうだよね。あれって特殊な食紅を使っているのかしらん?ご存知の方がいらっしゃればご教示いただきたいです。


しかし、タンドーリチキンにしても焼き豚にしても、やはり、人口に色を付けるのではなく自然に赤く染まったものが食べたい。


そこで、オリジナルのレシピ のパプリカの量を、今回は小さじ1.5から大さじ1に増量しました。またそのパプリカは、普通のスイートパプリカではなく、燻製風味の付いたスモークパプリカを使用。チョキ


もう1つ手を加えたのはガラムマサラの量。こちらは半分に量を減らし、その減らし分を、イギリス製のシャーウッドと言うカレー粉の辛口で補いました。シャーウッドのカレー粉は日本の輸入食料品店やネットで購入できます。


そして最後にオリジナルレシピではカイエンペッパーか、もしくはチリパウダーとしていますが、今回はそのどちらも小さじ1/2ずつ使いました。


もも肉1切れを3等分に切り分け、皮面に数か所切れ目を入れて味が染み込みやすくしてみましたよ。それをマリネードに漬けて冷蔵庫で寝かせること一晩。アルミフォイルを敷いたオーブントレーに載せ、180度で1時間しっかり焼きました。メラメラ


ヨーグルトのマリネードが蒸発して、こんな風に真っ黒に焦げたら出来上がりです。


タンドーリチキンの付け合わせにはジャガイモとグリーンピースのポリヤルを作りました。インドの北部ではサブジと呼ぶこの料理、別の地方ではポリヤルと呼びます。


正確には使用するスパイスなどもちょっと違うようですが、我が家ではこの蒸し煮のカレーを サモサ のフィリングにも使っています。


たまねぎ、ニンニクをスパイスと炒めて...


さっとボイルしたジャガイモとグリーンピースを加え、少量の水を加えて、後はジャガイモが潰れるほど柔らかくなるまで蓋をして弱火で蒸し煮にします。


ポリヤルにはブラックマスタードシードを使うのですが、それが我が家にはなくて、買いに行くのも面倒だし、出来上がりに黒いりごまを加えて、マスタードシードを加えたみたいにしたなんちゃってポリヤル。(笑)


その日の気分でミントを加えることもあれば、昨日は旦那のリクエストでパクチの刻んだものをたっぷりと加えました。チョキ


この手のインディアンな料理には、いつもはライタ と言うキュウリとヨーグルトのソースを付け合わせますが、今回はファラフェル用に作った、似たようなグリークソースのジャジキを食べきるために、それで間に合わせました。(笑)


本当は6切れの内2切れは旦那の翌日のランチに...と考えていたのですが、焼いたら肉が縮んでしまい、結局、大き目の3切れは旦那に、只今背に腹は代えられぬ状態でダイエット中の私は、小さめの3切れを完食することに。(汗)


しかし、スモークパプリカを使って作ったタンドーリチキン、めっさ美味しくて、食事中だけはダイエットのこと完全に忘れ、むしゃむしゃ、一気にチキンに貪りついてしまいましたどす。(滝汗)


実に美味しかったタンドーリチキン。明日は同じスーパーで100gが68円でもも肉セールしてますので、買って冷凍し、また近日中にリピしたいとおもっちょりますです。ニコニコ


ダイエットはどないなってんねん!と、痛い点は追及しないでくださいまし...(笑)

 


いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


アメリカから戻り忙しい2、3日を過ごしましたが、やっと一段落。また今日からお料理の記事を、出来るだけ毎日更新しようと思っています。


お料理ブログ再開一発目の料理は、夏にピッタリの中東料理。一見、こってりした料理が多そうな中近東。しかし、日本の夏なんか問題としないほど暑い地域だけあって、実はさっぱりした食べやすい料理が沢山あります。


その中近東料理の中で、私がこのブログでまだ一度も紹介したことのない、こちらを今日はご紹介いたします。チョキ


ファラフェル


ギリシャや中近東の料理が大好きで、これから一生、毎日地中海料理しか食べれなくても全然応えない私が(笑)、このファラフェルだけは、これまで作ってブログで紹介したことがありません。


いや、正確には、何度か作ったことはあるのです!


