和・美・Savvy Cooking

クッキングリッシュの会は海を渡り生まれ変わりました。

~和・美・Savvy Cookingとは~
和やかさと調和
見た目の美しさと美味
知識を高め理解を深める料理
 
 

和・美・Savvy Cookingへのお問い合わせは...
infoアットwabisavvycookingドットcom
(アットは@マークにドットはピリオドに変換要)


◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランキングに参加しています。
クリックで順位アップにご協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

ぼちぼちですがこちらのブログの英語化に挑戦中です!
Wabi Savvy Cooking in English
NEW !
テーマ:
4年ぶりの日本。7年ぶりの大阪。暑すぎます!メラメラ


帰国してからも食べて飲んでには全く変わりありませんが(苦笑)、この暑さで2キロ体重が落ちました。それは嬉しいんだけれど...(爆)


このクソ暑い時に、昨日の我家はイワタニさんを食卓に置き、こげな殺人的晩御飯を食ったんすよぉ!(滝汗)


すき焼き


この前父を外出させ、自宅で数時間食事やトイレの手伝いをして上げてから、もう少し体を動かすチャンスを与え、せめてこれ以上急激に老化させないようにしてやりたいと、真剣に考えるようになりました。


特養に居たのでは、そう言うチャンスにはあまり恵まれないようです。朝起きたら夜寝るまで、車椅子に座ったままの生活をしています。


私のお友達に介護の勉強をした人がいる。そのお友達に相談すると、親身になって父と私のことを考え、色々アドバイスしてくれました。


昨日は暑い中、お友達に教えてもらったことを片っ端からやってみました。結果、父を老健に移すそうかと、今考えをまとめ始めています。


短期間に施設を転々としないといけないみたいですが、老健の方が父にとっては、心身ともに良い効果をもたらすのではないかと考える様になりました。


現在父は特養でショートステイをリピートし、入居の順番を待っています。早3ヶ月以上になります。


自宅で数年順番待ちをしている老人が大勢居るっていうのに、それを放棄し、父を老健に移そうと考える私は、世間からは無謀すぎると非難されるかもしれません。


でも、去年の11月に会った時には、老人用カートや杖を使いながらも、一人でバスに乗って外出さえしていた父が、たった8ヶ月の間に車椅子生活。嚥下は急激に低下。口数も減りました。何よりも笑顔が完全に消えてしまった!汗


この姿を見ていたら、このまま特養でじっと座って、お迎えが来るのを待たせていることが、私には辛すぎて出来んのです!


92歳だからね...老健に移ってリハビリの機会が増えても、去年の11月の姿に戻ることは無理でしょう。でも、これ以上の急激な老化は避けられるような気はする。


そのかすかなチャンスに期待し、老健に移そうかと考えているのです。3ヵ月後、半年後、特養を連れ出したことを後悔するかも知れない。その時は自分の責任で、父の面倒を見てあげるしかないと覚悟の上での計画なのです。


暑い中、昨日は何本も電話をかけたし、実際に施設にも赴き、資料をもらってきたりもしました。午後にはホームで父と30分位面会し冷たいものを食べさせてやり、その後病院で母とも面会しました。


夕方家に帰ってきたらクタクタ。料理する気なんか全くなし!むかっむかっむかっ


数日前兄がくれた牛肉と野菜を鍋にぶちこみ、このクソ暑い時季にイワタニさんを食卓に置き、すき焼きを作って食べたのです。叫び叫び叫び


エアコンの温度を22度くらいに設定し、強風でブンブン回しながら食べましたが、冬に食べるのと違い、せっかくの肉も、ありがたさに欠ける!牛丼か肉じゃがにしたらよかったと思った。あせる


卵はヨード卵光。日本の卵は生でも、全く不安を感じることがありません。雨では生で食べる時はサルモネラ覚悟。まるでロシアンルーレット食い!叫び


値段を見たら結構高価な肉だったけれど、くれた兄には申し訳ないが、あんまり柔らかくなかった。父にも同じ肉ですき焼きを作ってあげたのですが、やっぱすき焼きはもも肉ではなく、次回はロースで作ってあげようと思いました。


