幸せな子どもに育てたいママの為の、保健室

仙台でフラクタル心理カウンセラーとして、幼児期・学童期・思春期の子育てに悩むママの為のパーソナルセッションを行ったり、お子様の能力を引出すお手伝いとして、マスターコース入門講座・家族関係コースの講師として、各種講座を開催しております。

内閣府所管 一般社団法人生涯学習開発財団 

ライフラーニングメンバーズ

一般社団法人フラクタル心理学 認定カウンセラーの

スーザン先生こと、佐藤千恵子です


根拠のない自信(自己肯定感)のある子どもに

育てるママに、あなたもなりませんか?


そしたら、いつの間にか

あなたの心にも自信が溢れ

上機嫌ママの日々になります


子育て中のお父様、お母様

我が子を愛してやまない、全ての親御様

フラクタル心理カウンセラー 

子育てコンサルタントのスーザンです。


子どもが何歳になっても、

子どもの幸せを願わない親はおりません。

我が子が幸せになってもらいたい一心で、

時間もお金も、出来うる最大限を掛けて、

子育てをなさっていることと思います。


勿論、時間やお金を掛けることで得られることは沢山あります

ご指導力のある先生に出会える機会も 多く与えられるでしょう


しかし、毎日子どもと向き合う、親御さんであるからこそ出来る、

子育てに一番必要な、根拠のない自信(自己肯定感)

あなたの子どもさんへ プレゼントしませんか?


根拠のない自信がある子どもは、

「やる気、挑戦するエネルギー」に満ち溢れています。


この意識は、一流と言われる人に共通のものです


スポーツでも、勉強でも、人間関係においても、

どんな失敗からでも学び、立ち上がり、成長し続けます。


そんな人間を、誰もが応援したくなります。

そんなお子様に育ってくれたらと思いませんか?


根拠のない自信≪自己肯定感≫

を、子どもの心に育てるには

お父さん、お母さんのまなざしと、言葉が必要です。


あなたのお子様が成長するために、最もぴったりくる

その使い方をお伝えしています(≡^∇^≡)


何歳になっても、諦める必要はありません

フラクタル心理学は、親の愛を知って

再度挑戦する脳を取り戻し、成功体験への最新の心理学です



フラクタル心理学入門講座 仙台

スカイプ可




一般社団法人フラクタル心理学協会の

全国のステーションをお探しの方は、

こちらからどうぞ


子育ての問題をでお悩みの方は
パーソナルセッション受付中です。

suzaku1528@gmail.com 

へご連絡をくださいませ。




テーマ:

ご訪問いただき

ありがとうございます。


先日も、子育てママさんたちと

楽しいヨーガの日でした


今回は、産後のヨーガは45分

お話45分と言う設定でした


そのお話の中で

小学生の授業参観をして


以前に比べて(一番目のお子様18歳)

