和美Savvy Cooking

英人夫とミックス犬兄弟2匹と暮らす主婦。
大阪からほぼ毎日海外のお料理を作ってブログ発信中!

~和美Savvy Cookingとは~
和やかさと調和
見た目の美しさと美味
知識を高め理解を深める料理
 
 


 
 ◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

ランキングに参加しています。
クリックで順位アップにご協力お願いします!

にほんブログ村 料理ブログ 料理レシピ集へ

 
NEW !
テーマ:
うちの旦那、イギリスを去って10年になるけれど、母国を懐かしく思っているようには見えない。実のところは帰りたい気持ちがあっても、それを私に悟られまいと振る舞っているだけなのかも知れないけれどねぇ。


そんな旦那が、数日前こんなことを言ったの。「イギリスを懐かしく思うことはないけれど、フィッシュ&チップスだけは、時々無性に食べたくなるなぁ...ドキドキ


旦那の言うフィッシュ&チップスは、レストランで食べるオサレなものではなく、テイクアウェイのお店で買う、べたべたの魚のフライと同じくべたべたのチップス。(笑)それに塩とモルト酢をしこたまかけて食べたいんだって。


それは旦那だけじゃなく私にとっても懐かしい味!たまたまスーパーでムニエル用の鱈のフィレが目についたので、それを2枚買って、久々にご自宅再現としてみました。(笑)


フィッシュ&チップス


そんなことを言う旦那だけれど、私が魚やチップスをべたべたに仕上げたら、ブーブー文句を言うの。(笑)


我が家でフィッシュ&チップスを滅多に作らなくなったのはは、実は、この旦那のクレームが原因!


特にカフェの厨房でフライヤーを使ってチップスを揚げ出してからは、もう家で揚げたものはチップスだけじゃなくフライも食べたくないって。(苦笑)卓上コンロに鍋を載せて、揚げながらじゃないと嫌なんだって。贅沢もん!(笑)


今回も魚を買って来て見せたら、魚の方はなんとか家庭用コンロで揚げられても、チップスは無理だ!と頭ごなしに否定しました。(苦笑)


なので、その旦那も唸るような、カラッとチップスを揚げる方法を考えてみました!!!チョキ


私が考えたのはローストポテトの応用。いつ焼いても、外はカリカリで中はホクホク。


けど、あのローストポテトも、下茹でせずに生のジャガイモを熱々の油に投じてローストすると、ジャガイモのデンプン分なのか糖質かで、トレーに当たっている部分がカラメル状になってこびりつき、無理やり取ろうとすると、べろりんちょっとめくれてしまうのです。


なので、ジャガイモの外側のでんぷん質や糖分を綺麗に取り除いてから揚げてみることにしました。


ジャガイモの皮を剥いて細く切り分けたら、流水で表面のぬめりを洗い流し、そのまま鍋に入れたっぷりの水を張って火にかけます。ぐつぐつ煮えて来たら、ほんの1~2分で火からおろし、ざるに空けて水切りしておきます。


お鍋に油をたっぷり張って火にかけます。油が温まったらペーパーでジャガイモの水分を軽く吹き取り投入。度々上下を返したりするのではなく、菜箸で時々渦巻き描くようにし、ジャガイモが平均に火力の強いところ弱いところを通過して揚がるようにします。


外側がカリッとして来たら初めて上下を返し、また延々と揚げます。次第に油の泡が小さくなって音も静かになってきます。ここまで15分くらいは優に要します。


これで一度ざるに空けて油切をしますよ。


ジャガイモの油切りをしている間に同じ油でお魚を揚げます。お魚の衣のレシピはこちら 。今回はお魚の量が多かったのでレシピの2倍の衣を準備しました。ちなみにこの衣は天ぷらにも使えます。天ぷらの時は少しだまが残る程度に溶いて使っています。


お魚は直、衣を付けず、小麦粉を全体にまぶしてから衣に潜らせます。これをしておかないと、必ずと言っていいほど、揚げている間にサクサクの衣がめくれてしまうのです。ちなみに私は魚には塩こしょうはしません。


