独断と偏見の日記帳

国際結婚した男の日々の言いたい放題のブログです。

きよみ ?? <A HREF="http://blog.with2.net/link.php?234865 ">人気blogランキングへ</A>ブログランキング http://blog.with2.net/link.php?234865



<a href="http://baby.blogmura.com/"><img src="http://baby.blogmura.com/img/baby80_15.gif " width="80" height="15" border="0" alt="にほんブログ村 子育てブログへ" /></a>


<a href="http://baby.blogmura.com/tomobataraki/"><img src="http://baby.blogmura.com/tomobataraki/img/tomobataraki88_31.gif " width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 子育てブログ 共働き育児へ" /></a>


<a href="http://family.blogmura.com/"><img src="http://family.blogmura.com/img/family88_31_femgreen.gif " width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 家族ブログへ" /></a>


<a href="http://soccer.blogmura.com/"><img src="http://soccer.blogmura.com/img/soccer88_31_femgreen.gif " width="88" height="31" border="0" alt="にほんブログ村 サッカーブログへ" /></a>


<a href="http://www.blogmura.com/"><img src="http://www.blogmura.com/img/www100_33.gif " width="100" height="33" border="0" alt="ブログランキング・にほんブログ村へ" /></a>






テーマ:

 ご無沙汰しております。


 さて、今回、サッカーの日本代表監督にアギーレ氏が就任することが決まりました。


 すなおに喜びたい。4年前、誰もそっぽを向いていたことを考えると、いいことだと思う。


 さて、この監督決定に対して、文句を言う方が大勢いられると思うが、日本はそんなに魅力的(地域的に)ではないことは多くの欧州出身者コーチ、南米出身者コーチが言っていることだ。


 島流しってね。


 それでも、来たいとという琴線に引っかかるのは、他国とは違い、結果が出なければクビというのがない。4年という期間はきっちりと何とかしてくれるという協会への信頼がある。


 目の肥えた、サッカーファンからは物足りないという意見は多くある。結果がでなければ監督を変えろというが、いまの日本でそれをすると、かつての社会人リーグよりも悪化するという持論を持っている。


 さて、ブラジルでの結果は、散々ものだった。これは8年前のジーコの時と同じという人がいる。


 しかし、私が注目したのは、長友、内田、長谷部、吉田の涙だ。8年前のドイツでは中田以外それがなかった。


 この違いだ。ようは、W杯は単なる、出場することに意義があるから、W杯は勝たなければ意味がない、というくやしさが、全面に出てきたこと。その変化がある。だから、8年前とは違ってきている、そして、日本は間違いなく成長しているというあかしでもある。


 空港でのサポーターたちの振る舞いに、憤慨する生粋のファン、サポーターはいるだろう。しかし、ここは日本であり、南米や欧州ではない。日本のサッカーの歴史は100年以上のものを持っているが、試合に対する思いは、雲泥の差がある。


 日本の場合は、勝負事というよりは、どこか精神修養の一環でスポーツは扱われてた。だが、欧州や南米は違う。そこが根本的に違うのだ。


 フェアプレーに徹し、勝負よりも選手個々の頑張りに評価を与える。これが日本でもある。


 私の独断と偏見から言わせてもらえば、正々堂々とプレーし、フェアプレーに徹し、なおかつ、その強さを身に着けること。ずるがしこさを身につけよとは言わない。ずるがしこさ、よりも宮本武蔵のように精神的な強靭さと肉体的強靭さを併せ持つことこそが、日本の目指すサッカーではないのかと思うのだ。


 南米、欧州のマリーシアではないずる賢さ、狡猾さ、抜け目のなさを磨けばいいのだと思う。


 日本は体格的に欧州、南米に対しては不利に働くだろう。しかし、それを逆手にとる。つまり、己を知り敵を知る、身の程をわきまえる。


 正々堂々とは戦うが、本当に正面切ってではなく、様々な技を繰り出して、相手をほんろうさせる。そういうサッカーを目指すべきだと思う。すばっしっこさはカウンターではなくゴール前でのハンターであるべき。理想は岡崎みたいに泥臭く、ゴールを決めるエースFWの育成だ。そして、変幻自在にフォーメイションを変えることができる。