多動児や学習障害児

または、直ぐキレル子が

増えているような気がする


とのお話がありました


私も最近、

子育てママのカウセリングを

させていただいておりますが


子どもが、直ぐに怒って

暴言・暴力

どうにもできないという


そんなお困りママさんが

増えているように思えます


で、今日は、まだ0歳から2歳までの

お子様を持つママさんたちでしたので

これから、そうならないための


子育ての重要なポイントを

一つだけ、お伝えしました


それは、待つ、我慢する心

育てるということです


これは、生きていく上で

とても大切な能力です


子どもは、何でも直ぐに

早くと要求します


お腹が空いたら泣く

不快なことがあったら泣く

眠くなったら泣く


お話が出来ないのですから

泣くしかないのですから

仕方がないことです


でも、この泣くにも色々あります

お腹が空いて、最初は泣きます


そして、泣くと

おっぱいがもらえると

学習します


そして、またお腹が空いて

泣きます


でも、ひょっとしたら

眠いのかもしれないし

構って欲しい

抱っこしてほしいのかもしれません


分かりませんが・・・


でも、いつもの期待したタイミングで

御母さんがそばに来て

抱っこしてくれないと

さらに力強く泣きます


大事なのは、この期待した

タイミングです


この期待したタイミングは

赤ちゃんの感覚で覚えていますが


これは、本来伸ばしていく事が

出来ます


また、ママの顔が見えなくなった時

泣く時期が来ます


その時も、直ぐに飛んでいって

ほらいるよと抱っこする時期から

少しずつ、時間を延ばしていく事も

出来ます


最初は30秒、そして1分とちょっとずつ

伸ばしていきます


そして、傍に行った時は

良く待てたねーっと

抱っこします。


更には、どんどん伸ばして

3分位泣かせても、待たせるように

していきます


それでも、お母さんが必ず来てくれて

抱っこしてもらえると分かっていきます


こんな小さな繰り返しが

とても重要です


特に、2番目の子が生まれた時には

待たせるしかないことが増えます


その時には、上の子が

ちゃーんと待つことが出来たら

とっても助かりますね


御母さんとの関係が出来ていて

待つことが慣れていますから

「待っててねー」が、伝わります


少し大きくなって

夕食の前、お腹が空いていても

あと少し待っててねー

と行った時も、待てます


さらに、周囲の動きに合わせたり

順番を待っていたり

お友達を待っていたり


今やったことが

直ぐ結果が出ない時も

待つことが出来ます


この心の力は

生きていく中で

とても大切な力です


ところが、分かっていても

御母さんの心の中に


待たせるのが可愛そう

なんて思う方もいて


更には、子どもに泣かれると

不安になって、直ぐに抱かないと

罪悪感を感じたり


御母さんが、待てない方も

多くみられます


そうしますと、

子どもはさらに待てません

この待てない心が


集団生活を始める時

問題になります


勝手におしゃべりしたり

動き回ったり

じっとしていられない


そんなことにも繋がって

周りから落ち着きがない

等と言う評価がされます


またそれが不愉快で

否定された

認めてもらえない

等の感情が湧き


イラっとしたりが繰り返され

直ぐキレルとかの評価を

もらうでしょう


ですので、待つ力を育てるのは

とても重要です


是非、物心がつく前から

待つ力を、育ててほしいと思います


ミニワーク


「長男のやる気を出させ、生き抜く力を育む」

実り多き講座です(癇癪持ち、キレル子のママは是非)

日時:6月6日(月)10:00-12:00

会場:仙台市青葉区北仙台

(お申し込み時に詳細をお伝えいたします)

参加費:5400円(教材を含む)

スカイプ参加可


「LDP講座」

(あなたの深層意識のメッセージを聞こう)

日時:6月7日(火)10:00-12:00

会場:仙台市青葉区北仙台

(お申し込み時に詳細をお伝えいたします)

参加費:5400円(教材を含む)

スカイプ参加可


入門講座 6月12日26日開催




いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問いただき

ありがとうございますドキドキ


今回は、子育てパパの

長男との関わり方について

考えてみました


最近は、父親が一生懸命に

息子と野球やサッカーをし

何とかレギュラーに入れようと言う、

賢明なパパの姿が見られます


親子で一つのことに夢中になること

素晴らしいことですよね


えっ 困ります? 嫌ですか?

σ(^_^;)


ただ、思い入れが強くなり過ぎて

目先の勝ち負けにこだわって


あなたから見て、夫は

長男に対し、力が入りすぎ!

叱咤激励のやり過ぎに

感じたり・・・・・


今できる出来ないに

過剰な反応をし過ぎて
長男をダメにしてしまうのでは?と


あなたは不安になったり

しませんか?


私も、息子の少年野球から

高校野球までを通して

沢山の保護者の方と

出会うことが出来ました


やはり、力が入りすぎて

子どもの将来を見越した

子育てになっていないことが

有るのでは? 


