こんにちは、雅です。




現在私は旅行中でございまして
このシリーズはまとめて書いて
自動更新にしています。

今日は私の誕生日ということもあって
高野山の宿坊に泊まって
精進料理を頂き、明日は座禅や写経を
たしなむ予定でございます。

こちらのことはまた書きますね~。




さて、それではセミナーの内容ですね。

量子場調整の独特の手法が
『量子場を自分の身体に映す』というものです。

岩尾院長がアメリカでそれを講義したところ
それを聞いた人たちが

「病気の相手のエネルギーを
自分の身体に移すなんてとんでもない!!!」


という誤解を受けてしまったそうですが
私も同様な解釈をし
びびったところがあります。

というのも
私もボディワーカーとして初心者の頃は
次の日にすっかり病気になってしまったり
ターミナル患者相手のときには
強烈なサイキックアタックを経験し
ひと夏を不調で過ごしたくらいでしたから。

ですから、量子場調整の施術で
「相手の病気を受けてしまわないか」
「相手の痛みが移ってこないのか」
という疑問を持っていました。

でも、朋美さんの説明では
量子場とエネルギーというものを区別し
あくまでもそれを
『身体の重心を観察することで理解する』
という方法で状態を読んでいる
のです。

この二日間のセミナーでは
この身体に映し出す体感のさわり
ちょぴっとだけ経験してみる、っていう感じです。

もちろん、そんな簡単なことじゃないですけれど
なんとな~くこれかな
と思えればマルみたいな感じ?




なぜそうなのか?という疑問では
セミナーでは『小脳の働き』を
大きく説明していました。

私たちは大脳であれこれ考えて
失敗するところがあるけれど
これを小脳の『無意識』の部分にお任せ
みたいな。

セミナーの最中に「あ、そうだったのか!」
というひらめき電球の瞬間が何度かあって
自分の経験の『引き寄せの現象』の謎が解けた
そんな嬉しい収穫があっただけでも
このセミナーは有意義でした。

朋美さんの講義はとても面白くて
例としてあげる言葉が
凄く的を得た感じ

それに自分の考えを発言してみて
彼女の反応を確認してみて
更に浮き彫りになるものがありました。グッド!




「こんなのあり得ない」
「嘘くせぇ」
「これって、暗示じゃない?」

そう思いたかったら思える内容。

私もレイキセミナーの最初はそう思ったしさ。

でも、セミナーに参加した人の中には
「これを以前やっていたような気がする」
と言った人もいますし
実際、子供の頃の遊びに近いものがあります

大人になるにつれて
私たちは大脳の方に大きく頼りすぎて
社会のルールにがんじがらめになり
『意識の遊び』を完全に忘れている。

でも、量子場調整の技術は
私たちが無意識でできること
または実際やっていることを
大脳で意識的に理解しようとして
意識的にやろうとしているから
難しさを感じているだけ


「そんな魔法みたいなこと出来る訳がない」
というブロックを意識的に外すことが
まず第一の関門なんでしょうけれど。




この5年間でスピリチュアリティの理解は
以前に増してかなり広まりました。

「集合意識のせいだろうけれど
受講生の反応は5年前に比べてずっといいですね。

最初の頃は
『いいように言いくるめられて
随分高いお茶とお菓子代だったな』
とか思われた感はありますよね。

こんな世の中にならなかったら
ウチのとうちゃん(岩尾院長)は
ただの変人で終ってただろうし」

そう語る奥様に笑ったけれどにひひ
確かにこれを語るのには
勇気もいっただろうなぁと思います。

トンデモ発言をすると
社会から抹消されたりしますしね


一度の施術を受けただけですが
岩尾院長はきっと子供のように
純粋な人なんじゃないかしら。

でも、一般的に研究にのめり込むっていう
学者さんタイプって
そういう感じの人多いと思います。

ビジネスはそれに長けた
誰かさんに任せるのがよいのよ。




ハワイでがんがんスピリチュアルな
イッチャッタ人との遭遇が続いていたのに
日本では静かだなぁとか思っていたら
ここで岩尾院長の登場です。

ふ~ん、こういうことだったのかすら。にひひ





↓ブログ村ランキングをまた始めてみましたよ
にほんブログ村 哲学・思想ブログへ
AD