 つまり、90分の間に最低でも6つくらいフォーメイションが変更できるくらいのチームが理想だと思う。最初は3-4-2-1→4-4-2→5-3-2→4-3-2-1とアメーバーのように変化してもチームの質が崩れない応用力のあるチーム。そうしたチームを作り上げていく。日本ならではの編成でゴールを積み重ねていく。あいてに絞らせないサッカーをこれからは目指して行ってもいいのではないだろうか。


 そのためにはJリーグ、ユーティリティな選手たちをもっと育成していくべきではないのかと思うのだ。なでしこジャパンのように。

AD
いいね!した人  |  コメント(18)  |  リブログ(0)

テーマ:

 正直、消化不良という言葉がふさわしい試合だったといえるだろう。昨日のキプロス戦。


 それにしてもがっくりという言葉が似合う試合というのも・・・・だ。


 が、正直、そんなに悲観的ではない。というのも、あまり勝ちすぎるのもいかがなものかということだ。


 かつて、ジーコジャパンの時、海外遠征を敢行し、好結果を残した。しかし、W杯本番では、ボロカスになっていた。


 それと比べると昨日の試合は、御の字だったのではないかと思っている。


 内田、長谷部のけがのことに関しては、治っていると感じていいという感触だ。長友にしてもだ。


 多くの評論家の連中は、本田限界説を唱えるだろうことは目に見えていた。そもそも、試合に出させてもらっていない本田に文句をいっても始まらないだろう。


 ある評論家は、本田の調子について「これではだめだ」と断言しているし、限界説まで言っている。


 ところではたしてそうなのかと思うとそうではないように思うのだ。


 また、ある評論家は、昨日の試合のことを舞台に絡めてゲネプロと評していたが、それは的外れもいいところ。


 それを言うなら、本番前の米国での最終親善試合こそがゲネプロにあたるだろう。それを国内親善試合ごときでゲネプロというのはずれているとしか言いようのないものだ。


 演劇のゲネプロとサッカーの壮行親善試合は、まったくの別物だ。さらにサポーターに対して文句を一言垂れていた。サポに関しては、熱烈なファンならずとも熱くならずフレンドリーな試合観戦をすることで世界的に評価されているのが日本のサッカーだ。よくてもわるくても、選手たちをたたえる。


 しかし、評論家の人はこれを甘いという。しかし、よく考えれば、それをしていけば、完全にファンは離れていくのが目に見えている。かつてのJFLのように。


 わたしの独断と偏見から言わせてもらえば、日本のこの応援風景こそが世界を驚かせ、これこそが理想のサッカー観戦といわしめるところにあるのだ。もし、昨日の試合をブーイングで締めたらそれこそ殺伐としたものになる。


 とにかく、昨日の試合は短期間の合宿で、選手たちの仕上がりの具合を見ただけで、これをもって次への調整と考えるべきだ。


 本田に関しては、本番になるまではわからないし、他の選手も同様だ。前回の南ア大会では、もうすでにこの段階でボロボロとみっそかすにたたかれまくっていた。しかし、ふたをあけたらベスト16という結果になった。それを考えると、キプロス戦は対ギリシャという想定があるもののまあまあいんじゃない程度。


 だから、ようは別に楽しめばいい。そこで、悪いところをチェックし、次へ備える。それが日本合宿最後の壮行試合、キプロス戦ではなかったのではないかと思っているのだ。

AD
いいね!した人  |  コメント(15)  |  リブログ(0)

テーマ:

 それにしてもサッカーのACLが始まっているのだが、どうも盛り上がりに欠けるという意見がある。


 確かにそれはある。


 正直に言ってしまうと、中国のチームと韓国のチームがあってホームアンドアウエーで試合が行われるのだが、どうもこの大会通して昔から言われているのが審判の質の問題と、中韓の何でもアリサッカーが日本のファンを離れさせているのではないかということ。


 日本vs中・韓クラブチームの対決構図になっている。


 日本のチームをいかにバカにし、コケにし、喜ぶか。さらに反日を掲げ、自分たちよりも日本が下であることに満足感を抱く、そんな構図が目に見えるのだ。


 実は、サッカーの質の目が肥えれば肥えるほど、中韓のサッカーがいかに低レベルのものか見えてくるのだ。彼らのサッカーは対日本戦に限って言えば、大けがさせてもいい、ぶっ殺してもいい、そんな気迫というか感情でぶつかってくる。