と言う疑問さえでる

口やかましく指導する

お父さんもおりました


しかしながら、

そんな親子の関係があっても

思春期頃には落ち着きます


自分の目標をしっかり持って

前に向かっていたりします


子どもと一緒になってやる

そんなことが出来るのも

頑張ってみても、小学生まで


中学に入ったら

だんだん親の出る幕が

無くなります


高校に入ったら

監督とコーチにお任せです

試合の感想は言えても

指導なんてできません


つまり、小学6年生まで

父親が一所懸命のあまり

口やかましく子どもに言っても


多少子どもが、

父親を煙たがったり大人になった時



「うっせー。くそじじいー」と

反抗したり、したとしても



その父親のダメ出しのせいで、

その長男の自己評価が

下がったとしても



忙しい父親が

他の子どもを差し置いて

一生懸命、自分の方を

向いていてくれたことは



なんとなく子どもは

分かっています



ですので、大きくなった時

そんな父親の思いに答えたいと

多少なりとも思うようです



野球で結果は出せなくとも

他のことで、秀でて

父親をきゃふんと言わせたい

喜ばせたいと



子どもは深い意識で

向上心が育っているのです



ですから、長男に対して

口やかましい夫を責める必要は

無いかもしれません



逆に、子どもに興味もなく

あっても忙しく


仕事に一生懸命であれば


その働く後ろ姿は、子どもに

プレッシャー(圧)として伝わりますので

問題はないと思います



問題は、とても優しい父親です

何も言わず、好きなようにやりなさい



そして、お金をだし手をだし

プレッシャー(圧)を掛けない

父親です



こうなりますと、我慢することを

覚えませんし

向上心が育ちません

先のことも考えません



口うるさく、アーしなさい

コーしなさい

そんなプレッシャー(圧)があるrから

色んなことを考えるのです



お父さんがいない場合は

そのこと自体が、プレッシャー(圧)に

なっております



お母さんを助けなければと

思います



父親が厳しいとか

仕事が忙しい



そんなことが返って

子どもにとって、程よい

プレッシャー(圧)になります



圧がある中で成長すること

これは、社会に出てから

役に立ちます



つまり

育っててほしい力です



忍耐力・待つ力

努力を継続する力・諦めない力


「どうしたらいいのか!」を考える力

その為の、工夫や創造する力


集中力


コミニュケーション力などにかかわる

表現する力や伝える力

相手を大切にすること


これらを伸ばすように

父親がやることが

「圧=プレッシャー」を

掛けることなんです



下記のことを考えてやることで

より、力がついてきます


方向性を見極めること

それから、圧を掛け過ぎないこと

です


圧のその方向性とは

子どもが成長する方向です



昔、長男は生まれて直ぐに

後継ぎとして、

「圧」を与えられました


その圧が、長男足らしめる

精神を育てたのです


何故長男に生まれたのかを

フラクタル心理学は教えています


トップになりたいからです

だから、トップになれる能力を、

身に着けさせる「圧」を掛けるのです


この圧がないと、挑戦し続ける

岩のような、強い心が育ちません


何度も言いますが

一番やってはいけないのは


好きなように、やりたいように

やりなさい・・・と

圧を掛けないことです


子どもを甘やかし

子どもに舐められている

父親に育てられますと


圧が無いので脳は鍛えられず

ふにゃふにゃに育ち


大人になって、

責任ある仕事が出来ず
稼げません


圧があるからこそ

もし、嫌ならそれから逃れよう

じゃあ、どうするかと、考えます


その圧が良いなら

もっと頑張ります


そして、最も重要なことは

父親自らが、日常で

青字で書いた姿勢を

子どもに示すことです


それこそが、子どもへの

最高の圧です

子どもが、無意識に