でも、毎回ぐちゃぐちゃに潰れ、ブログの記事にするどころか、まず食べれる状態じゃなかったのよぉ。ドクロ


カフェをやっている頃には、完全ビーガンのイギリス人の女の子が一時期ホールで働いてくれていて、彼女のためにファラフェルをトッピングしたビーガンカレーを作ったこともあります。


でも、揚げると潰れるので、オーブンで焼いて誤魔化しました。それでも潰れた!(爆)


理由は、横着もんの私が、缶入り水煮のヒヨコマメで簡単に作ろうとしていたから。ファラフェルは絶対に乾燥ヒヨコマメを時間をかけて戻し、茹でずにそのままフープロなどで潰して種を作らないと、間違いなく潰れてしまいます。


旦那は私以上にファラフェルが好きなの。それを知っているから、ずいぶん前に乾燥ヒヨコマメを店で見かけ、作って上げようと思い買いました。なのにやっぱり横着もんだから、そのまま数か月が...(汗)


旅行から戻って来て、貯蔵庫の中にほぼ忘れかけていたその乾燥ヒヨコマメを発見。やっと思い立って作りました。(笑)


<材料 20個程度>

乾燥ヒヨコマメ...150~200g程度
たまねぎ、粗く刻む...小1/4個
ニンニク、粗く刻む...2かけ
パセリの葉、粗く刻む...大さじ2程度
薄力粉...大さじ1強+α
クミンパウダー...小さじ1+α
コリアンダーパウダー...小さじ1/2+α
チリパウダー...小さじ1/4+α
カイエンペッパー...少々(オプショナル)
塩ブラックペッパー...適宜
味の素...適宜(オプショナル)
サラダ油...適宜


<作り方>

1.ヒヨコマメを洗い、たっぷりの水に24時間浸ける。

2.1の豆を水切りし、味の素までの材料と共にフードプロセッサーに入れる。豆の粒が無くなるまでパルスモードでプロセスする。(分量内+αのスパイスは、手順3で必要であれば加えてください。)


ちなみに私はフープロが大嫌いで持っていないので、ハンドブレンダーを使って潰しました。ハンドブレンダーを使く場合はある程度豆、たまねぎ、ニンニク、パセリが潰れてから、粉やスパイス、調味料を加えて更にプロセスしてください。


3.おからの様な状態になったらつまんで味見をし、必要であればスパイスや調味料を追加。ヴァットなどに移してラップを被せ、冷蔵庫で最低1時間以上冷やす。


4.3を大さじ1強ずつ軽く湿らせた手にとり丸める。(ピンポン玉程度の大きさ。)再びラップを被せ、1時間程度冷蔵庫で休ませる。


5.フライパンに厚めにサラダ油を熱しファラフェルを載せる。潰さない様に注意しながら何度か上下を返し、全体にこんがり色目がつくまで揚げ焼きする。(たっぷりの油で揚げても良いですが、油の処理も大変なので、私は揚げ焼きにしました。)


片面がこの程度の色になるまでよく揚げ焼きし、それから上下を返してくださいませ。
しっかり揚げ目がつかない前に箸などで触ると、つぶれる原因になります。


横着もんの私が、せっかく乾燥ヒヨコマメを24時間もかけて戻し作ったファラフェル。(笑)なので、サラダも大好きな中東のサラダ・ファトゥーシュ を作りました。


これまた最近めっきり横着になって作らなくなってしまったピタパン。コストコの冷凍ものが結構美味しいので、そればっか買っています。(笑)ファトゥーシュに加えるピタパンクルトンも、やはりそのコストコのピタパンを利用。


横2つに割って、トライアングルに切り分け、両面にオリーブオイルを塗り、途中1回上下を返し、オーブンで20分くらいこんがりと焼きました。これね、パーティーの時など、ディップ用チップスとしても、実に美味しいのです。合格


ファラフェルと言うとタヒニソースを付けて食べるのが一般的ですが、うちは旦那がゴマ風味の強いものをあまり好まないので、代わりにジャジキ を作りソース代わりにしてたべることに。(ただしキュウリは刻まずにすりおろして水を切ったものを使用。)


実はね、この日夕飯が出来る寸前に、時差ボケの旦那、寝落ちてしまったの!食卓の準備を済ませて部屋に行くと、大の字になって寝てた。(笑)


せっかく彼の大好きなファラフェルを乾燥ヒヨコマメで作り、つぶれずに美味しく出来たのに、残念!汗


私一人で大好きなファラフェルとファトゥーシュをたらふく食べ、旦那は翌日レンジでチンして温めなおしたものを食べることになってしまいました。


また乾燥ヒヨコマメが目についたら買って来て、時差ボケしてない時に改めて作って上げることにします。(笑)

 

いいね!した人  |  リブログ(0)