魚がカラッと揚がったらペーパーの上に取り出し油切り。で、この魚の油切をしている間に、先に揚げたチップスをもう一度油に投じ2度揚げするのです。


2度目はほんの1分ほど。これで家庭用のコンロと鍋で揚げるチップスでも、限りなく業務用フライヤーで調理したものに近い揚がり具合になります。合格


私は豆類は一切嫌い。なので今年は豆ごはんってのを1回も炊いていません。なもんだから、ちょっと贅沢してもいいかなぁ...と思い、100円で買える冷凍グリーンピースではなく、エンドウ豆でマッシーピーズも作ることにしました。


マッシーピーズとはフィッシュ&チップスに付き物の、マッシュポテトの豆バージョンです。(笑)


本来の作りかとはちょっと違いますが、とりあえずグリーンピースやエンドウ豆で似たものが作れます!


鞘を取り除いたエンドウを鍋に入れ、たっぷりの水と塩少々を加えて火にかけ、ぐつぐつ煮立って来たら火を弱めて蓋をし、そのまま40分くらい、豆が柔らかくなるまで茹でます。冷凍グリーンピースの場合は5~6分で良いと思います。


ざるに空けて水切りし、再び鍋に戻し、バター、塩、こしょう、それに今回は生クリームと牛乳を少量加え、ハンドブレンダーで潰しました。あまり潰し過ぎず、豆の小さい塊がある方が美味しいです。チョキ


生クリームや牛乳の量はマッシーピーズがクリーム状になるまで追加。クリームや牛乳の代わりに、茹で汁を残しておいてそれを加えてのばしてもよいですよん。


魚はなんとか揚げられてもチップスは無理と頭ごなしに言われた私。チップスに力入れ過ぎてさぁ、返し難い大きな魚の上下を返すときに、2枚とも衣を破ってしもうたんだわ。ドクロ


それでも、魚の衣はサクサク、中はほっこりな身。ジャガイモの外はカリカリ、中はホクホクで、旦那も正直びっくりしてた。叫び


ここぞとばかりに塩とモルトビネガーをどばどばかけて食べてたよ。(笑)タルタルソースも作ろうかって聞いたら、不要!と言っただけある。(笑)もち、私も塩とモルトビネガーをたっぷりと!!!


ただ、クリームや牛乳を加えてまろやかにした味のマッシーピーズには、ちょっと上品過ぎると言ってケチをつけていました。(苦笑)


確かにイギリスで食べるマッシーピーズは、こんなまろやかな食感ではなく、いかにも茹ですぎて豆が潰れましたな一品なのでね。(爆)

 


いいね!した人

テーマ:
2、3年前、叔母の家に夕飯時に立ち寄りました。御飯を食べて帰るようにと勧める叔母に、父が待っているから帰宅してから食べると言って断った私。


それでも叔母は、2時間半ほどのドライブの間にお腹がすくだろうからと心配し、その日の叔母宅の夕飯の一品を、ノンアルコールのビールを飲む私におつまみ代わりに出してくれました。(笑)


その味が忘れられなくて、昨日私は似たようなものを、毎朝のおひとりさま朝食の常備菜に煮たの。(笑)なんかもっと具が入っていたような気もするんだけれど、記憶をたどっても、この2つの具しか思い出せない!


平天とインゲンの煮つけ


3年前のちょうど今頃、当時アメリカに住んで居た私は、父から1通の手紙を受け取りました。


日本風に言うなら、敷地面積3千坪。家だけでも100坪ある山奥の豪邸に住んで居た私たち。毎朝旦那が会社に行ってしまうと、夜帰ってくるまで、私はそのだだ広い家で、話せる相手と言うと一方通行会話の犬たちだけの、孤独な日々を送っていました。


その内、私は精神的にだんだん弱って来て、それをちらっと母に愚痴ったことで、父は心配し、手紙を書いてよこしたのです。その手紙の内容に、私は怒り心頭に発しました!