受け取る圧です


小さい時からの圧は、

心を鍛え

考える力を付けます


思春期前には、

この「圧」に耐えられる

心の強さが育っていると

良いと思います


何故なら、思春期に入りと

視野が広がり、

周りが見えてきます


トップでいたいが故

周りと比べて

自分の力不足を感じ

自分に失望する時もあります


父親の圧の存在は

そんな時でも

さらなる努力を続ける力を

育てるのです


男の子(長男)を育てるために





大切なポイントを伝える

「長男の育て方」の

ミニワークがあります。


ミニワーク


「男の子をやる気にさせ

稼ぐ男に育てるために

直ぐに始められる3つの習慣」


スカイプのみ

日時:5月25日(水)10:00-12:00

詳細とお申し込みはこちらから



仙台通学orスカイプ入門講座予定 

日時:5月21日・22日(土・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから 受付まもなく終了


日時:5月30日・31日(月・火)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


日時:6月12日・26日(日・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


家族関係コース 仙台通学orスカイプ 

日時:5月24日・26日(火・木)

お申込みはこちらから 受付まもなく終了

会場:仙台市青葉区北仙台


日時:6月11日(土)1DAY 9:30-20:30

会場:仙台市青葉区台原

お申し込みはこちらから


いいね!(27)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問いただき

ありがとうございます


最近のご相談で多かったのは

思春期の男の子を持つ

ママさんでした


後10年早く出会っていたら

こんなにこんがら無かったなあー

なんて思うのですが・・・


それでも、お母さんが変わったら

お子さんも変わるんだなあーと

感動することもあって


気が付いた時が一番

タイムリーなんだと

思います


さて、第1子長男君に

お母さんが困らせられるのは

第2子が生まれてから


それまでは、なんとなく

先のことも考えず

子どものペースに合わせて

育てることが出来た

のではないでしょうか?


ところが・・・


第2子誕生以後は

余裕がなくなり

叱ってばかりになり


夜、可愛い寝顔を見ては

反省する日々ではないでしょうか


女の子はそれでも

お母さんの横にくっついて

下の子の世話を焼こうとするので


なんとなく気持ちが分かるような

関わり方が出来るのですが


男の子となると、

何を考えているのか

想定外の行動に困り果てる

そんなお母さん方を多く見かけます


多少ぽやっとして、

ゆったり系長男君は楽です

(ただし、集団の中に入ると心配の種)


一番困るのは、乱暴な長男君

下の子を叩く、殴る、蹴る

暴れる、投げる、壊す、

なんてケースですね


このスイッチが入ると

中々止められません


何故なら、お母さんにも

スイッチが入ってしまうから


下の子用オキシトシンが

出ておりますので

下の子を守るために

上の子を敵と認識


怒りが止まりません


実はこうなる前の対策が必要

なのです


子どもを二人以上育てようと言う

イメージが脳の中にあるとしたら


まだ、一人のうちから

べたべた可愛がり

過ぎないことです


ちょっと大げさな表現ですが・・・


産後のヨーガでお母様方を

観察しておりますと


一人目の新米ママさんは

不安もあってか、ふあーん と、

声をだし始めて直ぐに

抱き上げます


ところが二人目以降の

ママさんたち

しばらくほかっといて、

仕方なさそうに抱きあげます


この抱くまでの時間、

相当違います


ですから、二人目以降の子ども達は

生まれて直ぐに、待つこと

忍耐を覚えます (笑)