さて今日も暑くなりそうですが、皆様がんばりませう!晴れ

今日も読んでいただいて有難うございました。
いやぁ~本当暑くて参っています!
この点だけはシアトルが恋しくなります。
来年の夏、シーちゃんとベイ坊大丈夫かな...
今日もお帰り前には是非是非応援してくださいませ。
いつも本当に有難うございます。

 


PR
NEW !
テーマ:
この前塩鮭とたらこの和風クリームスパゲッティ をご紹介しましたでしょう。あのパスタソースのヒントを得たカフェのランチで、旦那が食べたシーフードリゾットも、私に新しい料理のアイデアを与えてくれました。ひらめき電球


一昨日は母が急に入院することになり、晩御飯を作りそびれましたが、昨日の夕方はすこし時間にも余裕があったので、その新作のお料理を作ってみることにしました。


毎回お料理を紹介する際、“ほんま美味しいです!”と言うのが私の口癖。でも、嘘やないんです!ほんま美味しいんです。ほんだから今日も言いますね。ほんま美味しいです!(爆)


シーフード明太クリームドリア


名前から、大体どんな料理なのか、もうお察しでしょうが、シーフードドリアのホワイトソースを、明太子入りのソースにしたものなのです!


2、3日前スーパーに行くと、在庫がある限りと言う条件で、300gくらい入った明太子&たらこのパックが、各、598円でした!叫び


嬉しかったワン!音譜雨ではこんな値段では絶対に手に入らない上に、売っているのは冷凍ものばかり。それが生の明太子&たらこでこの値段でしょう。当然、買いです!チョキ


そのまま食べるだけじゃなく、料理に使うアイデアもちゃんとありました。そのアイデアって言うのは、この前ビジネスのリサーチを兼ねて入ったカフェのランチで食べた、シーフードドリアが与えてくれました。ひらめき電球


旦那が選んだそのドリア、味見してみるとたらこの味がするの。ホワイトソースにたらこを混ぜ込んでご飯にかけてるんですよね。みんなの大好きな明太子&たらこ。ドキドキ不味いわけが、あいませんやん!(爆)


スーパーで売っているシーフードミックスって、大概、中国産の魚介類でしょう。なもんで、エビやイカを別途買って作るかどうか迷ったのですが、面倒だし高くつくので、原産国は見なかったことにして、冷凍シーフードパックを買って使いました。(笑)


パスタソースにする方が旨いか、ドリアのソースにした方が旨いか?う~~ん、かなり難しい選択!正直、どっちも食べたい!叫び


簡単に作れるのに兎に角美味しい!旦那さんや彼氏うけ、お子さまうけ間違いなしのドリアです。是非是非お試しくださいませ。


<材料 3人分>

バターまたはマーガリン...15~20g+皿に塗る分
ご飯、冷たいものはチンして温める...1合程度
シーフードミックス、解凍しイカの大きな塊は適当な大きさに切る...160g
たまねぎ、みじん切り...1/2個
小麦粉...大さじ1.5
動物性の生クリーム...200ml
牛乳...100ml
塩ブラックペッパー、明太子の塩分を考慮し塩の入れすぎには注意...適宜
顆粒昆布だし...小さじ1
生パルメザンチーズ...大さじ1+ドリアのトッピング用大さじ2~3程度
明太子、皮が付いたまま5mm程度の幅で切る...2腹(約60g)
パセリのみじん切り...盛り付け用


<作り方>

1.バターもしくはマーガリンをグラタン皿の内側全体に薄く塗る。ご飯を3等分し、グラタン皿の底に広げる。

2.フライパンにバターもしくはマーガリン10~15gを熱し、解凍して水分をギュッと絞ったシーフードミックスを炒める。全体に火が通ったら一旦皿(グラタン皿とはちゃいますよ!)に取り出す。


3.バターもしくはマーガリン5g程度をフライパンに追加して熱す。たまねぎを焦がさないようにしんなりするまで5~6分弱火でじっくり炒める。(たまねぎの辛味を炒めて取り除くのが美味しく作るコツ!)