その家は良くない!
父は反対です。
今すぐ売るように!
小さくても良いからもっとにぎやかなところに家を買い替えること。


せいぜい1万、2万で買えるものなら、親の言うこと聞いて買い替えることも出来るけれど、人生をかけてローンを組んで買ったばかりの家なのに、いくら親とはいえ言い過ぎ!


売るにも買うにもまたお金がかかる。それを私ら夫婦に代わって払ってくれるならともかく、口は出しても金は出さない。なのに、これからその家に何年も住まないといけない者達に対し、ケチつけてどないすんねん!(怒)


即、日本に電話を掛けました。耳の遠い父との会話は犬ころ達と同じで一方通行。余計こっちのイライラが募るので、私はその怒りを電話口に出た母にぶつけ、今後は余計な口を一切はさまない様、父によく伝えておくように言いました。


その後、私は父への怒りが収まらず、5月15日、父の誕生日におめでとうの電話もしませんでした。


毎年、どこにいても両親の誕生日と自分の誕生日には実家に電話をかけ、おめでとうとありがとうを欠かしたことがない私が、その年は絶対にかけてやるものかと知らんぷりをしてたのです。


しかし、日本時間の5月15日午後10時ごろになり、どうもすっきりせず、私は実家に電話を入れました。


電話口にはいつもの通り母が出てきました。そして私の声を聞くなり、大声で泣き始めたのです。「口のききかたを知らない父を許してやって。ごめんね!」と言って母は泣き続けました。毎年電話を掛けてくる私が掛けなかったことで、母は1日中心を痛めていたようです。


その電話での会話が、『まともな』母との最後の会話になってしまいました。(涙)


2日後、母は脳出血で倒れ、その後ひと月くらい意識は朦朧。元気になったと思ったら認知症が急速に進み、これまでみたいな会話を交わすことが出来なくなりました。


昨日も母のところに面会に行きましたが、もう今では話すどころか、自分のことも私のことも分かっていない様子。何度、私の名前を呼んでと頼んでも、口さえ動かせない。(苦笑)


私は父が亡くなった時悲しかったけれど、後悔の念で流した涙は一滴もない。自分の家庭や自分自身を犠牲にしても、両親のために出来る限りのことをして上げたから、なに1つ後悔することはありませんでした。


でも、『まともな』母との最後の会話で、母を号泣させてしまったことは、これから死ぬまで後悔すること間違いないです。自分の蒔いた種だから仕方ない。後悔と言う形で、これから死ぬまでかけて刈るしかないと思っています。


もう一度母と話がしたい!もう一度母の作ってくれたものが食べたい!


会うたびにそう思うと、目頭が熱くなります。(涙)


私は母の作ったものをもう5、6年食べていません。毎回帰省すると、母に楽させてあげようと思い、自分がキッチンに立って代わりに料理をしていたので。


そんな私が、2、3年前、母のすぐ下の妹である叔母の家で、叔母が煮た平天とインゲンの煮つけたのを食べた時、もう食べれないと思っていた母の味を口にしたようで、特別でもなんでもないその一品が、やけに美味しかったのです!


スーパーで平天やインゲンを目にする度、自分でも煮て母の味を思い出そうと思うんだけれど、旦那が練り物食べないし、結局、思うだけでこれまで手を出したことがありませんでした。


この前業務スーパーでインゲンの大袋買ったら、その残りが少し変色しかけたのをきっかけに、平天を買って、叔母が作っていたようにして煮てみたの。(と言っても、2倍濃縮のめんつゆを4倍くらいにして煮ただけだけれど...笑)


今朝はその煮つけをメインにおひとりさま朝食を食べましたワン。この味。この味。叔母が作ってくれたのと同じ。


そしてそれは、母の味でもありました!


