私は結構、火傷します。。 


おっちょこちょいなんで。





普通は火傷をすると、すぐに流水等で冷やしますよね。。



私、今日も、キッチンで、かなり熱めのお湯に「手の甲」をつっこみまして。。


すぐに、ガスコンロの上に、手をかざしました。
こんな風に。。


手の甲をあたためる感じで。


今日は熱いフライパンにかざしましたが、ガスそのままでもいいと思います。




もちろん、熱すぎないように。

そうすると手は何事もなかったように、痛み等もありません。。。


 

大火傷なら別だけど、

ちょっとした火傷だったら、

キッチンのガス等で患部をあぶるっていいですよ。。




私はこれは何度も経験済みです。


詳しいことは、ホメオパス ともさんの記事をどうぞ!


・・・


ホメオパシーは同種療法と言われています。


たとえば、火傷だったら「熱い→冷やす」というサポートの仕方ではなくて、



熱い思いしたところに、

適度に熱さを与えることによって、

体の機能を活性化させる、


スイッチを入れてあげるという考え方です。



あくまで、体やその働きを信頼して、

ちょっとの刺激で体の後押しをする感じです。

体の力で治りが早くするお手伝いをする感じです。


もし、ホメオパシーをやっていなくて、
ご興味があられましたら、
ぜひ、お近くのホメオパスさんの講座に行かれてください。


・・・



ひどい火傷の場合、湿潤療法がおすすめです。


私自身、温度設定を間違えて、バスタブにお湯をいれ、

その熱いお湯に足をつっこんでしまい、

そういうときは、ガスにあぶってみても、大きく変わりません。

ラップをまく湿潤療法で、キレイに治りました。


これ自体、難しくはないです。


もし、大火傷やケガなどで病院にかかる際、

病院を調べる余裕があるときには、湿潤療法をとりいれている
病院を探すと良いかと思います。


・・・


もっといくと

「体を信じて、治りはゆっくりでも、何もしない」

軽症の場合にはそれもアリだとおもいます。


私はそれも多いです。。
 

 


毎週水曜日配信 初月無料 殿堂入りメルマガ
「~“生きるチカラ”を育む~ 子どもの病気のとらえ方」きらきら
http://goo.gl/D12i99


星ロングセラー星 高野先生講演会DVD星 

はーと4『子どものケガと、病気のとらえ方』の詳細はこちら音譜

はーと4『ワクチンのお話と、子どもの健康を保つ習慣』の詳細はこちら音譜


new 自然派ママに大人気キラキラ  小林悦子さんの講座キラキラ

はーと4『体の地図帳 まるっと理解♪講座』基礎編・応用編こちら音譜

はーと4 DVDネットショップはこちら音譜



はーと4 コメント欄、メッセージ欄はクローズしております。
   ご感想・問合せは
こちら音譜




ママと子どものイノチがキラキラ輝きますように☆
 

ケミカルフリーな子育てと暮らしマイスター


はーと4 岩澤一千乃 はーと4

 

 

 

リブログ(3)

リブログ一覧を見る