4.小麦粉を加え、粉のだまが出来ないように注意し、よく混ぜながら1分強炒める。

5.生クリームと牛乳を合わせたものを一気に4に加える。常時かき混ぜながら煮立てとろみをつける。(ホワイトソースが固すぎる場合は牛乳を追加して薄め、揺る過ぎる場合は少量の小麦粉を大さじ2程度の牛乳に溶かして加えると良いです。)

6.5に塩、ブラックペッパー、顆粒昆布だし、パルメザンチーズ(大さじ1)を加えて味を調えたら、シーフードミックスを戻し明太子を加えて混ぜ合わせ、ソースがピンク色に変色するまで、明太子を全体に万遍なく混ぜ合わせる。(ほんの数十秒!)


7.6を火から下して3等分しご飯にかけ、残りのパルメザンチーズを表面全体に散らし、230度で予熱を済ませたオーブンで15~20分、表面にこんがりと焼き目が付くまで焼く。


ちなみに私はグラタン皿3枚にソースを分けたのですが、ちょっとドライな仕上がりになってしまったので、ご飯の量を少し減らし、皿2枚で作った方が、もっとソースの多い美味しいドリアに仕上がると思います。


または生クリーム200mlに、牛乳を同量の200ml加え、ソースの量を増やして3つ作っても良いですよね。但しその場合は、小麦粉の量を少し増やして下さいませ。大さじ2とか...


スーパーの閉店間際に駆け込むと、いつも割引になっている大根サラダ。それを見かける度買ってたらさぁ、冷蔵庫の野菜室に2つも3つも大根サラダの袋があって、食べきるの苦労しとります。(滝汗)しばらく買いましぇん!ドクロ


昭和一桁生まれの洋食なんか全然しらない母が、年を取ってから私を産んだもんで(35の時)、あれを作って欲しい、これを作って欲しいと洋食をリクエストされては、苦労して作っていたみたいです。あせる


その母が作れる洋食の1つがグラタン。このグラタン皿は40年以上の年季の入ったもの。ダイエーかニチイで見かけて買い、娘の為に洋食作りに励んだ母。


昨日その思い出の皿でドリアを作り、改めて、母ちゃん、ありがとうなっ!って感謝しました。汗


ちょっとドライとは言うものの、ドリアの味はすんげぇ~~美味しかった!合格


カフェで食べたのはたらこで、殻ごと貝が数個載っかった豪華なものだったけれど、たらこの量をケチっているのと、皮を剥いて加えているのが失敗だと思いました。


そんなもったいないことしなくても、たらこや明太子は、パスタソースでもホワイトソースでも、そのまま皮ごと切って入れちゃったらオーケーです!


明太ちゃんの色が白いホワイトソースと混ざると、女の子な色のピンクソースになります。


これね、最高に美味しい!シーフードミックスなんてどこの家庭でも常備しているでしょうから、次回スーパーで明太子のセールに出くわしたら、是非是非買って作ってみてくださいませ。


但し、明太子にはブドウ糖が入ったものがあります!ドクロなので、必ず表示を確認し、ブドウ糖の表示があったら、たらこを買って同様に作ってみてくださいませ。


大切な旦那様や可愛いお子さんに、ブドウ糖を与えるのは出来るだけ控えませう!パンチ!

今日も読んでいただいて有難うございました。
今日も暑い中、父と母に面会して来ました。
父は相変わらず肉の話、母はわけの分からんことばっか連発。
この二人の為に、出来る限りのことをしてやらなあかんと、
今日もまた改めて思いました!
本日も応援してくださいませ!感謝。

 


PR

テーマ:
一昨日、旦那の大好物な和食2品を夕飯の献立に選びました。今晩は和食...と計画する日、何が食べたいと旦那に聞くと、必ずこの2つをリクエストするくらい、兎に角、大好き!ドキドキ


私の揚げ物は天ぷらと唐揚げ以外、大概厚めに引いた油で揚げ焼きにします。それでもその油の処分には困る!