このように、第一子の時から

子どもは泣くもんだ


泣いたら、運動になって

丈夫になるんだ・・・

位に思えたらいいなあ~

と思います


それから、女の子は

比較的早くお話が

出来るようになります


ところが、幼児期の男の子は

言葉がなかなか出てきません


自分の気持ちを伝えられない時期

叩いたり、噛んだり、蹴ったり

引っ張ったり。押したりして


身体で気持ちを伝えようとします


その時に、直ぐに怒るのではなく

普段から長男君の思いを

言葉にしてあげます


嫌だったんだね

気付かなかったね、ごめんね。

今度から、「あーあ」って言って教えてね


気持ちを分かってあげることで

落ち着きますし

次にどうしたらいいかを

手短に、その場で教えます


下の子が生まれる前に

一人で出来る事を

沢山増やして上げることに

意識を向けられるといいですね


長男君が、下の子と初めて会う時も

あなたの弟の○○君

あなたの妹の○○ちゃん

よろしくね


2歳、になって

立派なお兄ちゃんになれるから

弟か妹が生まれたんだね


一人で歩けるし、遊べるし

ご飯も食べられるもんね


と、下の子が寝ている時に

良くお話して

ぎゅっと抱いてくださいませ


言葉が出ない長男でも

お母さんのお話は

案外、びっくりするほど

分かっていたりしますよ


そして、下の子にやさしく出来た時

我慢が出来た時

待つことが出来た時も

ぎゅっと抱いて、褒めてください


下の子はまだ、動かないうちに

これを心がけることです


我慢出来る事

待つことが出来る事

思いやる事の大切さを

繰り返し教え、出来たら褒める


この繰り返しをしながら

お兄ちゃんとしての地位を

確立してあげることです


更に詳しくは

「男の子をやる気にさせ

 稼ぐ男に育てる

 今すぐ始められる3つの習慣」

に、いらしてくださいませ。


あなたに合った、一番良い方法を

お伝えしております

それでも、赤ちゃん返りは

やるかもしれません


その時は、赤ちゃんになって

見たいんだね

赤ちゃんのまねまねごっこね


と、少し相手をしてあげると

落ち着きます


最近の若いパパさんでさえも

赤ちゃん返りがあって

ママに甘えると言うことを

聞きますから、叫び


ましてや小さな長男君は

仕方がないですね


本当はね、この赤ちゃん返り

ママのインナーチャイルドを

修正すると、止めるかもしれません。

(≡^∇^≡)


下の子が、動き回り

いたずらが始まり

おもちゃを取ったり、壊したりが

起きた時も


第1子側に立って、

嫌だったね、ごめんね、と

言ってから、○○君は強いから

我慢できるようになったね


と、言ってあげましょう


下の子が動き始めたらなおさら

長男君が我慢できているところに

フォーカスすることで


もっとできるようになります


それでも子育て中、

子どもが悪いことをして

怒りが込み上げてきたら


間髪入れず、その場で

遠慮なく、息を大きく吸って

「○○ こらー 止めなさい!」

と言えばいいのです


3歳くらいまで、御尻の一つ、

シッと叩くのは

むしろ良いと思っております


そして、一番重要なのは

お母さんの心の中です 


子育て中の子どもへの

「愛」をどう捉えているかです

母親としての愛

あなたはどう思いますか?


音譜いつも傍にいてあげる事

ラブラブいつも子どもの思い通りに

  してあげる事

音譜いつも美味しい料理を

  食べさせること

ラブラブ泣かせないようにすること

音譜いつもきれいな部屋に

  しておくこと


なんて思っていませんか?


このような「愛」の定義があると

あなたを苦しめるだけでは

ないでしょうか


これを実践しようとしたら

とても大変なのです


この、子育ての愛の定義を変えると

あなたはかなりイライラが減るでしょう


子どもを愛っするってどんなこと

これが分かるだけでも

子育ては変わります


子育てのストレスを激減させるのに

大切なことを学ぶのが

家族関係コースになっております


ミニワーク


「男の子をやる気にさせ

稼ぐ男に育てるために

直ぐに始められる3つの習慣」


通学とスカイプ

日時:5月18日(水)10:15-12:15

受講料:5,400円

詳細とお申し込みはこちらから


日時:5月25日(水)10:00-12:00

受講料:5,400円

詳細とお申し込みはこちらから


仙台通学orスカイプ入門講座予定 

日時:5月21日・22日(土・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


日時:5月30日・31日(月・火)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


日時:6月12日・26日(日・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


家族関係コース 仙台通学orスカイプ 

日時:5月24日・26日(火・木)