どんなに望んでも、もう二度と食べることの出来ない母の料理。今朝は懐かしんだり、反省したり、己の愚かさを恥じたりしながら、平天とインゲンをしっかりと味わいました。

 


いいね!した人

テーマ:
1.5キロのローストラムは、昨夜リメイク料理第三弾を作りめでたく完食しました!(本当のこと言うと、あとほんの数十グラム残っているの。ニコニコでも、それはカレー炒飯にでも使います!)


ローストラムの残りは、寒い時季ならアイリッシュシチューやスコッチブロスにリメイクするけれど、昨日の大阪なんか30度近い気温で、暑いのが苦手なベイ坊なんか、30分も歩いたらへとへとで倒れないか心配になるほど。


なので、やっぱりこの時季でも美味しく食べれる、このお料理で〆とすることにしました。チョキ


2度焼きポテトのシェパーズパイ


ジャケットポテトに適したジャンボサイズのジャガイモって、日本ではなかなか見かけない。ところが、このところ近所の業務スーパーで、2個パックで198円と言う大きなジャガイモをよく見かけます。


旦那はジャケットポテトにたっぷりバターを載せて食べるのが大好き。だから見かける度に必ず買っています。昨日もそのジャガイモを使って、2度焼きポテトのシェパーズパイを作りました。


ローストラムの残りはニンニクもローズマリーもついたまま細かく刻み、玉ねぎ、(別途準備した)ニンニクと共に炒めます。


フィリングにとろみがついている方が絶対に美味しいので小麦粉をまぶし、2倍の濃さに溶いたコンソメ、トマトピューレ、リー&ペリンウスターシャーソースで煮込みます。


ドライハーブはタイムを切らしていたので、セージ、ローズマリー、オレガノを使いました。スパイスはナツメグ。好き好きですが、私はちょっと多めに加えてスパイシーな味付けにします。ちなみにシナモンを代用しても美味しく出来ますよん。合格


最後にパセリの葉のみじん切りを加えたらフィリングの出来上がり!


ジャガイモは皮ごとたわしで綺麗に洗い、濡れたままキッチンペーパーで包み、大きさにもよりますが800Wのレンジで6~8分加熱後、200度で予熱を済ませたオーブンで20分程度焼きます。竹串がスーッと通ったらOK。


熱い内に縦半分にし、火傷しないように注意しながらスプーンで実をくりぬきます。その実は、牛乳、バター、塩、ブラックペッパーを加えてマッシャーでしっかりつぶし、柔らかめのマッシュポテトにしておきます。


実をくりぬいた皮にフィリングを等分し、マッシュポテトですっぽり蓋をします。


細切りチーズをまぶし、ドライパセリを振って、再び200度で予熱を済ませたオーブンに入れ、表面にこんがり焼き目がつくまで15~20分焼いたら出来上がり。


冷凍庫にローストラムの肉汁で作ったグレービーが残っていたので、昨日はそれを解凍して温め直し上からかけることに。グレービーも一緒に作るレシピはこちら をご覧ください。フィリングの作り方がちと違います。


シェパーズパイの付け合わせは旦那のリクエストで、またまたボイル葱。リークが国花のウェールズ出身の旦那は、葱が大好き!ドキドキ


もう一品なんか付け合わせたいなぁ...と考え、これまた旦那の大好きな冷製丸ごとトマトスープを作ることにしました。午前中に作っておいて、夕飯まで冷蔵庫で冷たく冷やしておきましたよん。


ジャガイモ2個だけど、2つに割って4つのシェパーズパイにすると、優に4人分あるジャンボサイズです!これを昔は2個ずつ食べていたってのが、マジ、最近信じられないほど食べれる量が減りました。汗


大きなジャガイモの中はこんな感じ!とろっとしたフィリングがしっかり詰まっています。


コロッケとハンバーグとミートソースを足して3で割ったような料理。ジャガイモ嫌いの私でも、コッテージパイやシェパーズパイは大好きです。


ミンチ肉や細切れなどでも作れますので、ぜひお試しを!

 


いいね!した人