月曜日はゴミの回収日。使った油を即処理できて助かるので、またまたスーパーの閉店間際お買い得タイムでゲットした割引の豚ロースと、親戚からもらった男爵芋で、日曜日の夜は旦那の大好きな2品を夕飯に準備しました。チョキ


とんカツ&ポテトサラダ


昨日は大変だった!むかっむかっむかっ


朝5時に起き、父を自宅に連れて帰る準備をし、9時半、予約してあった車椅子用の個人タクシーが迎えに来てくれたので、旦那と二人で父を迎えにホームに向かいました。


3、4ヶ月ぶりに見る自宅付近の風景を懐かしがりながら、父は無事、自宅に到着!チョキ


どんだけ肉が食いたかってん!ってくらい、10時過ぎに到着してからずっとすき焼きの話ばかり。(爆)なんとか11時まで我慢させ、早昼にすき焼きを1.5人分くらい作って食べさせました。


すき焼きと言っても、ネギは縦に4つ割りしてみじん切り。白菜は葉の柔らかい部分のみこれまたみじん切り。麩も戻してから細かく刻み、豆腐は柔らかい絹ごしを、更に細かく切って煮込んだもの。茸類や春菊、こんにゃく類は避けました。


たまたま、兄が前日旦那にと差し入れした高価なすき焼き用の但馬牛の内100gを、細かく切り刻んで野菜と共に煮込みましたよん。メラメラ


休むことなく、ひたすらすき焼き、お粥、すき焼き、お粥の順に口に運び、50代の男性に引けをとらない量を平らげました。食後には生まれてからホームに入るまで、毎日3度3度欠かしたことのないトマトも食べました。トマト


ハーゲンダッツも1つ食べ、スイカとグレープフルーツも食べました。糖尿病があるので、ホームではカロリー制限をされ、たらふく食わせてもらっていないみたい。まるで飢餓難民並の食いっぷりでした。(爆)


こんなこと言ったらホームの人たちには申し訳ないけれど、私の本心は、92の歳で血糖値を心配して食べ物を節制させるより、血糖値なんかクソ食らえ!たらふく食わせてやって欲しい!!!


昼寝もし、午後2時、また同じタクシーでホームに連れて帰りました。母も同じところでお世話になっているので、せっかくだから一目会おうと思ったら、いつもと違い、寝てるって言うの。ぐぅぐぅ


ほんじゃぁ邪魔せず帰ろうと、タクシーを呼んだと思ったら呼び止められた。“お母さんが38度6分熱があるので、今から病院に連れて行くので一緒に来てほしい!”って。それなら初めから、寝てるじゃなく、熱があって寝込んでいるというべきでしょうが!ムッ。


タクシーは旦那一人に利用させ、私はホームの車でヘルパーさんと共に母を病院に連れて行きました。


母は有りもしないボケたことばっか口走るけれど、決して認知症ってのではないと思うんだぁ。過去のことなど、私らよりもしっかり記憶している。ただ、出血場所が前頭葉だったので、後遺症で行動や思考にかなり支障をきたしています。汗


土曜日会った時、“昨日転びそうになって、背中を打ってから痛くて仕方ない!”って言ってました。その時ホームのナースに伝えてやるべきだったのです。私の完全なミス!(苦笑)