お申込みはこちらから

会場:仙台市青葉区北仙台


日時:6月11日(土)1DAY 9:30-20:30

会場:仙台市青葉区台原

お申し込みはこちらから











いいね!(21)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問いただき、

ありがとうございますドキドキ


以前、働くことへのブレーキ

「子どもが可愛そう」と思う心

について書きました


今回は、もう一つの

働くことへのブレーキになっている


「思春期頃、

酷い反抗期にならないかしら?」

という不安についてです


この先々まで不安なる

あなたの心の中を覗いてみると


案外 あなたが思春期の頃

あなたの両親に対して

結構反抗的だったのでは

ないでしょうか?


勿論、口答えなんてしなかった

真面目に部活や勉強に

打ち込んでいた

学校も行ってた


と、思ったとしても

実はその頃


親を見下し、馬鹿な親だと

思っていたり


思う通りにさせてくれない

親に対して

かなり怒りで一杯だったり


てことはないでしょうか?


反抗的な行動は

していなかったとしても


心の中で反抗していたとしたら

あなたの心の奥深い所では

子どもが同じように思うのでは

と、不安になるのです


子どもを見る度に

無意識にその未来

反抗する子どもにフォーカスして

しまっているのです


そして、その不安は心の中

つまりは脳の中で

繰り返されますので


思考が貯まって

現実化してしまいます

まさに、この不安は呪いです


その思考と現実化の仕組みが

分からないまま、不安が貯まり


未来への不安が重くなり

働くことへのブレーキに

なっているのです


では、こんな時

どうしたらいいのでしょう


一番最初は

子どもの未来の

フォーカスポイントを

変える事


次に、子どもの頃に作った

親への不満一杯の思考回路

を修正することです


何故、この順番かと

言いますと


子どもの未来の

フォーカスポイントを

変えるのは


直ぐにでも出来るからです

思春期の反抗を不安に思うか


この反抗期に、自立して

立派な大人になると思えるかで、

まったく子どもの未来が変わるからです


つまり、あなたの未来への目線が

思春期の反抗でフリーズすると

その時点だけにフォーカスされ

まるで悪いことに思えるのですが


子どもたちには、

その先の未来があって

その未来の方が重要なのです


思春期という第二成長期

大人の身体になるだけではなく

大人の心になる自立心の目覚め

の時期でもあります


その時期にどれほど反抗しても

どれほど、非難されても


母親であるあなたからだけでも

「この子は、立派な大人になる」

と、信じてもらえた子どもは

本当にそうなるのです


ですから、反抗期を恐れず

この子は必ず、この子にとって

一番幸せになる道を歩んでいる、

自立して、豊かになると信じることです


母親が心の底からそう思うこと

そのことが、子どもに投影し

そのようになっていくのです


ただし、もし、そう思えないとしたら

そこが問題なのです


つまり、あなたが、

あなた自身を信じていないと

中々子どもを信じられません


ですから、子どもの未来を

信じられない時


あなたは、先ず、

今のあなたを認める事

褒める事


でも

やるべきことをやらないで来た

誰かに依存してきた

責任を取らずに来た など


であるなら、褒める事も出来ません


あなたは、如何ですか?

子どもの未来を信じられますか?

自分の未来を信じられますか?


