独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。


テーマ:

 下手な柔道が世界を席巻している。


 ロンドン五輪の柔道。


 この五輪の柔道を観ると、はっきり言ってこれが柔道なのか??首をかしげたくなるような試合ばかり。


 さきほど上野と韓国選手との試合を観たが、はっきりいって韓国選手は、柔道ではなくレスリングの構えになっていた。


 とくに欧州系の選手に見えるのだが、柔道の構えではなく、まさにレスリングの構えになっていた。さらに技をかければ、腰を引き、わざと倒れて逃げる・・・・。


 有効も、技ありも分からない主審たち。


 はっきりいってこれは、柔道ではない。格闘技というよりちゃちな試合を観ているようで、なんとも面白くない。


 かつて、アテネで観たようにきっちりと組み合って柔道をすることが基本だろう。しかし、欧州の連中は、あきらかにそれでは日本が有利になるために反対し、己たちの下手くそな柔道を押し付けてくるだろう。


 ならば、それならそれで、審判の資格がある国際審判たちは、年に数回、日本の柔道大会を視察し、本来の柔道とは何かを学ぶべきだ。


 日本の柔道協会は、そういう事業を徹底的にしていくべきではないのか。柔道の原点は日本にあることは皆が認めているところだ。


 だからこそ、しっかりと柔道の在り方について基礎からきっちりと学ぶべきだろう。


 一度でいい、日本での大会を見学し、さらに経験をつけていくべきだろう。


 それをしっかりと実績を積み上げて、国際大会に出させるべきだ。このまま、欧州の言い分だけに従っていたら、柔道ではなく柔術になってしまう。柔術とは、はっきりいって軍隊の殺人技でもある。


 だからこそ、いま、柔道の精神的な部分をしっかりと示していくべきではないのか。


 まあ、正直、今回のロンドン五輪の柔道に関しては見ても意味がない、正直言えば、日本の金は1個で終わりなのではないかと。


 試合の内容を観る限り、いまのルールでは日本に勝ち目はない。正直、金は無理だろう。なぜなら、欧州の連中は、わざと組ませずに下手くそな柔道で世界一になろうとしているのだから。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いやー、昨日のサッカー五輪代表のスペイン戦は驚いた。1-0での勝利。結果的にスペインをスピードで翻弄した感じだった。


 なにせ、あの永井のスピードは半端じゃなかった。清武もそうだし、東も酒井(宏)も・・・・。これまで香川に注目が集まったが、これからはこうした選手に注目が集まるのではないだろうか。


 それにしても、大久保や松井がいた世代は谷間の世代、といわれていたが、その後も谷底の世代、という世代というのもあったが、この世代は、なんと各年代の国際試合(アジアの大会を除く)に実は一度も顔を出していない世代つまり、奈落の底世代でもあるのだ。


 谷底つまり、彼らの情報がほとんどないのが実情でもある。あるのは香川やひと世代下の宮市くらいが通っている。だが、その宮市も香川もいない。試合は、チームとしての情報はあるものの皆、名前もプレースタイルも完全に知ったものではなかった。

 

 永井、清武、東、酒井(宏)、宇佐美、斉藤、大津など実はそれなりに実力を持つ選手たちがいる。いや、かつての世代よりも技術力といったものがある。


 その一方、攻撃単調型でつまり、守備に関しては非常に穴があった。その穴を今回、吉田と徳永というオーバーエイジで補ったともいえる。


 昨日のスペイン戦を見ていると、サッカーでは死語になったスゥイパーという言葉を思い出した。かつて、韓国の洪明浦、柳サンチョルが相手の攻撃の目を摘み取る最終ラインのつみとりやとして活躍した。


 この役割を吉田と徳永がやっていた。とはいえ、彼らの姿を見たときに「後ろは俺らがやる。お前らは、好きにやって来い!!」という感じだった。これで、守備に関する「やっちまったな!!」状態がなくなったと言えるのではないだろうか。


 だが、決定的だったのはなんといっても永井の存在だろう。トップスピードでスルスルっとよってきて掻っ攫っていく。さらに守備も攻撃も同じ。どことなく、アフリカンなスタイルは正直スペインでも見たことはないのではないだろうか。ましてや、国際大会でも、前後半にわたってやり続けると言うのは・・・・。確かにゴールは決められなかったが、それでも永井の存在は間違いなくスペインにとって脅威だったことは間違いない。


 スペインの守備陣が混乱したのも無理はない。ペナルティエリア内から積極的にプレスをかけた。永井だけでなく東も加わった。確かに、ロングボールでも逃げてもよかったのだが、スペインのプレースタイルは連続したパス交換による連携だ。このリズムが崩れて、あせり始めた。結局、ボールは持っているのだが、先に進めない。そうさせたの永井の最前線でのかく乱だったといえる。


 とはいえ、今回の勝利が「奇跡」と言われないためにも、次戦のモロッコ戦は勝たないといけないだろう。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 あのイチローがヤンキースに・・・・えええええっという感じ。