レントゲンを撮ったら、どうも骨折している様子。熱はその骨折のせいか、あるいは風邪でも引いたか、兎に角そのまま入院となりました。


兄夫婦も駆けつけたので二人に任せ、私は自宅に帰って入院の準備。再び旦那と二人で病院に行き、やっと解放された時には時計は7時近くになっていました。あせる


大阪、連日クソ暑いんだ!うんちメラメラ


その中を朝から、木村進か間寛平、はたまたアホの坂田って風に、“あっちこっち丁稚”だった私。(爆)疲れ切ってしまったよん。ダウン


でもね、8ヶ月、ビザの件で雨から出れず、両親に寂しい思いをさせたんだもの。出来る限りのことをして上げようと思って毎日頑張っています。


今朝病院に行くと、口を開けて母は寝ていました。今日はMRIなど、色々検査を受けているはずです。そろそろ私も病院に再度向かい、4時に主治医から病状説明を聞きます。


とんカツとポテトサラダに話を戻すと、この日、汁物は数日前に作った中華風コーンスープの残りだったのね。


旦那に、残り物のスープでごめんちゃいって言うと、前夜、居酒屋でやたら不味いものを食べた後だったので、残り物でも我家のはレストランより美味しいって言ってくれて、テーブルに座るなり、まずはスープから口を付けていました。(笑))


先週末、叔父、叔母、いとこが両親に会いに来てくれました。その時叔父が家で作った有機野菜をたくさん持参してくれて、その中の男爵芋とたまねぎを使い、ポテトサラダを作りました。スーパーで買うのと違って、めっさ美味しい芋だった。


とんカツソースってケチャップと同じで、殆どのブランドのものにブドウ糖が含まれて居ます!ドクロ


雨と日本の食品基準ってのは違うだろうから、雨のコーンシロップを含む食品より含む割合は少ないのかもしれないけれど、うちは父も旦那も糖尿病なので、ブドウ糖を含むものは絶対に食べさせたくない!


とんカツソースの中でブドウ糖を含まないのは、こちらのイカリソースです!その分他のブランドのよりも高価ですが、味が全然違います。美味しい!!!(ちなみに業務スーパーだと、大瓶が200円以下で、カゴメより安い!@大阪府下)


ブドウ糖含んでないとんカツソースを、とんカツとキャベツにたっぷりかけて食べたよん!ラブラブ


でもね、ショックだったのが、これまでの様なマダム生活と違い、旦那の収入ゼロの今、家計を考え一番安いパン粉を買ったらさぁ、そのパン粉にブドウ糖が含まれていた!めっさ、ショック!!!ドクロ


アメリカのブレッドクラムと呼ぶパン粉もそうなんだけれど、なんでパン粉にブドウ糖なんか使うんだよ!ケチャップ、出汁、ソース類、漬物、食肉加工品にスナック菓子...etc.,etc. ブドウ糖を含むも食品が、雨ナイズされた日本にはあふれすぎ!パンチ!


雨ナイズされるのもええかげんにせい!次の世代の子供達が大人になった時、雨人のような異常肥満になったどないすんねん!企業、ちょっとはは頭使え!あんたらの多くも可愛い子持ちやろうが!(怒)


せっかくブドウ糖フリーな晩御飯にしようと思って高価なイカリソースを買ったのに、これじゃなんにもなりませんやん!汗


雨時代、コーンシロップを毛嫌いした私。今度は日本で、ブドウ糖を天敵とし、ブドウ糖フリーな食卓作りを目指すことにいたしますワン!チョキ


ここからは母の主治医に説明を聞いた後にブログの続きを打っています。


母の病状は背骨の圧迫骨折。転びそうになって背中を打ったと本人は言うのですが、どうも、しりもちをつき、その時の圧迫で背骨の1つを骨折しちゃったようです。


明日、コルセットをはめ、2、3週間の入院後、リハビリ病院でしばらくリハビリを受けます。


発熱の原因はどうも尿に関係しているようです。しばらくはそちらも点滴や薬で改善してゆくそうです。


安心は出来ないけれど、また脳じゃないの?って夕べはかなり心配したので、これで私も今晩はちょっと安心して眠れそうです。むかっ

今日も読んでいただいて有難うございました。
たくさんのお料理教室のお問い合わせ。有難うございます。
母の入院と、予定外のことでまた一時停止ですが、
決まったら即、ご連絡いたします。
4年ぶりの日本夏が無事乗り越えられるよう、
今日も応援してくださいませ!感謝。

 


PR

[PR]気になるキーワード