3ヶ月で改善!後悔しない重度心身障害・発達障害児育児 トモ・チルドレンズ・ウエルネスセンター

デンマークでは国が補助。10万以上の症例を基に特別な支援が必要な子供とそのご家族の新しい型のリハビリテーションとして自立・QOL向上支援を行なっています。


テーマ:


かれこれ、5年ぶりくらいでしょうか?

【ディスレクシア】 「読む」「書く」は苦手だけれど・・・建築家として世界で活躍中


高直さんとの再会。

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウムの為に

image


シンガポールから一時帰国で、

対談などで舞台にもあがられていました。

そんな高直さんはロンドン在住時代に

ブログにもアップしましたが駆け出しのことの私の施術

受けてくださった方なんです。

貴直さんは陶芸や小説を書いたりと

本業の建築家意外にもいろいろな事に取り組まれています。

小説家って文字を書かなければなりませんよね?

高直さんとお話をしていて、

「いや~トモヨさん、

iPadができてから目覚しく変化しました。

小説もほどんどそれで書いているんです。

でも、常に緊張状態にあったりするので

トモヨさんのされているようなセラピーは

リラックスさせたり、集中力を高めたりと必要です

頑張ってくださいね。」

とおっしゃってくださいました。


 目覚しいIT機器の発達で

学習のいろいろなサポートになったり

難しかったことが可能になったりしていることは

喜ばしいです。


しかし、生身の人間である以上

眼精疲労もあるでしょうし、

ディスレクシアである高直さんご本人の口から

リラックスしたりとIT機器とは異なる

別の役目として必要なものであると

私たちがやっている

ソレンセン式フェイシャルリフレクソロジー

テンプラーナ早期介入療法

率直に認めていただけたのは

感激でした。

これからも真摯に取り組んでいきたいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


お母さんなら、

自分の子供の為に出来るだけの事をしたい!

と思っていると思いますが、

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウムに参加した際に

当事者のお母様達とお話をしていて、

特にその思いの強さを感じます。

{847AE80A-CD03-4B2B-BC3B-F6FBA60FE46C}

高校に上がる頃になると

ディスレクシアの生徒達への

対応の進んでいる

英国、アメリカ、ニュージーランドなどへの

留学も視野に入れてらっしゃいます。

確かに英国では、

「私、ディスレクシアなんです。」と聞くことが

たびたびありました。

私の事を聞かれ、

テンプラーナ早期介入療法の話になり、

【症例・事例のご紹介】 発達障がいのパイロットプロジェクト

をご紹介すると・・・

「え~、そんなものがあるんですか?

いろいろ調べて、

もう自分で出来る事は無いと思っていました。

自分(親)がまだ出来ることがあるんですね。」

と驚かれていました。

デンマークでは、


テンプラーナ早期介入療法は、

日本でも受けて頂けます。

はい、私ホリスティカー☆トモヨが担当させて

頂きます😊

教育にしても、

補完医療セラピーにしても

海外に行かなくても

日本で普通に受けられる様に

早くなりますように!!
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

アジア太平洋ディスレクシアフェスティバル&シンポジウムに参加してみて

感じたことの続き

ニュージーランド・ディスレクシア財団議長の

Guy Pope-mayell さんは

『ディスレクシアにいいことはみんなにいいこと』と

ひとりひとりの子供にあった学習法などは、

ディスレクシアの生徒に限らず、

すべての生徒の能力を引き出す結果につながる

点をお話しされていました。

{24EC6138-78FB-4C73-9374-1752A211BB3F}

ディスレクシアは脳の障害ではなく、

言葉を理解するのに、

右脳を使い

物事を絵やコンセプトとして捉えるので、

詳細を把握するのに時間がかかり、

わかっていても

それを伝えるのに苦労する。

授業中にタブレットを使用したり

試験などの際には時間延長などの

サポートなど工夫が必要。

要は、学習スタイルの好みと言う事と

考えるとわかりやすいかと。

例えば、何かを覚えるのに

何度も繰り返し書く人

声に出して読む人など・・・

ひとりひとり、

必要な事が与えられる事が

公平という事」

というお話しは、

改めて「公平」という言葉の意味を

考えさせられました。


ホームトレーンニングは、

2015年11月よりデンマーク政府によって

効果のあるホームとレーニングであると認められ、

デンマーク国内では0歳から18歳までの障がいのある、

または特別支援を必要としている児童は

全額国の保障で受けられる様になっています。


必要な子供たちに

必要なサポートがだれでもうけられる事

日本でも早くそんな日がきて欲しい。

私もテンプラーナ早期介入療法のこと、

たくさんのお母さん達に知って頂きたいです。
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:



記事の時系は前後していますが、

 
参加してみて感じた事のシェア。

{493230E3-8BEE-4E77-8969-B3ED6B92FB14}


親の立場として、診断を受ける事と

結果を受け入れる事。

ゲストスピーカーのオング先生は

お嬢様がディスレクシア。

色んな事が出来て

頭も良いのに

スペルテストに何度も落ちる。

その原因を調べて

わかった時は安堵感。

会場からも質問がありましたが、

どこの国でもある事ですが、

「親が『ちょと(発達が)遅れているだけ。』と

ほったらかしにしている場合が

一番良くないだろう。

その子供にあったケアが受けられない。」

とおっしゃっていた。

私もお母様達とお話する機会があるが

確かにグレーだったり、

発達によって自然に改善される場合もあるでしょう。

ディスレクシアに限らず

早めに何か診断される事で、

対策がとれ、その子にあった

ケアが出来るのは確か。

診断されたからと言って、

直ちに薬や治療にかかるかどうかは

選択のひとつにすぎない。

日本の場合は、

それしか無いと思いがちですが・・・

日常の生活パターンや

食事の見直しで改善できる場合もあるし、

ディスレクシアなら 

ITを使った学習サポートや


その子供の可能性を伸すサポートが

できる事があります。

色々なものを調べてみた上で 

「何もしない」選択があったもいいと思う。


統合医療がなかなか追いついていない日本では

まだまだ道のりは遠そうですが、

医療と補完・補足の統合による

選択も広げていって頂けたらと思います。

その子供さんにあったサポートが

早い段階でさせて頂けたら嬉しい💕
いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:


TA君12歳は学習障がいと言われています。

昨年11月末からテンプラーナ早期介入療法の

ご家族のコースを始められ

約1ケ月が過ぎて、

お母様より嬉しい報告が届きました。

(以下メールより)

 学校の先生に字が綺麗になったと褒められて喜んでいます。

 今までよりも集中出来るようになったと本人も言っていますよ(^o^)/

 顔の表情もよくなりました。(^o^)/

(引用終わり)


 第三者が変化に気づき、

自分でも変化に気づけ、

気持ちも上がった事が

表情の変化の相乗効果じゃないかな?とも思います。

これもひとえに、お母様が忙しい中、

時間をやりくりして施術を行ってくださっている賜物です。

これからの、変化がますます楽しみです(^^)


 ホリスティッカー☆トモヨへのお問合せ・ご相談・各種お申込はコチラ
いいね!した人  |  リブログ(0)