 日本にとっては、w杯もあるし、そんな無理はさせられない。しかし、彼らにとってはそんなのはお構いなしで試合をする。


 正直言って、こんなサッカーみても面白くもなんともない。単なる不快感だけがたまってくる。確かにそんなチーム勝ったとしても違和感を感じる。


 そうなると見たくないというファンが多くなる。


 それではだめだ、という専門家もいる。しかし、相対的に審判のレベルが低レベルのアジアでは日本が勝つことは至難の業だ。


 たとえば、韓国の選手が足を引っ掛けても笛は吹かれない。一方、日本の選手が同じことをすると瞬時に笛がなる。こうしたことが度重なると、正直、ACLはいらねえってなことになる。


 正直、言えば、中韓と日本は、別個にすべきと思う。いまの状況では問題が多すぎるのではないか。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

テーマ:

 いやー、ずいぶんと休眠してました。


 子供たちも、一番上は中学、次女は小4、三女は小3にそれぞれ進学進級それなりにしました。


 ちょっと、子供たちに変化が。特に三女。


 この前まで宿題なんて、言ってもやらなかったのに、なんとこの日は「宿題をやらねば・・・」とそそくさと教科書開いて、音読を開始。ドリルも始めたりと・・・・。家族全員の三女の行動に顔を見合わせて、「何があったんだ??」と首をかしげた。


 どうやら担任の先生が変わってから、変わったような・・・・。子供って、案外周囲の大人によってへんかするんだなと感じ入るばかりだ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 韓国の歴史は自爆の歴史・・・・。もうこれは、韓国という国が滅亡かつ中国、北朝鮮による併合されない限りはわからないのではないか。いや、そもそもそれすら気づいていいない。

 ところで、キムヨナの騒動はそもそも韓国国民とってマイナスなのではないか?。騒げば騒ぐほど、どつぼにはまる。これがどういう結果になるかひを見るより明らかだと思う。

 たとえ、これで韓国人がいいと思って、思い通りになったとしよう。しかし、最終的には誰もいなくなる。だれも相手にしなくなる。そうなると、必ず日本に擦り寄ってくる。

 日本は、それでも同情を寄せ、なんとか相手にしてくれる。というか、韓国が国家DV(ドメスティックバイオレンス)で憂さを晴らす。で、その結果、日本が別れ話を切り出すと過去の歴史を振りかざしてがんじがらめにする。そしてさらなる陰湿なDVを繰り返す。

 飲んだくれの夫が、妻にDVするのとおなじことを国家でやっている。

 韓国は、それをわかっていない。一部のねちずんのせいにするが、そもそも民主国家でこういうことが許されるのかはなはだ疑問だ。ようは、もっともナチスになりやすい傾向にあるのが韓国そのものといってもいい。北朝鮮はそれとは少々趣をことにするが・・・・。
いいね!した人  |  コメント(8)  |  リブログ(0)

テーマ:

http://www.house.jp/value/detail/index.php?k_number=00607233&div=009


ただいま、マンション売却を考えています。


いろいろがんばってきましたけど、うちの母親の体調が芳しくなく・・・・同居も考え移ることにしたのですが・・・なにぶんにも売れないことには動けない状況でして・・・・。2LDKにただいま5人。そこに母親をと考えると・・・・・ですよねの状況に。それに中学になる長女などいまして、さすがに今の状況は厳しいよね・・・ということで。


上記のサイトに詳しい情報がありますので・・・・・。関心のある方は上記のサイトのところまで。値段は2500万円台です。

いいね!した人  |  コメント(10)  |  リブログ(0)

テーマ:

 なんとも哀しき決着がまっていた。キム・ヨナと浅田真央の対決。


 実は、今回のソチ大会日本代表に2つの傾向が見え隠れした。


 一つは、求道型そして2つ目は遊戯型だ。


 とにかく、技を極める。わき目を振らず一心に自分と向き合う。修行僧的な求道型。


 一方で、その真逆とも言える遊戯型。ただ、これは遊びというのではなく、いいというものは何でも取り入れる。


 そして、技を競い合うことを楽しんでいる。たとえば、ダンスバトルというのがある。それをしているようなものだ。その典型が、スノボだ。メダル云々よりライバルとの技の競い合いの中で高みを目指す。


 平野や平岡、そして女子スノボパラレル大回転も、そうだ。彼らは、日本では注目を集めてはいなかった。しかし、彼らの実力は、確立の高いメダリスト候補だった。特に平野などはその典型だ。