もし、子どもの未来、

そしてあなた自身の未来を

思い描けるなら

2番目の修正は必要ないでしょう


もし、描けないとしたら

そして、今でも自分を褒められないなら


あなたの子どもの頃に作った

依存的で誰かのせいをしたい

思考回路を修正することです



依存したかったあなたは

親に対する怒りが有るかもしれません


それは、今のあなたのブレーキに

なっておりますし


目には見えない罪悪感が

あなたの脳に制限を

掛けているのです



勿論あなた自身が

自分でも気付いていない


脳(心)の奥深いところの

自動操縦になっている

考え方ですから


例え、あなたが本気で

仕事がしたい

仕事で結果を出したい

そう思ったとしても


その脳の働いている

部分とは違う部分が


子育ての問題や不安を

生み出してしまうのです


子育てほど、

高貴なお仕事はありません


人を育てる仕事は聖なる

お仕事です


あなたの脳の深い所にある

思考回路をフラクタル心理学で

修正しましょう


あなたの心が成長し

子育てが楽しくなり

仕事もできる人になるでしょう




ミニワーク


「男の子をやる気にさせ

稼ぐ男に育てるために

直ぐに始められる3つの習慣」


通学とスカイプ

日時:5月18日(水)10:15-12:15

詳細とお申し込みはこちらから


スカイプのみ

日時:5月10日(火)10:00-12:00

詳細とお申し込みはこちらから



仙台通学orスカイプ入門講座予定 

日時:5月21日・22日(土・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


日時:5月30日・31日(月・火)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


日時:6月12日・26日(日・日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


家族関係コース 仙台通学orスカイプ 

日時:5月24日・26日(火・木)

お申込みはこちらから

会場:仙台市青葉区北仙台


日時:6月11日(土)1DAY 9:30-20:30

会場:仙台市青葉区台原

お申し込みはこちらから













いいね!(9)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

ご訪問いただき

ありがとうございますドキドキ


熊本地震で被害に遭われた皆様

お見舞い申し上げます


仙台に住む私は

東日本大震災を思い出します


先日のTVでこんなシーンが

報道されてました


最近はSNSのお蔭で

足りない、欲しいという声が

早い段階で発信されるように

なりました


そして、地震直後

紙オムツが足りないと発信され

その情報は直ぐに拡散


地震から1週間たった時

狭い避難所は、紙オムツで

スペースを埋め尽くし


送ってくださった方には

申し訳ないけど

邪魔になっているとのことでした


つまり、必要だ、欲しいと

思ってから、そのものを得るまで

時間差が生じるので

旨くいかないんですよね


そんなことは、案外

よくあることですよね


この時間がずれると

やっぱり、紙オムツのように

問題になることありませんか?


思考が現実化すると言われますが

実際は、思考してから時間差を経て

現実化していますので


時間がたって現実化した時

今欲しいものとは違っていて

欲しいと思った事さえ忘れていて


なんでこうなるの?

なんて思ったりします


つまり、この時間差の為に

思考が現実化するなんて

思えない・・・・と言いたくなるってこと

結構あるんですね


そこで、最近のあるあるです


子どもには手が

かからなくなったのに

土日は夫婦二人きり


夫が、土日家にいて

食事の世話が面倒


夫が土日、何もせず

一日中家にいて

自由に過ごせない


と、いう奥様が沢山いたのです

そこで、こんな風に伺いました


ひょっとして

子どもが小さい時

一人で子育てが大変で


ご主人様に対して

「土日は家にいて~!」

「平日も早く帰ってきて~!」

って思ってませんでしたか?


えー。そうですそうです。

と言うお返事がほとんど


つまり、その当時は

ご主人様の手が必要で

土日は、仕事に行かないで

一人だけ、遊びに行かないで


と思っていたってことですね

土日位、夫に子どもを

見ていてもらいたい


ゆっくりお買い物をしたい

お掃除も、お料理も

まとめてやりたい


だから、土日は家にいて

子育てを手伝って


そんな必死な思いから

夫に対してそう思ったんですよね


でも、これも

思考が現実化するまで

時間差が生じます


つまり、もう子どもに

手がかからなくなって

やっと土日、

一人でゆったりできる頃に


ご主人様が当たり前に

家にいるということ


そして、不自由さを感じる

ということになるのです


最近になって、今度は

夫は土日、趣味など好きに

お出かけして・・・・・と思っても


また、時間がかかるのです


もし、あなたが、今

なにかを願っているとしたら


時間差で現実化するとしたら

その願いは大丈夫でしょうか?