 というか、うーん、実は、ヤンキース、かつてイチローを馬鹿にしていたところがあったが、あの活躍でオーナーが「なぜ、とらなかったんだ!!」と激怒したとか。


 ヤンキースは、意外と思えるかもしれないが、かつての巨人のような巨砲をそろえているが、スピード感、機動力という点において、松井が抜けたことで非常にかつてのような動きが出来ないでいる。


 イチローの役割は、はっきりしているのではないか。つねにつなぎに徹すること。つまり、ホームランを狙うのではなく、3ベースや2ベース、ヒットの選手を的確にかえすこと。確かにホームランで3点、4点は取れるが、だからと言って簡単に起きるべきことでもない。


 残塁の多さは、ホームランバッターが多くいることで起きることもある。


 ところで、イチローの代わりにヤンキースから投手2人が、マリナーズに移籍するとか。


 投手力という点で、マリナーズは問題が多かった。点をとっても簡単に点を取られるというのでは、勝てる試合も勝てない。


 その一方で、イチローに対する風当たりも強かった。ようは200安打を放ちながらも、勝利に結びつかない。というより、次が続いてくれない。評論家の間でもイチローの評価は厳しい。なぜなら、フォアボールの数が少ないことが挙げられている。


 しかし、フォアボールで出塁する以上にランナーとして200回以上出塁している。ようは、イチローのあとにつづく選手たちが、それを全くと言っていいほど生かし切れていなかったというのがあると思う。イチローさえ押さえれば、押さえられなくても次の選手たちを押さえればいいという開きなおりで投げることができる。だから、ヤンキースのようなチームに加入すれば、また違った化学反応が起きるのではないかと思うのだが。


 イチローは、案外ヤンキースのような強豪チームにいてこそもっと活躍できるのではないかと思えるのだが・・・・。


 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 オスプレイ配備問題で、いろいろ言われているが危険性に関しての批判が大半だが・・・・。


 日本って、形式上とはいえ、戦争放棄と軍隊の放棄を謳っているわけだ。となると、日米安保条約の下、米軍が守ってくれるという防衛の協定がある。


 つまり、なにかあった時は、米軍がそれらの軍を排斥する任を負っている。


 基地反対をいうなら日本の憲法自体を改正しないといけないのではないか??自分たちの国は自分で守る、という気位があるのなら、憲法改正は必須だろう。


 それもないのに出ていけ、というのは都合がよすぎる。


 そもそも、それもできないのなら文句は言うなということだ。


 オスプレイの配置は、中国の戦略的なけん制にある。それが、最大の利点だ。これを説明せずに反対だけを叫んでも意味がない。


 日本の平和憲法の足元を観ているのは中国と韓国。日本が実力行使できないことをいいことに尖閣などをふくめた排他的地域に好き勝手にやっている。


 これを防ぐためのオスプレイ配備であることは、明確だ。しかし、それを反対するなら、憲法改正して自衛隊を軍と認め、かつ、追い出すための威嚇行為なのけん制を出来るようにすべきだろう。それすら、できないのに・・・・。この反対運動を喜んでいるのは中国。


 まさに平和憲法まもって国滅ぶが現実になってしまう。のだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 なんとなくだが、いまの日本、だんだん欧米化しつつあるように思う。権利だけを主張し、かつ、いわゆる「俺は悪くない!!」という風潮がまかり通っている。


 この頃、なんだかだが、欧米の社会風土って知的レベルというか社会知的レベルを劣化させる風潮にあるように思うのだ。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、欧米化または西洋化は人の知的能力を劣化させ、退化させるのではないかと思えてならないのだ。


 日本人の場合、相手を思いやる、慮る、というのがある。しかし、西洋にはそれがない。つまり、言わないと分からない民族の集合体と言えるのだ。とくに白人はその傾向にある。


 つまり、相手を察するという能力を持っているのが日本人で、それがないのが白人を中心とする欧米人たちのようにも思えてならないのだ。


 言わなければ分からないじゃん、というのがこの頃の風潮になっている。


 そこで本題なのだが、学校が荒廃し始めていると断言した方がいいかもれない。生徒とその向こうにある親を横目にみながら教育している風景がみえてくる。かつて、悪いことをすれば、子どもであれ、体罰はあったものだった。それに、1回やったから即、体罰ではない。何度も繰り返すからたたくのだ。


 しかし、それを体罰といって弾劾する連中がいる。「こどもの気持ちになって」とか「話し合いで何とかしましょう」とか。


 それでは、いまの日本の生徒たちは、悪いことをやっても平気ということになりかねない。こうなっていしまうのは、あいてを思う気持ち、察する気持ちがないからだ。


 私は、修身を中心にした戦前の教育は重要だったのではないかと思えるのだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 子供が成長すると自己主張が強くなると言うが・・・・


 次女と三女そしてうちのかみさんとの対立が日々激化している。さらに長女とも暗雲が・・・・


 とはいっても、一対一となれば話は別。じつにスムーズにかつ和やかになる。だが、これが大人数になるととたんに、けんか、喧嘩、ケンカになる。


 次女は、頑固できっちり思い通りにならないと怒り出すタイプで、決して自分からは誤らない=なんか、どっかの国みたい。

 

