暮らしのなかに色彩感覚を!

カラープライマリー久保田みき


テーマ:
{F1ECA375-C3AF-4EE0-81F8-640E9BA802A9}
 

八女福島地区を散策。

白壁の町屋は、
昔ながらの商店だったり
今どきの古民家カフェだったり。
 
町家ギャラリーで
面白いものを発見。
 
{C5CA3B20-5D94-491E-8EE8-D3E82A0F38B6}
 
防虫防腐や、魔除けとして
八女の町家で
壁に塗られていたという弁柄。
 
有田焼の柿右衛門の作品に
印象的な赤として使われているのも
この弁柄です。
 
もともとはインドのベンガル地方から伝来し、
岡山県が産地として有名だそうで、
倉敷でも赤い壁を見ましたが、
ここ八女も
「べんがら村」という施設があるほど、
弁柄と縁が深いようです。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{437302F7-C693-4123-86A1-CCD5D1F4E034}
 
八女市上陽町、四連橋の
宮ヶ原橋。
さらに、上流へ
ひふみよ石橋の愛称で親しまれる
三連橋の大瀬橋、
二連橋の寄口橋、
一連橋の洗玉橋と続きます。
 
町内には、13の石橋が現存する
石橋の町。
 
この地域は、
平成24年7月の九州北部豪雨による
被害が大変大きかったのですが、
四連橋の向こう側では、
橋を現存させたまま、
川幅を広げる工事が進んでいました。

 

{C1E6FF23-90D1-439B-AF1B-434E914AD7A4}

 

 
「石」の景観はそのままに、
石垣を積みなおしています。

 

{F32CC757-4C3F-4080-8988-0CFF1A1B1326}

 

 

石垣を組むには

 

ひとつの石の周りに
5もしくは6の石を組むと
安定するそうです。
ちなみに、ここの石垣は6ですね。
 
一石ずつクレーンで運んで
積んでいました。
 
{BEF8AD6C-B68D-4019-B685-79D9B0C8F2A0}

昔から伝わる、石の文化。
民家でも、石垣のよく見られる
上陽町でした。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
{DFBFC10F-1C3D-435C-B5EC-C9669A65CEB6}

八女市上陽町馬場水車。
今回は、
馬場夫妻と交友のある友人に
連れられて訪問。

お正月の和風総本家で紹介されてから
注文が山のように入って
大変なときにお邪魔しました。
テレビを観た方の訪問も次から次へ。
馬場さんが、お客様の対応の間は
友人に解説してもらいながら
工場内を見学。

まずは、杉の葉の乾燥工程。
葉だけをチップにして、
乾燥場でボイラーにかけます。

{9182D803-29E2-4E74-B60E-8EF386859F36}

{A104FB50-40D4-4B40-B766-B65156E61A4E}

水車の力は七馬力あまり。
15の杵(きね)を動かして、
粉砕していきます。
動画はこちら

{4C52E2CD-C9EE-4372-9F24-01A7562283DB}

粉を練って、粘土状にしたら
パスタマシンのような機械で
細く絞り出します。

{A3AA1992-B613-496E-BDC1-D759D1CB6E73}

ダンボールの台紙で
長さを揃えてカットしたら
乾燥させて出来上がり。
ダンボールの台が
お線香の乾燥に最適なんだそうです。

{0FD53BD9-8B0D-49E7-8998-5B24F17294E5}

美味しい八女茶と一緒に
ホッと一息つかれた馬場ご夫妻と
お話もさせていただきました。

水車の動力という
昔ながらの作り方を大切に守りながらも、
新しい香りにも意欲的な姿勢が
とてもキラキラと素敵なご夫妻でした。

お忙しいところ、
ありがとうございました!

{3C46AEDA-42BC-4D1B-9779-77406FDB932B}

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

八女市上陽町

奥八女と呼ばれる地区では

最盛期には、42の水車場があったそう。

 

川の流れを動力に変えて

杉の葉を粉砕します。

※動画参照

 

杉と、少量のタブの葉だけを使用した

自然のお線香。

 

お正月の和風総本家で紹介されてから

春まで予約がいっぱいになっています。

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。