目先のことではなく

もう少し、先のことまで考えて

思考するこが

必要かもしれませんね


時間差を見誤りますと

自分で自分を苦しめる

結果になるようです


ですから、もし、夫が

自分のペースを崩さず

土日仕事や趣味に

時間を使っても


夫を頼りにするよりは

現状を認め


子どもが幼稚園に入るまでは

家は多少散らかってもいい

料理も、おかずは一品でいい


洗濯物はたたまず

家族分の籠に仕分けし

しわにならないように

重ねたらいいし


小さいうちから、自分の籠から

着替えを出すことを教えたら

男の子でも出来ますから

自立に役に立ちます


それから、生協などのさまざまな

子育て上のサポートを

利用するもいいですし


働くママであればなおさら

土日を利用して

職場以外のママ友と


子ども達と一緒に

交流する時間を創るのも

お勧めです


この方が

子どもが大きくなった時

あなたも堂々と自分の時間を

楽しめるようになります


ところが、何もしてくれない夫に

とても腹が立ち

イライラが消えない


夫に「もっと家族の面倒見て」

「もっと家族の世話をして」

「夫ばかり自由にしてずるい」


こんな気持ちが大きくて

イライラが収まらないなら


あなたは、あなたが子どもの頃

母親に対して

よほど面倒見て、世話をしてと

思っていたのかもしれません


さらに、兄弟姉妹と比べて

損だの得だの勘定して

いたのかもしれません


親が何もしてくれないと

早くに諦めた人は


子どものうちから一人で

何でもやるのが当たり前なので


夫がいなくても

そんなにいらいらしないようです


それから、母親であるあなたが

夫を頼りにせず


子どもたちのできる未来を

信頼していると

何でも一人でやろうとする

しっかりものの子どもたちが

育ちます


如何でしょうか

あなたは今、どっちの

方向を向いてますか?


家族で依存しあい

毎日がイライラ


御互い思う通りにならない

ストレスで黒雲が

脳天から上がるような

毎日ではないでしょうか?


それとも、自分も子どもたちも

自立に向かって

すがすがしい毎日を

過ごす方向でしょうか?


今を、未来に向けて

拡大してみると

見えてきます


依存したら

自由は得られませんから

(;´Д`)ノ


是非自立に向かって

すがすがしい毎日にして

欲しいですね


そうはいっても

どうして自分ばかり

大変なの?と


もし、夫へのイライラ

子どもたちへのイライラで

辛い毎日をお過ごしでしたら


家族関係コースがお勧めです


長い子育て期間ですが

毎日のストレスがかなり減って

10年後、今のままの未来とは

全く違って、


自立した立派な子どもたちの姿を

頼もしく見ることが出来ます

ヾ(@°▽°@)ノ


家族関係コース 通学+スカイプ

日時:5月24日(火)・26日(木)

    10:00-17:00

会場:仙台市青葉区北仙台駅近く

(詳細地図はお申し込み後にお知らせいたします)

講師:佐藤千恵子

お申し込みはこちらから


家族関係コース 1DAY 通学+スカイプ

日時:6月11日(土曜日)10:00-21:00

会場:仙台市青葉区北仙台駅近く

(詳細地図はお申し込み後にお知らせいたします)

講師:佐藤千恵子

お申し込みはこちらから


受講料など詳細は, こちらから


入門講座 平日 通学+スカイプコース

日時:5月30日(月)・31日(火)10:00-17:00

お申し込みはこちらから


入門講座 土日 通学+スカイプコース

日時:5月20日・21日(土日)0:00-17:00

お申し込みはこちらから


入門講座 日曜 通学+スカイプコース

日時:6月12日・26日(日)10:00-17:00

お申し込みはこちらから















いいね!(22)  |  コメント(0)  |  リブログ(0)