これは我が家の“4月14日”の晩御飯です。


この日、午後になっても晩御飯の献立が決まらず、いっそ外食にしたろかいな...って思っていたところ、何気なく見たサイトで献立のヒントを得ました。


フランス料理でダックをオレンジと一緒に料理するのをチキンに代え、シャープな風味のコリアンダーでアクセントをつけて、こんなものを作ってみました。


オレンジ&コリアンダーチキン

和・美・Savvy Cooking

私がふとみたサイトってのは笑わせてくれました!


2月14日のヴァレンタインズデーに女性から男性に愛を告白すれば、3月14日のホワイトデーに男性が女性の求婚に応える。そして、最近の日本では、それからまた丁度1ヶ月後の4月14日に、二人はその愛を確実なものにするのだとか。


旦那に話したら、「付き合いだして2ヶ月か...初エッチの日か?」と言って笑ってましたが、確かに旦那の言うとおりかも?(爆)


この初エッチの日二人の愛を確かめる日を、“オレンジデー”と呼ぶそうです。


ウィキペディア によると、オレンジは花と実を同時につけるのでヨーロッパでは愛と豊穣のシンボルで、「花嫁の喜び」と言う、男にとっては血の気が引く(?)意味の花言葉もあるそうです。(苦笑)


オレンジデーを日本記念日協会に登録したのが柑橘類農家と言うから、これも“地獄のチョコレートデー”同様に、コマーシャルな目的の日なんですが、でも、どんびきしてしまうヴァレンタインズデーやホワイトデーと違い、私には好感がもてました。


もっとも、この日も今後盛大に盛り上がって、国全体がオレンジの買占めをしだす日になると、私は冷めて、またどんびきしてしまうかも知れないけれど...


ちょうどベイクウェルタルトにオレンジの皮だけを使った後で、表面から水分が奪われカスカスの、まるで私の肌のようなオレンジが2つ転がっていたので、オレンジデーにちなんだ料理を晩御飯に作ることにしました。


思いつきだけで作った料理にしてはかなりの美味。マッシュポテトを添えても良いだろうし、御飯のおかずにも合いそうですが、茹でてバターとブラックペッパーをたっぷり絡ませたパスタと共に食べるのが、一番のお勧めです。


<材料 2人分>

オリーブオイル...適宜
鶏もも肉、皮骨付き...4切れ(日本のドラムスティックも付いた骨付きもも肉であれば2本)
シャロット、細かく刻む...大1個(またはたまねぎ小1/2個をみじん切りしたもの)
オレンジの絞り汁...1個分
白ワイン...150ml
チキンストック、顆粒または固形スープを分量より少し濃い味に湯で溶いたもの...100ml
塩こしょう...適宜
バター...適宜
オレンジの輪切り、皮を剥き5~6mmの厚さにスライスしたもの...1個分
グラニュー糖...ティースプーンに1杯弱
コリアンダー、細かくみじん切り...大さじ2
茹でたパスタ、水切り後バターとブラックペッパーを絡ませる...適宜

和・美・Savvy Cooking

<作り方>

1.ソテーパンもしくは深めのフライパンにオリーブオイルを熱し鶏肉を焼く。全体にこんがり焼き色がついたら一旦皿に取り出す。

2.1のフライパンにシャロット(またはたまねぎ)を加え、しんなりするまで3~4分炒める。(焦げやすいので焦がさないように注意。)

3.2にオレンジ汁、ワイン、スープを加える。煮立ってきたら鶏肉を戻し、火を弱めて蓋をし、約30分、煮汁の量が少し減り自然なとろみがつくまで煮る。途中何度か鶏肉の上下を返す。

和・美・Savvy Cooking

4.3を煮ている間に盛り付け用のオレンジの輪切りを焼く。小さなフライパンにバターを熱しオレンジを焼く。グラニュー糖を全体にうっすらと振り、2分程度焼いたら上下を返し、もう一方の面を1分程度焼く。(崩れやすいので注意。)

和・美・Savvy Cooking

5.3に塩こしょうをし味を調えてから、コリアンダーの葉を散らし火を止める。


茹でたパスタを盛った皿にチキンと別に焼いたオレンジの輪切りを盛り、煮汁を上からかけて出来上がり!“二人の愛を確かめる(?)”ディナーの始まり、始まり!(笑)

和・美・Savvy Cooking

バターとグラニュー糖で炒めたオレンジが、盛り付けると、愛を確かめる日にぴったりで可愛いです。(爆)


コリアンダーはオレンジとの相性が良いので、柑橘類の酸味とハーブのさわやかさで、もも肉でも胸肉の様にさっぱりといただけました。


オレンジのビタミンCとコリアンダーのデトックス効果で、美しくなれる一品でもあります。愛を確かめる前に、まずは綺麗になってからってのも、悪くはございません。


余談ながら、そして、多分聞きたくないとも思いますが(汗)、せっかくのオレンジデーに、それにちなんだ献立を準備しましたが、我が家は愛を確かめるチャンスは逃しました...(滝汗)


このお料理はワシントン州のローカルパブリックテレビ局・KCTS9さんにノミネートしていただき、2011年5月14日生放送の同局お料理番組、『Fifteen Delicious Years』の中で実演させていただきました。

和・美・Savvy Cooking

また、番組と同名のお料理本も同局から出版され、その中でも私のレシピをご紹介していただいております。有り難うございました。

各国料理(レシピ)へ

AD