 高梨や浅田は、どちらかといえば求道型。メダルが確実、というときほど失敗する。


 葛西が、今回メダルを取れた背景にはそうしたものもあったのではないだろうか。葛西選手はこの年までストイックなまでに己を磨いてきた。


 しかし、今回、日本の実業団の監督兼選手として参加している。つまり、指導者という立場にたった。するとこれまで見えていなかったものが見えてくる。すると、新鮮な感覚になり、かつて楽しんで飛んでいたころの自分を思い出した。そんな感じなのではないだろうか。


 浅田選手には、14歳で世界をアッといわせた頃の思いに戻れば、とてつもない点数になるとおもいますよ。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:

 そもそも、人口20万弱の南京に30万の虐殺が可能なのかどうか・・・・・。

 中国共産党による嘘八百は、常套手段だ。そもそも、共産党一党独裁ながら、国名が中華人民共和国。なんって、ちゃんちゃらおかしい。そのことを言うなら北朝鮮も同じ。かつては、朝総連が北朝鮮といったマスコミ各社に「朝鮮民主主義人民共和国にしろ!」と脅しをかけたとか。

 共和国とかを大々的に使いたがるのは共産国家の特徴でもある。共産国家=うそつき国家。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


 韓国は、もう終わりなんじゃないのと・・・・。

 ここまで来ると、何もしないほうが得策であり、無視を決め込むことがいいのではないかと。

 そして、政治的窓口はあけながら、経済的支援、経済的活動、国際交流も全面ストップということにしたらいいのではないか。

 韓国の話し合いというのは、つねに韓国が上であり、日本が下。日本は韓国のためにもっとお金を出せ!!というものだ。謝罪というのは建前で、ようはお金ということだ。それに日本の経済が上向きなので、ここぞとばかりにたかりにきていることは目に見えている。

 だから、日本の主張は主張しておいてそれ以上のことはしないで、黙ることしかない。日本が何か言えば、それをすぐ返すようなことをする韓国。

 これは、日韓併合前や歴史をさかのぼって秀吉の朝鮮出兵の前後などとよく似ている。

 韓国は「自爆の歴史」の積み重ねだ。

 自分たちでたきつけて、大きくさせ被害者面する。しかし、それはすぐばれる。そうなると、大げさに今回のように騒ぎ出す。まさにたちの悪い幼児そのもの。

 世界は、日本に対して非難の目を向けるだろう。だが、それが韓国による捏造歴史が多いということがすぐさま明確になってくるだろう。

 私の独断と偏見から言わせてもらえば、韓国ってかわいそうな国だということだ。つねに自分のことしか考えない国だということ。もし、この話を認められると、すべての国に適用され、韓国も間違いなく、その範疇に入ってくる。韓国は自分の首をしめていることに気づくべきなのだが、それができないのも韓国という残念な国家なのだ。
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

テーマ:


 開いた口がふさがらない。

 国内にいる親日派を徹底的にのけ者にして、その財産を奪いながら正しい歴史をという。

 というか、そうとう切羽詰っているのではないか。

 確かに、韓国の言っている「嘘を主張、後世に教えようとしている」というのは、日本でもあるかもしれない。だが、韓国と日本が歴史に関して決定的に違うものがある。
 
 それは正史と亜流史が当時並行的に議論できる環境にあること。

 しかし、韓国はそうではない。たとえば、日帝支配時のことを評価する意見があれば、徹底的に抹殺し、ぶっ潰す。あくまでも被害者は自分たちで加害者は、日本という仕組みだ。それは崩れない。

 日本が有利な話になるととたんに抹殺したがる。

 実は、日本もかつてはそういう時期があった。しかし、それではよくない、ということで少しずつ変化してきた。それに比べると韓国は徹底的に抹殺に走る。

 日本が、なぜ韓国に対して嫌韓に走るのか。とにかく、上から目線というのが問題、さらに日本は、韓国の下にあり、韓国人の靴をなめるぐらいまでの謝罪が必要という勢いがある。だれが、そんな国に敬意を払いたくなるのか?

 いま韓国は経済的に元気なように見えるが、結局、お金をばら撒いてのやり方だ。いざというとき、韓国を救ってくれるところがあるのかどうかだ。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。