 三女は、ちょっかいは出しのいたずら好き、ひとたらしの笑顔で、ひとを和ましてしまう。あとは天然ボケ。というのも、学校行くときに、ランドセルを忘れて出掛けてしまう。靴を履かずに玄関を出るなどなど、笑いに暇がない。まあ、これが次女が怒る理由にもなっているのだが・・・・。


 長女は、いかにもお嬢様タイプ。なので、いつの間にか、信頼されている、というかされてしまっているという感じ。


 これがひとつ気に入らないことになるとけんかに発展。収集がつかなくなる。それにうちのかみさんがいらだつ。


 言葉遣いも、女の子なのに???のことば。なんだかな~。という感じだ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 大津の中学生自殺事件が大きなうねりとなっている。


 学校や教育委員会が、徹底的に批判されているが、いっぽうで素朴に思うのは日教組、日本教職員組合の人たちはどう思っているのかというコメントが何一つでていない。


 学校教育に関してさ政府にさんざっぱら批判してきたのに、学校の教師にとって最も最悪といえるような生徒の自殺があってもソッポを向いている。ややもすれば加害者をかばうような風潮がある。


 もし、今回の事件でなにも言わないのであれば、それこそ大問題ではないのか。とおもうのだが。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 昨日の試合、サッカーの男女五輪代表の親善試合。


 女子は、3-0の快勝、しかし、男子は負けにひとしい、終了間際の失点で1-1の引き分け。


 とはいえ、男子は、なんどとなく見た光景が広がっていた。まさに学習能力欠如の代表だとつくづく思った。


 この世代が、世界に出て試合が出来なかったことを納得させるだけの総集編のような試合だった。


 才能あふれる原石・・・・といわれるが、確かに才能はある。しかし、その才能におぼれている。足技のテクニックは非常にある。だが、それは相手に対し小手先、おちょくり、小馬鹿にしたようなサッカーなのだ。


 だが、それを誰も自覚していない。これが問題なのだ。


 昨日の同点劇を生ませてしまった村松に対する痛烈な批判は皆目聞いたためしがない。


 またぞろ、監督批判をする連中が出てくると思うが、正直、昨日の試合は、学習能力のない代表選手たちにこそだ、批判を展開すべきなのだがなぜか各マスコミは批判記事を載せない、これこそが問題なのではないだろうか。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

 韓国は、再び朝鮮戦争、日韓併合のような状況に持ち込むのか・・・・。


 韓国の人権団体がヒラリー氏に「慰安婦ではなく性奴隷」ということを吹き込んだ。実際は、そうではないことは明らかになっている。なぜなら、ある調査で性輸出大国=韓国、ということが世界的に知られるようになった。つまり、売春行為=商売であり、これは仕事ということでまかり通っている。


 たが、韓国ではこれを世界的な恥として、規制をかけようとした。しかし、これを拒否したのはとりもなおさず、性産業で働く人たちだった。デモまでして反対運動を展開した。果たして、これをみて、「性奴隷」と言えるものなのだろうかと首をかしげたくなる。


 だからこそ、慰安婦問題はこれは自作自演というものが定説になってきている。日本は、こういうことをしっかりと伝えていくべきだ。韓国の日本への批判というのは正当ではない。韓国政府が批判しなければいけないのは、ねつ造をしてきた李承晩大統領の治世であり、これを研究しなおさなければいけない。


 さらにこうした運動は、結果的に韓国自身を危機にさらすことになるのだ。つまり、日本を攻撃することは、韓国にとっては非常に楽しいことで、一種のお祭りのようなものだ。


 しかし、これは北朝鮮と中国に利する行為であり、決して韓国にとっては損ばかり。


 よく考えれば、冷静に考えれば、韓国の近年のこうした行為は韓国にとっては不幸になるばかりだ。


 大局的にみれない韓国は、もうすでに終末、国家滅亡への序章が始まっているのかもしれない。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2012&d=0704&f=national_0704_013.shtml


 中国とロシアが、揺さぶりをかけてきている。


 韓国に対して、日米との同盟強化について批判している。そもそも、韓国が日米と手を組めば、不利になると見ている。


 韓国がふらつけばふらつくほど中国とロシアが有利になる。


 さらに日本にとっても、ロシアが北方領土に対してロシア領だと主張しはじめた。なぜ、そういうことが平然といえるのか。それは、日本が平和憲法をかかげているから。そもそもが、攻撃しなければ、いくらやっても問題ない。つまり、攻撃をしなければ、日本が攻撃しない。ならば、首相が北方領土にはいっても文句は言えない。なぜなら、専守防衛だから攻撃すらできない。


 攻撃すれば、間違いなく、テレビマスコミがたたきにかかる。それもおりこみ済み。


 このままいけば、日本はロシアと中国に占領されるかもしれないぞ~

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。